マイクラ スケルトン スポ ナー。 【マイクラスイッチ】スケルトンスポナーを使った経験値トラップタワー

【1.16対応スケルトントラップの作り方】効率化重視で経験値&骨粉を無限化!|ぜんくら。

マイクラ スケルトン スポ ナー

Contents• 落下式スケルトントラップとは 知ってる人ばっかりだと思うが一応説明ね。 スケルトンスポナーからスケルトンを湧かして高所に吸い上げ22マスの落下ダメージによって瀕死の状態にしたスケルトンを一か所に大量に溜めてぺちぺちトドメを刺すことで経験値とアイテムドロップをごっそりいただいてしまおうというトラップです。 6体制限とは スポナーからの一定範囲内に6体以上のモンスターが存在するときに、スポナーからの湧きが制限されてしまうこと。 スケルトンを溜める処理スペースと、スケルトンを搬送する経路に要注意、って感じです。 スケルトン湧き層 ではさっそくスケルトン湧き層から。 まぁよく見る感じの構造ですが、スポナーの下は4マス空けました。 スポーン範囲だけで考えると2マス空きで充分なんですけどね。 床から水で流して水泡エレベーターに向かう途中でどうしても1体詰まってしまうので、この詰まったスケルトンを6体制限の外に出したいという狙いです。 床がスポナーから縦方向に4マス空きなので、水泡エレベーター地点はスポナーから縦方向に6マス空いていることになり、多少スケルトンが引っかかってまごついたとしても6体制限範囲外ってことになります。 床自体をもう2マス下げて作ればスポーンしたとたんに範囲外に落とすことも可能ですね。 ん~、その方が良かったか? 【追記】このあと湧き層の床を2マス下げてみましたが、体感できる違いはありませんでした・・・。 水泡エレベーター この呼び方で正しいのかわかりませんがw ソウルサンドから発する泡でスケルトンを上方に押し上げるシステムですね。 最終的にスケルトンが落ちる処理スペースまで『22マス落下』させることで、落下ダメージによって瀕死状態にするための上昇エレベーター(縦水路)です。 画像左の縦水路の底にはソウルサンド。 スケルトンの入り口は水がこぼれないように看板を設置。 一般的にはスケルトンの縦幅に合わせて縦2マス空きで作ることが多いんですが、水流の切れ目で必ず1体が引っかかってしまうので、少しでもスムーズに流れてくれるように縦3マス空けました。 3マス空けの効果のほどは・・・ 微妙ですねw。 どのみち次の1体が押し出してくれるまでは引っかかってます。 まぁ2マス空けから見て悪化しているわけではないのでこのままで行きます。 ちなみに、湧き層のすぐ横に設置したので統合版では上昇時に6体制限範囲をスケルトンが通過してしまうことになります。 「上昇は一瞬なので湧きにはそんなに影響ないだろう」という点と「待機スペース兼処理スペースを湧き層のすぐ上に作りたかった」という理由でココに設置しましたが、効率を重視するなら横方向にあと4マススポナーから遠ざけた方が良いでしょうね。 アップデートによるゾンビの浮力変更 最近行われた水関係のアップデートにより、ゾンビ全般が「水に浮く」性質から「水に沈む」性質に変更になりました。 以前は水と看板を縦に並べるだけで勝手にスケルトンが上に吸い上げられていたんですが、アップデート後はこの方式では沈んだままになってしまいます。 解決方法として、今はソウルサンドが水に触れているときに発する泡の力を利用してスケルトンを上方に押し上げる方法が一般的です。 スケルトン横移動水路 次はスケルトン上昇後に落下穴まで運ぶ横水路。 水泡エレベーターの上端に看板を設置し、もう一マス上から水を流すことで横の水流を作っています。 水泡エレベーターの水を繋げてしまうと横方向の水流が1マスで途切れてしまうので、苦肉の策でこうなりました。 その割には引っかからずにちゃんと流れてくれますね。 そもそも、上昇後の横移動が1マスで済むように設計していればこんなことはしなくて済みますよ。 待機スペース及び処理スペース こちらは湧き層の直上に設置した待機スペース兼処理スペースですね。 待機スペースの中央には湧き層の湧きつぶし光源があります。 この使い勝手とエレベーターを6体制限範囲外に出すことを天秤にかけて、使い勝手を選びました^^ 下手に待機スペースをスポナーから離すと「ここにいてもちゃんと湧いてるのか?」っていう疑念がストレスになりますし・・・w スポナーの可動範囲 スポナーの半径14マス以内にプレイヤーが居れば、スポナーは稼働します。 処理スペースもごく一般的な形状ですね。 ちなみにスポナーからは湧き層縦2マス+天井ブロック1マス+スケルトンの足場用ホッパー1マスの計4マス縦方向に離れているので、6体制限からは外れています。 湧き層のすぐ近くに処理スペースを作る場合はここでも6体制限に気を付けてください。 範囲内にスケルトンが溜まる構造だと湧きが止まってしまいます。 処理スペース床のホッパーからはドロップしたアイテムをチェストに運ぶ経路を作りました。 自動仕分け装置までは作ってないですけどね。 ドロッパーでアイテムをいったん吸い上げて、さらにホッパーで3つのラージチェストに入れていく設計。 ラージチェスト1個だとすぐ満杯になっちゃうんで、狭いスペースでなんとか3つ分のチェストまで自動搬送している感じです。 ドロッパー裏のアイテムエレベーター用レッドストーン回路はこんな感じ。 回路はあんまり得意じゃないんで、上手い人ならもっと省スペース化出来るんじゃないかな?と思われます。。。 待機スペースの画像右側に見えているのは地上へ出る用の自分エレベーターですね。 スケルトン湧き効率 スポナーは10秒~40秒間隔で1体~4体のモンスターをスポーンさせる、という性能だそうです。 この秒数、体数の幅の中での確率的な偏りはわかりませんが、均一だとしたら10秒に1体ペースってことになりますね。 (仮説) で、今回作成したスケルトントラップを稼働してみたところ、5分で約30体のスケルトンが湧いていることを確認できました。

