ジン・ウヅキ。 ジン・ウヅキ

卯月コウとは (ウヅキコウとは) [単語記事]

ジン・ウヅキ

卯月コウ 基本 三瀬 年齢 13歳 不明 な rrv 配信歴• とので近寄りがたく思われることを気にしている。 想でツンとした印だが、心を開くと年相応の。 からは「」の称で呼ばれることが多い。 幼少期からの英才と学によって研ぎ澄まされた感性によって得られる日々の気づきを配信中にることが多い。 その非言的な情感を一言で「」と表現することを好む。 「学学んでるからな」と学を錦の御旗の如く掲げる言動が多々あり、何か立つ言動や行動をする度にから「さすが学」などの反応が返ってくることもしばしば。 これも学の一環なのかでありながらお小遣いは0円である。 そのせいか、妙に庶民的なが多い。 構成は以外にもとがいるが、としての重圧に負けては出奔してしまった。 は可憐なでありながら同じによって画も起こされている。 )また、幸(さち)と吉(きつ)というを2匹飼っており、その内の1匹である幸は(懐いていることもあり)時折、配信でらしいを披露する。 幸は後にの新導入の際に受を果たした。 こちらは任意でイヤイヤができる。。 た生い立ちから日の当たるを歩んできたであるため。 根暗で的な体験は知人から伝え聞いた話という形でられることが多い。 が好きで、好きすぎるあまりに放送内でを啜る暴挙に出る。 その結果、登録者を減らし、低評価も。 以後、を啜るたびにから低評価を押される。 ついにはの配信に出演してを啜った。 そんな彼に案件は来るのだろうか…。 学の賜と思われる 麻取法に関する知識と具体的な事例を交えて配信で披露していたが、 さすがにの手が入ったのか最近はその手のはしているようである。 内で一持ちを言し、人であるとは 営業で撮する仲であったが、破局済み。 のに関してはかなりの腕前。 、『』については正式は全て済みという。 『』も当初はのに勝てるくらいの実を備えていると発言していたが、後にC(出身のであるとの)の二名と渡り合えるまでに実を伸ばしていった。 一方でに関してはと言っても過言ではなく、相手にされてようやくに、慣れていない。 はもちろん、は愚か、ですらおぼつかない操作でしている様子がで見ることが出来る。 また、も苦手なようで、あまりに恐怖を感じると情けない悲鳴か のような悲鳴を上げてしまう。 関連動画 非公式動画 イメージソング MMD動画 関連リンク• 関連項目• (元)•

次の

卯月コウとは (ウヅキコウとは) [単語記事]

ジン・ウヅキ

どうでもいいが、ミルチアの宙港内にて「刀を所持している危険人物じゃないか」という指摘を受けていた…) 退役後は実家にて、医院を開業している…はずだった。 一変して古書肆に。 漢方系の薬を処方していることから、東洋医学にも精通している可能性がある。 卓越した運動能力をもち、祖父オウガ・ウヅキから受け継いだという武術は他の追随を許さない。 腰がいたって低く、誰に対しても丁寧な口調である。 冷静な判断と素早い状況把握で参謀的な役割も担える。 しかし、こと妹のことに関してはどうもコミュニケーションが今一歩。 ep2 14年前、彼は傷つきながらも、そこへと向かっていた。 彼の行く手を阻んだのは、同じ師に学んだ兄弟弟子であり、かつての部隊の上官だったマーグリスである。 DS シオンはジンの剣技を目の当たりにして驚いていたことから、兄妹間で同時期に学んでいたということはないようだ。 ミルチア紛争の折は独自の諜報活動を行っていた。 グノーシス・テロの調査を量産型百式と共に行っていた。 ルベンのテストパイロットとして搭乗。 ep3 旧ミルチア崩壊事件のあと、グノーシス・テロ事件の調査に赴いていることから、ヘルマーあるいはファウンデーションに身を置き、オルムスだけでなく一連の事件の真相を調べているのかもしれない。 「碧緑の刃」という二つ名があることが判明。

次の

KOS

ジン・ウヅキ

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2013年3月)() 物語はの半年後、の数ヶ月前にあたる、グノーシス・テロ事件から始まる。 ジン・ウヅキは接触委員会のユリ・ミズラヒの依頼により、惑星フェルセア第二都市ゴーラサスを壊滅させたグノーシスの調査に乗り出していた。 その時に対峙した「ゲーティア」と呼ばれる少年。 を掲げる地下組織「スキエンティア」に所属する謎の女性、「ドクトゥス」。 そして "グリモアの少女"と呼ばれる金の髪の少女「ネピリム」。 これらの邂逅により、ジンの妹であるシオンは大いなる転換を迎えることとなる。 詳細は「」を参照 ジン・ウヅキ 本作の主人公。 35歳。 元は故郷の第二ミルチアで古書店を営んでいたが、昔の因縁とシオンとの関わりにより、事件に巻き込まれていく。 シオン・ウヅキ ジンの妹。 ゼノサーガシリーズのエピソードIとIIIの主人公である。 この時点ではまだヴェクター・インダストリーに所属している。 ヴェクターが開発した対グノーシス専用ヒト型掃討兵器。 エピソードII中期以降ver. 2からver. 1,1と呼ばれる局地戦仕様の躯体になっている。 ユリ・ミズラヒ プロジェクトゾハルを推進していた接触委員会の代表の一人。 ジンに惑星フェルセアのグノーシス・テロの調査を依頼する。 また、事態の収拾のためにヴェクターから研究用に預かっていたアニマの器を搭載したE. ルベンをジンに預ける。 ドクトゥス 反連邦組織「スキエンティア」に所属する謎の女性。 アンドロイドであり、KOS-MOSを大破させるほどの能力を所持している。 たまにでしゃべる時がある。 ネピリム シオンの前に度々現れる茶の髪とインディゴブルーの瞳を持つ少女。 今回は金髪の少女がその名で呼ばれているが・・・・・・? グリモア・ヴェルム グノーシス・テロ事件の張本人とされている謎の男性。 「ネピリム」を探し求めている。 アルマデル 幼いシオンと懇意にあった少女。 過去のトラウマから、ジンとシオンの父親であるスオウ・ウズキによく似ているジンに怯える描写がある。

次の