天海祐希 宝塚 いじめ。 天海祐希の宝塚時代の同期は?100周年欠席は確執が原因なの? | LANAKILA!

宝塚音楽学校

天海祐希 宝塚 いじめ

天海祐希の宝塚時代の伝説 天海祐希さんは宝塚歌劇団に1987年、73期生として入団しました。 初舞台は「ミー・アンド・マイガール」です。 歌劇団を退団したのは1995年。 その後はテレビドラマ、映画など女優として幅広く活躍中であることは、皆さんよくお存じかと思います。 「伝説」というと一体何があったんだろう…と思われますよね。 では今からひとつずつ見ていきましょう。 伝説1:宝塚音楽学校に同期中一番の成績で入学 天海祐希さんさんは宝塚音楽学校に一番の成績で入学しています。 そもそも天海祐希さんが宝塚歌劇団に入ろうとしたきっかけは、中学2年生の時担任だった宝塚ファンの先生から勧められたからだそうです。 意外にも子どもの頃からずっと憧れていたというわけではなかったようです。 もちろん努力は相当されたのでしょうが、一緒に受験した生徒の中でトップというのは なかなかできるものではありませんよね。 伝説2:「よくぞ産んでくださった」 「よくぞ産んでくださった」この言葉は入学試験を受ける天海祐希さんを見た宝塚歌劇団所属の演出家、植田紳爾氏が天海祐希さんの母親に言ったひと言です。 何百人ものタカラジェンヌと接してきた演出家には、受験の時からほかの人とは違う何かを天海祐希さんに感じていたのでしょう。 長身で、見た目の美しさだけでなく、カリスマ性や、歌や踊りの才能もありますからね。 そしてその目に狂いがなかったことは今の女優としての活躍にも通じています。 伝説3:あまりの実力に新人公演の主役に最速で抜擢 天海祐希さんはその実力の高さから、新人公演の主役に宝塚史上最速で抜擢されているのです。 宝塚歌劇団には新人公演があり、入団7年目までの若手が出演するのです。 本公演に進めるのはその中でも実力のある人だけ。 いわば新人の登竜門。 ファンにとっては将来トップスターになりそうな人を見つけるための公演といっても過言ではないでしょう。 そんなお披露目の大事な舞台に、天海祐希さんは入団なんと10か月で主役に抜擢されたのです。 当然ですが主役の座はたった一人にしか与えられません。 天海祐希さんの実力がすごかったことを物語っています。 伝説4:お茶会でファンに暴言!? 天海祐希さんはファンとのお茶会で暴言を吐いていた!? 宝塚歌劇団にはファンを招いての「お茶会」が催されることがあります。 天海祐希さんは当時、大人気だったため、たくさんのファンが会場に詰めかけました。 そして、のんびり写真を撮っていたファンに向かって、次の衝撃的な言葉を言い放ったのです。 「てきぱき動きなさい!」 「さっさと終わらせれば、その分たくさんお話しできるんだから!」 普通ファンに向かってそんなこと言う?と思った方、これは実は天海祐希さんの「愛」なのです。 実は段取りや運営が上手くいっていなかったからなのですが、 「段取りが悪いとファンの方と過ごす時間が少なくなってしまう」 そんなファンを想う気持ちから出た言葉なのです。 言い方はちょっときつかったかもしれないけれど、会場におられたファンの心にきっと響いたことでしょう。 確かにそうですよね。 それと入り待ちと出待ちの際の手紙の直接の受け渡しも禁止にしました。 手紙はすべてスタッフが受け取ることになりました。 これは、自分だけでなく他のメンバーの出入りがスムーズにいくようにという配慮です。 スターはファンに嫌われたくないので、なかなかこういうことを言う人は少ないでしょうね。 でもこれが天海祐希さんらしいと言えるかもしれません。 伝説6:大階段での見どころ「羽根」を拒否 自身の退団公演のラスト、大階段で天海祐希さんは背中に羽根を付けていなかった! 宝塚歌劇を一度でもご覧になられた方はお分かりでしょうが、 舞台のラストでは主役が大階段から背中に大きな羽根の飾りをつけて降りてきます。 そこがファンにとってのメインイベント、待ってました!という場面です。 ところが天海祐希さんさんは自分自身の退団公演で、なんとその羽根をつけませんでした。 