水疱瘡 ワクチン 大人。 水疱瘡の予防接種は必要?受ける時期・間隔・注射回数は?【医師監修】|Milly ミリー

大人になってからの予防接種について

水疱瘡 ワクチン 大人

文章:光原 ゆき(前任ガイド) 寒くなる12~1月は、水ぼうそうの季節 水ぼうそうは1~2歳をピークに幼児期に感染、発症することがほとんどですが、大人になっても感染しない人もいます 水ぼうそう(水痘)は寒くなる12~1月が発症のピークで、8~10月は減少します。 最もかかりやすいのは1~2歳ですが、性差なく10歳までに約90%が発症します。 水ぼうそうのウイルスは、8種類あるヘルペスウイルスのひとつ。 ウイルスに感染し、水ぼうそうの症状が出るまでの潜伏期間は、およそ2週間。 症状は、赤く腫れて盛り上がった発疹ができ、全身かゆみの強い水ぶくれの状態になって、かさぶたへと変わります。 その期間は6~10日ほど。 また水ぼうそうは、細菌の二次感染や髄膜脳炎など合併症を起こす場合もあるので油断できません。 人への感染力は強く、その期間は発症する1日半ぐらい前から5~6日にかけてと限定されます。 一度水ぼうそうにかかると、生涯にわたって続く免疫ができます。 水ぼうそうのウイルスは体内に潜伏し続けている幼児期に水ぼうそうにかかってしまえば、安心してよいと考えてしまいますが、実は体内の知覚神経節に、ウイルスが潜伏し続けているのをご存じでしょうか? この潜伏するウイルスは、成人してから再び活動をはじめ、帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気となってあらわれることになります。 この帯状疱疹と水ぼうそうのウイルスは同じヘルペスウイルス。 もちろん症状は似ていて、ウイルスが潜んでいた神経のある体の皮膚に、帯状に水ぶくれができます。 ときに、水ぼうそうのように全身に水ぶくれができることもあり、だいたい50歳以降に発症しやすくなります。 子供のいる家庭は、親の帯状疱疹をうつして水ぼうそうにかかるのを注意しましょう。 では、大人が水ぼうそうになるケースについて紹介します。

次の

水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹Q&A Q13.成人でも水痘ワクチンの接種は必要ですか。

