名鉄バス 減便。 名鉄バス「高蔵寺駅北口」のバス時刻表

名鉄バス、名古屋市内線や豊田市線など空港バスダイヤを一時変更

名鉄バス 減便

概説 [ ]• 最寄りバス停名が「印田」であることから、 印田車庫とも呼ばれる。 を中心に、、、の一部西側のみ、、(旧)などの地方北西部を走るの一般路線バスと、、栄とを結ぶ県営名古屋空港アクセスバスを担当する。 一宮市より委託を受け一宮市循環バス()の運行を受け持っている。 (平成18年)10月11日以降のは 「一宮」である。 それ以前は「尾張小牧」であった。 沿革 [ ]• (昭和4年):の直営バス路線として 一宮駅 - 起 間が開設される。 に一宮営業所を開設する。 (昭和18年)8月11日:名古屋鉄道直営のバス路線と愛知県の主なバス会社が統合され、となる。 一宮営業所の管轄に一宮市周辺のバス会社(一宮市営バス、愛北自動車、川松バス、川口バス、浄心バス)の路線が加わる。 (昭和20年):空襲で焼失。 (昭和22年)6月10日:名鉄自動車が解散。 名古屋鉄道の直営バスに戻る。 (昭和37年)11月12日:現在地に移転。 (平成18年)10月1日:名岐線、矢合線、祖父江線、丹陽線をに譲渡。 2006年(平成18年)10月11日:ナンバープレートをそれまでの「尾張小牧」から 「一宮」に変更。 (平成20年)7月1日:名岐線、矢合線、祖父江線、丹陽線を移管復帰。 このとき、祖父江線と矢合線の一部(美術館前経由の系統)は廃止。 (平成29年)10月1日 : 県営名古屋空港アクセスバスの運行を開始。。 この路線は一般路線とは異なり観光バスタイプ車両で運行される。 (平成30年)1月20日:当営業所では初めてとなる、一般路線バスの一部にいすゞエルガが2台配属される。 (令和元年)10月1日:系統番号を導入。 所在地 [ ]• 愛知県一宮市白旗通3-5-1• 最寄バス停は一宮・川島線(岩倉線)「印田」バス停 現在の所管路線 [ ] 空港バス 県営名古屋空港線 [ ]• - ( - 経由 - - - 概要 10月1日より運行を開始した、県営名古屋空港直行バス路線である。 名古屋駅(名鉄バスセンター)、栄から名古屋高速を経由し、県営名古屋空港、空港構内にあるあいち航空ミュージアムを結ぶ。 ほぼ全線での名古屋空港直行バスと競合する。 名岐線、名岐バイパス線の区間廃止と旧県営名古屋空港アクセス路線の廃止後では唯一、名鉄バスセンターに乗り入れる一宮営業所管轄路線である。 この路線は他の一般路線とは異なり、観光バスタイプの車両が使用される。 停留所及びダイヤ 名鉄バスセンターから栄までの各停留所と、県営名古屋空港と豊山町社会教育センター間での途中停留所での降車はできない。 2017年末頃の時点では、名鉄バスセンター発は6時から17時までの運行で12便、県営名古屋空港及びあいち航空ミュージアム発は9時から22時までの運行で13便となっていた。 2018年12月に時刻の見直しと増便を実施し、これにともない早朝にあいち航空ミュージアム始発の便が新設された。 このダイヤ改正の時点で、名鉄バスセンター発は6時から16時台までの運行で11便であり、県営名古屋空港またはあいち航空ミュージアム始発は7時台から22時頃までの運行で13便である。 2019年4月には名古屋空港の航空ダイヤの見直しに合わせ、二度目の時刻の見直しと増便を実施した。 これにともない名鉄バスセンターを夕方に出る便が新設された。 このダイヤ改正の時点で名鉄バスセンター始発は6時から19時半までの運行で13便、名古屋空港及びあいち航空ミュージアム始発は7時から20時半までの運行で12便となっている。 歴史 この路線はもともと開業以前に、名鉄バスセンターまたは名古屋駅新幹線口から名古屋空港を結ぶ空港アクセス路線として運行していた路線である。 中部国際空港開業後に廃止され、12年ぶりに復活だった。 また、かつては名古屋中央営業所の担当であった。 2017年10月1日: 開設。 2017年11月30日: あいち航空ミュージアムまで延伸。 