幸 あれ 意味。 大津美子さんの「ここに幸あり」の歌詞の意味が良く分かりません。

『父母が頭かきなで幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる』 わかりやすい現代語訳と品詞分解 / 古文 by 走るメロス

幸 あれ 意味

「幸薄い」と思われる人の特徴とは では、いったいどんな顔が幸薄い顔なのか。 そんなことを言うと、「ブサイクな顔が幸薄い顔」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際、顔が悪いからというよりも、表情や立ち姿によって「幸薄そう」と思われることが多いのです。 で、具体的に、幸薄い男女の特徴を上げるとするなら「笑顔が少ない・姿勢が悪い・声が小さい」という3つの要素。 どんよりして口角が下がっている顔、立ち姿が情けない、声が聞き取りづらい、このような状態の人間であれば「幸薄そう」と言われてしまうのは必然。 そして、そういった人間には近寄り難い印象が生まれてしまうものです。 というより、もっと言ってしまえば「人生楽しくなさそうだな」なんて他人から思われた時点で、「幸薄そう」な人間の烙印を押されてしまう可能性もあります。 覇気(はき)やオーラという不確かな言葉。 でも実際、その人の雰囲気を左右するのは、表情・姿勢・声の大小と言ったものなのです。 「幸薄い」と言われる女性の顔の特徴とは さてさてここからは、女性を対象に「幸薄そう」と言われてしまう理由をご説明。 正直なところ、「幸薄い」という言葉は男性にはそこまで使用されず、女性に使用されていることが多いです。 で、この「幸薄い」という言葉が指す女性の顔の特徴、それは主に「色白・あまり笑わない・顔の線が薄い」という3つの要素。 身近に「幸薄い顔」のお知り合いがいる方には「確かにー」と思って頂けたはず。 そして、「んん?」と思った方もいらっしゃることでしょう。 「そこまでネガティブじゃないよね」と。 しかしその通りなのです。 実際、女性に対する「幸薄そう」という言葉には、そこまでネガティブな意味が含まれているわけではないのです。 もっとも近いニュアンスの言葉なら「美人薄命」と言った感じでしょうか。 「綺麗な顔立ちをしているものの、どこか儚く悲しげな雰囲気を纏って(まとって)いる」、それが「幸薄い顔」であるのです。

次の

「幸薄い」ってどういう意味?「幸薄い」と思われる人の特徴とは

幸 あれ 意味

chiebukuro. yahoo. tadasi , kofuu na hyougen desu ne. gendai nioite ha , 「 aru 」 ha joutai no hyougen na node , meirei gata ni suru koto ha ari mase n. gendai fuu ni yakusu no nara ,「 ~ de are 」 de 「 ~ de ah! te hosii 」 to naru desyo u. to ari masu. chiebukuro. yahoo. chiebukuro. yahoo. ただし , こふう な ひょうげん です ね。 げんだい において は , 「 ある 」 は じょうたい の ひょうげん な ので , めいれい がた に する こと は あり ませ ん。 げんだい ふう に やくす の なら ,「(~ で ) あれ 」 で 「(~ で ) あっ て ほしい 」 と なる でしょ う。 と あり ます。 chiebukuro. yahoo.