理由は、「私らしくないから」と! タカラジェンヌの天海祐希というよりも、天海祐希自身を優先したようです。 伝統と格式を重んじる宝塚でしきたりを破って許されたのは、後にも先にも天海祐希さんくらいでしょう。 それほど特別な存在だったのです。 伝説7:ファンはみんな同じぐらい大事 ファンはみんな同じぐらい大事にする天海祐希さん。 宝塚歌劇にはいつも近くにいて世話を焼いてくれる熱烈ファンや、新人時代を含め長い間そのスターだけを追いかけてくれる年季が入ったファンもいます。 反対に最近ファンになった人、家が遠いので頻繁に宝塚歌劇を見に行けないファンもいるでしょう。 それでも人間、どうしても自分に良くしてくれる人をひいきしたい気持ちになるものですよね。 でも天海祐希さんは どのファンも大事という考えです。 退団記念のイベントのとき、 ファン全員に全く同じワイングラスをプレゼントしたそうです。 天海祐希さんらしい「分け隔てなくみんな私のファン」という姿勢が出ているエピソードです。 これもタカラジェンヌの伝統としきたりを破る行為でしたが、天海祐希さんだからできたことでした。 伝説8:さすが!最速でトップスター 宝塚史上最速でトップスターへ。 1993年天海祐希さんは入団7年目で月組トップスターの座に駆け上がり、その後数々の舞台で主役を演じています。 宝塚には「男役 10年」という言葉もあるほど男役として成長するには年月がかかるのです。 しかし、天海祐希さんはそれを たった7年で成し遂げてしまったのです。 171cmの高身長で舞台映えし、キリっとした美形の顔立ちでファンのハートを掴み続けた天海祐希さん。 でもそれだけでは異例の短い年数での抜擢はありえないでしょう。 才能もですが、人よりも陰で涙ぐましい努力をされていたのではないでしょうか。 伝説9:早すぎる!?スピード退団 早すぎるスピード退団。 天海祐希さんは 1987年に宝塚歌劇団に入団し、1995年に退団しています。 28歳の決断でした。 1993年に トップスターになってからはたったの約2年でした。 トップにのぼりつめるには相当の苦労があっただろうと思われます。 しかし、あっさりとその地位を捨て、女優として次のステージに挑戦しようと決断できる潔さは見習いたいものですね。 伝説10:サヨナラ公演で同期に挨拶 サヨナラ公演で同期に挨拶!? 普通の退団公演(サヨナラ公演)では、スターはお世話になったファンに手を振りながら最後の挨拶をするのが伝統です。 しかし、天海祐希さんは違いました。 一緒に舞台に立っていた 仲間たちへ目線を送り挨拶をしたのです。 ファンのことももちろん公平に大事にしてきた天海祐希さんですが、 今、自分がここまでやってこれたのは仲間のおかげだと舞台上で感謝の気持ちを表したのです。 慣習にとらわれず、自分がいいと思った行動を取る天海祐希さんならではのエピソードです。 「年相応、分相応」、いい言葉ですね。 建設業をされていた父親と美容院を営んでいた母親からずっと言われ続けたこの言葉が「伝説」と呼ばれた天海祐希さんの行動の原点なのかもしれません。 ただ、それでもちょっと退団を決めるのが早すぎるような気もしたので、ここでちょっと推理をしてみましょう。 ・いじめにあった? 異例の出世のほか数々の伝説を残す天海祐希さんだけに、快く思わない人も中にはいたかもしれません。 しかし、抜きんでた才能と努力が評価されただけですので、これは信じにくいですね。 ・先輩にトップになれる可能性を残すため 天海祐希さんがもしトップの座に10年いつづけたとしたら、在籍年数が長い先輩方は月組のトップになることはできなかったでしょう。 頭のよさそうな天海祐希さんならもしかしたらその辺りも考えていたかもしれませんね。 ・女優として早く再スタートを切りたかった? これが一番しっくりくる感じですね。 決断も行動も早い天海祐希さんなら、宝塚歌劇団で成功し知名度のあるうちにいろんな役に出会って、女優として早く次のステージに立ちたかったのではないでしょうか。

次の

天海祐希が身長を逆サバ?実際はいくつ?体重も公開!