2018年12月8日:ダイヤ改正、時刻の見直し、増便。 一部の便が県営名古屋空港発着となる。 2019年4月1日:ダイヤ改正、時刻の見直し、名鉄バスセンター始発の最終時刻の繰り下げ。 一般路線 [ ] 2019年10月より系統番号がつけられている。 10番台から50番台は、の乗場の番号にほぼ当てはまる(10番台の路線のうち、光明寺線は3番乗場、一宮・イオン木曽川線は4番乗場であるが、前身の北方線(北方、渡橋ゆき)、名岐線(木曽川口ゆき)は1番乗場の発車であった。 起線 [ ]• 【20】名鉄一宮駅 - 尾張中島• 【21】 名鉄一宮駅 - 尾張中島 - 起 (の代替バス)• 【21】 名鉄一宮駅 - 尾張中島 - 起(郷北) (平日最終便は)• 【26】 名鉄一宮駅 - 尾張中島 - 西萩原 -• 【27】 名鉄一宮駅 - 尾張中島 - 西萩原 - 西中野• 【19】名鉄一宮駅 - (ノンストップ) 概要 この路線は、2番のりばと旧内各方面を結ぶ。 修文学院行きは、名鉄一宮駅バスターミナル1番のりばからノンストップで、主に学校関係者を輸送している。 (昭和28年): を休止。 バス輸送開始。 (昭和29年)6月1日: バス輸送が好評であることから、を廃止。 バスを正式に開設。 と起駅の間には、(大正13年)2月1日に開業した蘇東線(にに改称)が存在した。 しかし、の単線であったため、沿線人口の増加により輸送力は限界に達していた。 本数増加のための複線化の計画もあがったが、道路拡張などの費用の問題等が存在していた。 また、の新一宮駅(現)乗り入れ中止以降、起線の始発駅となった八幡町駅は新一宮駅から数百m離れており、乗客には不評であった。 そこで、頻発によって輸送力を大きくできるバス輸送に切り替え、さらに新一宮駅に乗り入れることが試行された。 昭和40年代には新一宮 - 尾張中島から起・二ツ屋・尾西バスストップ・萩原へ向かう各経路と新一宮 - 苅安賀 - 萩原という構成で、この路線の他に東一宮 - 本町通1 - 尾張中島 - 起 - 加賀野井 - 祖父江役場前 - 津島という経路の尾西線があった。 当時は起線が三条営業所、尾西線が一宮営業所の担当となっていた。 後に二ツ屋行きは奥町まで延伸、苅安賀経由は廃止、尾西線は祖父江役場前から森上行きにされ、一宮森上線と改称の後、祖父江役場前までに短縮。 一方で国府宮から中野渡(現在の西中野)まで運行されていた中野渡線が萩原までに短縮され萩原線となった為に末端部を起線に組み込む形で現在の西中野系統が成立、また尾西バスストップ系統に尾西工業団地経由を新設した。 1998年に奥町系統と尾西工業団地系統が廃止、一宮森上線も阿古井までに短縮された後、2000年に廃止となった。 停留所およびダイヤ 尾張中島までは、軌道の代替バスということもあり乗客は多く、一宮地区で最も高頻度運転を実施。 昼間でも毎時5〜6本運行。 うちほとんどが起系統で、蓮池・西中野系統は1時間から2時間毎に1本程度の運行。 一部尾張中島止まりや、郷北止まりがみられるほか、平日の名鉄一宮発起行き最終は郷北止まりで、深夜バスとして運行。 修文学院(2016年9月まで、一宮女学園前)系統は、朝と昼過ぎにわずかにあるのみ。 途中停留所はない。 一宮・宮田線 [ ]• 【30】 名鉄一宮駅 - 市民病院前 - 西浅井 - 河田黒岩 - 宮田本郷• 【31】 名鉄一宮駅 - 市民病院前 - 丹羽 - 河田黒岩 - 宮田本郷 概要 この路線は、名鉄一宮駅3番のりばと一宮市北東部 北部方面とを結ぶ、かねてより一宮市北部方面への主要路線。 沿革 1923年に一宮東町 - 佐千原 - 大日比野 - 河田 - 宮田で伊藤亀一が開設した路線が元という歴史ある路線である。 かつて西浅井経由は河田から河田橋を渡り岐阜県川島町の東端の小網まで、丹羽経由はや縫製団地(一宮市浅井町小日比野)まで結んでいた路線であった。 路線名は、かつて宮田線が後述する川島線とともに一宮線と直通していたころの名残である。 停留所およびダイヤ 減便傾向にある。 西浅井経由は毎時2〜3本、平日夕は毎時4本程度運行。 