つくば エクスプレス 3000 系。 つくばエクスプレスで異常多発 内部告発が問う“新型車両”の問題点 | 週刊金曜日オンライン

【つくばエクスプレス】新型TX

つくば エクスプレス 3000 系

つくばエクスプレス TX を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長 柚木 浩一、本社:東京都千代田区)では、新型車両TX-3000系を導入します。 新たに導入する車両は交直流車5編成(6両)全30両で、2020年春から運行を開始する予定です。 -以下略- 乗り物ニュースから つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は2018年6月7日(木)、新型車両のTX-3000系電車を導入すると発表しました。 交直流車で、守谷~つくば間の交流電化区間にも対応。 2020年3月に運行を開始する計画です。 -以下略- プレスリリースに述べられたように、TXに新型車両の導入が発表されました。 導入の背景 年々伸びる通勤需要 常磐線の混雑緩和の目的かつ常磐新線の名目で2005年8月に開業したTX。 全編成6両で運行されていますが沿線の宅地化などの発展による人口増加で通勤時の混雑が著しく、 TX-2000系電車を2008年に4本・2012年に3本製造し増発対応してきましたが、 さらなる列車の増発が求められます。 そこで今回導入されるのがTX開業以来初の新形式「TX-3000系電車」です。 TX-3000系の特徴 ここでは筆者の私見も交えます。 前面・側面デザイン ・前面窓はメンテナンス性を考慮したシンプルな構成。 ・斜めのラインで疾走するexpressをイメージしスピード感を表現。 最近導入の他社の電車にいくつか採用されている前面が「く」の字と ドア上の斜めラインが入ったデザインによってスピード感を増しています。 安全・安定性向上 ・車内のセキュリティの向上を図るため、車両内へ防犯カメラを設置。 車内の激しい混雑では犯罪の温床になりやすいため最近導入される車両では防犯カメラの導入が進んでいます。 ・異常時の状況が適切に分析できるよう、前方監視カメラを搭載。 万が一の線路障害など前方の異常をいち早く発見するために設置されるもので、 いわゆるドライブレコーダーにあたります。 ・吊手の数を増加し、混雑時や車両動揺に対する安全性を向上。 揺れる車内ではつり革や手すりに捕まらないとバランスを崩して転倒しやすいので つり革を増やすことで1人でも多く捕まる場所を確保できます。 車内快適性の向上 ・各ドア上部に42インチハーフの大画面液晶車内案内表示器を搭載し、乗換案内や駅設備案内等を大きくわかりやすく提供。 ・車内案内表示器では、訪日外国人向けに英語、中国語および韓国語により情報を提供。 42インチハーフといえば21インチディスプレイを横に2台並べた相当の大きさで 業界最大の大画面で流す情報量も大きく・細かくなり、 また日本語の他3か国語 英語・中国語・韓国語 方式で訪日外国人へのニーズに対応しています。 ・1編成6両全ての車両で、範囲を明確にしたフリースペースとUD(ユニバーサルデザイン)シートと優先席を設置。 最近の新型車両では各車両にフリースペースが標準装備となっていくようです。 ・連結面や座席横の仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用し、車内の見通しを改善。 近年では透明ガラス製の貫通扉の導入が進んでいる他、座席脇の風よけ板や荷棚にもガラスを採用することで開放感が増します。 筆者の私見 椅子の固さ 今までの椅子の固さはJR東のE233系以来各社とも改善されているのでその心配はなさそうです。 混雑対策にロングシート 詰め込みが効くよう全車ロングシートの方が効率いいと判断したのでしょう。 将来8両化するような話がありましたがいつ実現するかです。 42インチハーフの大画面を採用した案内表示器 これは今までにない装備で大きく、細かく表示するにはうってつけで、 仮にJR東日本に採用されたら路線ネットワークを1画面で表示できそうです。 おわりに 最新技術を盛り込んだTX初の新形式「TX-3000系」 TXに新風を吹き込むとともに増発と混雑緩和の切り札として 期待されるでしょう。 最後までお読みいただき ありがとうございます。

