運命の人は僕じゃない 歌詞。 【洋楽歌詞和訳】Cloud 9 / Jamiroquai(ジャミロクワイ)

君の運命のヒトは僕じゃない

運命の人は僕じゃない 歌詞

ぜひ伝えたい曲を先ほど知ってしまった。 奇しくも本日はの日。 このお題、私に表現できる気がしなかったものの、この歌は私にとってのI love youであるとしか言いようがなかった。 なので飛び入り参加、投稿時間がきっと24時をすぎる時間に書き始めてしまいました。 このnoteは私の表現というよりもこの曲に完全に乗っかって書いています。 お許しください。 *** 夕方noteを書いた後、夕飯を作ろうとダイニングキッチンに行くと、別れてもしばらく一緒に暮らしている元パートナーが泣いていた。 大泣きだった。 どうしたのと聞くと 「この曲が(心に)刺さりすぎて... 」 今流行っているらしいOfficial髭男ism(髭男)というバンドの「Pretender」。 私は意識して聞いたことは一度もなく、名前と曲は一致しなかった。 キッチンにPCを置いて、立ったまま彼女のヘッドホンを借りて、集中して聞いた。 私は彼女と基本的にすれ違っていた。 私は彼女のことが好きだった。 彼女も私のことが好きだった。 彼女のためを思ったことが受け入れられず、私も彼女の言葉を受け入れなかった。 先日別れるまで、そんな中でもしぶとく喧嘩と仲直りを繰り返し、二人の関係を信じてずっと続けてきた。 この曲を聞きながら、彼女と別れて初めて、自分のためだけではない涙がやっとこぼれた。 彼女を想って。 彼女を想っていた自分を思って。 私たちの今までのストーリーを手繰り寄せ、やっと認めることができたのかもしれない。 Official髭男dism - Pretender(作詞・作曲 藤原聡) 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れがたいのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たった一つ確かなことがあるとすれば 「君は綺麗だ」 (後略) Pretendとは、"偽る" "ふりをする" Pretenderとは"詐欺師" "詐称する人" 運命の人のふりを、ずっとしてきた。 私と彼女の間にはいろいろあった。 もう、ありすぎて、わけがわからない。 別れるカップルなんてだいたい... と、一絡げにまとめたくもなる。 私は彼女を幸せにできない。 彼女も私を幸せにできない。 できるできないではなく、なるならないだとか、二人で協力してなるんだとか、もう散々やった。 私なりのすべてを注いできたつもりだった。 彼女も決して諦めずに私との幸せな生活を目指してきて、ほとんど成り立ちそうで、それでもやっぱり無理だった。 二人だと成り立たない。 少なくともここから先はもう成り立たせられない。 出会える世界線 選べたらよかった もし私が、もっと器が大きかったら。 もし私が、もっと強かったら。 もし私が、もっとあなただけを見ていられたら。 それはもう別の人間だ、私ではない。 私ではだめだったんだ。 別の人と幸せになってもらうしか、もうないんだ。 喧嘩するたび「こんな人間でごめんね」と何度言っただろう。 もう、それしか言えなかった。 しかし謝ったって無駄だ、私がこんな人間であることを変えることはできない。 いや、もっとさらに頑張れば変えられるかもしれないが、私は変わりたくない。 少しは変わったこともあったかもしれない、しかしこれ以上、どうしても変わりたくないと、思ってしまっていた。 だから、私の未来に彼女はいないし、彼女の未来に私はいない。 私にとっても、彼女ではだめだった。 それでも。 彼女という生き物が素晴らしいことには変わりはなかった。 「君は綺麗だ。 」 本当に、それだけは確かだ。 私たちがどんなに想いあっても、すれ違っても、傷つけあっても、笑いあっても、私たちが続かなくても、それだけは変わらない。 ずっと綺麗だ。 月よりも、星よりも。 だからこそ。 私からのIlove youはもうこれしか残されていなかった。 グッバイ 君の運命の人は僕じゃない。 嫌いになったんじゃない。 今でも想っている。 私ができる範囲で、できることをしてあげたいよ。 ずっと、元気でね。 元気でね、と心で思いながら、もうしばし一緒に暮らします。 そのうちにこのnoteで詳細を書くかもしれません。 歌と深夜と企画の勢いで書きました。 朝になってからもなんども編集してしまいました。 読んでくださってありがとうございました。

次の

Official髭男dism 宿命 歌詞

運命の人は僕じゃない 歌詞

うたまっぷ 歌詞を無料で検索表示 そう考えるとこういう歌詞が出てくるんですよね。 藤原:そうなんですよ。 一つは頭の先からつま先まで電流が走ったようになる。 そういう叶いにくい恋愛って世の中にたくさんあって、それぞれが<もっと違う設定で もっと違う関係で>とか<もっと違う性格で もっと違う価値観で>とか思っているんだろうなって。 いや、もっとさらに頑張れば変えられるかもしれないが、私は変わりたくない。 Google Play、Android、Android TV、Android Wear、Android Auto、Chromecastは、Google Inc. そのやるせなさと雪の季節の寂しさが、ズシンと心に響く一曲です。 【洋楽歌詞和訳】Cloud 9 / Jamiroquai(ジャミロクワイ) 「君は綺麗だ 」 単純に真っ直ぐな気持ちで言っているのか、色々な思いがこもっているのか、そのどっちもなのか…。 それは映画を観ても思ったし、曲を作りながら自分のなかにもそういう価値観ってあるなと感じました。 All rights reserved. 運命の人に出会ったのに、事情があって一緒にいられない…そんなシチュエーションを壮大なメロディーがより美しく聴かせてくれる作品です。 映画「セカンドバージン」の主題歌として話題になった楽曲。 もし叶わない恋をしているときに聴くと、自然と涙してしまうかもしれません。 「今日は桜餅ですよ。 1 【オメガ】運命。 じゃないヒト【赤黒】 」と気付く』感覚だとコメントされていたのが印象的でした。 先日別れるまで、そんな中でもしぶとく喧嘩と仲直りを繰り返し、二人の関係を信じてずっと続けてきた。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 藤原:最後だけは、今の<僕>自身の心の状態も表したいと思ったんです。 ずっと、元気でね。 これはふっと頭に浮かんだワードだったんですよ。 あと、僕にそういう体験があるわけじゃないんですけど、昔マネージャーに「この業界はアーティストとスタッフの色恋沙汰厳禁」って言われたことがあって 笑。

