ゴルフ スイング コック。 【どっちが良いの!?】アーリーコックとレイトコック

【どっちが良いの!?】アーリーコックとレイトコック

ゴルフ スイング コック

以前、ゴルフを始めたばかりの初心者の方のゴルフスイングを見せていただく機会がありました。 その方は2つの事に悩んでいたのです: 1つ目はダフリやトップ。 2つ目は飛距離不足。 ゴルフとは面白いもので、1つの事を直すと他も良くなることが多くあります。 この方が抱えていた問題は両方とも、あることが原因でした。 手首が正しくコックされていなかった その原因とは手首のコックです。 手首が正しくコックされていなかったために、いくつもの問題が起きていたのです。 ・バックスイングで体重が右に乗らない ・右腰がバックスイングで右に流れる ・トップで肘が後ろに引けてしまっている ・アウトサイドから振り下ろす癖があった ・インサイドから振ろうとすると引っ掛けフックしかでなかった こんな問題点の原因全てが手首のコックにあるとは・・・すぐにはわかりませんでした。 (あくまでもこの方の場合です) 一つ付け加えておきますが、手首のコックを直す前に、、などの基本的な事を直してもらいました。 (それでも、上記の問題が起こっていたのですが) 飛距離不足を解消する手首のコックの使い方 手首のコックとは一体どんなことでしょうか・・・? 簡単にご説明するなら、腕が地面と平行になるように伸ばします。 次にこぶしを作って(丁度じゃんけんのグーです)親指を立てます。 その親指が真上を指すようになっていれば手首はコックされています。 親指と前腕の角度が90度程になった状態です。 手首のコックは日常生活でも色々な場面でみなさんも使っています。 例えば、かなづちで釘を打つ場合、手首のコックを使います。 その方が力が入るからです。 手首のコックについてはで写真入りで解説させていただいていますので、そちらもよろしければ、参考になさってください。 ゴルフスイングも同じように手首のコックを上手く使わなければヘッドスピードは上がりません。 地面に対してのシャフトの角度は主にグリップ、アドレス時の前傾姿勢と手首の正しいコックが決定してくれますので意識する必要はありません この状態はかなづちを振り上げた時と同じです。 手首はコックされ、かなづちを振り下ろすためのパワーが蓄えられている状態です。 気づいていただきたいのが、手首は アドレスの時点よりも甲側に折れているわけでもなく、手の平側に折れているわけでもない点です。 手首のコックを使わずにかなづちで釘を打っても力は入りません。 ゴルフスイングでも正しい手首のコックなしではヘッドスピードを上げることは出来ないと思うんです。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