次の

つくばエクスプレスで異常多発 内部告発が問う“新型車両”の問題点 | 週刊金曜日オンライン

つくば エクスプレス 3000 系

継承、進化、洗練 TX-3000系の車両コンセプトは、継承、進化、洗練の3つ。 既存車両のTX-1000系とTX-2000系のイメージを継承し、シリーズ性を感じさせながらも、技術の進化にあわせて最新技術を採用。 さらに、洗練した車両に「良い印象」を残し、次世代につなげることを目指すといいます。 外観は、銀色の車体や流線型の先頭部など、既存車両の基本構成を継承しています。 一方で、先頭部の傾斜強化やヘッドライトの形状変更により先鋭感を強調したほか、ブルーとレッドのラインを斜めに配し、スピード感を表現しています。 車内は、清潔感や開放感のあるデザインとし、沿線との一体感を表現しています。 首都圏新都市鉄道 つくばエクスプレス TX-3000系 客室内 - 表示器では、停車駅や駅設備などの案内が4か国語で提供可能。 また、画面左側に広告映像を、右側に各種案内を、それぞれ同時に表示することもできます。 なお、広告映像の伝送は、他社のようなミリ波伝送装置やWiMAX回線を使用するのではなく、車両基地にてサーバーからデータをダウンロードする方式とのこと。 そのため、リアルタイムなニュースの放映や、他社線などの運行情報の表示には対応していないとのことでした。 座席も進化しています。 座面はクッション性が改良され、快適性が向上。 袖仕切りや座席上の荷物棚には強化ガラスが用いられており、開放感が増しています。 車端部に設けられた優先席は、一部がUD(ユニバーサルデザイン)シートとなりました。 他の座席よりも座面が高く、浅く腰掛ける形状となっており、立ち座りしやすいものとなっています。 なお、座席は全車がロングシートとなっています。 TX-2000系は一部車両にてセミクロスシートを採用して製造されましたが、TX-3000系では混雑緩和のためにロングシートのみに変更されました。 なお、TX-2000系も混雑対応策として順次ロングシート化が進められており、2019年10月現在、セミクロスシートが残存しているのは2編成のみとなっています。 混雑への対応策としては、吊革の増設も挙げられます。 握り位置の高さも調整されており、誰でも掴みやすい位置となりました。 余談ですが、TX-3000系は既存車両より客室定員が減少しているとのこと。 これは、ドア上に液晶車内案内表示器を設置したことによるものです。 客室定員は、高さ190センチ以上が確保されている空間の床面積から算出しているそうなのですが、既存車両よりも案内表示器が大型化したことにより、ドア前の空間が190センチを割ってしまったことが原因です。 とはいえ、この空間も185センチ以上の高さは確保されており、首都圏新都市鉄道の担当者は、「実際の乗車可能人数は既存車両と変わりはない」と説明していました。 グラスコクピットとなった運転席 乗務員室は既存車両と基本構成が同一ですが、新技術の導入により、進化した点が見られます。 TX-3000系では、車両情報制御装置に日立製の「Synaptra(シナプトラ)」を採用。 モニタ画面が既存車両の1枚から3枚へと増え、速度計や電圧計、圧力計などの計器類が画面に表示されるようになりました。 3枚の画面は表示内容に互換性があり、仮にいずれかの画面が故障した場合でも、他の画面に表示できる機能を有しています。 TX-3000系の乗務員室 主幹制御器(マスコン)は、カム式から非接触式に変更。 運転操作が軽くなったほか、メンテナンス性も向上しています。 また、乗務員室には新たに前方監視カメラ(ドライブレコーダー)が設置されました。 異常発生時、たとえば万が一の人身事故発生時などにおいて、映像を確認することにより、発生時の状況を確認できます。 機器面では、主制御装置にSiC素子を適用した2レベルPWM制御のVVVFインバータを採用。 既存車両よりも消費電力量を約13%削減しています。 設計最高速度は時速130キロで、既存車両と同一。 TX-2000系と同様の交直流車で、秋葉原~つくば間の全線を走行できます。 今後の予定は 首都圏新都市鉄道では、激化するつくばエクスプレスの混雑緩和のため、「25本化事業」を進めています。 朝ラッシュ時間帯の最混雑区間となる青井~北千住間の1時間あたり運行本数を、現在の22本から25本へと増やす計画で、TX-3000系の投入はその一環です。 車両の投入と並行し、つくばエクスプレス総合基地の留置線を3線増設したほか、変電所の増強も行われています。 同社ではこれに加えて、「8両編成化事業」も進行中です。 つくばエクスプレス沿線では2030年代まで人口が増加し続ける予想となっており、抜本的な混雑緩和対策として、2030年代前半を目標として計画が進められています。 TX-3000系も将来の8両編成化に対応しており、2030年代には中間車を増結することが見込まれています。 TX-3000系は、2019年度内に6両編成5本を導入予定。 第1陣となるTX-81編成は9月に総合基地で搬入済みで、残る編成も、TX-82・83編成は12月下旬に、TX-84・85編成は2020年1月下旬に、それぞれ搬入を予定しています。 営業運転の開始は、2020年3月の予定。 同時期に25本化事業にともなうダイヤ改正も実施される予定となっています。 営業運転開始に先立ち、11月3日に開催される「つくばエクスプレスまつり2019」にて、TX-3000系が一般に初めて公開される予定です。

