アボガド。 アボカド (AVOCADO)

種から発芽させてアボカドの栽培しよう!

アボガド

ぱっと読む見出し• アボカドの紹介 アボカド(英: avocado、Alligator pear 学名:Persea americana)はメキシコと中央アメリカ原産で、熟した皮が、ワニの背中の皮に似てることから日本名を「鰐梨(わになし)」と呼んでいたそうです。 古代アステカ時代から 生命の源と呼ばれて珍重されており、19世紀末にアメリカに持ちこまれ、栽培されるようになってから世界に知られるようになりました。 今現在、国内で流通しているアボカドのほとんどが、メキシコ、ニュージーランド、アメリカなどからの輸入品です。 アボカドの栄養価と効果効能 主な栄養素と効果効能 アボカドの主な効果効能として、• 利尿作用• 高血圧予防• 動脈硬化予防• 脳梗塞予防• 心筋梗塞予防• がん予防• 便秘改善 などが挙げられます。 アボカドの栄養素を見ると、非常に栄養バランスのよい果物といえます。 脂肪分が全体の約20%にもなるため敬遠されてしまうコトがありますが、主の油はオメガ9(オレイン酸)やリノール酸、リノレン酸という 良質な油です。 不飽和脂肪酸であるオレイン酸は血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化予防の他、抗酸化作用もあります。 また、オレイン酸には髪の成長を促す成長因子「IGF-1」を増やす効果もあり、頭皮に栄養を運ぶ「血液サラサラ」効果と合わせて、髪にトラブルを抱えてる方にもオススメです。 さらに老化防止に役立つビタミンEやビタミンA、C、カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルを多く含んでいます。 SPONSOR LINK ビタミン・ミネラル ビタミンEが多く含まれているので、がんや動脈硬化、老化防止に効果があるといわれていますが、摂りすぎに気を付けましょう。 カロリー 食品成分表を見ると、アボカドは生食の果物では最もエネルギーが高くなっており、アボカド100gに対して187kcalあります。 したがって、アボカド1個のカロリーは約260kcal、半分で約130kcalとなります。 2番目にエネルギーの高いドリアンは133kcal、3番目はバナナの86kcalとなるので、アボカドは かなり高カロリーといえます。 カロリーを気にする方は食べる量に気を遣うと良いでしょう。 アボカドの糖質量は? 高カロリーなアボカドですが、糖質量はそれほど高くありません。 カロリーと糖質の関係ですが、糖質から摂取されるのがカロリーで、カロリーは脂肪からも摂取されます。 アボカドに含まれるカロリーは、良質な脂肪に由来するものなので、アボカドは 高カロリーの割に糖質量は少ないのです。 最近、アボカドは、ヘルシーブームにマッチしたくだものとして、人気が急速に高まってきました。 たしかに栄養的に見て、バランスのよい、くだものといえます。 アボカドの脂肪分は、植物性なので、血液中のコレステロールを増やす心配もなく、動脈硬化が心配な人も安心して食べることができます。 ビタミンは、A、B1、B2、C、D、Eなど11種類。 ミネラルも灰分、カリウムなど14種類を含み、栄養素の豊富さでは、まさに、くだものの王様といっていいでしょう。 薬効はいろいろありますが、なかでもカリウムの含有量がひじょうに多いため、血圧を下げる働きがあります。 カリウムが体内の余分なナトリウムを体外に排泄してくれるからです。 アボカドには、体の熱をさます作用もあるので、高血圧でのぼせぎみの人にはぴったりです。 また、植物繊維を多く含むので、便秘で悩んでいる人にも効きめがあります。 毎日半分ほど食べていれば、腸が刺激されて、自然に便通がよくなってきます。 病中、病後の、体力の弱りを回復するときにも、アボカドの栄養価の高さは見逃せません。 植物性脂肪とともに、良質のたんぱく質も含んでいますので、栄養補給には最適です。 アボカドの美容効果 コエンザイムQ10で美肌づくり アボカドにはコエンザイムQ10が含まれていますが、このコエンザイムQ10が美容に効果的であると言われています。 コエンザイムQ10は、体の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、細胞のエネルギー生産を高め、活性酸素からカラダを守るため抗老化の決定成分とまで言われています。 加齢や偏った食生活、ストレスなどにより、コエンザイムQ10は20歳前後をピークに減少していき、40歳前後から加速的に減って行くそうです。 このコエンザイムQ10は、肌荒れ防止や老化防止等に役立ち、 美肌づくりに貢献してくれるのです。 不飽和脂肪酸であるオレイン酸は血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれるので、動脈硬化予防の他、抗酸化作用もあることから体の老化防止や、その働きによりお肌のターンオーバーも正常になり、美肌効果につながります。 オレイン酸はビタミンCと相性がよいので、ビタミンCが豊富な果物と一緒に摂取するのがおすすめです。 ビタミン、ミネラルの含有量が豊富 その他にも、抗酸化作用で老化を防止する美容ビタミンといわれるビタミンE。 脂肪を分解するビタミンB6。 皮膚の再生、新陳代謝、美肌づくりに効果があるビタミンB6などのビタミンB群や、肌の血色をよくする鉄や葉酸、むくみ解消に効果があるカリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。 食物繊維も豊富でゴボウに迫るほどの含有量を誇り、腸の働きを整え、ダイエット、美容効果も得られます。 カリウム、鉄、食物繊維においては、果物のランキングでは断トツの1位です。 栄養豊富なアボカドについてここまで見てきて、「もっと進んでアボカドを食べよう! 」と思った方は多いはずです。 しかし、栄養豊富とはいえカロリーが高めであることは間違いないので、アボカドの食べ過ぎはカロリーの摂りすぎになり、太りやすいです。 アボカドのダイエット法もありますが、食物繊維の豊富さによる満腹感の獲得によるものなので、アボカドを食べれば太りにくいということではありません。 アボカド1個を1日何食かに分けて食べるなど、ご自身で効果的な食べ方を編み出すと良いですね。 アボカドの食べ方【簡単レシピ】 おまけ程度にアボカド簡単レシピを探してみました。 あの2ちゃん!にアボカドスレッドが設けられ、あの2ちゃんねらーの皆様がアボカドオススメレシピをのせていたので引用させて頂きます。