水疱瘡 ワクチン 大人

水疱瘡のワクチンがあるのは知っているけど、接種したことがないという人もいらっしゃるでしょう。 水疱瘡ワクチンでどんな効果が期待できるのか、何回接種すればよいのか、副作用はあるのかなど、 よくわからない事も多いですよね。 今回は 水疱瘡ワクチンの効果や回数、副作用についてご紹介します。 水疱瘡ワクチンとは?何歳から OK? 水疱瘡ワクチンは定期接種になっていますが、 内容をよく理解していない人も多いのではないでしょうか? まずは 水疱瘡ワクチンの 成分や、何歳から使用できるのか 、また接種することでどのような働きが期待できるかなどを見ていきます。 これを体内に取り込むことで、水疱瘡にかかっても 症状が軽くなるなどの利点があります。 水疱瘡は、人にのみ感染するウイルス性の病気で、非常に強い感染力を持っているのが特徴。 10歳までの子供の約9割が感染すると言われているのです。 大人でも感染するのは珍しくなく、子供や妊婦、高齢者は感染すると症状が重くなったり合併症にかかったりとさまざまな危険が…。 特に 妊婦や高齢者で水疱瘡にかかっていない 方は、水疱瘡ワクチンを使って免疫をつけておくことを強くおすすめします。 スポンサーリンク その一つが、過去にかかった病気になりにくくなる 免疫機能。 免疫機能により、水疱瘡・はしか・おたふくかぜなどは一度かかるとその後かかることは少なくなるのです。 水疱瘡にかかったことがない人は当然、水疱瘡に対する免疫がありません。 そこで、水疱瘡ワクチンの予防接種によって 免疫を作っておく のです。 1 回でも水疱瘡ワクチンを接種すると症状を軽くできます。 体を守る免疫を 人工的に作るのが水疱瘡ワクチンなんです。 保育園などで集団生活を送る子供は、 水疱瘡にかかりやすい環境にあると言えるでしょう。 子供を感染から守るために、かかりつけの医者や市町村に問い合わせてみてください。 水疱瘡ワクチンの予防効果や症状軽減効果 水疱瘡ワクチンを接種すると、 どのような効果があるのでしょうか? 水疱瘡ワクチンで得られる 予防効果や症状軽減効果 などを具体的に説明していきます。 1 回の接種だけでは水疱瘡に感染する事もありますが、 2 回接種しておくと 水疱瘡にかかることはほぼなくなります。 スポンサーリンク 1歳から3歳未満の子供は定期接種 無料 ですし、 5 歳までなら 1 回目は無料で受けられる自治体もありますよ。 それ以上は任意接種となりますが、予防のために必ず水疱瘡ワクチン接種をしておいた方が無難です。 例えば、家族に水疱瘡の患者が出た場合で、自分が水疱瘡を発症していない場合。 また、発症したかどうかわからないよう時にも緊急的にワクチンを接種できることがあります。 水疱瘡患者と接触後、 72 時間以内なら効果的 と言われているのでタイミングには注意しましょう。 感染防止の可能性が高まるだけではなく、感染したとしても症状軽減が可能なのでおすすめです。 脳炎や髄膜炎、脱水症などの合併症 を起こすことも考えられるでしょう。 しかし、水疱瘡ワクチンを接種していれば、これらの合併症を起こさずに済むかもしれません。 重篤化が予防できるだけではなく、水疱瘡の症状をほとんど感じないという人もいるほど。 水疱瘡ワクチンの効き方は個人差がありますが、重い病気やアレルギーがある人は 重篤化を予防するためにも接種しておいた方が安心ですよね。 水疱瘡ワクチンを受ける回数は?