ディーラー 転職。 カーディーラーってどんな業態なの?

【資格】カーディーラーに転職する │ 営業ノウハウ研究所

ディーラー 転職

自動車ディーラーで営業職として働く皆様、仕事辞めたくなっていませんか?きっと辞めたくなっている人だらけだと思います。 そもそも自動車ディーラーという仕事は、顧客との距離が妙にちかいもの。 それ故にクレームや質問が営業職の皆様へ、昼夜問わずに直接投げ込まれます。 これが自動車ディーラーの仕事をブラックにしている根本的な原因です。 一般的な商品であれば、クレームや質問は専門の部隊が処理してくれます。 だからこそ営業は売ることに専念できますし、妙な時間に顧客対応せざるを得ないなんて事は皆無です。 けれど自動車ディーラーはそうは行きません。 販売した本人がアフターサービスの名のもとに直接対応する仕組みです。 これでは車を売れば売るほどに仕事が忙しくなってしまいます。 そんな自動車ディーラー仕事が嫌になってしまった皆様に向け、おすすめの転職先などをご紹介してゆきます。 気になった方は是非本記事をチェックしてみてください!• 自動車ディーラーを辞めたいと思う理由 現在、自動車ディーラーで、なおかつ辞めたいと思っている皆様、そんな人は実はけっこう多いんです。 某自動車ディーラーに従事してるS君は私の顔を見るたび「山田さん…転職したいです…しかしいい職場ないんで我慢してる…」と言う。 今でさえ薄給激務なのですし、今後の車業界の斜陽を考えると、まじ号泣あるのみですね。 — 山田鉄男@シゴツカ shigotsuka どんな人が、どんな理由で辞めたいと考えているのか、あるいは辞めていったのか、その理由についてチェックしてゆきましょう。 「あぁ、あるある」と感じた皆様は早めに転職活動を開始した方が良いかもしれません。 お客の対応のために時間外の仕事に疲弊する 自動車ディーラー仕事で最もつらいのが、アフターサービスという名の、お客様からのクレームや質問への対応です。 お客様も困っているがゆえに、営業時間の内外を問わずに連絡をしてきます。 それはディーラーの仕事時間か否かはお構いなしです。 しかも今どき、LINEなどでお客と繋がっている人も多いですよね。 お店の固定電話しか知られていないのであれば、営業時間外の対応は起こり得ないのですが、このご時世、なかなかそうは行きません。 スマホが鳴るたびにドキッとしてしまう人も多いですよね。 しかも、車を売れば売るほど、対応すべき顧客の数は増えてゆきます。 顧客の数が増えれば増えるほど、対応すべきクレームが増え、時間外の仕事も当然のように増えてゆきます。 また、嫌な事って重なるんですよね。 さっき嫌な対応があったかと思えば、続けて別の対応が発生し、そちらへの対応を手配しているうちに最初の対応がおろそかになって…。 そして怒りの催促電話がやってくる。 こういった危機的状況を、一度や二度でなく経験しているのではないでしょうか?しかもそれが休日の午前中だったりすると、一日ブルーに過ごさなくてはならず、心が休まる暇すらありません。 この時間外の労働に疲弊しきって、自動車ディーラーの仕事を辞めたくなる人は数えられないほど存在しています。 残業は多く休日出勤も多々ある 車は売れば売るほどに、個人的な付き合いが増えてゆく商材です。 そのため売れば売るほど顧客からの問合せは増えてゆくものです。 やれ「ワイパーがきちんと水をはじかない」だの「サスペンションが固い気がする」だの「警告灯が消えなくなった」などと電話がかかってきます。 それらすべてに対応しきるためには、どうしても残業せざるを得なくなるものです。 また、大事なお客さんがお店に来る日には、休日だろうと、予定があろうと駆け付けざるを得ませんよね。 しかも残業や休日出勤が多いのは、あなたが優秀で、沢山の車を販売してきたからに他ならないからという矛盾したような事実があるから。 