次の

【マイクラ】経験値スポーナートラップの作り方!1.12対応

マイクラ スケルトン スポ ナー

スポナーなので効率こそ劣るかも知れませんが、とても簡単に作成出来て、複雑な知識などは必要としません。 「とりあえずTTが一つ欲しい」と言った時にとても最適です。 スポナーを探す 何はともあれ、スポナーを利用するタイプなのでスポナーを見つけない事には始まりません。 ゾンビかスケルトンのスポナーを探しましょう!! スポナー探しのコツですが、スポナーは主にY40前後の高さで洞窟に生産されます。 ただひたすらに運なので、洞窟を巡って行きましょう。 ゾンビ ゾンビーフがメイン、稀に鉄やニンジン、ジャガイモなどが手に入る。 スケルトン スケボーン、矢がメイン、大量の弓が入手可能、赤子や鶏などが居ないので作成がほんの少しだけ簡単 どちらでも構いません、ゾンビーフですとエメラルド換金で幅広い使い方が出来ますし、スケボーンだと農作業が捗ります。 特別な理由でも無い限り場合は先に見つけた方を利用すると良いでしょう。 今回はゾンビスポナーを利用して説明します。 以下の様に松明を設置しておけば作業中にゾンビが出てくることもないです。 湧き部屋を作る スポナーを中心に、前後左右4ブロック、高さ5ブロックの大きさの部屋を作りましょう。 この時、部屋の四隅に松明を設置しておかないとゾンビが出て来ますよ。 端を1ブロック掘り下げましょう。 反対側は1ブロック持ち上げましょう。 水を流して、とりあえず湧き部屋は完成です。 先程掘り下げた部分を次の画像の様に掘っておきます、ここが待機部屋になります。 看板を設置しておきましょう。 ゾンビ::赤子、鶏ゾンビ対策 ゾンビスポナーの場合は子ゾンビや鶏ゾンビが湧くため対策が必要です。 スケルトンスポナーの場合は必要ありません 先程設置した看板の下を1ブロック掘り下げます。 ここには溶岩を入れるのですが、今入れてしまうと危険なためトラップが完成してから溶岩を入れたので構いません。 看板の1つ上を次の画像の様に、高さ2、奥行き3で掘ります。 先程と同じように、看板を張り付けてから、1ブロック掘り下げて溶岩を設置します。 天井には半ブロックを設置しておきましょう。 MOBエレベータを作成する MOBを持ち上げるためのMOBエレベータを作成しますが、その前に次の画像のように掘っておきましょう。 次に、以下の画像の位置にMOBエレベータを作成します。 次の画像のように、看板と水を交互に設置して行くのですが、ゾンビやスケルトンを瀕死に出来る微妙な高さ調整が必要です。 個人的にベストなのは、看板を 12枚用意して、それが無くなるまで水と看板を交互に設置して行く事です。 そうすればMOBが瀕死になる高さになります。 MOBエレベータが出来上がったら、次の画像のように先程掘った待機部屋に繋がる様にします。 レッドストーンの前には不透過ブロック 石など を設置し、スイッチを貼り付けます。 ピストンの横にレッドストーントーチを1つ設置しましょう。 次の画像の様に、一番奥のピストンにレッドストーンを設置します。 真ん中のピストンの下に溶岩を設置します。 次の画像の様に、奥のピストンの前に適当なブロックを1つ設置しましょう。 アイテム回収機構を作成する まずは、スイッチの下を次の画像の様に掘りましょう。 ドロッパーを上向きに設置して、ホッパーを接続します。 ドロッパーに次の画像の様な回路を接続しましょう。 レッドストーンリピーターの向きなどを間違えないように気を付けましょう。 ドロッパーの上には回収したアイテムを入れるためのチェストを置いておきましょう。 また、先程の切り替え回路もブロックで埋めておきましょう。 仕上げ 最初に掘り下げた場所に水を流しましょう。 設置した松明を回収して、スポナーの上に適当なブロックを設置します。 適当にハシゴでも設置して昇り降り出来る様にしておけば良いでしょう。 完成 以上で完成です、実際に動かしてみて動作確認してみて下さい。 スイッチを切り替えると経験値とアイテムが切り替わります。 ちなみに、ピストンの下に設置した溶岩は溜まったMOBを倒すのが面倒になった時などに…… スイッチを切り替えると溶岩が出て来て処理されます。 他にも、防具などで処理し損ねたMOBを処理する役目もあります。 今回作成したTTを出来る様にしておきました、もしこの記事に書いてある説明では分からなかった場合は実際に自分の目で見てみて下さい。 では、良いマイクライフを!! -.