タイミングと注意点 水疱瘡ワクチンは、接種することでさまざまな効果が期待できますが 回数やタイミング などはどうなっているのでしょうか? スポンサーリンク 水疱瘡ワクチンを接種する時の 注意点とあわせて見ていきましょう。 なぜなら、 1 回だけ接種しても完全に免疫ができたとは言えないからです。 まったく水疱瘡ワクチンを接種していない人よりは症状が軽くて済むことが多いようですが、できれば 2 回接種するようにしてください。 タイミングについては、 1 回目の水疱瘡ワクチンの後、 3 ヶ月以上空けてから受けるのが理想。 例えば 1 歳でワクチンを接種した場合は、 1 歳半や 2 歳になってからもう一度接種するのが効果的なのです。 特に多くの子供と過ごす環境にいると水疱瘡にかかやすいので、早めにワクチンを接種しておくのが良いと思います。 ただし、2回とも無料で受けられるのは 1 歳から 3 歳未満まで。 3 歳以上から 5 歳までは 1 回のみ無料で、残りは任意接種 有料 です。 できれば 定期接種の年齢のうちに水疱瘡ワクチンを接種していた方が良いですよね。 料金もかかりませんし、 1 歳から 3 歳ぐらいまでに水疱瘡にかかる確率が高いので、できるだけ早めに接種しておくのがおすすめです。 水疱瘡ワクチン接種はそれより前に受けておきましょう。 なぜなら、水疱瘡ワクチンは接種後すぐに免疫ができるわけではないからです。 免疫ができるまでにかかる日数は約 2 週間。 できれば早めに受けるよう注意してください。 また、水疱瘡ワクチンを 過去に接種したかどうかわからない人は、受けておいた方が無難ですよ。 水疱瘡ワクチンの副作用による症状と注意点 水疱瘡ワクチンを接種するかどうか迷っている人は、副作用が気になっているのではないでしょうか。 水疱瘡ワクチンは安全性が高いと言われていますが、 副作用がまったくない訳ではありません。 ここでは水疱瘡ワクチンの副作用と、 副作用が出た時の症状や注意点についてご紹介します。 ただ、人によっては強く副作用が出る事もあるでしょう。 水疱瘡ワクチンの主な副作用は、次のようなものがあります。 ・発疹 ・じんましん ・水疱発疹 ・注射をうった所の腫れやかゆみ ・微熱や高熱 微熱や発疹は数日で消える事が多いですが、高熱が出る事もあるそうです。 このような副作用の症状が現れた時は、できるだけ早く医師の診察を受けるようにしてください。 100 万人に 1 人の割合なので、あまり心配する必要はありませんが、万が一に備えて覚えておきましょう。 その中の 1 つが アナフィラキシー症状。 水疱瘡ワクチンを接種して 30 分以内に、 呼吸困難・咳・じんましん・顔や手足の腫れ・発熱・血管浮腫などが見られる症状です。 今まで予防接種を受けて異常を発した方に起こる可能性が高いですが、まったく副作用がなかった場合でもアナフィラキシー症状が出る事もあります。 心配な方は水疱瘡ワクチンを接種後、 30 分は病院内に留まるようにした方が良いでしょう。 もう一つの重い副作用は、 急性血小板減少性紫斑病。 これは鼻や口から血が出たり、血尿や血便、青あざができる病気です。 何も知らずにこれらの症状が出るとパニックになってしまうことも考えられるので、水疱瘡ワクチンの接種後はこのような副作用があるかもしれない事を覚えておいてください。 ・ 発育障害などで治療中 ・ 心臓や肝臓、腎臓、血液関係などの重い病気がある ・ 卵アレルギー ・ 本人や家族が免疫不全症 ・ ひきつけを起こしたことがある ・ ほかの予防接種で異常を起こしたことがある 水疱瘡ワクチンを接種する前に一度、 医師などに相談しておいてください。 