次の

漢字の成り立ち「幸」

幸 あれ 意味

大津美子さんの「ここに幸あり」の歌詞の意味が良く分かりません。 「ここに幸あり」は不朽の名曲で私も大好きですが、 その割にはこの歌詞がも一つ良く分かっていないのです。 この歌が歌われた昭和31年と言えば、日本はちょうど高度成長期に入る頃。 戦後強くなったのはナイロン靴下と女と言われ、 そしてもはや戦後ではないとも言われた成長期の日本でした。 こんな女性の地位が目覚しく向上しようとしていた頃の歌詞としては、 あまりにも不似合いな気がします。 特に「君を頼りに私は生きる」という所など、 単に夫唱婦随の歌なのでしょうか。 この曲に、そのスケールの大きさや格調の高さなどを感じる私には、 とてもそんな風には思えないのです。 そこには何かもっと深い意味が込められているように思うのですが、 いかがでしょうか。 Q 日本語を勉強中の中国人です。 「早春賦」の歌詞を読んでいますが、古典文法が入っているので、理解できなくて困っています。 特に理解に苦しんでいるところは次の三箇所です。 この歌をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。 歌詞の参考ページです。 hi-ho. htm 1.「歌は思えど」 2.「さては時ぞと 思うあやにく」 3.「春と聞かねば 知らでありしを 聞けばせかるる 胸の思いを いかにせよとの この頃か」 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 1.春は名のみの 風の寒さや 谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど 時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず 暦の上では春になったといっても、春とは名ばかりで、風は冷たく、まだまだ寒く感じます。 谷で冬を越した鶯が里に下りて、美しい声で春を告げようと思っても、まだこの風の冷たさに、春はまだ来ていない、まだその時ではないと、鳴き出そうとした声を潜めて春をじっと待っています。 2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ さては時ぞと思う あやにく今日もきのうも 雪の空 今日もきのうも 雪の空 川や池に張っていた氷は解け始め、そこに生えている葦も芽をふき始めてきています。 さあ、いよいよ春が来たと思いきや、そんな思いとは裏腹に現実は厳しく、昨日も今日もまだ空はどんよりして雪が舞っています。 3.春と聞かねば 知らでありしを 聞けば急かるる(せかるる)胸の思(おもい)を いかにせよとの この頃か いかにせよとの この頃か 暦の上ではもう春になったのですと聞かされてなければ、まだ春だとは思わなかったのに、聞いてしまったので、もう、春が待ち遠しくなってしまい、季節の移り変わりさえ遅く感じ、春よ早く来いという待ち焦がれる思いをどう晴らしたらいいか判らないくらいである。 あいにく。 折悪しく。 2.[形動ナリ]目の前の事柄が、予想や期待に反していて好ましくないさま。 意地が悪い。 不都合だ。 間 ま が悪い。 予想以上に厳しい。 過酷だ。 この歌は難しい歌ですよ。 全体に伝わってくるイメージは明瞭ですが、字句の説明は非常に難解です。 自信ありません。 1.春は名のみの 風の寒さや 谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど 時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず 暦の上では春になったといっても、春とは名ばかりで、風は冷たく、まだまだ寒く感じます。 谷で冬を越した鶯が里に下りて、美しい声で春を告げようと思っても、まだこの風の冷たさに、春はまだ来ていない、まだその時ではないと、鳴き出そうとした声を潜めて春をじっと待っています。 2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ さては時ぞと思う あやにく今日もき... Q 1. きんらんどんすの 帯しめながら 花嫁御寮は なぜ泣くのだろ 2. 文金島田に 髪結いながら 花嫁御寮は なぜ泣くのだろ 3. あねさんごっこの 花嫁人形は 赤い鹿の子の 振袖着てる 4. 泣けば鹿の子の たもとがきれる 涙で鹿の子の 赤い紅にじむ 5. 泣くに泣かれぬ 花嫁人形は 赤い鹿の子の 千代紙衣装 1と2で泣いているのは人間の花嫁でしょうか?「帯しめながら泣く」は人間にしかできませんよね。 4で泣くのは、人形遊び(あねさんごっと)をしている子供でしょうか? それとも全て主体は「花嫁人形」なのでしょうか?題名がそうですし。 それにしては5で「泣くに泣かれぬ花嫁人形」とあるので混乱してしまいます。 よろしくお願いします。 Q 日本語を勉強中の中国人です。 「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。 歌詞の全文はこちらでご覧ください。 mahoroba. html 1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。 辞書で調べましたが、見つけませんでした。 「浮かんでくる」という意味でしょうか。 2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。 水芭蕉のですか。 