ゴルフレッスン 「飛距離不足を解消する手首のコックの使い方」

ゴルフ スイング コック

ダウンスイングで手首のコックをキープできずに早くほどけてしまうとい、それだけゴルフボールの飛ぶ飛距離をロスしてしまいますよね。 プロゴルファーとアマチュアゴルファーのゴルフスイングで最も大きく異なる点の一つとして、 ダウンスイングでコックの角度をほどかないように維持できるか、維持できないかという点をあげられます。 アマチュアゴルファーよりもヘッドスピードの遅い女子プロの方がドライバーの飛距離が飛ぶのも、このコックの角度をキープできているからです。 まだコックとはなにかについて理解が曖昧な方がいらっしゃいましたら、まずはこちらのを先にご覧くださいね! ゴルフスイング理論として 「ダウンスイングではコックをほどかないようにキープし続けないといけない」ということを知っているゴルファーの方でも、なかなかコックの角度を維持し続けらず、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ダウンスイングでコックの角度をほどかないようにキープし続けることはそれだけ難しいことですよね。 そこで、ダウンスイングで手首のコックがほどかないように維持し続ける方法として、 ダウンスイングのときに意識すべきコツとおすすめの練習方法をご紹介していきたいと思います。 どれが正解の方法ということはありませんが、練習場でこれからご紹介する方法をぜひ試していただき、手首のコックをうまくキープできる自分だけの方法を見つけてみてくださいね。 また、テークバックでのコックの仕方に正解はなく、人によって様々なやり方があります。 では、代表的なコックの仕方のパターンやタイミングについてご紹介しておりますので、こちらもぜひ併せてご確認してくださね! 目次• ダウンスイングではコックした手首の角度は絶対に維持! バックスイングでコックした手首の角度をダウンスイングで元に戻そうと意識しているゴルファーの方はいませんでしょうか。 このような動作をしてしまうと、ダウンスイングでコックを維持することはできません。 ダウンスイングではコックは無意識のうちに自然とリリースされるものです。 そこで、ダウンスイングでコックをほどかないようにする方法として、バックスイングで作った手首のコックの角度は、ダウンスイングでも絶対に維持するようにキープしつづける意識を持つことです。 ゴルフクラブが ゴルフボールをインパクトする瞬間まで、手首のコックをほどかないようにキープし続けるように強く意識してください。 このように手首のコックをほどかないように維持し続けても、手首のコックはゴルフクラブがゴルフボールにインパクトする直前に自然とリリースされますので、しっかりとゴルフボールをインパクトできます。 今までコックを維持できていなかったゴルファーの方にとって、この手首の角度をキープし続けるスイングはとても違和感があり、はじめのうちはうまくショットできないかもしれません。 ですが、 ダウンスイングでは手首のコックの角度を維持し続けることが正しいゴルフスイングになりますので、手首のコックの角度を絶対にほどかないように強く意識して練習してくださいね。 ダウンスイングでグリップの位置をアドレスの位置に戻す テークバックで作ったコックの角度をダウンスイングでもキープしつづける方法として、 ゴルフクラブを握っているグリップの位置をアドレスで構えていたグリップの位置に戻すように意識する方法がまずおすすめな方法になります。 ゴルフクラブがゴルフボールをインパクトする瞬間では、グリップの位置が、アドレスで構えていた位置に戻るのが普通ですよね。 しかし手首のコックを維持できていないゴルファーの方の場合、ゴルフクラブがゴルフボールにインパクトする瞬間にグリップの位置が右足の前辺りにあることが多いです。 このようなスイングになってしまうのはダウンスイングで手首のコックの角度をキープできず、コックが早くリリースされてしまっているのが原因です。 そこで逆転の発想として、 グリップの位置をアドレスで構えていた場所にもどすようにダウンスイングすることで、手首の角度もほどかないように維持しやすくなるというのがこの方法です。 ただしこの方法では手打ちになりやすいデメリットも存在します。 練習される際は手打ちにならないように気をつけてくださいね。 グリップエンドをゴルフボールに突き刺すイメージでダウンスイング これもコックの角度をほどかないように維持するためにおすすめの方法になります。 テークバックでコックを入れてゴルフクラブをトップまであげたら、 ゴルフクラブのグリップエンドをゴルフボールに突き刺すイメージでダウンスイングしてみてください。 この際にコックした手首の角度をほどかないように、キープし続けることを忘れないでくださいね。 この方法は上でご紹介した、ダウンスイングでグリップの位置をアドレスの位置に戻すことと結果的にはほぼ同じことになります。 ぜひ練習場で両方の方法を試していただき、自分にとってやりやすい方法を見つけてくださいね。 ただし、この方法でもやはりダウンスイングが手打ちになりやすくなってしまいますので、くれぐれもダウンスイングが手から始動しないように気をつけて練習してくださいね。 コックをほどかないために、ダウンスイングは下半身手動を意識しよう! トップからダウンスイングにかけて腕から始動してしまうと、手打ちのスイングになってしまい、やはりコックの角度をキープすることは難しくなってしまいます。 上でご紹介した2つの方法はグリップの動きを強く意識する方法ですので、どうしても手打ちになりやすくなってしまいます。 ダウンスイングではグリップから始動するのではなく、下半身から始動するのが正しいゴルフスイングですよね。 ですので、 必ず下半身始動で手首のコックの角度をほどかないようにキープし続ける意識で練習してみてくださいね。 体の回転でスイングする意識を大切にして、コックを維持しよう! ダウンスイングで手首のコックの角度をほどかないで維持できるようになると、フォロースイングで体を回転させる重要性がよくわかってくると思います。 ダウンスイングでコックをほどかないようにキープできると、インパクトの直前から自然とコックがリリースされていきます。 この時にフォロースイングで体が回転していかないと、ゴルフクラブの行き場所がなくなってしまい、非常にぎこちないスイングになってミスショットしやすくなってしまいます。 そこで、ダウンスイングで維持したコックの角度を綺麗にゴルフスイングに活かしていくために、 フォロースイングでしっかりと体を回転させて、ゴルフクラブの抜け道を作ってあげるように意識してスイングするのもコックを維持しやすくなる方法ですよ。 コックのアーリーリリースを矯正するおすすめなレッスン教材 ダウンスイングでコックが解けてしまうアーリーリリースに悩んでいるゴルファーの方は本当に多いです。 そのようなゴルファーの方は、レッスンプロからコックを維持するコツを習うことも大変おすすめな方法になります。 そこでおすすめなのが、です。 こちらの商品は、 レッスンプロがアーリーリリースを矯正することだけに焦点を絞って解説したDVDになりますので、コックをキープする方法を習得するにはうってつけの教材ですよ。 DVD教材は、一度購入すれば見たい時にいつでも確認できる点もおすすめなポイントです。 わずか1〜2回のラウンド費用を投資することでアーリーリリースを撲滅することができたら、費用対効果も抜群に良いですよね。 こちらのDVDでは、すでに80代でラウンドできるゴルファーの方なら、 アーリーリリースを撲滅することで簡単に70代の仲間入りができると謳われております。 DVD教材の購入者からも喜びの声がたくさん届いているおすすめ商品になりますので、ぜひこの機会にご確認してくださいね。 手首のコックをほどかないで維持する方法を見つけよう! いかがでしたでしょうか。 ダウンスイングで手首の角度をキープさせると頭ではわかっていても、いざ実際に手首のコックの角度をほどかないように維持することはなかなか難しいですよね。 上でご紹介した方法はコックの角度をキープするための意識ポイントとして、どれもおすすめな方法ばかりです。 ぜひ練習場でこの方法を試していただき、自分にぴったりと合ったスイング方法を見つけてみてください。 ダウンスイングで手首の角度をほどかないで維持できるようになれば、あなたのゴルフスイングがまるで別人になったかのように生まれ変わるはずですよ! またダウンスイングでコックをほどかないで維持することのメリットはで詳しくご紹介しておりますので、ぜひこちらも併せてご確認してくださいね。