次の

【マインクラフトPE】スケルトンのスポナーで経験値トラップを作った

マイクラ スケルトン スポ ナー

見つけたスケルトンのスポナーを使って経験値トラップを作りたいと思います! 作り方はPC版で作ったものと同じで、一度モンスターを高いところに登らせてから落下させてダメージを与えて、とどめをさす。 という方法で経験値を効率的に集めることができる経験値トラップを作ります。 まずはスポナー周りの地面をくり抜きます。 くり抜いたら、モンスターを一箇所に集められるような水流を作ります。 CODAのオススメは、上の写真のように斜めの段差を作って水流を斜めに発生させるやり方です。 斜めに水流を発生させることで写真右下の穴が空いている位置にモンスターが集まってきます。 ちなみにこれはで紹介しているものと同じやり方です。 こちらは先ほどの穴の反対側です。 ここまでモンスターを運んできたら、今度は上に登っていくための仕組みを作ります。 基本的にスポナーは地下にあると思うので、大体はブロックを破壊しながら上方向への通路を作ることになると思います。 通路ができたら中を水で満たしておきましょう。 このとき注意しないといけないことが2つあります。 1つ目は水を通路の一番上だけではなく、通路全体に水を設置しないといけないという事です。 一番上だけに水を置いてしまうと下方向の水流が発生してしまい、モンスターが上に登っていかなくなってしまうからです。 もうひとつ注意しないといけないのが、通路の途中でモンスターが呼吸をすることができるようにフェンスゲートをいくつか設置しないといけないということです。 先ほど通路全体を水で満たすといいましたが、これをやっておかないとモンスターが窒息ダメージを受けてしまい、落下したときにそのまま死んでしまう可能性が出てきてしまうからです。 フェンスゲートは通路中央あたりに1つ置いておけば大丈夫です。 こちらは先ほどのモンスターを上へ登らせる通路の上側です。 上までモンスターを登らせたら、今度はスポナーがある場所から反対方向に向けて少しだけモンスターを離すように横向きの通路を作ります。 なぜこんなことをするのかというと、スポナーの近くにモンスターが集まりすぎると、スポナーからモンスターが湧かなくなってしまうからです。 次にモンスターを落下させる通路を作ります。 これは単純に縦の通路を作ればいいだけです。 だいぶ雑な説明で申し訳ないのですが、経験値トラップが完成したのでさっそく動かしてみます!モンスターを登らせる通路のなかをスケルトンが水によって上へ浮いていきます。 そしてどんどん落下地点にスケルトンが集まってきました!落とす高さを22ブロックぐらいにしておくと、スケルトンは落下ダメージで瀕死の状態になります。 あとはひたすら倒すのみ!!経験値がたまるとともに大量の矢と骨が!これで今後は経験値と矢、骨には困りそうにないです。 逆に骨たまりすぎて困りそうですw といっている間に次のスケルトンが落ちてきました。 PE版だと、あまりモンスターが溜まり過ぎると処理が重くなって2度とワールドを起動できなくなる可能性があるので、ちょっと対策をしておきます。 こんな感じで、左側にあるレバーでグロウストーンランプを切り替えて、スケルトンの湧きを止めることができるようにしておきました。 レッドストーン回路万歳!!.

次の