次の

【わかりやすく簡潔に歌詞分析】Official髭男dism「Pretender」

運命の人は僕じゃない 歌詞

そうですね、自分も最初見たときは歌詞の内容と PVの最後のシーンがかみ合わないなーと思いました。 でも何度かこのPVを見ているうちに、 この歌詞から受ける切ないイメージが不思議と強くなっていました。 そこで、あくまで歌詞に出てくる「僕」と「君」がPVの中の登場人物と 同一人物であるという前提ではありますが、 このPVをどのように解釈すればいいのかを自分なりに考えてみました。 まず自分がこの歌詞から受けた曲のイメージすが、 もともと自分なんかでは釣り合いがとれないんじゃないかと不安に 思うくらい、高嶺の花だった「君」と付き合うことが出来たけれど、 いざ付き合い出してみれば予想通り、自分ばっかり浮足立って 空回りして… やっぱり自分では彼女とは釣り合わないし、 この関係も長くは続かないだろうなと 自分の性格やこれまでの経験から築き上げた 「人生柄」から悟ってはいるけれど、 それでもやっぱり彼女の事が好きで仕方無くて 離れ難いし別れたくないという 「僕」の心の中の葛藤の歌かなと思いました。 ちなみにホント、この曲が面白いなと思ったところは 実際に「僕」は彼女から愛想尽かされて 別れを切り出されてるわけでもないですし、 この壮大な葛藤すら「僕」のひとり芝居である可能性が あるところですねw そしてその結論として「僕」が出した この曲を象徴するようなインパクトのある2つの歌詞。 「君の運命のヒトは僕じゃない」 「君は綺麗だ」 これらの歌詞に込められている「僕」の切なさを より一層聞き手に伝わるように手助けするには どんなPVを作ればよいか? もしこのPVを作った人がそう考えたのであれば、その答えとして、 歌詞の中ではそこまで細かく描かれていない2人の人柄や 付き合い出す前の2人の関係性をより具体的に聞き手に イメージしてもらう事で、より深くこの「僕」の切なさに 感情移入してもらえればと考えたのではないでしょうか? つまり、歌詞の中の「君」が単純な見た目だけでなく 内面的にもどれだけ綺麗で素敵な人であるか、 そして「僕」は付き合い出す前からそんな「君」に対して、 どれだけ好きという感情を抱きながら、 どんな関係性と距離感で接していたのか? それをイメージしてもらうために描かれたのが このPVなのかなと思います。 仲間内の中でも常に皆の中心にいて明るくキラキラしている「君」。 それに対して、 仲間内の中でもどこか地味で大人しめで突き抜け切れていない「僕」。 友人として身近に接し、とても強く「君」に惹かれながらも、 仮に告白して振られて友人としての関係性が壊れるんじゃないかいう 不安以前に、そもそも仮に付き合えたとして、自分なんかが本当に 彼女と釣り合うのか?隣にいてもいいのか?という「僕」の心の中の 葛藤がとてもよく描かれているんじゃないかなと思います。 そして最後に、そんな不安を抱えながらも好きという気持ちを 抑えきれずに告白する直前で終わるあたりも、 「僕」の「君」に対する気持ちの大きさを表しつつ、 その先を気にさせるような終わり方で上手い演出かなと思いました。 (すいません、文章力が乏しくてあまり上手くお伝え出来て いないと思いますが、既にご覧いただいてるように、 PV全体を通じて俳優さんたちがそのあたりを上手く表現して くれていると思うのでそちらを参考にしてください(汗) 個人的には3分16~18秒あたりの屋上のシーンで、 「君」に向ける「僕」の表情がとても印象的です) なので自分が考える一連のストーリの時間軸としては、 PVの世界が先(付き合い出す前の2人の関係性)で、 歌詞の世界が後(付き合い出した後の「僕」の葛藤)です。 PVの作り手としても、PVの時間軸を先に持ってくることにより、 まずは前菜としてぼんやりとPVを見ながら2人の人柄と 付き合い出す前の関係性をイメージしてもらった後で、 メインディッシュである歌詞の世界をよりじっくりと かみしめて味わってください、ってとこですかね。 まあ、あくまで自分の解釈なので 実際にはまったくの見当違いかもしれません。 他の人も言われているようにPVの作り手と作詞した人は別の人なので そんなに深く考えて無理やり関連付ける必要も無いかもしれませんが、 自分なりにそう結論付ける事で、冒頭でも述べたような、 最初は歌詞の内容とPVの最後のシーンがかみ合わないなーと思いながらも 何度かこのPVを見ているうちに、この歌詞から受ける切ないイメージが 強くなっていた事にも納得する事が出来ましたので、ご参考までに。

次の