次の

つくばエクスプレスに新型車両「TX

つくば エクスプレス 3000 系

朝ラッシュ時最大25本体制!設備の限界? 今回のダイヤ改正の目玉として、7:29〜8:29に北千住駅到着となる列車が3本増加、ピーク時の列車が22本から25本となります。 公式発表をよく読むと、7:29着と8:29着を両方カウントしていますので、 実質的には24本体制でしょうか。 事前にアナウンスされていたように、朝ラッシュ時間帯は区間快速と各停のみの運行となり、通勤快速の運転がありません。 これについては 上り列車はもちろん、同時間帯の下り列車も区間快速と各停のみの体制となります。 つくば学園都市へのアクセスという路線建設経緯を考えると、かなり思い切ったダイヤと言えそうです。 優等列車をばっさり切り捨てることで混雑平準化という手法は、同じく混雑が激しい東急田園都市線が有名です。 こちらも設備上これ以上の増発が難しいという点で共通ですが、開業して15年でここまで利用者を得たことは最近の新路線でも特筆されますね。 実質的な増備数は4編成……? 今回、TX-3000系が5編成増備されていますが、純粋に5本の増発とはなっていません。 ラッシュ時間帯の増発数は3編成相当でしょうか。 考えられる要素としては、TX-71F 2171F が車両基地内での脱線事故により運用を離脱、損傷の激しかった2両の廃車解体が考えられます。 残された4両の処遇は不明ですが、車齢の若さを考えれば代替新造をする可能性が高そうです TX-2000系の中でも車齢の若い増発用の増備車です。 代替新造が済むまでは引き続き1編成が使用できない状態となっているほか、2019年6月には複数編成で緊急の点検を行うことで一時車両不足に陥り、朝ラッシュの一部列車運休が実施されました。 このほか、開業時から使用している編成に車体修繕工事が施すなど、中長期の運用離脱を強いられる状態です。 以上を鑑みると、 1編成は当面事故代替分 代替新造が出来たら増発? ・1編成は予備車確保……といった計算となりそうです。 秋葉原駅の1面2線という設備上の限界もありますので、事故代替車が登場してもそのままのダイヤとなる可能性もありそうですね。 現状としては 2030年代前半の8両化という抜本的な対策が行われるまでは混雑が続きそうです。 つくばエクスプレスの利用者増加は年々激化していますが、利用者にはもうしばらくの辛抱が続きそうです。 つくばエクスプレス新型車両輸送をYouTubeで公開中!.

次の