ご教授いただけると幸いです。 早退と同日の残業は相殺できますか?

「ご教授いただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご教授いただけると幸いです

ご教授 = 教え授けること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「ご教授いただければ幸いです」の意味は… 「教え授けてもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 「~してもらえたらと嬉しいです」としているため、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご教授いただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「教授」• 仮定「たら・れば」で 「ご教授いただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご教え授けていただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「教え授けていただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご教授いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】教えてほしいときのお願いビジネスメール 「ご教授いただければ幸いです」の使い方 何かしら教授をお願いするときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 ご教授(ごきょうじゅ)の意味は… (学問や技芸的なことを)教え授けること のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「教え授けてもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「ご教授 をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 例文は該当なし「ご教示」を使う 繰り返しにはなりますが… ビジネスシーンで教えてもらうことは学問や技芸的なことでは無いため「ご教示=教えること」をつかいます。 そこで「ご教示」を使った例文を紹介しておきます。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します。 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 ご多忙のところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒よろしくお願い致します。 言いたいことは結局のところ「教え授けてほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。 そこで活躍するのが「ご教授 のほど~」です。 使い方にはたとえば• 例文「ご教授のほどお願い申し上げます」• 例文「ご教授のほどお願い致します」 などあり。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご教授の程」というように漢字をもちいてもOK。 あなたのお好みでお使いください。 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご教授いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご教授」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「ご教授いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「ご教授」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご教授くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご教授くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご教授いただければ幸いです」 例文「 どうかご教授いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご教授くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご教授くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご教授いただければ幸いです」 例文「 何卒ご教授いただければと存じます。 「ご教授」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご教授〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教授〜」 「たびたび恐縮ではございますがご教授〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご教授〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご教授〜」 「たびたび恐れ入りますがご教授〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご教授〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご教授〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご教授〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがご教授〜」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご教授ください• ご教授くださいませ• ご教授いただけますか?• ご教授ください• ご教授くださいませ• ご教授いただけますか• ご教授いただけますでしょうか• ご教授をお願い致します• ご教授いただきたく、お願い致します• ご教授いただきたく存じます• ご教授いただければと存じます• ご教授のほどお願い申し上げます• ご教授くださいますようお願い申し上げます• ご教授いただきますようお願い申し上げます• ご教授くださいませ• ご教授をお願い致します• ご教授いただきたく、お願い致します• ご教授いただきたく存じます• ご教授いただければと存じます• ご教授いただきますようお願い申し上げます• ご教授いただけますようお願い申し上げます• ご教授くださいますようお願い申し上げます• ご教授いただければ幸いです• ご教授いただければ幸甚に存じます• ご教授いただけましたら幸いです• ご教授いただけますと幸いです• ご教授いただけますと幸甚に存じます• ご教授いただけましたら幸甚でございます• ご教授いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご教授 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご教授賜りますようお願い申し上げます• ご教授いただければ幸いです• ご教授いただければ幸甚に存じます• ご教授いただけましたら幸いです• ご教授いただけましたら幸甚でございます• ご教授いただけましたら幸甚に存じます• ご教授賜りますと幸いです• ご教授賜れますと幸いです• ご教授賜りましたら幸いです• ご教授賜れましたら幸いです• ご教授賜りますと幸甚に存じます• ご教授賜れますと幸甚に存じます• ご教授賜りましたら幸甚に存じます• ご教授賜れましたら幸甚に存じます なお「ご教授 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教授いただけると幸いです

「ご教授」と似たような言葉に「ご教示」があります。 「ご教示」とは、教え示す意味を持つ「教示」に、丁寧語の「御 ご 」を付けた敬語表現。 ある事柄について、方法や知識を教えて欲しい時に用いられる言葉です。 「ご教授」と「ご教示」は似たような意味を持ちますが、「ご教授」の方が仰々しいニュアンスをもつ言葉となります。 ビジネスシーンにおいては、専門的な知識や技術を長い期間にわたって教えてもらう場合や、格式あるビジネスマナーの教えを乞う場合などには「ご教授」が使われ、業務内容の説明やちょっとした仕事のやり方などを教えてもらう場合には「ご教示」が使われます。 「ご教示」は比較的簡単な事柄や軽い教えを乞う場合に用いられるため、「ご教授」と比べると幅広く使い易い言葉となります。 ビジネス上での「ご教授」の正しい使い方 「ご教授」の使い方として多いのが、「ご教授ください」というフレーズを用いた敬語表現です。 「ご教授ください」は、「専門的な技術や知識を教えてください」という意味を表し、相手に対して深い敬意を示す効果があります。 ビジネスシーンにおいては、目上の人から長期にわたり知識を学ぶ場合や、取引先の相手に専門的な技術を教えてもらう場合などで用いられます。 また、「ご教授ください」というフレーズは堅い印象を与えるため、話し言葉としてはあまり用いられません。 メールや手紙などの書き言葉として用いられるのが一般的となっています。 また、「ご教授くださいますよう~」「ご教示賜りますよう~」などの定型文を覚えておくといいでしょう。 ビジネスシーンで使える「ご教授」を使った例文一覧 「ご教授ください。 」を使った丁寧な例文• Please give me a lecture. (ご教授ください)• Please instruct it. (ご教示ください)• Please advise. (ご教示ください- ご意見をお願いいたします)• Thank you for your instruction. (ご教示ありがとうございます)• It would be greatly appreciated if you could explain the details. (詳細をご教授いただけると幸いです)• Is it possible to have your advice on that matter? (その件に関してご教授いただく- アドバイスをいただくことは可能でしょうか?).

次の

「いただけると幸いです」の意味と使い方とは?敬語表現や例文紹介

ご教授いただけると幸いです

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の