天海祐希 宝塚 いじめ

【ページコンテンツ】• 天海祐希が宝塚のスターを目指したきっかけは一体なに? 画像引用元: 現在は幅広いジャンルで活躍する天海祐希ですが、そもそも宝塚にどういった志があって入団したのでしょうか。 天海祐希さんが最初に芝居の世界を目指そうと思った理由は、 幼稚園の頃に遡ります。 幼稚園の行事と言えば、お遊戯会などありますよね。 そのお遊戯会は 白雪姫が題材で、天海祐樹さんは作中の 魔法使いを演じました。 そのお遊戯会で、天海祐希さんは幼稚園の先生にこう褒められたそうです。 『声が大きくて、お芝居が上手ね』 これをキッカケに、天海祐希さんは芝居という世界を夢見たといいます。 スポンサードリンク これがキッカケになったかどうかはわかりませんが、中学では 演劇部に入部。 そして、演劇部でも持ち前の実力を発揮したのでしょう。 演劇部顧問が宝塚のファンだったらしく、天海祐希さんに宝塚に行くことを勧めたと言います。 これをキッカケに、天海祐希さんは宝塚への入団を志望するようになったとか。 中学の時に演劇部に入ってその顧問に出会っていなければ、宝塚を目指すことはなかったとも言えます。 そう考えると、宝塚の大スターである天海祐希を生んだのは、その顧問の先生と言えなくもないかもしれません。 1人のひと言が1人の人生を変えてしまうのだから、言葉って凄いですね。 世界中のスターもそういった誰かのひと言で生まれているのかもしれないと考えると、言葉というものに特別な力を感じてしまいますね。 天海祐希は宝塚時代に史上最速でトップスターに?「最速伝説編」 画像引用元: まずは初めに、天海祐希のプロフィールを簡単にご紹介します。 天海祐希の生年月日は、 1967年8月8日で、年齢は(2020年現在)52歳です。 出身は、 東京都で血液型はおっとりした性格のO型です。 身長は、 171㎝と高身長で、本名は中野祐里と言います。 芸名の由来は、本名から一字と希望から「希」を使用して、強運との姓名判断で言われている本名と同じ字画数の3つの条件で「天海祐希」となりました。 また、「スケールが大きい方が良い」という副校長の助言もあったそうです。 そんな、天海祐希の宝塚歌劇団時代の数多くの伝説とは、一体どのようなものなのでしょうか? 史上最速でトップスターへと上り詰めた、彼女の秘話についても追及してみます。 面接時に当時の演出家、植田紳爾が天海祐希の華やかさを見て 「お母さん、よくぞ産んで下さった!」と絶賛したそうです。 第73期生として 首席で入学すると、その才能を開花させ、 入団わずが10か月という速さで新人公演の主役に大抜擢されたのです。 入団1年目が主役に抜擢されるというのは、まさに異例中の異例で今でも語り継がれるほどの伝説となっています。 先輩から見れば、まさしく目の上のたん瘤。 先輩陣営からの圧力もあったのではないでしょうか。 新人公演は研究科1~7年目の若手の舞台!研1で主役の金字塔! 画像引用元: 通常、新人公演は入団1年目~7年目が対象で、主役が選抜されていきます。 そんな中で、わずか1年目で主役に抜擢されるというのですから、どれほどの快挙か分かりますよね。 ちなみに、 天海祐希が退団後にトップスターとなった久世星佳、真琴つばさ、紫吹淳は天海祐希の何と先輩にあたるのです。 そのことからも、天海祐希の凄さが分かります。 実際に、天海祐希に憧れて入団する生徒が後を絶たないと言います。 こちらが、研1と研2の頃の画像です。 4期上の久世星佳・若央りさや1期上の真織由季・大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなるかたちとなったのです! これまでは、 2番手スターは地味ですが実力派を付けるという伝統がありましたが、それを天海祐希が覆したのです。 2番手なのに、輝きがあり大注目をされました。 まさに、これまでにないパターンだと言えますね。 【天海祐希】の宝塚伝説 ・音楽学校主席入学 ・宝塚関係者に「よくぞ産んでくださいった」と言われる ・新人公演 入団1〜7年目の生徒が1日本公演を演じる で入団10ヶ月で主役 ・初舞台から6年半でトップスター 男役10年と言われている。 研1で新人公演の主役に抜擢され、そのプレッシャーもあったのかも知れません。 退団を希望したともいわれているほどです。 ですから、トップスターではなく2番手という位置付けにしたのでしょう。 