丹羽経由は1〜2時間に1本の運行。 、平日最終便を40分以上繰り下げ、西浅井経由の深夜バスの運行を開始している。 一宮・川島線 [ ]• 【36】名鉄一宮駅 - 市民病院前 - 島村 - 河田黒岩 - 川島 概要 この路線は、名鉄一宮駅3番のりばから一宮市北東部を経由しての川島までを結ぶ。 川島線とも呼ばれるが通称である。 終点の川島は(同社の停留所名は「川島松倉」)の方面と乗り継ぎ可能。 沿革 1938年6月22日、愛北バスによって松倉(現・川島) - で運行開始。 1943年8月から名古屋鉄道の運行となり、同年10月に運行を休止となったが、1951年12月24日から運行が再開された。 1962年の開通により笠田(現・各務原市川島笠田町)まで延長されたが、1963年にの笠田 - 川島松倉の延長により川島-笠田の区間は廃止された。 現在、名鉄バスの定期路線バスで数少ない岐阜県内に乗り入れる路線。 から終点が川島合宿所に併設となり、あわせて川島付近のルート変更が行われている。 停留所およびダイヤ ほとんどの時間帯で毎時2本の運行で、平日朝夕は毎時3本運行。 一宮・岩倉線 [ ]• 【50】 - 印田 - 水法 - 羽根 - 元小山 - (名古屋鉄道の代替バス)• 【51】岩倉駅 - 元小山 - 羽根 - 浅野公園前 - 印田(車庫) 概要 この路線は、尾張一宮駅前5番のりばから、一宮市西部を横断しの岩倉駅西口までを結ぶ。 沿革 の名鉄一宮線の全線廃止とともに運行開始。 川島線や宮田線、旧川島町内の小網まで結んでいた路線などは一宮線と直通していたが、に一宮駅付近が高架化されると、に川島系統の起点が新一宮駅バスターミナル(当時)に変更され系統を分離した。 系統としては分かれたが、今も路線名には名残が残っている。 停留所およびダイヤ 鉄道線の代替であり相応の本数が確保されていたが、減便傾向にある。 昼間は毎時3~4本、平日朝夕は毎時6〜7本の運行。 平日早朝には水法始発が見られるほか、平日の岩倉駅発最終バスは印田(車庫)止まりで、終点のバス停は一宮営業所の敷地内にある降車専用のものである。 光明寺線 [ ]• 【11】名鉄一宮駅 - 西島町 - 光明寺 - - - 山郷西 - 名鉄一宮駅(循環)• 【11】 名鉄一宮駅 - 西島町 - 光明寺 - 138タワーパーク - 一宮市総合体育館 - 山郷西 - 山郷• 【10】 名鉄一宮駅 - 西島町 - 光明寺 - 山郷 - 山郷西 概要 この路線は、名鉄一宮駅3番のりばと、一宮市北西方面を結ぶ。 沿革 本来この路線は光明寺より先、一宮市北西部の北方ゆきと、県境の橋であるゆき(渡橋バス停は現在の各務原市川島渡町に存在)に分かれていた。 北方ゆきは徐々に縮小され、に山郷西ゆきに短縮された。 一方渡橋ゆきは一度廃止されるも、の開業でタワー前の138タワーパークに発着するようになった。 なお、からの期間は、昼間帯の一部の便は 栄一丁目 - 西佐千原間で西島町を経由せず、市民病院前を経由していた。 停留所およびダイヤ 平日朝晩は毎時2本で、それ以外はほぼ毎時1本。 名鉄一宮駅発夜間の一部は山郷止まり。 山郷西発始発から数本と、名鉄一宮駅発終発前の数本のみ山郷西系統で運転。 古知野線 [ ]• 【41】名鉄一宮駅 - 両郷町口 - 大山町 - (A線)• 【46】 名鉄一宮駅 - 両郷町口 - 春明 - 上奈良 - 江南駅(B線) 概要 この路線は、名鉄一宮駅4番のりばから一宮市北東部を経由して名鉄犬山線江南駅とを結ぶ。 江南線とも呼ばれる。 沿革 古知野駅の江南駅改称は1981年であるが、路線名は他に江南線(名鉄バスセンター - 江南駅、1987年頃廃止)もあったせいか、古知野線のまま改称されずに現在も残っている。 かつては大山町経由、春明・上奈良経由の他に、布袋線布袋駅行きを延長して組み込んだ春明・布袋新町経由もあったが、2001年3月31日廃止。 現在その一部は江南・病院線に引き継がれている。 停留所およびダイヤ 昼間および休日はほぼ毎時2本ずつの運行。 