フレンチトースト の 美味しい 作り方。 ふわふわジューシー!お店みたいな本格フレンチトーストを作るための科学

ふわふわジューシー!お店みたいな本格フレンチトーストを作るための科学

フレンチトースト の 美味しい 作り方

美味しいフレンチトーストを食べるために私がしていること パンを漬け込む卵液は、甘さ、バニラ エッセンスの有無などお好みで調整 してください。 ただ、砂糖が多いと焼く時に焦げやすい ので、甘くしたい場合は焼きあがってから シュガーやシロップで甘さを足すと良いでしょう。 それでは、早速ポイントです。 いつもやっている方には当たり前の ことかもしれませんが、ホテルオークラ のレシピには載っていませんでした。 (当たり前過ぎて省略されているのかも…) そのひとつが、 漬け込む前に卵液を漉すこと です。 これだけ? とお思いでしょうが、一度漉すことで仕上がりの 舌触りが格段に滑らかになります。 プリンや茶碗蒸しを作る時にも卵液を漉すのは 大きなポイントになります。 これは多くのレシピにも書かれていますね。 フレンチトーストを食べた時に、卵液が染みこんで いない白い部分があると、がっかりしてしまいます。 (そしてそのガッカリはイラっとに変わるのであった。。 ) 子どもの頃から我が家では金曜や土曜など、 休日前の夜から漬け込んで、学校が休みの 日の朝食にゆったりと頂いていました。 足りないよりは余った方が良いの精神で、 卵液はたっぷり目に用意し、ひと晩(8~12時間) は浸します。 スポンサードリンク そして焼く時のポイントは 蓋をして弱火でじっくり焼く です。 軽く熱したフライパンにバターなどを溶かし、 卵液に浸したパンを入れます。 弱火寄りの中火(これもご家庭の火加減 で異なります)で片面を焼いて裏返したら 蓋をして気持ち火を弱めて焼きます。 使うパンについてですが、食パンの場合は、 縦横十字に4つに切ったものを卵液に浸して います。 こうすることで、 表面積が若干増えて卵液が浸透しやすく、 また食べやすく、焼いた後に切って食べる のに比べると切り口が潰れてしまう率が 低下します。 厚さは4枚切りくらいの厚みがある方が、 ふわとろ感を満喫できます。 フランスパン(バゲット)を使っても、食感に 変化があるフレンチトーストを楽しめます。 写真のようにカットしたものを、更に半分に すると、表面積が増えて、卵液が浸透しやすく、 また、焼き上がりのカリカリ部分が増えます。 (仕上げに表面を焼いてカリっとさせる時には フライパンの蓋は外します) 材料がシンプルなので、パンそのものの味も 仕上がりに影響を与えます。 できれば上質なパンを使うと、より美味しい フレンチトーストになります。 そして… これはあくまで私の好みなのですが、 カットしたパンを、卵液に浸す前に、 空気にさらして(つまり放置して)パンの 水分を飛ばしています。 つまり、 しっとりしたパンではなく、乾いて カサカサになったパンを卵液に浸すのです。 パン自体の水分が少なくなった所に卵液が 入るので、味が濃くなるような気がしてこの 方法を取っています。 画像クリックで詳細をご覧頂けます(Amazon Amazonでの商品画像クリックで、本の中を 覗くこともできます。 (なか見!検索) チラ見してみたところ、 人気店のフレンチトーストレシピが紹介 されていました。 どれも美味しそうで、無性に フレンチトーストが食べたくなりました^^ しかし、 美味しいパンを買うと、どんどん食べてしまって フレンチトーストまでもたない我が家。。。 ^^; まずはフレンチトースト用のパンをキープ するところから始めないとですね^^.

