ニコ 生 プレミアム 会員。 ニコニコ動画のプレミアム会員って実際どうなの?価値とかメリットとかあるの?

ニコニコ動画のプレミアム会員とは?一般会員との違いや使ってみた感想

ニコ 生 プレミアム 会員

12月末時点のプレミアム会員数は214万人=ドワンゴ親会社カドカワの決算資料より niconicoのID発行数は、3カ月間で6832万人から7032万人に伸びたが、プレミアム会員(月額540円、税込)は228万人から214万人に減少。 MAU(月間アクティブユーザー)は910万人から897万人に、DAU(日間アクティブユーザー)も309万人から298万人に減少した。 一方、企業や個人ユーザーが動画、生放送、記事などを配信できるプラットフォーム「ニコニコチャンネル」の有料登録者数は64万人から66万人に増加した。 プレミアム会員料金はniconicoの主な収益源だが、16年3月末の256万人で頭打ちとなり減少が止まらない。 ユーザーからは「無料の一般会員と比べてメリットが少ない」との意見があり、動画視聴履歴の件数を100件から200件に増加し、生放送中でも後から「追いかけ再生」できる機能を追加するなどだ。 関連記事• 川上量生氏が運営責任者をしりぞき、新体制でスタートを切った動画サービスの「niconico」。 動画サービス「niconico」で、有料会員「プレミアム会員」のメリットを拡充へ。 「メリットが少ない」とのユーザーの意見を受けて改善する。 ドワンゴが動画サービス「niconico」で、「動画と生放送サービスの改善報告会」を配信。 栗田取締役が、機能改善の計画について詳細を発表した。 12月12日にユーザーとの意見交換を目的にした生放送を配信したniconico。 運営責任者が川上会長から栗田穣崇取締役になるなど、新たな体制で再スタートを切る。 関連リンク•

次の

niconico(ニコニコ)動画・生放送の「プレミアム会員と一般会員の違い」早見表まとめ

ニコ 生 プレミアム 会員

12月末時点のプレミアム会員数は214万人=ドワンゴ親会社カドカワの決算資料より niconicoのID発行数は、3カ月間で6832万人から7032万人に伸びたが、プレミアム会員(月額540円、税込)は228万人から214万人に減少。 MAU(月間アクティブユーザー)は910万人から897万人に、DAU(日間アクティブユーザー)も309万人から298万人に減少した。 一方、企業や個人ユーザーが動画、生放送、記事などを配信できるプラットフォーム「ニコニコチャンネル」の有料登録者数は64万人から66万人に増加した。 プレミアム会員料金はniconicoの主な収益源だが、16年3月末の256万人で頭打ちとなり減少が止まらない。 ユーザーからは「無料の一般会員と比べてメリットが少ない」との意見があり、動画視聴履歴の件数を100件から200件に増加し、生放送中でも後から「追いかけ再生」できる機能を追加するなどだ。 関連記事• 川上量生氏が運営責任者をしりぞき、新体制でスタートを切った動画サービスの「niconico」。 動画サービス「niconico」で、有料会員「プレミアム会員」のメリットを拡充へ。 「メリットが少ない」とのユーザーの意見を受けて改善する。 ドワンゴが動画サービス「niconico」で、「動画と生放送サービスの改善報告会」を配信。 栗田取締役が、機能改善の計画について詳細を発表した。 12月12日にユーザーとの意見交換を目的にした生放送を配信したniconico。 運営責任者が川上会長から栗田穣崇取締役になるなど、新たな体制で再スタートを切る。 関連リンク•

次の

「【ハンサム落語 ザ・リモート】」チケット販売ページ

ニコ 生 プレミアム 会員

一度プレミアム会員になるとほとんどの人が継続しているプレミアム会員。 しかしわけあって継続できなくなった場合に起こる問題とそれを回避する方法のまとめ。 まずはどれくらいの人がプレミアム会員を継続しているかを調べた記事は でまとめていて、8月以降のデータを更新していないが12月時点でも割合は大きく変わっていない。 次にプレミアム会員だったのが一般会員に戻るとどうなるかというと プレミアム会員の特権がなくなり、容量の面で一般会員を上回っているとそれを下回るまで何もできない。 例えば動画投稿総容量やマイリスト、TSの予約数など。 関連記事 問題になるのは動画投稿者の動画投稿総容量。 クレジットカード払いにではなくて90日払いにしている人がうっかりして払い忘れた場合に、動画投稿総容量が 2GBに戻ってプレミアム会員に再度契約しても以前の容量に戻らないということが想定されるが、これもヘルプに書いてある。 プレミアム会員を解約しても、一定期間内に再度プレミアム会員に登録すると、プレミアム会員継続特典の追加容量を受け取ることができます。 一定期間って何日か明記していないが、別のヘルプを見ると 投稿動画容量追加サービスの継続条件は、継続プレミアムスタンプと同一のため、そちらをご覧ください。 月額払いは解約月かその翌月までに、チケット払いは例えば12月7日までに支払う。 というのも月末まで7日内というところで解約して再度チケット支払いをすると、下の2番めの条件より継続できないことになるから。 となるとこの7日は何月7日ではなくて、解約してから7日以内という意味の7日であればおかしくなくなる。 ・チケット支払期間終了後から月末まで7日間以内の場合、当月または翌月中に月額支払を開始する これがわかりにくい。 月末まで7日間ということで今月ならば25日以降に解約すると、12月中か1月中に月額支払にすればよくて、チケット支払いではだめになる。 ・チケット支払期間終了後から月末まで7日間以上の場合、当月に月額支払を開始する 例えば12月17日に解約すると月末まで7日間以上あるので、12月中に月額支払いにすればよい。 1月中でもいいと思うかもしれないが、チケット支払いをしていた人は翌月に月額支払をしてもプレミアム会員を継続したことにならない。 後記 ここまで読んでピンときた人がいるかもしれないが、そうです。 プレミアム会員継続スタンプの配布日が毎月7日になっていることと、このチケット支払いの期日が一緒になっていることに気づくでしょう。 改めて のデータを見ると一部を除いて7日集計になってますね。 訂正 FAQのリンクを直した。 2016年6月16日.

次の