ある く と t ポイント。 一番お得なTカードの作り方|お得なTカードの比較マニュアル

Tポイントをまとめる方法!複数のTカードはまとめるのがお得♪実際にやってみました

ある く と t ポイント

相次ぐ提携企業の離脱 皆さんの財布の中には「ポイントカード」が何枚か入っているだろう。 そんなポイント業界のトップを走り続けてきたと言われるのが 「Tポイント」。 青地に黄色いTが書かれたカードは誰もが知っているだろうが、今この「Tポイント」に逆風が吹きつつあるという。 その一つが提携企業の離脱で、このところ相次いでいる。 去年3月31日、 三越伊勢丹グループは百貨店での「Tポイント」付与・利用を終了。 今年3月31日にはスポーツ用品店大手の アルペンが、4月19日には ドトールコーヒーが「Tポイント」サービスを終了している。 またネット大手の ヤフーは、キャンペーンなどで付与していた期間固定Tポイントを8月から「PayPay」のポイントに変更する。 さらに全国のお店で「Tポイント」が使えた ファミリーマートは、5月31日で「ファミマTカード」の店頭発行を終了。 その後も引き続きTポイントは使えるが、11月からNTTドコモの「dポイント」や「楽天スーパーポイント」も使えるようにするという。 消費者にとって選択の幅は広がるが、Tポイントを使う人は減ってしまうとも考えられる。 そもそも「Tポイント」は、TSUTAYAを運営する株式会社CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が、ビデオレンタルの会員証を複数の店で使えるよう共通化するのと同様に、ポイントも他店や提携先で使えるように共通化したことから始まった。 還元率は提携企業によって変わるが、おおむね100円・200円で1ポイント付与され、1ポイント1円として使う事ができる。 2003年10月にサービスを開始した「Tポイント」は、2014年4月に会員数が6,928万人に到達し、 「最も成功を収めた共通ポイントカード」とも呼ばれていた。 そんなTポイントからの提携企業の相次ぐ離脱で、今後はどうなっていくのだろうか?選択肢が増える中で、Tポイントからの乗り換えを考えるべき人もいるのではないか? 青山企業分析研究所代表でマーケティング戦略コンサルタントの青山烈士さんに聞いてみた。 共通ポイントのパイオニアとして、 プラットフォーム効果を有効に働かせることで、多数の加盟企業と消費者の流入を実現させました。 結果として国内最大規模の共通ポイントプラットフォームの構築につながり、膨大な顧客情報(購買履歴などの顧客を理解する上で有効な情報)を得たことがCCCの成功要因と考えます。 加盟企業の離脱が見られるということは、 リテンション効果が弱まっていることが伺えますし、 相互ネットワーク効果が逆に働くことが懸念されます。 つまり、使えるお店が減ってしまうことは、ユーザーにとっては不便につながりますので、より便利な別のポイントサービスを使うようになることも考えられます。 Tポイントを使うユーザーが減ることで、加盟企業にとっての魅力が薄れ、Tポイントから離脱を検討する企業が出てくるといった形で負のスパイラルに陥ってしまうことが懸念されているのです。 上手なポイント活用が「Tポイント」を追い詰める これまでもTポイントから大手の提携先が離脱するニュースが報じられているが、そのたびに多くの人がコメント欄やSNSなどでTポイントに逆風が吹く原因を指摘している。 その一部をまとめてみた。 ・提携先のマルチポイント化 ・(母体CCCが運営する)TSUTAYAの閉店 ・TSUTAYAが扱うビデオレンタル市場の変化 ・ポイント還元率の低さ ・今年1月、会員情報や利用履歴を令状なしで警察に提供していたことの発覚 どれもなるほどと思ってしまうが専門家はどう見ているのだろうか。 世の中に様々なポイントサービスが普及したことで、複数のポイントを使い分ける消費者が増えてきており、 「ポイ活」と呼ばれるポイントを効率よく貯めて、節約に役立てる活動も話題になっています。 これらの消費者の動きは、CCCにとっては、 Tポイントの価値低下につながる要因となります。 