平日朝晩は春明経由は毎時3本、大山町経由は沿線の学校への通学輸送もあり頻発する。 江南団地線 [ ] 江南団地A線 [ ]• 【70】江南駅 - 愛栄通 - 前 - 江南団地(循環) 概要 この系統は、江南駅から愛栄通を経由し江南団地までを結ぶ。 沿革 江南団地が建設された事に伴い1969年運行開始。 かつて一部の便が飛高口を経由していたが、江南・病院線が開業し飛高口を経由するようになったことで順次廃止された。 停留所およびダイヤ D・E線運行開始後は減便となり、平日朝を除けばおおむね毎時2本の運行。 江南団地C線 [ ]• 案内上は古知野線大山町経由の支線という扱いである。 沿革 元は村久野線と名乗り、東一宮 - 大山町 - 曼陀羅寺前 - 村久野新開 - 草井を結ぶ路線であった。 昭和50年代に入り、江南団地までに短縮されて江南団地線に組み込まれ現在に至る。 停留所およびダイヤ 昼間および休日は1〜2時間に1本で運行。 平日朝の一宮ゆきと夜の江南団地ゆきは毎時2本で運行。 一宮ゆきは江南団地始発との案内だが実際の始発停留所は団地東である。 江南団地D線・E線 [ ]• 【76】江南駅 - ヴィアモール前 - 江南団地(循環)(D線)• 【77】 江南駅 - ヴィアモール前 - 江南団地 - (E線) 概要 江南駅からヴィアモール前(江南西店前)を経て江南団地・江南厚生病院に至る系統。 沿革 、運行開始。 一部区間では、前日付けで廃止となった乗合タクシー「」の定期便の代替ともなっている。 停留所およびダイヤ D線は平日朝晩は毎時2本、それ以外は毎時1本程度運行。 E線は、8~17時台にかけ毎時1本運行。 E線の江南厚生病院発の便は、団地東停留所を通過する。 木曽川線 [ ]• 【71】江南駅 - 団地東 - 江南団地 - 本郷口 - 河田黒岩 - 川島 概要 江南駅から江南団地を経由して川島に至る路線。 案内上は江南団地A線の一部。 沿革 1960年10月1日に川島-で古知野線として運行開始。 1964年12月6日から川島から渡橋、経由でまで延長となり木曽川線に改称したが、1968年10月15日に東一宮-渡橋の運行開始に伴い川島-奥町駅の区間が廃止された。 、終点の変更に伴う川島付近のルート変更が行われた。 停留所およびダイヤ 川島発の早朝、江南駅発の夜間各1本ずつのみの運行。 江南駅発最終は江南団地ゆきの最終バスとしての役割も担う。 江南駅発の江南団地バス停は、通常のバス停から30mほど西にある路上にある。 宮田本郷のバス停の前を通るが、同停留所が後から転回場に新設されたもののため 通過。 江南・病院線 [ ]• 【80】・【81】・【82】・【83】 - 江南駅 - 愛栄通 - 飛高口 - 江南厚生病院 - 沿革 、いこまいCAR定期便の布袋ふれあい会館 - 市民体育会館引き継ぐ形で、布袋駅 - 江南厚生病院で運行開始。 4月1日、いこまいCARが定期便の運行を終了することになり、江南厚生病院 - すいとぴあ江南間で系統を延長する。 なお、江南駅 - すいとぴあ江南間は3月31日まで草井線が、布袋駅 - 江南駅間の大部分は2001年3月31日まで古知野線が、それぞれ運行されていた区間であり、大部分の区間で廃止路線が復活する格好となっている。 名鉄のバス事業は2000年前後から路線整理を進めており、珍しい例である。 停留所およびダイヤ 全線を直通する便(81系統)は僅かである。 平日の朝以外と土・休日の午前は、布袋 - 江南厚生病院(80系統)と江南 - すいとぴあ江南(82系統)の2系統を毎時各1本ずつ運行する形態がとられている。 布袋 - 江南駅間では、朝は毎時2本、それ以外は毎時1本 江南駅 - 江南厚生病院間(83系統)では、平日と、土・休日の午前は毎時2本、土・休日午後は毎時1本の運行 江南厚生病院 - すいとぴあ江南間では、平日と、土・休日の午前はほぼ毎時1本、土・休日午後は2時間に1本の運行。 