オセロニア リーダー駒。 “逆転オセロニア”における深層強化学習応用

【オセロニア攻略】回復耐久デッキの種類や作り方を紹介!回復耐久デッキに勝つためのコツも合わせて解説。[PR]

オセロニア リーダー駒

は、DeNAがリリースしたiOS・Android用である。 2016年2月4日に配信され、現在もユーザーを増やし続けている。 DL数としては2月中に100万DLを達成しておりジャンルはドラマチック逆転バトルとなっている。 基本プレイは無料であり、アプリ内課金ありである。 そのゲーム内容は、オセロを進化させたものと言え、一発逆転の心地よいゲームとなっている。 友達や全国のライバルとリアルタイムで対戦することができる。 対戦にはクラスマッチ、練習バトル、コロシアムの3つが用意されている。 またキャラやデッキごとにスキルやコンボスキルがセットされており、これらをどうやって駆使していくかがゲーム攻略の鍵となる。 また属性がセットされているのでそれらの相性を考えて臨むことが大事になっている。 新興のゲームながら大きくプレイヤー数を伸ばしており、今後のアップデートやイベントコラボによってさらにプレイヤー数が増えてくることが予想される。 のようなアプリは、やがある。 逆転オセロニアについて 逆転オセロニアのおすすめポイント は、DeNAがリリースしたiOS・Android用である。 他のゲームアプリにはあまりないオセロで戦うという斬新なシステムで、人気を博している。 は、オセロがあんまり得意では無い人もオセロが得意という人も楽しめる作品である。 マルチプレイ系のイベントが多いのでCPU相手じゃ満足出来ない人にもオススメです。 のシングルプレイは、コマを置くまでの時間制限が無くゆったり考えつつ出来るので練習に向いている。 また無料石がかなり多くもらえるので、無料でクリア可能である。 ノーコンティニュークリアで必ず1個無料石を手に入れることができるので、頻繁にガチャを回すこともできる。 通常ガチャは5個1回50個11連ですが、ガチャは一日一回、1個ガチャや新ガチャ初回11連石30個で引けるなどお得なタイミングがある。 単色デッキがオススメだが、特殊コマもあるので色々な戦術を組むことができる。 例:【神属性駒】自分のデッキが全て魔属性の時スキル発動など。 は、かなり頭を使うゲームだがタイトルの「逆転」の通り逆転のスキルが決まって勝つとかなり気持ち良い作りとなっている。 おすすめのゲームアプリである。

次の

【オセロニア攻略】回復耐久デッキの種類や作り方を紹介!回復耐久デッキに勝つためのコツも合わせて解説。[PR]

オセロニア リーダー駒

【リーダー候補となる駒】 織田信長(進化)、 アヌビス 織田信長(進化)をリーダーにして、回復よりも 相手のATKを大きく下げることを主軸にしたデバフ系の回復耐久デッキも存在しています。 竜デッキ対策として、 アヌビスをリーダーにしている場合もあり、その場合は効果的にコンボスキルを封じて盤面の有利を取れるように動きましょう。 また、ひっくり返されにくい辺にはデバフ駒を打ちたい為、継続して回復できる駒はあえて組み込んでいません。 その分、シーラーザード型のデッキと比べると 回復力では劣るので、終盤のアタッカーとして アンドロメダ(進化)や レムカ(闘化)などの 盤面の駒の総数に応じてダメージを与えるキャラクターを採用すると良いでしょう。 また、デバフでは 毒は防げない為、 ベノムバジリスクや 孫尚香などの対策駒も1体入れておくのがおすすめ。 毒デッキ例 デッキ内に HP依存を持つ駒を複数組み込んでいるのは非常に危険です。 例えば、 ヴィクトリアと エンテガの2体とも組み込んでいる場合は、こちらのHPが50%をなかなか切らないので、手駒に来ると高確率で腐ってしまいます。 HP依存のキャラクターは1〜2体までに留めておき、 様々なタイプのアタッカーを準備しておくのが良いでしょう。 おすすめとしては、 忍竜や ノイレ(闘化)などの代償ダメージを持つ 竜属性のアタッカーたち。 神染めデッキで行きたいなら、 ヴィクトリアの代わりに レムカ(進化)を編成しても良さそうです。 これらの駒を味方のコンボスキルと繋げることで、一撃で大きなダメージを相手に与えていきましょう。 コンボが繋がりやすいマスにはHP依存のないスキルを ダメージBマスを生成できるマス変換を持つ 織田信長(闘化)や クイルクエンなどもおすすめ。 回復耐久デッキはHP量が多いため、 ダメージBマスを踏ませることで効率的にダメージを与えられます。 特に、オーバーロード系のHP最大値を上昇させる駒が多く組み込まれているタイプのデッキに対して有効で、HPの最大値が上昇して回復量が増えても、ダメージBマスを踏んだ時のダメージも大きくなる為、相手の動きを制限しやすくなります。 注意点としては、 アルキメデスや フレデリカなどの同じくマス変換を持つ駒。 序盤から回復マスを生成されてしまうと、こちらのマス変換の影響力が下がってしまいます。 また、フレデリカが持つコンボスキルは、 通常マスまで上書きして回復マスに変換してしまう為、せっかく盤面に生成したダメージBマスが消えてしまう可能性もあるので気をつけたいところ。 フレデリカをデッキに1体組み込んでおく.

次の

オセロニア最強駒TOP10 (総合編)

オセロニア リーダー駒

【固定倍率バフコンボ比較】 サマー・ハーピストエンジェル:1. 8倍(HP50%以下) リア:1. 7倍(神単&相手リーダー神) アルーシャ:1. 6倍(手駒に神駒3枚以上) 学園蘭陵王:1. 6倍(HP50%以下) オキクルミ:1. 4倍 自身が神単デッキかつ、相手リーダーが神のときに発動できる、1. 7倍のバフコンボを所持。 固定の1. 7倍固定は同レア帯では優秀な部類と言える。 条件に相手リーダーの属性が組み込まれているため確実な発動は望めないが、蘭陵王や正月蘭陵王リーダーの採用率が高いことからも、活躍の機会は多いだろう。 リアの総評 リアは優秀な防御スキルとバフコンボを合わせ持つ駒。 リンクでのコンボを活かすために、基本的には神単デッキで運用していこう。 スキル・コンボともに条件付きのためクセはあるものの、状況さえハマれば大きな力となってくれるだろう。 性能に魅力を感じる場合は、逆転コインで入手のうえ、スキルを最大まで上げておきたい。

次の