なぜなら、Tポイント会員がある特定の店舗、例えばファミマでしかTポイントを使わなければ、加盟店への相互送客につながりませんし、会員の購買データも限定的な情報しか得ることができませんから、顧客ニーズをより深く把握することも難しくなるためです。 さらに、マルチポイント化が進むことで、同じ店舗でも、ある時はTポイント、またある時はdポイントといった形で、 消費者が使い分ければ、共通ポイントサービスを提供する各社が取得できる購買データがより限定的になることが懸念されます。 これらの消費者の変化は、CCCの成功要因でもある膨大な顧客情報(購買履歴などの顧客を理解する上で有効な情報)の質が低下することにつながりますので、CCCとしては、影響が大きいと考えています。 一方で、見切りをつけた方がよい方は、Tポイントが貯まるお店よりも、他のポイントが貯まるお店に行く頻度が多い方です。 例えば、 ドコモユーザーでよく行くお店がマツキヨ、マクドナルド、ドトールなどであれば、dポイントの方が持つ価値が高いですし、ネット通販サイト 「楽天市場」でよく買い物をする方であれば、楽天スーパーポイント、 ローソンや高島屋で買い物をすることが多い方はPontaカードといった形で、自分がよく行くお店に対応しているポイントカードを使った方が得をします。 さらに有効に利用するのであれば、 店舗によってポイント還元率が異なることを把握することが大切です。 多くの加盟店で200円の買い物で1ポイントという還元率ですが、例えばドラッグストアのウエルシアでは、税込108円の買い物で1ポイント貯まります。 また、より効率的に貯めるのであれば、クレジットカード「Yahoo! JAPANカード」でTポイントを貯めるのがお得です。 年会費無料で還元率が1%、つまり100円の買い物で1ポイント貯まりますし、通販サイト「LOHACO」で買い物をすると、還元率が3%になります。 Tポイントが貯まるお店で買い物をする頻度が少ないためです(上記の見切りをつけた方がいい人に該当します)。 ポイントサービス 「楽天ポイントカード」の導入について、4月には約5000店舗を展開するゼンショーグループと提携を発表し、6月には約1300店舗を展開する壱番屋と合意。 さらに、JR東日本とキャッシュレス化の推進に向けて連携するなど、立て続けに大型契約を実現しています。 消費者が上手にポイントを使い分ける「ポイ活」が、Tポイントに悪影響を与えているとは意外だった。 そして続々登場するスマホ決済アプリも、利用者や利用可能な店舗が増えてくればまた勢力図が変化していくのだろう。 行動パターンによって合う合わないがあるとのことなので、少しでもトクしたい人は、どのポイントが自分に一番いいのか調べ直した方がいいかもしれない。

次の

Tポイント・Tカード初めてガイド|Tサイト[Tポイント/Tカード]

ある く と t ポイント

1,これから使う メインのTポイントカードを決める。 2,現在貯まっている全てのTポイントを、 メインのTポイントカードにうつす。 3, メインのTポイントカードをヤフージャパンのIDと紐付ける。 4,レンタル機能がついていれば、ツタヤの店頭にてレンタル機能をメインのカードにうつす。 以上の4つの作業を行うことにより、たくさんあるTポイントカードをひとつにまとめる事ができます。 特に、 現在貯まっている全てのTポイントを、メインのTポイントカードにうつす。 という作業については大事なポイントになるかと思います。 全てのTポイントを、メインのTポイントカードに移行する ただ、作業前に確認しておきたいのは使用頻度が高くなく、移行するほどのポイントが貯まっていないTカードの場合は、残りポイントをお店で使い切って封印するほうが、移行作業をするよりもはるかに簡単な解決策かもしれません。 もし、貯まっているTポイントカードを お店で使い切って破棄する方式ではなく、メインカードに移行したい場合は、以下のサイトで移行することができます。 詳しくは、こちらのTポイントカードの公式サイトで作業が可能です。 