岩倉線 [ ]• 【61】岩倉駅 - 岩倉団地 - 小木 - 桜井 - ((電車)の代替バス)• 【63】 岩倉駅 - 岩倉団地 - 小木 - 前 - 小牧駅• 【65】 岩倉駅 - 三ッ渕中 - 前 - 小牧市民病院北 - 小牧駅• 【62】岩倉駅 - 岩倉団地 - 小木 - 桜井 - 前 概要 この路線は、岩倉駅東口1番のりばからの小牧駅までを結ぶ。 住友理工前行きは、岩倉駅東口2番のりばから住友理工前を結ぶ。 主に終点周辺の工場への通勤需要を満たしている。 小牧線とも呼ばれるが通称である。 沿革 (昭和39年)、岩倉支線の廃止とともに、桜井経由の運行を開始し、のちに小牧市民病院前経由ができた。 の開業前は、代替バスとして桃花台ゆきも存在していた。 また、平日のみ 小牧駅 - 小牧南高校前の区間便も一時期設定されていた。 小牧市役所前・小牧市民病院北経由はもともと1997年に設定された小牧市役所前・小木経由だったものを2000年に小牧市役所前・三ッ渕中経由に経路変更したものである。 変更当初は三ッ渕西-中市場間のルートが一部異なっていた。 三ッ渕中経由が通る国道155号線には千秋線(一宮 - 町屋 - 小牧)が走っていたが、1998年に町屋 - 小牧が廃止となり、一旦バス路線が無くなっていた。 3月に小牧営業所が小牧管理所に格下げ(その後廃止)になったのを受け、一宮営業所が岩倉線の運行を受け持つようになった。 停留所およびダイヤ 減便傾向にある。 桜井経由 平日・休日とも毎時1本運行。 平日朝と夜は毎時2~3本運行。 小牧市民病院前経由 平日昼間は毎時2本運行。 平日朝と夜、休日は毎時1本の運行。 小牧市役所前経由 平日午前と夕方以降は毎時2本運行。 平日昼間の一部と休日は毎時1本の運行。 住友理工系統 平日のみ、1往復のみの運行。 朝の住友理工前行きと夕方の岩倉駅ゆき。 間内・岩倉線 [ ]• 【69】 岩倉駅 - 藤島団地 - 西 - 小針の郷前 - 名鉄 概要 この路線は、岩倉駅東口2番のりばから南西部の間内駅までを結ぶ。 沿革 (平成26年)8月1日に、運行を開始した。 なお、かつて名鉄バスの(新)小木線が(平成17年)まで岩倉 - 藤島団地 - 上小田井駅を結んでおり、岩倉駅 - 藤島間ではおよそ10年ぶりにバス交通が復活している。 停留所およびダイヤ 減便傾向にある。 平日・休日とも1時間~2時間に1本運行。 丹陽線 [ ]• 【56】・【57】尾張一宮駅 - 森本 - 一宮せんい団地 - 平島 - 九日市場 概要 この路線は、尾張一宮駅前5番のりばから、一宮市をせんい団地を経由しつつ旧内を南下し、近くの九日市場に至る路線である。 沿革 元は東一宮始発・印田経由で現在の浅野神社前付近より南下する経路であった。 後に名岐バイパス線(名鉄バスセンター - 中之郷 - 尾張一宮駅前)と共に尾張一宮駅前始発・せんい団地経由に変更され、姉妹系統の様になっていたが、名岐バイパス線は2001年中之郷までに短縮の上、2002年に廃止されている。 (平成18年)に名鉄西部観光バスに譲渡されたが、(平成20年)から移管復帰した。 停留所およびダイヤ 平日朝晩は毎時2本、そのほかは毎時1本の運行。 平日の朝晩にはせんい四丁目止まり(56系統)も設定されている。 稲沢中央線 [ ]• との共同運行である。 沿革 (平成26年)11月4日に、稲沢市コミュニティバスの再編にあわせ運行を開始した。 元型となる矢合線は国府宮駅 - 矢合観音前 - 愛知県植木センターを往復で結んでいた。 稲沢市南部の下三宅ゆきが短縮され成立したもので、かつてはまで運行していた。 (平成18年)から(平成20年)までは名鉄西部観光バスに譲渡されていた。 また国府宮駅より東の区間は祖父江線B国府宮駅 - 稲沢駅前 - 稲沢と、祖父江線C国府宮駅 - 稲沢三菱前 - 稲沢住宅 - 稲沢病院前 - 国府宮駅という循環路線があったが、そのうちの祖父江線Cが稲沢駅前・稲沢住宅・高御堂経由に経路変更の上稲沢住宅線に名を変えた後の1998年に廃止されており、経路こそ違うものの名鉄バスの路線としては15年振りの再開であった。 