次の

ゴルフで非力でも飛ばす方法はコック!飛んで曲がらないスイングドリルとは?

ゴルフ スイング コック

良いショットを打つための必須条件は、ボールをクラブヘッドの芯で捉えること、そして正しい軌道でヘッドスピードを上げることです。 その重要なポイントとなるのが、腕と手首の使い方。 つまり「リストコック」を上手に使えることでミート率が上がり、飛距離もUPするのです。 今回も佐藤さんのスイングチェックしながら内藤コーチが上達ヒントをアドバイスしてくれました! リストコックを使うとコンパクトなスイングが完成 第一声に「バックスイングでなかなかクラブがコックされないですね」と内藤コーチ。 それに対して「コックを使うとボールに届かないのではないかという恐怖心で手首を使っていません」という佐藤さん。 実はコックを使わない方がスイングが安定すると思いがちですが、インパクトの精度や飛距離に問題が生じます。 リストコックを積極的に使ったほうがダウンスイングでタメが出来て、飛ばしに必要なパワーが溜まるため飛距離がでるのだとか。 また、自然とコンパクトなスイングにもなります。 テークバックで90度を作るとタメが出来て飛距離UP そこで内藤コーチがリストコックを上手に使える「90度理論」のドリルを紹介。 90度理論とはスイング中、シャフトと腕を結んだ角度を90度に保つことです。 先ず、テークバックでグリップエンドの位置をほとんど変えずに90度を作りましょう。 左腕はボールに真っ直ぐ向いたままです。 そして、その90度を保ったままバックスイング、ダウンのリリースポイントまでキープ。 そこから一気に開放させると、フォローでもシャフトと左腕を結んだ角度が自然と90度になります。 ドリル前(左)のスイングとは違い、ドリル後(右)は全体的に引き締まった印象 「このスイングの方が楽ですね」という佐藤さんは自然とスイングプレーンに乗って、飛距離もアップしていました。 この効率のいいスイングを今から明日からお試しください! 今から!明日から!みんなのための「あすゴル!」 毎週日曜日放送、ツアープロコーチの内藤雄士氏が明日のゴルフに即役立つレッスンを分かりやすく紹介していく15分のレッスン番組。 今年で5年目を迎えた「あすゴル」はシーズン9を好評放送中。 ゲストはモデルで女優の佐藤詩子(さとう・うたこ)さん。 ベストスコアは「82」ですが、長いブランクを経て最近ゴルフを再開したばかり。 内藤コーチのレッスンを受けて上達を目指します。 日本唯一のゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」 世界最高峰のゴルフツアー「PGAツアー」を予選から決勝まで全ラウンド衛星生中継。 全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権、全英女子オープン、全米女子オープンなど海外メジャートーナメントの放送実績も。 国内男子ツアー(JGTO)、国内女子ツアー(LPGA)は「とことん1番ホール生中継」のほか大会ダイジェストを多数放送。トッププロが出演する番組やレッスン番組、ゴルフ情報番組、ギア情報番組などオリジナル番組も充実。さらに「ゴルフネットワークプラス」ではスマートフォンアプリやパソコンで見逃し配信でご視聴いただけます。 1年365日、いつでもどこでも、ゴルフみるならゴルフネットワーク!•

次の