必要な情報はTポイントカードに記載されているTカードの番号、そしてTポイントカード名義人の生年月日です。 なお、ポイントの移行には以下の3つのパターンがあります。 Aパターン Yahoo! JAPAN IDに紐付いているTカードごと変更して、ポイントも一緒に移行。 Bパターン 別のTポイントカードから、Yahoo! JAPAN IDに紐付いているTカードにポイント移行 Cパターン Yahoo!JAPAN ID関係なく、Tポイントを移行したい。 移転元のTカードを入力してから、移転先のTカードを入力することによって簡単に移行することができます。 ただ、作業の最後に登録している電場番号から、ポイント番号移行用の専用ダイヤルに電話をかけて認証作業が必要になる為、あくまで移行する本人でないと作業ができません。 このシステムのおかげで仮に、Tカードを落としてしまって、第三者がTポイントを自分のTカードに統合させようと思ってもポイントを勝手に統合させられる心配はありません。 ヤフージャパンのIDとメインのTポイントカードを紐付ける。 Yahoo Japan IDに紐付いているTポイント番号を、メインのTカードに変更する作業も必要に応じて行うことができます。 以上のデータを入力すると、yahoo japanのサービスに利用されていたTカード番号の変更ができます。 仮に、メインで使う以外のTポイントカードがヤフージャパンIDに紐付いている場合は、混乱の元となるので注意しましょう。 ヤフーショッピング、ヤフオクなどのYahoo関連のサービスを利用するとTポイントが還元されるので、付与先をメインで使用しているTカードに設定できているかをしっかり確認しておきましょう。 特に、ソフトバンクユーザーなどは、ヤフーショッピングのポイント還元率が10倍になるため、しっかり設定しておきたい項目です。 Tカードアプリがあれば、Tカードの持ち歩きも不要になる。 現在、スマートフォンのアプリストアにはTカードアプリが存在しています。 TカードアプリをダウンロードしてメインのTカード番号を紐づけておけば、スマホの画面にTポイントカードのバーコードを表示させることができます。 無料で設定ができるので、メインのTカードが定まったらぜひ行っておきたい作業のひとつと言えるでしょう。 まとめ Tポイント番号はひとつで十分。

次の

Tポイントの利用上限は10万ポイント!獲得ポイントの制限はある?

ある く と t ポイント

確かに覚えられないくらい存在しておるのぉ。 同じことを考えている読者も多いんじゃよ。 例えば、ファミリーマートをよく利用するなら、Tポイントをザクザク貯める方法としてクレジットのファミマTカードを活用するのがおすすめ。 ファミリーマート以外でもファミマTカードを利用すれば、Tポイントが倍以上の速度でザクザクと貯まっていきますよ。 要店舗での登録TSUTAYA、富士シティオ、コンタクトのアイシティ、GREEN DOG(店舗)、ドラッグイレブン、ドラッグストアmac、スルガ銀行、蔦屋書店、ウエルシア、ドラッグユタカ、レッドキャベツ、ヤオマサ、ブラッセ&だいわ、武雄市図書館、パシフィックゴルフマネージメント、金光薬品、ビデオ100、マミーマート、シャディ・サラダ館、Honya Club With、東武ストア/フエンテ、海老名市立図書館、ハックドラッグ、多賀城市立図書館、タウンプラザかねひで、喜瀬カントリークラブ、B. ONWonderGOO、新星堂、眼鏡市場、ALOOK、レンズスタイル/レンズダイレクトクイーンズ、伊勢丹、アシックス、オニツカタイガー、ホグロフス、マルエドラッグ、高梁市図書館、エディオン、蔦屋家電、HAPPY GO提携店舗(台湾国内のみ)、オートバックス、ふく薬品、ハッピー・ドラッグ、島忠・ホームズ 出典: 発行後に登録ファミリーマート、サークルK・サンクス、スリーエフ、牛角、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、Misumiグループ、BOOKSmisumi、毎日新聞、GREEN