その凄さは、天海祐希以降入団後10年以内に男役トップスターになった生徒はいないことからも分かります。 また、この年行われた「ミリオン・ドリームズ」「風と共に去りぬ」での新人公演主演で、天海祐希の同期生である姿月あさとが主演を演じたのです。 そのことからも、天海祐希のスピード出世が分かりますよね! 天海祐希の男前伝説!「ファンへの仰天行動編」 画像引用元: 天海祐希の伝説は、宝塚歌劇団時代だけにはとどまりません。 サヨナラ公演でも、現在まで語り継がれている伝説があるのです。 それは、一体どんな伝説なのでしょうか? 退団公演で恒例だった「羽根」を拒否したという噂は、果たして本当なのでしょうか? また、ファンクラブ会員に高級グラスを贈ったという噂については、どうでしょうか。 それには、父親の教えがあったという真相についても調査してみたいと思います。 画像引用元: 確かに、タカラジェンヌと聞けばこのような大きな羽根が印象的ですよね。 実はこの羽根の重さは、平均で20㎏もあるそうです。 トップスターが体感する重さは、30㎏~40㎏ほどにもなるとか。 そんな重たい羽根を付けて、華麗に階段を下りるなんてすごいですよね! 天海祐希は、 普段の公演でも大きな羽根は付けずに、小さい羽根を付けていたそうです。 サヨナラ退団公演では羽根を付けなかったのです。 さらに、フィナーレが終わり幕が降りるまでファンに手を振るのが恒例ですが、 天海祐希は仲間に向かって手を振ったというもの有名な話です。 退団時にはFC全員に感謝のワイングラスを贈った 画像引用元: また、 退団時にファンクラブメンバー全員に高級ワイングラスを贈ったとされています。 誰にでも平等に接する天海祐希は、まさに宝塚歌劇団のレジェンドと言えますね。 お茶会にはファンが1000人超も?ファンに媚びなず説教も? 画像引用元: スポンサードリンク ファンとのお茶会では、ファンに媚びることなく宝塚歌劇団の裏話や時には説教なども行っていたそうです。 ファンレターに返事をしなかったり、出待ちを禁止することまでしたそうです。 その理由について、天海祐希は 「ファンレターを一部のファンだけに返事をするのは不公平にあたるし、出待ちは夜遅くまで待っていると危ないから」と明かしています。 実は、ファンのことを一番に考えての言動だったのですね。 退団パレードには約6000人のファンが集結!(動画あり) ファンから愛された天海祐希は、退団のパレードでは 約6000人ものファンが殺到したのでした。 最後まで涙を流すことはなく、笑顔での退団パレードだったようです。 この様子は 当時のワイドショーでも大きく報じられました。 天海祐希さんの退団公演翌日のワイドショー尺長すぎすごすぎでは…6000人とは…… — かん kanrooom 凄い数のファンが動画からも見て取れます。 天海祐希の凄さを改めて知ることができますよね! 天海祐希の男前伝説!「宝塚音楽学校時代」編 画像引用元: 宝塚歌劇団時代にも数多くの伝説を残している天海祐希ですが、音楽学校時代にも伝説を残していたのです。 それは、一体どんな伝説だったのでしょうか? 噂では、首席入学とされてますが、実際はスカウトだったという噂です。 また宝塚歌劇団に入団した理由は、女優になるための土台だったというものです。 それらの真相についても切り込んでいきたいと思います。 宝塚音楽学校首席入学も実は出来レース?実際はスカウトだった? 画像引用元: 音楽学校に主席で入学したというのは有名な話しです。 しかし、ネット上ではスカウトだったという噂が浮上しています。 それは本当なのでしょうか? 調べてみると、「東の東大、西の宝塚」と呼ばれるほど、音楽学校に入学するのは狭き門と言えます。 宝塚音楽学校はスカウトというのはなく、受験をして合格をしなければ入学することができないのです。 天海祐希は、中学の時に演劇部の先生に勧められて宝塚音楽学校に受験をしたそうです。 そこで受験の時に、当時の演出家である植田紳爾の目に留まり大絶賛されたのでした。 監督の目には留まったものの、スカウトだったという事実はないようです。 天海祐希にとって宝塚入団は女優になるための土台作りだった? 画像引用元: 天海祐希さんが女優へと転向するために、宝塚へ入団したというような情報は見つけられませんでした。 ただ、天海祐希さんは宝塚でトップスターへ上り詰めたのにもかかわらず、わずか 2年で退団をしています。 