一般的な企業では、優秀な人ほど残業が少なくなってゆくのですが、自動車ディーラーに限っては、優秀な人ほど対応すべき仕事が増えて、残業に休日出勤にと仕事が増えてしまいます。 せめてその残業代が支払われていればまだ我慢のしようもありますが、プライベートな時間にかかってきた顧客からの問合せやそれへの対応など、カウントできませんし、結局のところなぁなぁになってしまいます。 これではやはり自動車ディーラーという職業から離れたくなっても仕方ありません。 >> >> 理不尽なノルマに嫌気を感じる カーディーラーのように、個人に向けて何かを売るという仕事にはノルマがつきものです。 皆様にもきっと毎月のノルマが課されていますよね。 とはいえ、それを達成するのってそもそもキビシイですよね。 洋服の販売などであれば、その場の接客次第で即売れることもありますが、車って衝動買いをするものではありません。 また、接客の良しあしよりも、車自体の魅力が圧倒的にモノを言う世界です。 そもそも売れないものをどれだけ頑張って、親切・丁寧に説明したところで、残念ながら売れるものではありません。 ぶっちゃけ「コレは売れないだろう…」なんて車種、ありますよね。 そんな状況にも関わらず、ノルマだけはいっちょ前に課されるのですから、たまったものではありません。 しかも、頑張ってノルマを達成したところで、次は更なるノルマが課されます。 そこで頑張れば、さらなるノルマが…。 これでは続けてゆくことができません。 一方で、なかなかノルマを達成できない人には、低めのハードルが設定されている事もしばしばあります。 高いノルマを達成できなかった人と、低いノルマを達成できなかった人では後者の方が褒められることもあるものです。 販売という業務に対して、目標としてのノルマが存在するのはある種致し方ない部分です。 けれどそこにはやはり、かなりの理不尽さを含んでいます。 これではカーディーラーの仕事に嫌気を感じてしまうのも当然です。 車離れや人口減少による将来性の無さ かつて車は若者の憧れでしたし、車を持つという夢に向かって頑張っていたものです。 車が無いとデートに行けないなんて時代もありました。 けれど現状はどうでしょう?車がどうしても欲しいなんて若者、とんと見ないですよね。 現代ではエンターテインメントも様々ですから、車があろうとなかろうとデートに困ることはありません。 また、税金に、保険に、駐車場代に、日々のガソリン代にとどんどんお金が飛んで行くのですから、お金のない若者にとっては、車が欲しくなる要素が見当たりません。 さらには少子高齢化に人口減少にと、新しく車を購入しようという人はどんどんと減ってゆきます。 自動車メーカーにとっては海外で売れば良いだけの話ですが、ディーラーにとっては死活問題です。 カーシェアなど各種サービスの発展も車離れに拍車をかけています。 毎日使うのでなければ、カーシェアでも十分に事足りますし、お金だってがぜん節約する事が可能です。 それでも無理をして車を手に入れたいという人はいるでしょうか?答えは言わぬが花でしょう。 このように、車はどんどん売りにくくなっています。 将来的にますます厳しくなるであろう業界にいつまでもいるのも不安ですよね。 沈みゆく船は早めに降りた方が良いに決まっています。 【日本の自動車産業は衰退するかも】 トヨタ社長の終身雇用が守れないは、日本全体というより、トヨタが大きくダウンサイジングすることを見越していると思ってて。 10年・20年で、車が自動運転で社会でシェアされるようになる。 タクシーで貸す以外は、所有がいなくなる。 — よっしー yossyzzz0123 と、ここまで自動車ディーラーのつらい現実について見てきました。 もちろんそれでもその仕事にやりがいを感じ、一生の仕事としたいのであれば、頑張って耐え抜くしかありません。 けれど「このままでは続けられないかも…」と少しでも思うのであれば、転職を視野に入れなくては成りません。 