DOG(通販)、MADOショップ、L-club、代官山T-SITE、ENEOS、VIPライナー、シーエーセールススタッフ、日立チェーンストール、マルエツ、伊藤忠エネクスHLネットワーク・エコア、宮交シティ内Tポイント提携店舗、湘南T-SITE、ビオルネ内Tポイント提携店舗、カメラのキタムラ、スタジオマリオ、エディオン、蔦屋家電、リウボウストア、デパートリウボウ、島根スサノオマジック、トーンモバイル、コンタクトランド、沖縄トヨペット、アルペン、スポーツデポ、ゴルフ5、ミフト、LIXIL、滋賀トヨペット、枚方T-SITE、ジョイフル本田、サンマルシェメルセデス・ベンツ、Musee、ステーキのどん、どん亭、フォルクス、柏の葉T-SITE、オートマックス、株式会社 日江企画、ファミリア、関西興業 株式会社、広島T-SITE、高松産業グループ Tカードの作り方によって、Tカードにその場で登録をするか、発行した後に登録をするかの違いなので、手間は変わりません。 TSUTAYAやファミリーマート、ENEOS等はよく利用される方も多いので、お近くのお店で発行してみましょう。 TSUTAYAでは、レンタル機能も付ける場合が多いから、その場で登録用紙に記入して発行するようになっているんじゃよ。 それでは、まずはTSUTAYAでのTカードの作り方を解説しよう! Tポイントカードの作り方|TSUTAYAで発行する場合 TSUTAYAでTポイントカードを発行してもらう場合には、受付カウンターで 「Tカードを作りたい」と伝えればすぐに発行してもらうことができます。 TSUTAYAの場合だと、そのTポイントカードでTSUTAYAのレンタルを利用するかどうかで変わってきますが、Tポイントカードのみの場合だと更新料や発行手数料なども必要なく、無料でその場で作れます。 しかし、 レンタル機能を付ける場合には年会費が数百円 店舗によって異なるが200~500円程度 必要になり、1年毎に自動で更新となるので更新料も同じく数百円必要になります。 オートバックスでTカードを発行する 普段車を利用している方なら、オートバックスでTポイントカードを発行するのも一つの方法です。 以前はオートバックスポイントが貯まっていましたが、現在ではTポイントに完全移行しました。 オートバックスTカードは、レジカウンターで受け取ることができます。 オートバックスTカードのメリットは、 オートバックスカードと連携させることでポイント還元率を高めることができる点です。 オートバックスをよく利用しているなら必ず持っているオートバックスカードをTポイントカードに紐付けることによって、還元率が最大2%にまで高まります。 もちろん、年会費や発行手数料も無料で発行なので、気軽に発行しましょう。 一番お得でおすすめなTカード|Tポイントへ交換可能なカード特集• ファミマTカード• 上記の中にはTカード機能が付帯していないカードも含まれていますが、正直なところTSUTAYAのレンタル機能が果たして必要な人がどこまでいるのか?という疑問があります。 ここではTカード機能が付帯しているものではなくても、 Tポイントがザクザク貯まるクレジットカードがあることをぜひ知ってほしいと思っています。 それでは早速、それぞれのカードのスペックを見ていきましょう。 頻繁に利用するファミマだからこそ使いたいファミマTカード 年会費 無料 申込条件 18歳以上 基本還元率 一般加盟店:0. Tポイントが1番貯まりやすいクレジットカードと言っても過言ではありません。 更に、 Tカードということもあり、TSUTAYAの年会費および更新料が無料になるという素敵な一面も持ち合わせています。 通常のTポイントカードだと加盟店しか貯まりませんが、 Tポイント加盟店なら更に倍の1%以上が貯まるようになっている為、Tポイントを直接貯めたいのであればファミマTカードがおすすめです。 TSUTAYAでザクザクTポイントが貯まる TSUTAYAやなどのTポイント加盟店でTカードプラスを提示すると、ショッピングポイント カード提示分のポイント として0. こちらはTカードの1種ではありませんが、 JCBカード Wで貯まったOki DokiポイントはTポイントへ交換することができるため、Tポイントを集めている人にもおすすめできるというわけです。 