善ねず 結婚。 鬼滅の刃善逸はねずこと結婚する?恋人になる可能性は?

【ぜんねずの子どもは?】禰豆子と善逸は結婚して今では子孫もいる!?

善ねず 結婚

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の

漫画版鬼滅の刃の無限列車編ねず子の活躍を徹底紹介!善逸とのフラグも乱立で結婚しちゃいそう?!

善ねず 結婚

善逸と禰豆子の関係 ヘタレで女好きキャラの善逸と、鬼になってしまったねずこですが、 二人はどういう関係なのか? 元々で言えば善逸がねずこの容姿を見た時に発狂するほどに喜んだことから始まります(笑) これがねずこを始めてみたときの善逸のリアクションですね(笑) このように、炭治郎がいつも背負っていた籠の中にいたのがねずこだと知ったときは、本当にいい反応見せてくれてました! それまでは女なら誰それ構わず求愛してた善逸でしたが、 ねずこと出会ったことで以前と比べると控えめになります。 ^^ まぁこの時点ではチャラい男がノリでやってるみたいな感じで、ねずこもそこまで相手にしてなかったというか。 ねずこは鬼化してるのであんまり恋愛とかそういった感情はない様子。 ところがどっこいですよ!(笑) 意外にも善逸はかなり本気モードだったようで、 ねずこのことを何が何でも守ろうとします! 普段はクソヘタレ(笑)な善逸なのでねずこも全くなびく気配はなかったのですが、 覚醒状態の善逸がねずこを守った時、ねずこの心境にもうっすら変化が訪れます。 この表情!なんだか、うっすらときめいてませんか? 覚醒した善逸は鬼化したねずこですら感じるものがあるようです。 確かに、こ の時の善逸は、くそかっこいいですよね(笑) このように善逸の猛烈なアプローチもあって、最初は善逸の一方通行でしたが、 今では、ねずこも善逸の事を普通に守るべき人間、という風には見ていないんじゃないかな〜と! 恋愛感情があるかどうかまでは不明ですが、善逸はよく炭治郎と一緒にいる事もって 「兄や自分と仲の良くしてくれる人間」 「仲が良い家族」 といった感じになっているんじゃないかと思われます〜。 スポンサーリンク 善逸とねずこが結婚する可能性は? 二人が結婚するための大前提としては、まずはねずこが人間に戻らなければなりません。 恐らくねずこが人間に戻る話が鬼滅の刃のゴールになるかと思われますので、この先もまだまだ二人の間にはいろんな問題やハプニングが起こるでしょう。 もっと絆が深まることや、むしろ険悪になるようなことも起きるかも知れません。 ただ、今現在の二人を見る限りは 結婚する可能性も大いにあると思います! 善逸は予想に反して 好きになったら超一途ですし、 元々の性格もヘタレなこと以外は至って優しい性格です。 ねずこも鬼になってからはアレですが、 元々は健気で他人思いな優しい子でした。

次の

漫画版鬼滅の刃の無限列車編ねず子の活躍を徹底紹介!善逸とのフラグも乱立で結婚しちゃいそう?!

善ねず 結婚

スポンサードリンク 蝶屋敷から帰ってきた炭治郎と伊之助。 家につくと、善逸が泣いていた。 禰豆子はもう寝ていた。 特に問題などは起きていない様子。 炭治郎「どうしたの?善逸」 伊之助「ガハハハ!また泣いてんのか!」 善逸「・・・炭治郎、俺はもう無理かもしれない。 」 炭治郎「何が?」 スポンサードリンク 鬼滅の刃続編~カップリング物語~(8)善逸ねずこ編 善逸、今日あったことを話した。 「今日は朝からねずこちゃんと一緒にいれて、買い物行って、ご飯食べて、すごく幸せだったんだ。 」 「で、ねずこちゃんに結婚するならどんな人がいいか聞いてみたんだよ。 」 「そしたら、ねずこちゃん、しっかりと仕事をして家族を大事にしてくれたお父さんみたいな人がいいって」 「俺さー!仕事してないじゃん!炭治郎の稼ぎで食ってるし、伊之助が狩りに出て食料獲ってきてくれてるし、俺は何も役に立ってない!」 「俺なんてただの無職の出来損ないの無職なんだ」 「俺はもうねずこちゃんを幸せにすることなんてできないんだよ。。 ダメダメのダメダメ男なんだ。。 」 伊之助「確かにその通りだな!この役立たず!ガハハハハ!」 ボカスカボカスカ・・・! 伊之助と善逸が殴り合う。 炭治郎、ニコリ。 「善逸、いつもねずこのことを思ってくれてありがとう」 「善逸は文章を書くのが上手いから、本を書くのはどうかな?」 「この前、善逸伝説読ませてもらったけど、すごく面白かったよ!」 「好きなことで仕事ができたら、人生幸せだよね」 善逸「・・・炭治郎。 お前は俺の才能を分かってくれるのか!」 「実は俺、お前と一緒に炭売りやってみたけど、全然面白くないし、続かなかった。 」 「で、伊之助みたいに強くないし俺は臆病だから、毎日狩りにいくなんてしんでもやりたくない。 」 「確かに炭治郎のいう通り、俺は文を書くのが好きだ。 「俺は、後世に残る作家になる!」 炭治郎、ニコリ。 「うん、いいと思うよ!」 「その代わり、作家で売れるまでは炭売り手伝ってね。 」 善逸「・・・。 イヤだ。 」 伊之助「売れるまでは俺と一緒に狩りにいくぞー!!!」 善逸「絶対に、イヤだ!!!!!」 翌日、いつも通り炭治郎と伊之助は山へ狩りに出た。 伊之助「おい、炭治郎。 」 炭治郎「どうした??」 伊之助「昨日、善逸と話をしてて思ったんだけどよ。 」 「俺もそろそろ金を稼がねえといけねえなって思ってるんだよ」 「いや、俺らってお前の炭売りの仕事で稼いだお金で飯食ってるわけじゃねーか」 「いい加減、自分ひとりでも食っていける力つけないといけねーんじゃねぇかって思ったわけよ」 「炭治郎、お前から見て俺は何ができると思うか?」 ・・・。 ・・・。 ・・・。 炭治郎は考えた。 伊之助にできることを。 ・・・。 ・・・。 ・・・。 アイデアが思い浮かばない。 伊之助〈こんなに悩まれると、ちょっと悲しい。 〉 「あ!!!」 炭治郎「伊之助にはこれが合うと思うよ!」 続く スポンサードリンク.

次の