宝塚でやっていこうと本気で思っていれば、トップスターの平均活動期間である5年は宝塚で活動をしていたはずです。 推測ですが、この早めの対談は 人気沸騰中の状態で女優へ転向したいというような思いがあったのかもしれません。 宝塚のトップスターが女優として芸能界入りすれば、世間は放っておかないでしょう。 もしそういった思惑があったとすれば、引き際としては最高ですよね。 天海祐希は宝塚音楽学校予科生の規則すら変えていた! 画像引用元: さらに、天海祐希は宝塚音楽学校のルールまでも変えたのです。 画像引用元: バラエティー番組に天海祐希の後輩である彩羽真矢が、格好いいエピソードを明かしました。 当時、 予科生は短い髪の毛がハネないように何十本ものヘアピンを使って止めなければならないという厳しいルールがありました。 このピンを宝塚音楽学校では「予科ピン」と呼んでいたと言います。 天海祐希は生徒指導をする際に 、「このままで外を歩くのは恥ずかしいから、しなくてもいいのではないか」と風紀規則を撤廃したのでした。 男前すぎるエピソードですよね。 天海祐希は宝塚時代トップ就任2年で早期退団!?理由は? 画像引用元: そんな、数多くの伝説を残していた天海祐希は、トップスターに就任してからわずか、 2年で早期に退団をしたのです。 一体なぜ、2年という短かさで退団を決意したのでしょう。 ネット上では、上級生からのいじめが原因だと言われています。 また、女優になりたかったからだという噂もあります。 退団した本当の真相について深堀していきたいと思います。 上級生やファンのいじめで退団は嘘?女優になりたかったから? 画像引用元: 天海祐希がトップスターに就任してからわずか2年という短さで、退団をした理由について、「徹子の部屋」にゲスト出演した際に、明かしました。 月組のプロデューサーと今後のスケジュールについて、 話し合っていた際に2年後の12月が光が差していたような気がしたと言います。 その公演が 「ミー・アンド・マイガール 」の思い入れのある公演だったため、これで最後にしようと思い立ったと明かしています。 プロデューサーに「これで辞めます」と突然言ってしまい、プロデューサーを困惑させてしまったというエピソードを語ってしました。 トップスターになる前から、2年後の12月で辞める決断をしていたなんて、男前ですよね! 天海祐希は宝塚時代、三浦春馬似のイケメンで人気?画像は? 画像引用元: こちらが、宝塚歌劇団時代の天海祐希の画像です。 ネット上でも三浦春馬に似ているという意見も多く挙がっていました。 若い頃の天海祐希さん、三浦春馬みがある — BBAC boyzbeclub 三浦春馬が天海祐希に見える。 — みど oFxrGkXUkxztUpH 天海祐希が宝塚時代に傲慢にならなかったのは父の教え?分相応? 画像引用元: 天海祐希の父親の教えとして 「年相応 分相応でいなさい」というものがありました。 これは、どんな高級なプレゼントもどんな小さなプレゼントも同じ感謝の気持ちで受け取りなさいという意味があるそうです。 天海祐希のようなトップスターになると、ファンからの贈り物は当たり前のように贈られてくると言います。 それが、いつしか当たり前のようになってしまいわないようにという教訓が含まれているのです。 現在の天海祐希の根底になると言えますね。 またファン全員に高級ワイングラスを贈った理由も、天海祐希の父親の教えがあったようです。 それは 、「100万円のプレゼントをくださる方も、例えば10円のアメをくださる方も、お前を思う気持ちは一緒だ」という教えでした。 稲穂の穂が垂れるように、どんなに偉くなっても感謝の気持ちを忘れないということなのですね。 まとめ 画像引用元: 日本を代表する女優として活躍している天海祐希は、宝塚歌劇時代にも多くの伝説を残しています。 首席で入学を果たし、 新人公演の主役にわずか研1で大抜擢されました。 その後は、 研7でトップスターになり、多くのファンを魅了したのです。 また、 宝塚音楽学校時代には後輩のために厳しい風紀を撤廃したこともあります。 トップスターからわずか2年という速さでの退団に衝撃を受けたファンも少なくありません。 トップから 2年後の12月に退団するというのは、すでに決めていたというので天海祐希の男気が分かりますよね。 今後も、私たちを魅了し続ける天海祐希の動向から目が離せませんね。