ちなみにOki DokiポイントはTポイントへの交換以外にも、以下のような使い道が用意されていますよ。 交換先 必要なOki Dokiポイント 交換後 Tポイント 500ポイント 2,000ポイント nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント 楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント WAONポイント 200ポイント 800ポイント dポイント 200ポイント 800ポイント au WALLETポイント 200ポイント 800ポイント ビックポイント 200ポイント 1,000ポイント スターバックスカード チャージ 200ポイント 800ポイント JALマイル 500ポイント 1,500マイル ANAマイル 500ポイント 1,500マイル Oki Dokiランドの経由で様々なネット通販がお得になる 経由するだけでポイント還元率が更にUP JCBカード Wのユーザーは、会員限定サイトの『』を経由することで、ネット通販をお得に利用することができます。 合計還元率 対象店舗 1. ショッピング ・セブンショッピング ・イトーヨーカドーネットスーパー ・マツモトキヨシ ・FANCL ・爽快ドラッグ ・Apple Store ・ひかりTVショッピング ・TSUTAYAオンライン ・エクスペディア ・グルーポン ・マルイウェブチャネル ・ジーユーオンラインストア ・JINS ・ABC-MART. Amazonや楽天市場、Yahoo! ショッピングなどの使い勝手の良い店舗もバッチリ対象となっていますので、ネット通販を利用される際にはぜひ、Oki Dokiランドの経由を忘れないようにしましょう。 特にYahoo! ショッピングやAmazonでの還元率は魅力的。 貯めたポイントはTポイントを始め、その時の気分によって色々なポイント等に交換できるのはどう考えても便利ですよね。 もしTSUTAYAを利用したい方はTポイントカードだけ用意するか、TSUTAYAの年会費や更新料が無料になるTカードプラスを利用し、ポイントを貯めるのはJCBカード Wを活用しましょう! JCBカード Wがおすすめな人 「 え、オリコカードザポイントのポイントってTポイントにも通じるの?」 と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、オリコカードザポイントで貯めることができるオリコポイントは以下の通り、Tポイントだけでなく、様々なポイントへ交換可能となっています。 使い道の幅が広いのはありがたいですね。 ザクザクオリコポイントが貯まり、ドカンとTポイントへ交換するというシナリオが見えてきますね。 早速、オリコモールの対象となっている店舗を見てみましょう。 com:2. ショッピングなどは非常に使い勝手が良いため、欲しいものが見つからないという悩みはなさそうです。 オリコカードザポイントがおすすめな人• クレジットカード機能が付いたTカード• ポイントカード機能だけのTカード• デビットカード機能が付いたTカード• プリペイド機能が付いたTカード 単純にTSUTAYAのレンタル会員証として必要な場合は、TSUTAYAでTポイントカードを発行してもらえば充分です。 ここまでファミマTカードの作り方について、紹介してきましたが、ファミリーマートが近所や職場の近くには全く無いという人にはどれだけお得であったとしてもファミマTカードを作り価値はありませんよね。 でも、 「TSUTAYAでレンタルする時に使いたいし・・・」 「他の加盟店にはよく行くから持っておきたい」 という方には加盟店ごとのデザインで選ぶのも一つの手段です。 TポイントカードはTSUTAYA以外にもたくさん発行しているので、よく行くお店のデザインや、自分好みの加盟店で作るのが良いかもしれませんね。 進撃の巨人がデザインされたTポイントカードは、TSUTAYAで500円で購入したよね! Tポイントカード加盟店のデザイン集 出典: Tポイントカードの発行元を言うと、本当に数えきれないほどの店舗の種類があり、確かではありませんが、発行元の種類は53店舗ほどあります。 