ハードなノルマや残業に休日出勤など、業界全体の問題です。 残念ながら個人の頑張りだけでは改善できません。 そんな皆様に向けて、自動車ディーラーからの転職状況について次章でご紹介してゆきます。 少しでも転職を考えてるいのであれば、役立つ情報満載ですから、是非チェックしてください。 自動車ディーラーは嫌なら辞めればいい。 転職先は豊富である さて、自動車ディーラーを辞めたいと思っているのであれば、一刻も早く転職活動を始めるのがおすすめです。 転職するのであれば少しでも若い方が有利ですし、ディーラー経験者は転職先も豊富にあります。 なぜディーラー経験者は転職に有利なのか、どんな職種が向いているのか、それぞれチェックしてゆきましょう。 前職自動車営業は引く手あまた 自動車営業職経験者であれば、その経験をうまく活かす事によって、転職活動も有利に進めることが可能です。 そもそもカーディーラーの仕事が大変な仕事というのは世間一般の共通認識です。 そんな業界である程度働き続けていたという事は、忍耐力があることの証明にもなります。 また、車が売りにくい商材であることは誰もが知る事実です。 そこである程度の営業成績を残しているのであれば、営業の技術が優れている事の証明でもあります。 さらに、車のディーラーであれば接客技術もしっかりと身についていますし、それも重要なアピールポイントです。 直接の対応はもちろんの事、電話での説明も得意なはずですから、様々な業種で応用が利くものです。 「カーディーラーしか経験したこと無いし…、転職なんでできるんだろうか…」なんて悩んでいる人もいるかもしれませんが、ご安心ください。 全然大丈夫です。 おススメの転職先の具体例 続いては、自動車ディーラーから他業種への転職を考えた場合、おすすめの職種をご紹介してゆきます。 自動車関連の製造業 自動車に関する知識は言わずもがなですから、即戦力になれますよね。 さらにディーラー経験者であれば、そこでの営業担当に配属される事になるでしょう。 営業と言っても、最終顧客に対しての営業ではありません。 法人に対しての営業ですから、早朝・深夜に問合せが来ることもありませんし、休日出勤での対応を求められることも皆無です。 >> コールセンター 電話対応に自信があるという人であれば、各種コールセンターもおすすめです。 クレーム対応などもありますが、個人対個人での対応では無いため、ディーラー経験者にとっては苦にならないレベルの話です。 しかもサポート体制が充実しているので、いざとなったら上司が対応してくれます。 また、とるべき電話は会社にあるため、予想外の時間に自分の携帯が鳴るなんて事はありません。 これだけでも心身ともにかなり楽ですよね。 販売業務 お客さん対応が好きという人であれば、営業技術を活かして、店舗での販売業務に挑戦してみるのもおすすめです。 洋服や家電など世の中には多くの接客業が存在しています。 それら商材は、仮に商品に問題があったとしても、販売員が直接その対応にあたることはありません。 あくまでも店舗やメーカーでの対応ですから、ただただ接客と販売に力を注げばよいのです。 もちろん時間外の営業といった事もありません。 外資系 タフな仕事でも平気という人であれば、思い切って外資系を目指すのもおすすめです。 自動車ディーラー同様にハードな仕事ぶりが求められることもありますが、きちんとした結果を残せば、しっかりと給与に反映されます。 自動車のように、売れば売るほどアフターサービスに追われ、その割に給与に反映されないなんて事はありません。 車が売れなくなっている現在、どこもかしこも似たり寄ったりな状況です。 ノルマは課せられますし、時間を問わない対応だって求められます。 これは先ほども言いましたが業界全体の問題で、個人の頑張りによって解決するものではありません。 せっかく転職するのですから、思い切って全く違う業界にチャレンジするのをおすすめします。