次の

【みんなが作ってる】 フレンチトースト 作り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

フレンチトースト の 美味しい 作り方

ジュワッと卵液がしみこみ、ふわとろになったフレンチトースト。 憧れの的ですよね。 最近はレストランやでも、人気のメニューです。 でも何となく家で作ってみると、なんだかぱさぱさ。 おいしくない!なんて経験ありませんか。 簡単そうに見えて、実はコツを知らないと美味しく作れないのがフレンチトーストです。 そこで本日はレストランにも負けない、ケーキみたいなふわふわフレンチトーストを、お家で作るためのコツを、科学的にご紹介したいと思います。 本格フレンチトーストのための科学 《材料 1人分》• 食(4枚切り) 1枚• 卵 2個• 牛乳 100cc• 砂糖 15g• バター 10g• バニラエッセンス 少々• 粉砂糖 適量• メープルシロップ 適量 科学1:食は厚切りを使用する。 ふわっとぷるぷるの食感にするためには、厚さ3. 5〜4cm程の厚切りのを使うのがベストです。 厚切りのを使うことで、必然的にに染み込む卵液の量が増え、ケーキのようなふわっとした食感を出してくれます。 《作り方》 1. 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせる。 ボウルに卵を割り入れ、砂糖、牛乳、バニラエッセンスを加え、よく混ぜ合わせる。 科学2:最初の掻き混ぜが大事!全体がサラサラになるまでしっかりかき混ぜる。 に卵液が染み込まない原因のひとつに、卵白がしっかり溶けていない事があげられます。 卵白は水様性卵白と濃厚卵白で構成されていますが、濃厚卵白の方は粘度が強いため、他の卵黄や、牛乳と混ざりにくい性質があります。 よって、濃厚卵白が均一になる様に、しっかり混ぜる必要があります。 こうして 卵液を均一にすることで、後からに液が染み込みやすくなります。 卵液にを浸す。 食は、耳を切り落とす。 の卵液をバットなどに移し、を浸し、冷蔵庫で約10時間程寝かせる。 科学3 卵液がなくなるまで、一晩かけてじっくり漬け込む。 の内部までしっかり卵液が染み込むよう、できるだけ長くを卵液に漬けます。 ふわふわの本格フレンチトーストを目指すなら、最低でも5時間は卵液につけましょう。 時間がある場合は、丸一日漬けておいても大丈夫です。 朝に食べたい場合は、前日の夜にを漬けておいて、朝起きてから焼くと効率的です。 卵液につけたを焼く。 フライを弱火で熱し、バターを加える。 バターが溶けたら2. を入れ、ふたをして、片面6〜7分程度焼く。 底面に少し焼き色がついたら ひっくり返して反対側も同様に焼く。 メープルシロップをかけ、好みでホイッブククリーム、フルーツを添える。 科学4:火加減は 弱火で!時間をかけて、中身をふくらませるように焼く。 ここでのポイントは、弱火で蒸し焼きにすることです。 卵は水分と合わせて加熱すると膨らむ性質があるため、ゆっくり焼く事で、徐々に内部の卵が膨らみ、ふわっとした食感になります。 もし表面をカリッと仕上げたい場合は、最後にフタを外して1~2分程度、中火で焼いてください。 科学5:焼いている途中は決して動かさない。 途中で動かしてしまうと、表面に綺麗な焼き色がつきません。 また、 に刺激が加わると、せっかく膨らんでいる途中のが萎んでしまう原因になります。 膨らんだままの状態で、卵のたんぱく質を熱凝固させることで、火を止めてもふわっとした状態を保つ事が出来ます。 がふんわり焼けるまで、焦らずじっくり待ちましょう。 科学まとめ• 卵液はしっかりかき混ぜる。 厚切りのを、最低でも5時間卵液にひたす。 極弱火で、動かさずに焼く。 食べるとふわふわで卵液がじわっ!ぷるんとした食感はまるでのようです。 お店で食べる手間をかけて作られたような、贅沢なお味です。 いかがでしたか?コツさえつかめば、シンプルな材料で手軽に作れるフレンチトースト。 ふわとろに仕上げるために、少々時間はかかりますが、前日の夜に卵液に浸すところまで作っておけば、翌日は食べたい時に焼くだけです。 お店で味わうような本格フレンチトーストを、ぜひお家で味わってみて下さいね。 フードコーディネーター 梅原けい 栄養士免許を取得後、食品商社に就職。 OL勤務の傍ら、フードコーディネーターのスクールに通う。 同校卒業後、多数の料理イベント出演、ケータリングなどで経験を積む。 現在は企業や飲食店へのレシピ・メニュー開発、料理番組の出演、の開催、セミナー講師などで活動する。 自身がダイエットの悩みやコンプレックスを料理で改善していった経験を生かし、食べることを罪としない「ヘルシースイーツ」などを紹介している。 【ブログ】 【インスタグラム】.

次の

フレンチトーストの焼き方。外はカリッと、中はふんわりジュワッと。|RecipeMemo[レシピメモ]

フレンチトースト の 美味しい 作り方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の