場合によっては、水疱瘡ワクチンを接種しない方が良いケースもあります。 副作用が出てからでは遅い場合もありますので、かかりつけの医者などに確認してから接種した方が安心ですよね。 水疱瘡の副作用による症状には、微熱やじんましんがあり、ワクチンを接種した後に症状がでる事は珍しいです。 病院に行ってみたら、ただの風邪や アレルギー症状だった事もあるでしょう。 また、水疱瘡と同じ時期にインフルエンザが流行するので、ワクチンの副作用かと思ったらインフルエンザだったという事もあるかもしれません。 水疱瘡ワクチン接種後は副作用を疑ってしまいがちですが、勘違いするような症状も起こり得ます。 そういう時でも落ち着いて病院に行き、 医師に診断してもらう事が重要。 さまざまな症状がでた時、自己判断して放置すると副作用だったという事もありますよね。 水疱瘡ワクチン後は特に、気を付けた方が良いと思います。 水疱瘡ワクチンを受けるメリットについて 水疱瘡ワクチンを接種すると副作用が起こる可能性もありますが、それよりも メリットの方が大きいです。 ではいったい、どのようなメリットがあるのでしょうか? 自分だけではなく、家族や周りのためにも重要な 水疱瘡ワクチンのメリット についてご紹介します。 注射が嫌いなので受けたくないという人もいるでしょう。 しかし、自分が水疱瘡になって辛い思いをするばかりか、家族や周囲に感染させてしまったらどうなるでしょうか? 例えば、家族に妊婦や高齢者がいるとしましょう。 妊婦が出産直前に水疱瘡になってしまうと、お腹の赤ちゃんが死産になってしまうかもしれません。 高齢者が水疱瘡になると、 命に関わる合併症を起こしてしまう可能性が高くなります。 このような心配があるので、水疱瘡ワクチンで感染予防をしておくに越したことはないですよね。 家族に水疱瘡の人が出た場合、 8 割の確率で感染する とも言われているので、できれなワクチンを接種して予防しておきましょう。 大人の場合は症状が長引きやすく、 2 週間以上も 仕事を休まなければならなくなるかもしれません。 病気とはいえ、周りに負担や迷惑をかける事になりますよね。 このような事を防ぐためにも、水疱瘡ワクチンをできるだけ 早めに接種する ようにしてください。 例え少しぐらい副作用が出ても、 1 週間や 2 週間も仕事を休むより良いのではないでしょうか? 大事な仕事に穴をあけないためにも、水疱瘡ワクチンを検討してみましょう。 一番多いのは 1 歳から 3 歳未満までの幼児で、次に 3 歳から 5 歳までの子供。 10 歳までに約 9 割の子供が水疱瘡にかかります。 この時期は保育園や幼稚園、小学校などで集団生活を送っているので、知らないうちに感染してしまうことも多くあるでしょう。 水疱瘡は症状がほとんど出ない潜伏期間中にも感染します し、感染力がとても強いことが知られています。 子供も水疱瘡で辛い思いをしなくて済みますし、親も安心して保育園などに預けられますよね。 まとめ これまで見てきたように、水疱瘡のワクチンは、できるだけ定期接種で受けておいた方が良いのではないでしょうか? 費用だけではなく 本人のためにも周囲のためにも必要 だと思います。 また、水疱瘡ワクチンを接種した後は、 特に体調の変化に気を付けましょう。 今まで予防接種で異常が無かった人でも出る可能性がありますので、小さなお子さんは、もちろん大人の方も気を付けた方が良いですよ。