次の

カーディーラーから転職するなら?自動車営業を辞めたい理由とおすすめの転職先

ディーラー 転職

ディーラーといえば、一見、華やかで営業マンとしてスキルを磨ける職場のように見えますが、実際は厳しい営業ノルマ、出世競争、サービス残業など労働環境は非常に厳しいものがあります。 また、年収水準も出世したり成果を上げなければ伸びず、離職率の高い業種と言えます。 そんなディーラーの厳しい実情を知らず、ディーラーに就職してしまい、早く辞めたい…と思っている方は、転職を考えてみましょう。 ディーラーの経験は他業種への転職に必ず役立ちます。 しかし、逃げの転職、後ろ向きな転職であることを面接官に見抜かれると、内定がなかなか出ず、ディーラーから転職するのが難しくなってしまいます。 今回はディーラーを辞めたいと思っている人向けの他業種転職のコツについて紹介します。 ディーラーからの転職で一番多いのが法人営業への転職 ディーラーのような、顧客と直接やり取りする営業「BtoC営業」は、顧客の時間に合わせるために、シフト制になっているところがほとんどです。 そのため、仕事時間は不規則で、事務作業なども行わなければいけないケースも多いので、必然的に労働時間は長くなります。 残業代を「みなし残業」として一定額支払い、超過分についてはサービス残業になるケースが多いので、ディーラーは営業マンの中では割にあわない職種と言えます。 そこでオススメなのが、BtoB、つまり企業対企業の取引を行っている商社やメーカーといった業種の営業マンに転職することです。 BtoB営業、つまり法人営業であれば、土日休み、年間120日以上といった安定した休みが取れる可能性が高く、ディーラーで磨いた営業力を活かすことも出来ます。 また、車関係の部品を卸している商社などであれば、自動車繋がりで転職もしやすいです。 もちろん、機械やその他メーカーなどでもディーラーで磨いたスキルは大いに役立ちます。 ディーラーは、BtoC営業の中では、どちらかと言うとサービス業の側面もあるので、営業力プラス顧客満足度を高めるスキル、経験をアピール材料にして転職に挑みましょう 自己PRではディーラーならではの強みを活かそう 自己PRでは、自動車という高額な商品を、いかに顧客にアピールしたか、自分を信頼してもらうよう努力、工夫をしたか、といった点についてアピールすると良いでしょう。 例えば、顧客へのフォローを定期的に行ったり、保険関連や自動車の性能などを分かりやすく伝えるために毎日、勉強をして知識をつけた…などの工夫した経験があれば、ぜひアピールしましょう。 顧客にとって数百万の取引を、いかにしてサポートしたのか? 個人プレーにならず、その店舗全体の売上を上げるためにどうやってチームに貢献したか? といったところも、掘り下げてみて、使えそうな経験、スキルがあれば職務履歴書に書いておきましょう。 ディーラーの最大のアドバンテージは、高額商品を売る営業スキルと、自動車という専門性の高い商品をいかに素人である顧客に分かりやすく説明して魅力を伝えたか、という点です。 営業+サービス業の両方のスキル、経験を武器にアプローチすれば、他業種であっても引っ張りだこになることは間違いないでしょう。 営業マンではなく、事務職や制作職など畑違いの職種に転職する場合も、上記のアピールで問題ありません。 しかし、その場合は「なぜ営業スキルが活かせる営業ではなく他業種に転職しようと思ったのか」という点をしっかり掘り下げて考えておきましょう。 クレーム処理の経験や失敗談も面接官に伝えよう 自動車という高額な商品を販売する際、どうしてもクレームや失敗経験も出てくると思います。 例えば、自動車保険について聞かれた時、間違えて答えてしまった、知識が浅く答えられなかった等々…。 そういった失敗談やクレーム処理の経験は、ぜひ面接官にエピソードとして伝えましょう。 失敗の経験を語ることは、一見するとマイナスのように思えますが、重要なのは失敗から何を学び、同じ失敗を防ぐためにどんな努力をしたか。 クレームに対してどう処理したか、という点です。 面接官も人間ですから、完璧人間、いいとこばかりアピールの人間よりも失敗談をざっくばらんに話してくれる人間のほうを信頼します。 また、ミスは必ず起こりえるものですから、それをどうリカバーしたのか? という点は評価ポイントになります。 どんな業種であってもクレーム処理やミスのりカバーは必要なスキルですから、ぜひそれらの経験を武器に転職を成功させましょう。 転職エージェントに登録して効率よく転職準備を開始しよう 転職は、新卒時の就職活動とは進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。 転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。 それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。 また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。 オススメの転職エージェントは です。 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。 そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。 DODAの登録方法について DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。 (名前や生年月日、住所、連絡先など) その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。 上記は入力の一例です。 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。 心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。 アーカイブ• 114• 18 カテゴリー•

次の

自動車ディーラーへの転職と、勤務状況について27歳の♂です。ディーラーへの転職...