なお、祖父江線の本線は国府宮駅から天池・片原一色・森上を経由して祖父江町の三興製紙前まで運行されていたが、こちらも森上・片原一色と段階的に短縮され、矢合線と共に名鉄西部観光バスに移譲されたが、こちらは名鉄バスに戻る事なく2008年に廃止されている。 停留所およびダイヤ 国府宮から西では、矢合線を踏襲し平日朝夕は毎時3本、それ以外の時間帯は毎時2本確保されている。 日中は美術館・保健センターに立ち寄る。 一方、国府宮 - JR稲沢駅間は7 - 19時台に平日昼間は30分間隔で、矢合観音行きとアピタ稲沢店行きが交互に運行。 休日は1 - 2時間に1本となり、稲沢市民病院で折り返す便が多数設定されている。 また、2019年4月1日には、一部経路が変更されている。 運賃は1乗車200円均一である。 一宮・イオン木曽川線 [ ]• 【15】 名鉄一宮駅 - 今伊勢小学校 - 木曽川庁舎 - 概要 この路線は、名鉄一宮駅から旧、イオンモール木曽川方面を結ぶ。 2013年(平成25年)4月1日に運行を開始した。 尾張一宮駅前(JR駅側)は経由しない。 かつての名岐線(尾張一宮駅 - 木曽川口)の経路をほぼ踏襲する。 停留所およびダイヤ 7時台 - 17時台に毎時1本、計11往復の運行。 土休日・お盆期間・年末年始は18時台以降に2往復が追加され、13往復の運転となる。 所要時間は約20分。 運賃は200円均一。 定期券は設定されていない。 この路線の運行以前は、、からダイヤモンドシティキリオ(当時)を結ぶ無料バスを名鉄バスが委託運行していた。 イオンモールmozoワンダーシティ線 [ ]• (系統番号なし) - (土休日のみ運行 概要 この路線は、とを結ぶ無料シャトルバスで、イオンモール木曽川同様、イオンより委託を受けている路線である。 名古屋市西区の名鉄と、地下鉄の上小田井駅と近くのイオンモールのmozoワンダーシティを結ぶ。 一宮・イオンモール木曽川線とは異なり無料で乗車できる。 土休日のみの運行で、平日は運行されない路線でもある。 上小田井駅では交通広場には乗り入れず、南口の自転車置き場のターミナルより発車する。 停留所及びダイヤ 土休日の、9時台から19時台までの運行で、毎時30分おきに発車する。 運行受託路線 [ ] i-バス [ ] 詳細は「」を参照 ここでは路線のみ記載する。 エコハウス138 - 尾張三条 - 尾西市民病院 - 尾西庁舎 - 奥町駅 - エコハウス138 【160】尾西南コース [ ]• その他、三菱重工小牧南工場の契約輸送を平日に行っている。 廃止路線 [ ] かつては、愛知県、、、岐阜県、方面へも路線が存在したが、1990年代より縮小、廃止されていった。 下記において、カッコで括ったものはカッコ内が最晩年の系統である。 稲沢市内各線は、国府宮管理所から一宮営業所に移管して以降の路線を記載している。 なお、一宮市内のターミナルの変遷については「」の項も参照。 「一宮名鉄百貨店前」停は2001年11月1日より「東一宮」停に変更されている。 - 清州 - トヨタ春日センター - (多加木 - 一宮名鉄百貨店前 - 尾張一宮駅前 - 木曽川口) - 新岐阜 (名岐線)• 名鉄バスセンター - (中之郷 - 一宮せんい団地 - 馬見塚東 - 印田 - 一宮名鉄百貨店前 - 尾張一宮駅前) (名岐バイパス線)• 新一宮駅(当時) - 西浅井- 川島口 - 小網• 新一宮駅 - 丹羽 - 大日比野 - 縫製団地• 新一宮駅 - 丹羽 - 大日比野 - 宮田本郷- 草井 - 犬山駅(西口)(草井線)• 新一宮駅 - 尾張中島 - 奥町(起線)• 新一宮駅 - 尾張中島 - 尾西バスストップ(現・蓮池) - 尾西工業団地(循環)(起線)• 新一宮駅 - 春明 - 布袋新町 - 江南(古知野線)• 新一宮駅 - 大赤見 - 穂積塚本 - 三ッ渕原 - 小牧駅(小牧線)• 新一宮駅 - 光明寺 - 山郷西 - 北方(光明寺線)• 新一宮駅 - 花祗住宅前 - 千秋町屋 - 三ッ渕中 - 小牧駅(小牧線)• 新一宮駅 - 苅安賀 - 萩原(循環)(起線)• 新一宮駅 - 昭和 - 花池 - 裁判所前 - 一宮名鉄百貨店前• 新一宮駅 - 長島温泉(一宮長島線) 季節運行路線。 