3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。 野の小径ですか。 それとも水のほとりなのでしょうか。 分からなくなりました。 4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。 句読点がないので、混乱しています。 誰が夢を見たのでしょうか。 作詞者自身ですか。 第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。 句読点を入れていただければ助かります。 5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。 なんか省略が多すぎるような気がします。 風情を壊してしまって申し訳ありません。 具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。 よろしくお願いいたします。 日本語を勉強中の中国人です。 「夏の思い出」という唱歌の歌詞を読みましたが、理解できないところがあるので、質問をさせてください。 歌詞の全文はこちらでご覧ください。 mahoroba. html 1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。 辞書で調べましたが、見つけませんでした。 「浮かんでくる」という意味でしょうか。 2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。 水芭蕉のですか。 3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いている... A ベストアンサー 1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。 辞書で調べましたが、見つけませんでした。 「浮かんでくる」という意味でしょうか。 その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。 そう、水芭蕉の花が咲いているのです。 まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。 2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。 水芭蕉のですか。 3.この歌詞の中の「水芭蕉」はいったいどこに咲いているのでしょうか。 野の小径ですか。 それとも水のほとりなのでしょうか。 分からなくなりました。 尾瀬沼のすばらしい景色をご堪能ください。 towabank. html 4.「夢見て咲いている水のほとり」とはどのような意味でしょうか。 句読点がないので、混乱しています。 誰が夢を見たのでしょうか。 作詞者自身ですか。 第二段落の中の「夢みて匂っている水のほとり」もこれと同じような理由で、よく理解できません。 句読点を入れていただければ助かります。 第二段落も同じです。 5.「花のなかに そよそよと ゆれゆれる 浮き島よ」とはどのようなことを指すのでしょうか。 なんか省略が多すぎるような気がします。 風情を壊してしまって申し訳ありません。 具体的な情景をつかみたいので、説明していただけないでしょうか。 水の中に咲いている様子が「浮き島」のように見える水芭蕉もあるのです。 【浮き島】のイメージが下記の写真で解るといいのですが・・・。 page. sannet. htm 質問文の1. 【辞書で調べましたが、見つけませんでした。 質問文5. 【なんか省略が多すぎるような気がします。 しかし、ここではそのような言葉を使うのではなく、「この文章は省略されたものが多すぎるような気がしています」などの方が、質問文としては良いでしょう。 歌詞はメロディーに当てはめ、音符に乗せることなどが優先され、倒置法が用いられていたり、省略されたり、妙な造語が出てきたり、擬態語が使われたりします。 さらには、歌詞独特の擬人法が駆使されていたりして、詩自体の文意が解りにくくなっていることが多いですね。 頑張ってください。 1.「うかびくる」は古い表示でしょうか。 辞書で調べましたが、見つけませんでした。 「浮かんでくる」という意味でしょうか。 その尾瀬沼は霧が深く、野の小径を歩いていくと、その霧の中に何かぼんやりとやさしい影が浮かんでくるのです。 そう、水芭蕉の花が咲いているのです。 まるで水のほとりで夢でも見ているかのように咲いているのです。 2.「やさしい影」は何の物の影でしょうか。 水芭蕉のですか。 Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 Q さくら さくら 弥生の空は 見わたすかぎり 霞か雲か 匂ひぞ出づる いざや いざや 見に行かん 「霞か雲か」というのは桜を指しているのでしょうか?(比喩) それとも「弥生の空は」とありますので、雲のことを指しているのでしょうか? 比喩だとすると桜が空に輝いているということでしょうか? 空に輝いているのであれば、どこにいても見えますので、「見に行かん」がおかしくなります。 わざわざ「見渡すかぎり」といっています。 それとも地には桜が、空には雲が美しく輝いていると解釈してよいのでしょうか? 「匂ひぞ出づる」の「匂ひ」は、生き生きとした美しさなどが溢れることですが、雲や霞に「匂ふ」などと表現はしないと思うのですが。 すると「桜が匂ふ」という解釈になります。 よろしくお願いします。

次の