ディーラー 転職

カーディーラー 自動車営業 から転職する方法 カーディーラー 自動車営業 を辞めて他の職種に転職したいという人はこのページをご一読下さい。 ディーラーを辞める人に多い退職理由は 「車体販売やローン獲得の過剰なノルマに耐えられない」「顧客からの理不尽なクレームや依頼に疲れた」「土日出勤が日常で自分の時間がとりにくい」「親族営業などの自爆営業が嫌だ」「給与面でそこまで恵まれない」などの意見があります。 トヨタ・日産・マツダなど系列は様々ですが職種としての離職理由は似ています。 ディーラーから転職する事例で一番多いのはやはり営業職 他業界 です。 売るものは違えど営業職で身に付けた交渉スキルや販売スキルはつぶしがききます。 また車自体が好きということで中古車販売業界の異職種に挑戦したり、ケースは少ないですが整備士などに転身する人もいます。 ですがやはり一番多いのは営業スキルを活かした転職です。 ではどうやって営業職の転職先を探すかというと、今は転職エージェントの利用が必須の時代です。 転職エージェントとは転職者に代わって転職先をリサーチし給与交渉や面接指南などの面倒を見てくれるサービスです。 やが大手になり、営業職の求人数でも大手に優位性があります。 例えばリクルートエージェントを見ると、営業職の公開求人で7,894件、非公開求人を含めると38,327件あり、業界でも最多水準です。 非公開求人は無料登録後にチェックできます。 以下エージェントの大手を掲載しますので是非ご登録下さい。 ディーラーからの転職の第一歩を踏み出しましょう。 相談をさせてください。 現在自動車ディーラーで勤めて7年目の男性営業です。 今まで一生懸命頑張ってきたのですが、上司との折り合いが悪いことや、会社の方針に納得がいかず、転職がしたいと強く思うようになってしまいました。 ですが、就職活動をしたのは大学の時だけで、社会人になってからの就職活動をしたことはありません。 なので少し不安に感じてしまっています。 そこで、質問なのですが、自動車メーカーに勤めていた方で、転職をされた方達はどんな職種に転職をしていますか?また、その時に活かせたスキルってどんなものがあったのでしょうか? また、どんな理由で転職をされましたか?転職活動をされてからどれくらいで再就職先が決まりましたか? 質問ばかりで申し訳ないのですが、転職のことでしたらどんなことでも構いませんので、お話しを聞かせていただければと思います。 どうぞよろしくお願いします。 自動車ディーラーから全く業種の違う事務職に転職した者です。 女性ですが、参考になればと思い投稿させていただきました。 私も1度退職をしてから、転職活動を始めたのですが、やはり元営業と聞くとどなたも「次も営業希望ですか?」と言われますね。 それほど営業職から営業職に転職する方が多いのでしょう。 そのせいか、やはり事務職への転職はなかなか厳しかったです。 営業職であれば営業職へ、事務職であれば事務職へと、やはり経験がある人を採用する傾向があるようで、転職活動を始めてから2カ月はなかなか採用の連絡はありませんでしたね。 途中で「営業職であれば、良い求人があるけれど」と声をかけられたこともありました。 それだけ元営業職というのは魅力的なのでしょうね。 質問者様が「営業」という仕事が嫌になったのか、それとも営業は続けたいけれど他の業種や会社で働きたいかどうかは分かりませんが、もし営業職が好きということであれば、そのスキルを活用するために同じ営業に転職した方が良いと思います。 営業力って簡単につくものではありませんから、もったいないですよ。 ついこの前、正規ディーラーから中古車販売店の営業に転職した者です! 私が転職したいと思ったのも、質問者様のように会社の雰囲気というか、考え方に嫌気がさしたからです。 他のメーカーと競いすぎるがあまり、仲間内の雰囲気も悪くなっていくのが嫌で、仕事がしにくくて仕方ありませんでした。 それに、私自身車が大好きなので、「どうせ働くのであれば、他のメーカーの車も売れるような会社に転職したい」と思ったのです。 正規ディーラーであれば、中古車部に入らないと他のメーカーの車を売ることってできないので、「なんだかな」と思っていたのが理由です。 私は一旦退職をして、それから新しい仕事を探し始めたのですが、やはり「元営業」というスキルはかなり強かったですね。 ハローワークや転職サイトなどにも登録しましたが、スカウトも多くきました。 どこの業界も営業職の離職率って高くて、どの会社も求めているのだなと思いましたね。 他の方も話していらっしゃいますが、やはり「営業経験者」というのは強いです。 営業職ってなかなかできる仕事ではなくて、他の職種と比べて一人前になるのにも何年もかかるじゃないですか。 私自身も10年程前の会社で働いていましたが、まだまだやっと中堅になれたかなくらいのレベルでした。 他の企業も同じように考えていて、どうせ雇うのであれば営業の基礎知識がある人を求めています。 研修の時間を大幅に短縮することができますからね。 ハローワークで求人を見ても、選びきれない程出てましたよ。 営業の求人。 ハローワークって求人を見るだけというのもできるので、1度見に行ってみても良いかもしれません。 良いものがあったら説明を聞くのもありですね。 同じように自動車ディーラーで働いていた者です。 5年勤めて、3年前に転職をしました。 営業職って、会社と考えが合わないと本当に大変ですよね。 お気持ちとっても良くわかります。 私も同じような理由で退職し、その後は保険会社の営業担当として働いています。 車の営業と同じようにノルマはありますが、単価が低いですし思ったよりもつらくないので転職して良かったななんて思っています。 また、自動車ディーラーに勤めている時に、自動車保険を取り扱うために募集人の資格を取っていたのが転職時に強みとなったようです、募集人の資格自体は、代理店から籍がなくなるとはく奪されてはしまいますが、全く知識がないところから始めるよりも取得しやすいので重要視されたようです。 また、売り込むものは違っても「営業」という仕事なのは変わらないので、研修もあっという間に終わりました。 あとは商品知識を頭に入れるだけなので、独り立ちも早かったですね。 就職活動をいつから始めたかという話ですが、私はディーラーに在職中にしていましたね。 ハローワークに行けば、在職中であっても試験を受けられる求人を探してきてくれますし、アポイントだってとってくれます。 職場訪問だって行くこともできますしね。 そのまま今の会社の面接会に参加して、いつから働くことができるかなどの話をしてから、今の会社に退職をすることを伝えました。 すぐに新しい会社で働くことができるので、給与などの面からすれば良いのですが、やはりハードスケジュールとなるのでなかなか身体的にも精神的にもつらかったですね。 もし転職を本気でするのであれば、退職後から転職活動.

次の