新一宮駅 - 岩倉 -• 新一宮駅 - 名古屋空港(特急) 晩年は名鉄西部観光バスに委託。 中部国際空港開港に伴い廃止。 (一宮名鉄百貨店前 - 本町 - 尾張中島 - 起 - 阿古井) - 祖父江役場前(一宮森上線)• 一宮名鉄百貨店前 - 大赤見 - 穂積塚本 - 加納馬場 - 千秋町屋 - 岩倉駅(千秋線)• 一宮名鉄百貨店前 - 裁判所前 - 花池 - 豊島台 - 稲島町 - 国府宮(大和線)• 国府宮 - 西御堂団地 - 萩原工業団地(萩原線)• 国府宮 - 稲島町 - 豊島台 - 戸塚センター(大和線)• 国府宮 - 高御堂 - 北島 - 中之庄(奥田線)• 国府宮 - 高御堂 - 六所豊田合成稲沢工場 - 北島(循環)(奥田線)• しかし稲沢中央線運行開始に伴い(平成26年)11月3日に廃止になった。 江南 - 飛高口 - すいとぴあ江南 - 草井 - 犬山駅(西口)(草井線) 2000年、江南-すいとぴあ江南間を廃止• 扶桑駅 - イオン扶桑ショッピングセンター(イオン扶桑線)• 柏森駅 - イオン扶桑ショッピングセンター(イオン扶桑線)• 一宮線 車両 [ ]• (県営名古屋空港特急バス専用車• この節のが望まれています。 かつては、も所属したが、2014年4月に春日井営業所に転出した。 また、エアロスターHEVも所属していたが、現在は廃車となっている。 また、2018年1月には、一般路線車の一部に当営業所では初めてとなる、いすゞエルガが2台配属された。 なお、三菱ふそうエアロバスは、県営名古屋空港特急バス専用車である。 その他 [ ] 一宮営業所は、2019年まで岐阜県各務原市川島松倉町に、「名鉄バス一宮営業所 川島合宿所」を有していた。 川島バス停、宮田本郷バス停、江南団地バス停からの早朝発のバス運転士の宿泊施設であり、ここで10台程のバスとその運転士が宿泊していた。 なお、から一宮・川島線「川島」バス停と「川島松倉」バス停が併設されており、現在はバス停兼回転場となっている。 から順次、路線バスのアナウンスが、やと同じ、音声合成のものに変更されている。 一宮市内の路線では、が平日10 - 16時(降車時基準)と休日ダイヤの終日で利用可能。 名鉄バス一宮出札のほか、利用時間中のバス車内などでも販売している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

名鉄バス「高蔵寺駅北口」のバス時刻表

名鉄バス 減便

系統 方面・行き先 時刻表• 【90】高蔵寺駅北口〜岩成台〜藤山台〜藤山台南 岩成台,藤山台,藤山台南• 【81】高蔵寺駅北口〜中央台〜高森台西〜高森台北 中央台,高森台西,高森台北• 【82】高蔵寺駅北口〜中央台〜高森台西〜植物園 中央台,高森台西,植物園• 【80】高蔵寺駅北口〜中央台〜石尾台〜高蔵寺駅北口 中央台,石尾台,石尾台南• 【84】高蔵寺駅北口〜中央台〜坂下五丁目〜かみや団地口 中央台,坂下五丁目,かみや団地口• 【85】高蔵寺駅北口〜中央台〜坂下五丁目〜福祉の里 中央台,春日台,福祉の里• 【83】高蔵寺駅北口〜中央台〜春日台口〜桃花台センター 中央台,春日台,桃花台センター• 【80】高蔵寺駅北口〜中央台〜石尾台南 中央台,石尾台,石尾台南• 【86】高蔵寺駅北口〜中央台〜明知工業団地〜福祉の里 中央台,明知工業団地,福祉の里• 【91】高蔵寺駅北口〜藤山台東〜坂下五丁目〜県医療療育総合センター 藤山台東,坂下五丁目,県医療療育総合センター• 【70】高蔵寺駅北口〜白山橋〜岩成台北〜藤山台南 白山橋,岩成台北,藤山台南• 【71】高蔵寺駅北口〜白山橋〜坂下〜県医療療育総合センター 白山橋,坂下,県医療療育総合センター• 【72】高蔵寺駅北口〜白山橋〜坂下〜内々神社 白山橋,坂下,内々神社• 【73】高蔵寺駅北口〜白山橋〜上野北〜桃花台センター 白山橋,上野北,桃花台センター• 【95】高蔵寺駅北口〜北気噴〜出川〜中部大学 北気噴,出川,中部大学.