次の

アボカドとアボガドの違い・正しい発音を農林水産省HPで調べてみた

アボガド

「アボ カ ド」と 「アボ ガ ド」ってどっちが正しいの?そもそも 「アボカド」と 「アボガド」って違うもの?・・・と、迷う人は少なくありません。 結論から言います。 正しいのは「カ」が濁らない 「アボカド」です。 「カ」に濁点(てんてん)がついた 「アボガド」は 間違った書き方です。 なので 「アボカド」と 「アボガド」は書き方の正誤の差があるだけで違うものではありません。 両者はまったく同じものです。 しかし、間違いのはずの 「アボガド」をスーパーマーケットなどでよく見かけませんか?間違いだらけの理由を探るため農林水産省のホームページで調べたところ意外な事実が判明しました。 このページの目次• 濁点なしの 「アボカド」が正しい理由 農林水産省のホームページでの調査の報告をする前に、濁点なしの 「アボカド」が正しいとするその理由を説明します。 理由はシンプルです。 「アボカド」は英語で書くと「avocado」となります。 そしてご覧の通り 「アボカド」の 「カ」に当たる部分は「ca」です。 「ga」ではありません。 「ガ」と発音する「ga」ではなく「ca」だから「カ」が正解です。 しかし、そもそも英語と日本語のローマ字読みとでは発音が違います。 「cat」と書いても「カット」ではなく「キャット」と読みますからね。 そこで念のために国語辞典の王様『広辞苑』で調べてみたところ濁点なしの 「アボカド」はあっても、濁点付きの 「アボガド」はまったくありませんでした。 よって濁点なしの 「アボカド」 が正しい書き方と言い切っても差し支えないでしょう。 「アボカド」と「アボガド」農林水産省HPで判明した意外な事実 濁点なしの 「アボカド」が正しい書き方なのは上に述べた通りです。 では、間違いのはずの濁点付きの 「アボガド」が何故これほどまでに広く出回っているのでしょうか。 発音のしやすさも大きな理由の一つでしょう。 試しに 「アボカド」と 「アボガド」、両方を早口でそれぞれ5回づつ言ってみてください。 間違った 「アボガド」の方が舌をかまずに済みますよ。 濁点なしの正しい 「アボカド」よりも、濁点付きの間違った 「アボガド」の方が発音しやすいのは事実ですが、それにしても間違った書き方が多すぎるのが不思議です。 発音しにくかったとしても、書くのは別問題のはずです。 そこで、間違いだらけの理由を探るため言葉の使い分けや書き方にとっても厳しい省庁で、 「アボカド」などの農産物を管轄している農林水産省のホームページで調べてみました。 濁点なしの正しい 「アボカド」と、濁点付きの間違った 「アボガド」。 それぞれを使って農林水産省ホームで検索してみたのです。 ・ 濁点なしの正しい「アボカド」で検索した結果 濁点なしの正しい 「アボカド」で検索した結果、579件がヒットしました。 正しい書き方なので、想像していた通りそれなりの数が出てきたというのが筆者の感想です。 濁点付きの間違った「アボガド」で検索した結果 続いて、濁点付きの間違った 「アボガド」で検索した結果、これは意外!正しい 「アボカド」とほぼ同じと言っていいレベルの527件がヒット。 