発行元でメジャーな店舗はもちろんTSUTAYAですが、ドトールコーヒーや、車を乗る人であればエネオスのカードも多いのではないでしょうか? 更にはTSUTAYAだけでも色んな種類が発行されていて、ドラえもんやスターウォーズ、その時の話題になったものを取り上げて1枚500円で期間限定などで販売していますので、色んなデザインのTカードが欲しいならぜひチェックしてみてください。 ただし、Tポイントをザクザク貯めて、貯めたポイントを利用して毎月のようにランチやお買い物ができるようになりたいのであれば、通常のTポイントカードではなかなか難しいです。 その為、Tポイントを貯めるのであれば先程紹介したTカードプラスやJCBカード Wを積極的に活用していきましょう! Tポイントは使い道が豊富にある為、おいしいランチや楽しい旅行がポイントだけで楽しむこともできます。 そんなストレス発散がポイントだけで行えるのもTポイントの大きな魅力ですよね。 個人的にはポイントを交換する必要はあるものの、貯まりやすいJCBカード Wが汎用性もあって一番おすすめですよ。 Tカード機能としてレンタル機能は必要か否か• Tポイントをザクザク貯めたいのか この条件によって発行するカードは全く変わってきます。 「 レンタル機能が欲しいが、登録料や更新料を支払いたくない!」 こういった方はTカードプラスを発行するのが一番おすすめです。 更新料や年会費等も一切かからず、TSUTAYAでレンタルが利用できます。 一方で、「 Tポイントをザクザク貯めていきたい!」という方はTカード機能はありませんが、JCBカード Wを発行しましょう。 ここまでお伝えした通り、JCBカード Wなら直接Tポイントは貯まりませんが、ポイント自体は高還元カードな為ザクザク貯まっていきます。 その貯めたポイントをTポイントへ交換するのが一番効率が良い方法として知っておくと使い道の広いTポイントをより多く貯めることができますよ。 ネットやVODの利用が主流となりつつある今、正直Tカード機能はもういらないと思われている方もいるかもしれません。 それならいっそ、ありとあらゆる店舗で大きく還元を享受でき、貯まったポイントはTポイントに交換できる上、特典や補償も充実しているJCBカード Wを選んだ方がお得感がありますよね。 そこでここでは、改めてJCBカード Wの魅力について解説を進めていきたいと思います。 ぜひこちらの内容を踏まえた上で、あなた自身にぴったりの1枚を選定してみてくださいね。 Oki DokiポイントはTポイントへの交換以外にも使い道が幅広い 先ほども少し触れましたが、Oki Dokiポイントは以下の通り、 Tポイントはもちろん、それ以外のポイントやマイルなどへの交換も可能となっています。 交換先 必要なOki Dokiポイント 交換後 Tポイント 500ポイント 2,000ポイント nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント 楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント WAONポイント 200ポイント 800ポイント dポイント 200ポイント 800ポイント au WALLETポイント 200ポイント 800ポイント ビックポイント 200ポイント 1,000ポイント スターバックスカード チャージ 200ポイント 800ポイント JALマイル 500ポイント 1,500マイル ANAマイル 500ポイント 1,500マイル この仕様であれば、全てのポイントをTポイントとして使いたい方でも、ありとあらゆるポイントやマイルを幅広く使いたい方にも満足いただけるのではないでしょうか。 臨機応変に様々なポイントやマイルに変換できるのはありがたいですね。 JCB ORIGINAL SERIESパートナーの利用でポイントがお得に貯まる JCBカード Wの会員は、特約店の『』においては以下の通り、還元率の優遇を受けることができます。 