次の

元宝塚月組の檀れいがイジメを受けていたことが判明!!真琴つばさに泣かされた過去も!?

天海祐希 宝塚 いじめ

スポンサードリンク 現在テレビで活躍中の天海祐希さん 本名中野祐里 が、 宝塚出身だというのは誰もが知っているかもしれませんが、 宝塚時代には数々の伝説を残してきました。 研7でトップスターと言う、 宝塚歌劇団史上で最速記録を出したにも関わらず、 わずか2年の任期で退団した理由はなんでしょうか? 気になったので色々と調べてみました。 はっきりとした退団理由が見当たらない! しかし宝塚にありがちな真実は分からない状態でした。 上級生にいじめられてた説もありますが噂話っぽいですね、 まあ表立ってないだけで宝塚もいじめはあるようですけどね。 表立ってしまったのが96期生の宝塚音楽学校時代のメモカいじめ事件ですし。 天海祐希さんがいじめられていたかどうかは分かりませんが、 ファンレターに刃物が入っていたり、洋服に針が刺さっていたり… こんないじめは日常茶飯事だったそうです。 上級者からというよりは、 上級者のファンからの嫌がらせが あったそうです。 まあ、そうは言っても表立ってはないので、噂話の域を超えないですけどね。 本当は女優になりたかった? 後、調べていて多かったのが、 元々タカラジェンヌになりたいというより、 女優さんになりたかったらしいです。 女優になる登竜門として宝塚音楽学校に入学、劇団に入団したと言う説も。 なのでトップスターに早くなれたわけだし、 元月組トップスターと言う肩書も出来たので女優の道へ、 このような噂も多かったですね。 つまり芸能界入りを視野に入れてたと言う説です。 スター性があだとなった? 宝塚の男役は普通の女性が、 自分を作って男の仕草や雰囲気を身につけるもの! 天海祐希さんは元からあのガタイと、 さっぱりした男らしい性格だったので、 自然体で舞台に立っていても男に見えちゃうナチュラル系男役でした。 こうした天性の素質、スター性が早すぎる抜擢を招き、 当時の天海さんは周りの重圧に耐えきれず苦しんでたのかも… まあこの辺は推測の域を出ないですけどね、 宝塚スターの退団理由は言えないのが鉄の掟ですから。 同期だけが支えだった、 ひたすら稽古をすることで 嫌なことを考えないようにした。 このようなセリフを言っていた事もあるそうです。 という事は、やっぱり重圧や嫌なこと イジメ? があったと考えられますよね。 そりゃ、人よりずば抜けてる事はいいことだけど、 そのせいで嫌な目にあう事はどんな世界でもあり、 出る杭は打たれるのが日本社会です! 色々調べてみましたがはっきりとした退団理由は分かりませんでした。 ただ言えるのは 「同期だけが支えだった。 ひたすら稽古し嫌なことを考えないようにした」 ここに退団理由の答えが見えている気がしますね。 この6月から天海さんのことネットサーフィン始めた初心者ですが、自分のフィーリングが正しいかどうかということでコメントさせてください。 結局、こうするしかなかったのかな、と。 普通ならばトップになれるような((たぶん、剣さんや涼風さんの(名前も最近知ったのですが)、薫陶を受けた))上級生を抜いてトップになって嬉しかったのだろうか? 自分の中で、2年間と決めて引き受けたのでは? 劇団も暗黙の了解?)。 仮にトップを辞退したとして(劇団側からすれば、3-2番手に据え置いたとして)、これほどの3-2番手と対峙できるトップというのは? 若手の育成にしても、映像で時々横に座っておられた「さえこ」さんが、トップになられたことで、よしとしなければ。 なんせ在団10年足らず。 天海祐希は、その類まれな資質ゆえに、このような選択肢しかなかったのかな、と。

次の