この数字からわかること。 それは 「アボカド」と 「アボガド」、どちらの書き方でもいいというのが農林水産省のスタンスだということです。 言葉の使い分けに厳しいルールを持つ省庁でありながら 「アボカド」と 「アボガド」については両方ともOKとしている。 このことが、間違った書き方の 「アボガド」が広く普及してしまっている理由の一つではないかと考えられます。 画像出典: コラム:農林水産省ホームページでの調べ方 農林水産省のホームページには、ホームページの中を検索できる検索窓が付いています。 ちなみにこの検索窓はグーグルがベースになっているので、仮に「アボカド」と検索しても「アボカド」と「アボガド」の両方を表示してしまいます。 なかなか、かしこいんです。 以上のような検索の仕方で「アボガド」と「アボカド」の二つの書き方が農林水産省でそれぞれどのくらい登録されているのかを調べました。 正しい 「アボカド」が増え続けている 農林水産省では 「アボカド」と 「アボガド」のどちらも問題なしというスタンスですが、それでも正しい書き方をする人が増えているのも確かです。 その証拠が以下に示した折れ線グラフです。 画像出典: このグラフはグーグルトレンドと呼ばれるサイトで作ったグラフです。 グーグルトレンドとは、グーグルを使っている人がどのような言葉をどれくらい検索したかを知ることができるサイトです。 ちなみに上の折れ線の青線が正しい 「アボカド」、赤線が間違った 「アボガド」で検索された回数をあらわし、このグラフは2004年から2017年までのそれぞれの言葉が検索された回数の推移を示しています。 このグラフによると2004年の時点では正しい 「アボカド」よりも間違った 「アボガド」という言葉を使っている人の数がおおよそ1. しかし、間違った 「アボガド」を使う人が少しづつ減り続けているのに対して、正しい 「アボカド」を使う人が急増。 2016年5月では正しい「アボカド」を使っている人が間違っている人の10倍にもなっています。 すでに一般消費者の間では正しい 「アボカド」派が圧倒的多数を占めています。 間違って使っていた方は今のうちに言葉の使い方を改めないと残念な人になりかねませんね。 コラム:国語辞典の神様『日本国語大辞典』に載っていない「アボカド」 「アボカド」の書き方がこれほど混乱している要因の一つに、日本国内での「アボカド」の歴史の浅さが挙げられます。 日本に初めて「アボカド」が輸入されたのは約百年前と言われています。 輸入された当初は英語の別名「alligator pear」を直訳した「ワニナシ」と呼ばれていたそうです。 庶民の食卓に「アボカド」が登場したのは1970年代に入ってからのこと。 そのことを裏付けるかのように、1972年に刊行された全20巻からなる壮大な国語辞典『日本国語大辞典』の初版本にすら「アボカド」も「ワニナシ」も載っていません。 「アボカド」と「アボガド」の違いと正しい発音、まとめ 「アボカド」と 「アボガド」の違いと正しい発音、おわかりいただけましたでしょうか。 最後にもう一度、このページで述べたことをコンパクトにまとめておきます。