次の

名古屋南陽線(名古屋~イオンモール名古屋茶屋)

名鉄バス 減便

時短営業を知らせる百貨店の張り紙(9日、名古屋市中区) 名古屋市内の百貨店はすでに営業時間を短縮するなどしているが、JR名古屋高島屋はさらなる短縮や休業を含めて検討する。 名古屋三越はすでに10日から19日まで営業時間を短縮することを決めていたが「10日の発表内容を確認して対応を決めたい」とする。 大丸松坂屋や名鉄百貨店も県内の店舗で追加の対応を検討する。 東京などでは、食品売り場を除き休業にしたり、一部の店舗を全面休業にしたりといった動きが広がっている。 居酒屋チェーンのは13日まで全国337店舗を臨時休業している。 吉岡昌成会長は「14日以降は感染者の少ない地方店を開けて都市部の店を閉めるのも選択肢だ。 改めて判断したい」という。 や壱番屋は引き続き時短営業などで対応する。 愛知県に本店を置く地銀3行は10日以降も県内の店舗を通常営業するが、交代勤務で出勤する行員を減らす。 は行員を店舗で働く人と在宅に分ける。 顧客の元に行員が出向くのは原則取りやめ、訪問する場合は支店長の決裁をとるようにする。 は13日から交代勤務を導入し、も取り入れる予定だ。 影響は交通機関にも及んでいる。 名鉄バスはジェイアール東海バスなどと共同で一部の長距離高速バスを順次減便する。 名鉄バスが単独運行する中部国際空港発着の各線については15日から当面、全便を運休する。 中部空港では1日から国際線の運航を休止している。 製造業ではが9日から愛知県豊田市の本社で在宅勤務を推奨し、事務系職場で活用が進む。 感染拡大が顕著な東京では3月下旬、原則在宅勤務に切り替えた。 トヨタグループの全国18の完成車工場のうち、愛知に7拠点が立地する。 県の緊急事態宣言の発令を受けての稼働状況の変更は予定していないという。 は9日時点で県独自の宣言が出されても工場全体の稼働は止めない考えだ。 日々状況が変わるため「より踏み込んだ対応を取る可能性はある」としている。 は在宅勤務やテレワークを推奨しており、県の宣言を受けて愛知の拠点で利用拡大を検討する。 中部に集積する工作機械メーカーは工場をこれまで通り稼働する。 は作業場を分けるなど従業員同士の接触を減らし、感染を防ぐ。 は全国の拠点で電車やバスといった公共交通機関での通勤を禁止にした。 自家用車や自転車などでも通えない場合は在宅勤務や有給休暇などで対応する。 在宅勤務の増加や休校の延長で、家で食べる食料品の需要が高まっている。 敷島製パンは食パンを中心に受注が増加している。 安定供給に向けてハーフサイズの生産を中止し、1斤サイズの生産に注力する。 公共交通機関を利用する社員にマスクを付与し、従業員の感染リスクを抑える。 大村知事は9日、緊急事態宣言の発令に伴う民間施設への休業要請について「全国的に統一した歩調でやるべきだ。 愛知が率先するということにはなりにくい」との見解を示し、東京都と政府の議論の結果などを踏まえて判断することを示唆した。 休業要請の対象業種についても「ひな型は準備してるが、相当のインパクトがあるので軽々にこうだといえない」と詳細は控えた。

次の