合計還元率 対象店舗 1. JCB ORIGINAL SERIESパートナーの存在を知ってしまえば、もはやスタバを現金払いで利用できなくなってしまいそうです。 JCBカード Wを入手したらぜひ、上記の提携店を積極的に活用することで、ガンガンポイントを貯めていってください。 Oki Dokiランドの経由で様々なネット通販がお得になる 先ほども紹介しましたが、JCBカード Wのユーザーは会員限定サイトの『』を経由することで、ネット通販をお得に利用することができます。 合計還元率 対象店舗 1. ショッピング ・セブンショッピング ・イトーヨーカドーネットスーパー ・マツモトキヨシ ・FANCL ・爽快ドラッグ ・Apple Store ・ひかりTVショッピング ・TSUTAYAオンライン ・エクスペディア ・グルーポン ・マルイウェブチャネル ・ジーユーオンラインストア ・JINS ・ABC-MART. 以下、JCBカード Wを利用する上でのについて理解しておきましょう。 入会から3ヶ月間Oki Dokiランドを経由:5%• 7月中にOki Dokiランドを経由:6. 5% たった一手間、Oki Dokiランドを経由するだけで還元率がアップするので、本特典を利用しない手はありません。 その後、 貯まったポイントはTポイントへ交換すれば、通常のTポイントカードより遥かに多くのポイントが貯まり、色々なもの、お店で使うことができますよ。 ぜひ、JCBカード Wを利用するのであれば、JCB ORIGINAL SERIESパートナーとOki Dokiランドを上手に使い分けながら、効率よくポイントを稼いでいきましょう。 海外なら旅行傷害保険とショッピングガード保険が付帯 JCBカード Wには、以下の内容の旅行傷害保険とショッピングガード保険が付帯しています。 海外旅行への頻度が多い方であれば、JCBカード Wはぴったりの1枚と言えるでしょう。 QUICPayが利用できる JCBカード Wの会員は、様々な店舗やサービスでスイスイ決済が可能なQUICPayを利用することができます。 当然Apple Payとしても利用可能ですよ。 「 具体的にはどんなお店で使えるんですか?」という声が聞こえてきそうなので、対象となっている主な店舗を記載しておきましょう。 セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• マクドナルド• ENESO• 昭和シェル石油• イオン• イトーヨーカドー• ツルハドラッグ• マツモトキヨシ• ビックカメラ ご覧の通り、各種コンビニやスーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンドなど、様々なシーンで活用することができます。 電子マネーによる決済はクレジット決済よりもさらにスピーディで、暗証番号やサインを必要としません。 もちろん、クレジット決済の場合と同様に、ポイント還元もあります。 まだQUICPayを活用していない方はぜひ、この機会にデビューしてみてはいかがでしょうか。 JCBカード Wは入会キャンペーンがアツい JCBカード Wは年会費無料のクレジットカードにもかかわらず、様々な入会キャンペーンを展開しています。 現在行われているのは最大14,000円相当がもらえる入会キャンペーン。 更にはAmazonでの還元率が1番高いカードにもなります。 「 え、たった1枚のクレジットカードに入会するだけで、こんなにも沢山のキャンペーンがあるんですか?」と思われた方もいることでしょう。 これらの期間限定入会キャンペーンを上手に活用すれば、一気に節約効果を高めることができるのは間違いありません。 ただし、スマリボ関連のキャンペーンに関しては、 リボ払いによって手数料が発生する点には注意が必要です。 リボ払いの利用に対して抵抗を覚える方については、スマリボ関連以外のキャンペーンに目を向けると良いでしょう。 内容を踏まえて考えると、家族カードも含めて入会を検討している方や、紹介できる知人がいるような方については、年会費無料のJCBカード Wへ入会しない理由がありませんね。

次の