横浜市 健康保険 減免。 【横浜市】年収100万円~1,500万円の国民健康保険料を公開!

新型コロナウイルス感染症による介護保険の第一号保険料の減免について 横浜市

横浜市 健康保険 減免

国民健康保険は、病気やケガなど、もしもの時のために、加入者みんなで保険料を出し合って助け合う制度ですので、生活保護に該当しない場合は、国保の加入者として収入のない方でも保険料をご負担していただくことになります。 この保険料は、被保険者ごとに医療分・支援分・介護分の各種別の保険料を計算し、合計したものが世帯の保険料となります。 医療分・支援分・介護分はそれぞれ「所得割額」と「被保険者均等割額」により算定します。 所得割額の算定基礎となる基準総所得金額は、前年中の所得をもとにしていますので、前年中に収入がない場合は、均等割額のみを納めていただくことになります。 なお、政令により定められた所得基準を下回る世帯は、均等割額について法定の基準の減額を受けることができます。 保険料の減額は、その世帯に属する加入者全員の収入状況により判断します。 未申告の方など収入状況が不明なため「市民税・県民税申告書」又は「国民健康保険の収入申立書」が届いた場合は、それぞれに記載されている問い合わせ先の税務課または保険年金課に提出してください。 また、災害、失業、その他の事情で保険料のお支払いが困難な場合には、お住まいの区の区役所保険年金課へご相談ください。 保険料の減免が受けられる場合があります。 <問い合わせ先> お住まいの区の区役所保険年金課保険係(関連ホームページ2をご覧ください).

次の

会社を退職して(又は被扶養者ではなくなったので)国民健康保険に加入したいのですが。

横浜市 健康保険 減免

国民健康保険は、病気やケガなど、もしもの時のために、加入者みんなで保険料を出し合って助け合う制度ですので、生活保護に該当しない場合は、国保の加入者として収入のない方でも保険料をご負担していただくことになります。 この保険料は、被保険者ごとに医療分・支援分・介護分の各種別の保険料を計算し、合計したものが世帯の保険料となります。 医療分・支援分・介護分はそれぞれ「所得割額」と「被保険者均等割額」により算定します。 所得割額の算定基礎となる基準総所得金額は、前年中の所得をもとにしていますので、前年中に収入がない場合は、均等割額のみを納めていただくことになります。 なお、政令により定められた所得基準を下回る世帯は、均等割額について法定の基準の減額を受けることができます。 保険料の減額は、その世帯に属する加入者全員の収入状況により判断します。 未申告の方など収入状況が不明なため「市民税・県民税申告書」又は「国民健康保険の収入申立書」が届いた場合は、それぞれに記載されている問い合わせ先の税務課または保険年金課に提出してください。 また、災害、失業、その他の事情で保険料のお支払いが困難な場合には、お住まいの区の区役所保険年金課へご相談ください。 保険料の減免が受けられる場合があります。 <問い合わせ先> お住まいの区の区役所保険年金課保険係(関連ホームページ2をご覧ください).

次の

横浜市の国民健康保険を自動計算しよう【令和2年度対応】任意継続との比較もできる!

横浜市 健康保険 減免

令和2年度の医療分の最高限度額は63万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 令和2年度の支援金分の最高限度額は19万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 39歳以下および65歳以上74歳以下の人には賦課(課税)されません。 令和2年度の介護分の最高限度額は17万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 所得割はどの自治体も毎年見直しが行われています。 すべての自治体で賦課され、その金額は毎年見直しされています。 自治体によっては賦課(課税)しない場合もあります。 自治体が決定した割合を年間の固定資産税に乗じて算出します。 近年は資産割を廃止する自治体が増えています。 令和2年度の最高限度額はそれぞれ63万円、19万円、17万円、合計99万円となります。 ただし自治体によっては低い限度額の場合もあります。 年収100万円~1,500万円の国民健康保険料(単身者の場合) 年収 39歳以下 60歳以上74歳以下 40歳以上59歳以下 46,518/年 3,876/月 61,460/年 5,121/月 128,211/年 10,684/月 164,555/年 13,712/月 193,941/年 16,161/月 247,505/年 20,625/月 263,427/年 21,952/月 335,195/年 27,932/月 338,547/年 28,212/月 429,995/年 35,832/月 413,667/年 34,472/月 524,795/年 43,732/月 492,543/年 41,045/月 624,335/年 52,027/月 577,053/年 48,087/月 730,985/年 60,915/月 661,563/年 55,130/月 831,563/年 69,296/月 746,073/年 62,172/月 916,073/年 76,339/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 820,000/年 68,333/月 990,000/年 82,500/月 ここでは単身者の国民健康保険料を年収別に試算しましたが、同じ世帯内に2人以上の国保加入者がいる場合は、加入者全員の合計所得を所得割に乗じて計算し、均等割も人数分加算する必要があります。 なお横浜市の国民健康保険料についてより具体的に計算する場合はをご利用ください。 年齢・年収・家族(最大6名)の情報から国民健康保険料を自動計算します。

次の