森川 美穂 おんな に な あれ。 森川美穂 おんなになあれ 歌詞&動画視聴

おんなになあれ (森川美穂のアルバム)

森川 美穂 おんな に な あれ

森川美穂。 エイティーズ・ファンの方であれば、名前くらいはご存知の方も多いのではないでしょうか? 1985年にデビュー。 その容姿からアイドル歌手としてデビューさせられたものの、本人としてはアーチスト志向が強く、この「おんなになあれ」のヒット以降、その傾向を強めていきます。 それにしてもこの楽曲、なぜか当時大好きでした。 森川美穂が好きだったのではなく、この楽曲の持つ魅力にやられてしまったんですね。 森川美穂とは事務所が一緒だったらしい。 また当時飛鳥涼は飛ぶ鳥を落とす勢いでした。 1987年といえば光GENJIがデビューした年。 彼等のデビューからの3部作(「STAR LIGHT」「ガラスの十代」「パラダイス銀河」)も全て飛鳥涼の作品でしたね。 光GENJIの楽曲もそうですが、多感な年頃の楽曲を作らせたらこの人に適う人はそういないかもしれません。 それくらいこの「おんなになあれ」は秀逸な作品。 森川美穂はこの後アーチスト寄りのアルバムを発表していきます。 元スクエアの長谷部徹 ds が参加しているのを発見し、感動した記憶がありますね。 また私の地元のFM局で1992年から5年間、毎週土曜日(日曜日だったかな)「ISHII トワイライトハイウェイ」のDJを務め、毎週カーラジオからこの番組が流れてました。 「目覚めたビーナス」とか夢がMORIMORIのテーマソング「恋していれば大丈夫」とか、他にもいい曲がありますね。 そういえば1993年にアコースティックアルバムを発表し、再度「おんなになあれ」をセルフカバーしてました。 そのアレンジのライヴもアップしておきます。 彼女は現在も現役で歌っており、なんと歌唱力が買われて、大阪芸術大学音楽学科のヴォーカル実技の専任講師も任されているそうです。 彼女とは同い年(ちなみに彼女の誕生日は5月5日、今日というか昨日だったんですね)。 同じ年のアーチストが未だに当時から頑張っているって嬉しいですね。

次の

森川美穂 オフィシャルホームページ

森川 美穂 おんな に な あれ

「」 リリース: 『 おんなになあれ』は、の2枚目の。 概要 [ ]• 収録曲 [ ]• Birthday Songきかせて 作詞:森川美穂、作曲:、編曲:松下誠• 作詞:、作曲:飛鳥涼、編曲:• グラデーション 作詞:、作曲:、編曲:• 午後のシート 作詞:佐藤純子、作曲:、編曲:小林信吾• 泣いて!タイフーン 作詞:、作曲:小川哲夫、編曲:小林信吾• フルフェイスとSummer Days 作詞:、作曲:、編曲:小林信吾 「ベルエクラ」CM曲 「」主題歌• 8番目のパートナー 作詞:森川美穂、作曲:、編曲:小林信吾• 作詞:佐藤純子、作曲:小森田実、編曲:小林信吾• ジャスミンを揺らさぬように 作詞:佐藤純子、作曲:鳥山あかね、編曲:山本健司• LONG GOOD-BYE LONG 作詞:飛鳥涼、作曲:飛鳥涼、編曲:小林信吾• 脚注 [ ].

次の

森川美穂『おんなになあれ』

森川 美穂 おんな に な あれ

解説 [ ]• VAP時代の森川の楽曲の中で最多の売上を記録した楽曲で、前作「」に続いてカメラ『』のCMソングとして使われた。 また、同年には本曲の名を冠した自身のアルバム『』がリリースされている。 この曲について、(平成19年)8月号の『』の特集で「やの歌が好きだったので、初期の路線には抵抗があった。 ルックスだってアイドル向きじゃなかったし。 そんな私の転機となったのが「おんなになあれ」。 の詞と曲ですが、の楽曲への思い入れを肌で感じ、言葉へのこだわりが芽生えた」と語っている。 この曲に関して飛鳥涼は「『制服を脱いで1人のおんなとして恋をしたら美穂はどんな恋をするんだろう』と思ってこの歌を作ったんだよ」と、レコーディング・スタジオで森川に話をした(『』添付ブックレットのより)。 移籍後のにリリースされたベストアルバム『HER-Best 1985-1989』には、初回限定盤のみボーナストラックとしてアカペラバージョンによる本曲が収録されている。 この曲で『』に初登場()。 当日は「ザ・ベストテン延長戦」という特別企画で、通常より放送時間を延長した90分間の放送であった。 そのためこの日ランキング19位であった森川も歌うことはできたのだが、それまで進行が押しに押しており、歌唱は1番だけ(サビの繰り返しもなし)、演奏終了間際にが流れ出し、演奏終了直後に本番終了、という慌ただしさであった。 B面「ひとりぼっちのセレモニー」はシングルバージョンとしてシングルのみに収録されている。 収録曲 [ ]• おんなになあれ 作詞・作曲:、編曲: カメラ『AFテレ』• ひとりぼっちのセレモニー 作詞:、作曲:、編曲:小林信吾 収録アルバム [ ]• 1,2• 1、シングルバージョンとアカペラバージョン• 1,2 カバーした歌手 [ ]• - シングル「」カップリングに収録。 森川以外の歌手による初のカバーとなった。

次の