次の

アボカドとアボガドの違い・正しい発音を農林水産省HPで調べてみた

アボガド

アボガドとは クスノキ科に属する植物で、30mほどにまで成長する樹になる実がアボガドです。 熱帯、亜熱帯を原産としており、低温ではなかなか生育しないです。 種が大きい事から、「地面に埋めておくと成長してアボガドを食べる事ができるのではないか?」と考えた事がありますが、なかなか簡単ではないようです。 更に成熟するまで時間がかかる上に、前述の通り、スーパーで市販されているものは成熟しきっておらず、追熟が必要です。 そんなアボガドですが、種類を細かく見ていくと1000種類以上もあり、最も広く流通している物はハス種と呼ばれる、皮がごつごつしていて、我々がよく見るアボガドがほとんどハス種です。 流通しているのがハス種ですが、実は日本でもアボガドが育てられていて、寒さに強いベーコン種と呼ばれている種類が僅かながら日本の南九州の方で育てられています。 固いアボガドを柔らかくする方法 固いアボガドを早く柔らかくしたいと多くの方が考えると思います。 熟成は簡単にできるものではないと思われますが、実はアボガドを柔らかくする方法はいくつか存在し、中にはとても簡単な方法も御座いますので2つ紹介したいと思います。 ・転がす 最も簡単で道具の炒らない方法です。 アボガドの身と皮がはがれる位を目安に、まな板の上で力を入れて転がす事です。 ただし、問題として、固い食感がある程度残ってしまう事と、ある程度熟成が進んでいないとできない事です。 ですので、食べごろまでもう少し、というようなアボガドが家にある場合は、まずはまな板で転がしてみてください。 スポンサーリンク ・リンゴやバナナと一緒にジップロックしておく 果物と一緒に入れる事で、熟す際に発生されるエチレンガスが発生するため、その効果で、アボガドも皮の色以上に早く熟します。 季節にもよりますが、夏以外の季節ですと、日のあたる場所の方が温度が高く、それだけ熟成も早くなりますので簡単に熟成を進める事ができます。 以上の3つがアボガドを早く熟成させる為の方法になります。 特に果物と一緒にジップロックしておくという方法というのは色が完全に緑色で、全く熟していないようなアボガドでも1、2日程で食べられるくらいに熟成させる事ができますので、是非お試しください 固いアボガドの皮を剥いてしまったら 皮を剥いたアボガドを柔らかくするには 火を通すことが重要です。 他の野菜と合わせて炒めてもいいですし、 単に柔らかくするだけならば、ラップをかけて600Wで2分ほどレンジであたためると柔らかくなります。 買ったその日に食べれるアボガドの選び方 なるべく早くは嫌だ!今すぐ食べたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか? というのも、毎日献立を決めて、買い物と料理をされる主婦の方にとってはその日買ったものを使えない、というのは面倒くさいですし、買ったアボガドをその日のうちに使えるにこした事はありません。 購入先によってどのようなアボガドをおいているかによっても大きく左右されてしまいます。 すぐ食べる事のできるアボガドを選ぶ見分け方についてですが、 まずは1色の黒っぽい物を選ぶ2外から触ったときに、押したらへこむかへこまないか?ぐらいの柔らかさの物3最後にヘタが残っていて、表面にしわが少なくツルツルしているものを選ぶ 以上の3点が食べごろでなおかつ、良いアボガドを選ぶ際の基準になります。 いかがでしたか?アボガドはとてもおいしいですが、おいしく食べられるくらいまで常温で熟成させなければならないものですが、今回は、熟成が早く進む方法と、買ったアボガドをその日のうちに食べる方法をご紹介させていただきました。 硬いアボカドを柔らかくする方法 絶対に失敗しない! アボカドの選び方!!.

次の