次の

大人の水疱瘡は危険!大人水疱瘡の症状・特徴・対処法まとめ

水疱瘡 ワクチン 大人

水疱瘡とは? 水疱瘡とは、正式名称を水痘(すいとう)と言い、ヘルペスウイルス科の水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時に起こる病気で、全身に赤い発疹(水ぶくれ)が現れるのが特徴です。 また、非常に強い感染力を持ち、咳やくしゃみなどによる飛沫感染の他、水ぶくれの中に含まれている液に触れることによる接触感染でも他の人へとうつっていきます。 なお、発疹が現れた後はそれが水ぶくれに変わっていき、最終的にそれがかさぶたになることで治っていきます。 この時、かさぶたをかきむしったり、無理に取ったりすることでその部分が化膿した場合には、水疱瘡が治っても皮膚がうまく元に戻らずに跡となってずっと残ってしまうこともあるようです。 水疱瘡は大人も感染する!? 条件は? 水疱瘡は子供の病気だと思われている方も多いかもしれませんが、大人でも次のような条件に当てはまっている人は水疱瘡にかかってしまう可能性があります。 ・子供の頃、水疱瘡にかかっていない人 ・ワクチンを接種したことがない人 ・ガンや白血病などの病気や、その治療により免疫機能に障害が起こっている人 ・アトピーなどでステロイド剤を長期に渡って使用している人 ・非常に大きなストレスによって免疫力が下がっている人 なお、子供の頃に水疱瘡にかかったことがある人は抗体を獲得していますが、同時にウイルスが神経の奥に潜んだ状態になっています。 そのため、ストレスや疲れによって免疫力が下がると、それが引き金となってウイルスが活性化し、帯状疱疹という別の病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。 大人の水疱瘡は初期症状を見逃さないことが大切! 大人の水疱瘡は重症化し、命に関わることもありますので、感染に気づいたらできるだけ早く治療を始めるために、発熱や倦怠感といった初期症状を見逃さないことが大切です。 通常、子供の場合には軽い発熱とだいたい同時に発疹が現れ始めるのですが、大人の場合には発疹が現れる前に1~2日の発熱と全身の倦怠感が出ることがあります。 ですので、水疱瘡にかかった人や、その家族などと会った後にこのような症状が出た場合や、発熱の後に発疹が現れた場合には、水疱瘡を疑うべきでしょう。 具体的には、15歳以上の人が水疱瘡にかかった場合、以下のような症状の悪化や合併症が報告されているようです。 【症状】 ・水疱が子供よりも多数発生する ・子供よりも高熱が出る 【合併症】 ・肺炎 ・脳炎 ・肝炎 そして、妊娠中の女性が水疱瘡に感染すると、母体の症状が重症化するだけでなく、胎児にもさまざまな障害が起こる可能性がありますので、妊娠を希望する女性は水疱瘡にかかったことがあるかどうかを必ずチェックしたほうがいいでしょう。 大人の水疱瘡への対処法はこれ! 大人が水疱瘡にかかった場合には、直ちに医療機関を受診し、できるだけ早くに治療を始めることが大切です。 また、水疱などを正しくケアするようにして、二次感染を予防することも有効な対処法です。 では、病院での治療と自宅でのケア、それぞれの観点から大人の水疱瘡の対処法を見ていきましょう。 なぜかというと、大人の水疱瘡は患者の数が少ないことや、治療に使用する抗ウイルス薬が高価なことなどから、内科の医師でも簡単に診断を下すことができない場合が多いからです。 ですので、大人で水疱瘡の疑いがある場合には、皮膚の症状の専門家である皮膚科を受診することをおすすめします。 なお、水疱瘡の治療には、次のような薬が使用されます。 ・抗ウイルス薬 ウイルスの増殖を抑えるための飲み薬で、アシクロビル(ゾビラックス)、塩酸バラシクロビル(バルトレックス)のどちらかが使用されます。 ・フェノール亜鉛華軟膏 皮膚のかゆみや炎症を抑えたり、水疱がつぶれないように保護するための塗り薬で、別名カチリと呼ばれています。 ・抗ヒスタミン薬 体のかゆみを抑えるために処方されますが、さまざまな種類があり、病院によって処方される薬は違ってきます。 この他にも、化膿を予防するための抗生物質や、熱を下げるための解熱鎮痛薬が一緒に処方される場合があるようです。 まず、病院で処方された薬は指示された通りに使い、特に抗ウイルス薬は自己判断でやめないようにしてください。 というのも、抗ウイルス薬はウイルスを殺す薬ではないので、効果が現れてくるまでに2日程度の時間を要するからです。 そして、水疱はかゆくても掻きむしったり、無理に潰したりせずに、清潔にすることを心がけましょう。 しかし、湯船に入ったりして体が温まってしまうとかゆみが強く出ることがありますので、シャワーのみにとどめ、体はよく泡立てた石けんで優しく洗うようにしてください。 ただし、熱がある場合にはお風呂もシャワーも控えるようにして、脱水症状を予防するために辛くても水分補給をこまめに行うことが大切です。 スポンサーリンク 大人も水疱瘡には予防接種が有効!理由は? 水疱瘡の予防接種は通常子供の頃に行いますが、大人の場合でも、水疱瘡の予防接種は重症化や発症を防ぐために有効です。 なお、1回の接種でも効果がありますが、3ヶ月程度の時間をおいてもう一度、合わせて2回接種しておくとより確実な効果が見込めるようです。 また、抗体を持っていない人がウイルスに触れた場合にも、そこから72時間以内に予防接種を行えば予防効果があると言われています。 そして、すでに抗体がある人が予防接種を受けても特に健康上の問題はないので、水疱瘡にかかったかどうか記憶がないという方は予防接種を受けておくことをおすすめします。 ただし、予防接種に使用するワクチンの性質上、妊婦には使用できず、また接種1ヶ月前から接種2ヶ月後までは避妊が必要ですので、お子さんを考えている女性は注意しましょう。 まとめ いかがでしたか。 水疱瘡は子供の頃にかかっていない人やワクチンを未接種の人、免疫機能が病気やストレスなどで極端に低下している人であれば大人であっても感染することがあります。 また、大人の水疱瘡は高熱や大量の水疱のような症状の重症化だけではなく、合併症や妊娠中の胎児への悪影響などが見られるので、発熱や倦怠感などの初期症状に気づいたら速やかに皮膚科を受診することが大切です。 そして、処方された薬を正しく使いながら、水疱を掻きむしったりしないようにケアすることや高熱による脱水症状を予防するといった対処法を行いましょう。 ぜひ今回の記事を参考に、予防接種などを活用して感染予防に心がけ、2回目の感染を避けるようにしてくださいね。

次の