とうふ や うかい。 とうふ屋うかい 鷺沼店

八王子大和田 とうふうかい

とうふ や うかい

・新宿方面からお越しの方 首都高速芝公園出口を右折、芝公園グランド前交差点を左折、日比谷通り直進、歩道橋のある交差点を左折、タワー前交差点を右折、ひとつ目を左折。 赤羽橋駅から296m 営業時間・ 定休日 営業時間 【平日】 11:45~15:00 L. O 17:00~22:00(19:30 L. O) 【土・日・祝】 11:00~22:00(19:30 L. 詳細は店舗へお問い合わせください。 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。 ご来店時は事前に店舗にご確認ください。 予算 [夜] ¥10,000~¥14,999 [昼] ¥10,000~¥14,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 電子マネー不可 サービス料・ チャージ 別途サービス料10% 席・設備 席数 504席 個室 有 (2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可、20~30人可、30人以上可) 貸切 不可 禁煙・喫煙 全席禁煙 バーは喫煙可、店舗外に喫煙スペースあり 駐車場 無 身体障害者用に数台分のスペースがあります。 事前にご相談ください。 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、座敷あり、掘りごたつあり、バリアフリー 携帯電話 docomo、SoftBank、au メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる 料理 健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 ロケーション 景色がきれい、隠れ家レストラン、一軒家レストラン サービス お祝い・サプライズ可 お子様連れ 子供可 個室が50有るので空いていれば問題なく赤ちゃんから入店可能です。 ベビーカーお預けできます。 ベビー連れであることを予約時に伝えるとクーファンを用意してくださいました。 ホームページ オープン日 2005年9月14日 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 東京 芝 とうふ屋うかい 関連ランキング:懐石・会席料理 赤羽橋駅、芝公園駅、神谷町駅.

次の

東京 芝 とうふ屋うかい (とうふやうかい)

とうふ や うかい

利用方法は施設により異なります。 各施設ページをご確認ください。 一部のことわりのあるものを除き、JAF通年優待や、その他の割引との重複・特別プラン等からの割引はできません。 また、各施設のホームページからのご予約・お申込みについては優待の対象とならない場合があります。 予約が必要なサービスは、予約を取り消しますとキャンセル料がかかる場合があります。 諸条件により優待を利用できない場合や、一部対象外となる商品や期間があります。 また、一部支払い方法が限られる場合があります。 掲載内容は、2019年8月20日時点の情報です。 2019年10月の消費税増税に伴い価格が変更となる可能性があります。 優待内容は予告なしに変更となる場合があります。 また、一部休業する場合もあります。 その他詳細は各施設へお問合せください。 優待のご利用は会員証の有効期限内であることが条件です。 料理等の写真はイメージです。 食材によるアレルギーや食事制限・制約のある方は、予め施設にお申し出ください。 優待の一部に、お酒の特典・サービスがありますが、飲酒運転は法律で禁止されています。 飲酒される方は、ハンドルキーパーを確保してください。 掲載金額は一部のことわりのあるものを除き税込・サービス料込表示です。

次の

とうふ屋うかい 大和田店 クチコミ・アクセス・営業時間|高尾・八王子【フォートラベル】

とうふ や うかい

ステイホームの期間中、日々家族の食膳を整える母や妻(もちろん父や夫の場合もあるだろうが)には大きなストレスがかかった。 いつもなら仕事や学校に出かける家族が1日3食をすべて自宅で摂るのだから、その手間と心理的負荷はビフォーコロナに比して数倍にも増えているだろう。 そんな家庭内料理人を救ったのは、飲食店各店が始めたテイクアウトサービスだ。 対面での接客・サービスを自粛することから休業せざるを得ない飲食店は、普段は提供しない料理をテイクアウトとして販売することで、お店の味を顧客へ届け、私たちはプロの味を自宅で堪能することができる。 ことに通常はテイクアウトを提供していない高級店や一流料亭、予約がとれない人気店などによるテイクアウトは、食通の間で話題を呼んでいる。 「一度は行ってみたい」と思っていた名店の味に気軽にトライできるのは、新型コロナウイルスがもたらした数少ない僥倖のひとつだろう。 なかでも、充実したメニューが他店とは一線を画している「うかい」の事例をご紹介しよう。 八王子の名水で毎日手作りされる豆腐や、トランプ大統領も舌鼓を打った鉄板料理がよく知られているが、吟味された旬の食材を卓越した技法で仕上げた料理は眼にも美しく、ビジネスディナーや会食の場としても多くのVIPに愛用されている名店だ。 その「うかい」のテイクアウトは、以前からの顧客はもちろんのこと、「一度は行ってみたいと思っていたが、なかなか敷居が高くて……」と二の足を踏んでいた層からも大いに好評だという。 何を隠そう、私もそのひとりだ。 実際に自宅で「うかい」のテイクアウトを味わった経験から、その楽しさを紹介していこう。 「東京 芝 とうふ屋うかい」の豆水セット 「豆水とうふ」とは国産大豆を100%使用した濃厚な豆乳出汁を張った鍋で、同じく吟味された素材と八王子の名水で手作りされるまろやかな豆腐を温めて食す「とうふ屋うかい」の名物料理。 自宅にいる気楽さから、豆腐をまずそのまま冷や奴として食し、湯葉にはわさびをチョンと乗せて……などアレンジできるのも楽しい。 選り抜かれた国産大豆と天然にがりを使用した滋味深いとうふ料理(写真上)に、旬の美味を盛り込んだセット。 同じセットは大和田店、鷺沼店でもテイクアウト可能。 二人前10000円(税込) 豆腐と湯葉を食べ終えた豆乳出汁はそのままスープとして飲んでもおいしいが、私は豚バラ肉をしゃぶしゃぶにしてみた。 最後は中華麺を入れ、豆板醤で炒めた豚ひき肉を乗せたら極上たんたん麺の出来あがり。 極上の「豆水」を味わいつくすことができた。

次の