韓国経済 底力。 優秀な韓民族の底力を見せる!経済10位圏の韓国がいつまで日本の技術使うの?日本規制緩和にも韓国業界国産化進める 韓国の反応

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国経済 底力

各国に迫られる難しい判断に、イスラエルの著名なコンピューター科学者が一つのアイデアを提唱している。 論文のタイトルは「経済封鎖をせずに、新型コロナウイルスを食い止められるか」。 そんな戦略を実現するための独自の計算方法を編み出したのが、論文のミソだという。 書いたのはヘブライ大のアムノン・シャシュア教授。 車の自動運転技術で世界のトップを走る「モービルアイ」の創業者で、CEOでもある人物だ。 同社は2017年、米インテルに153億ドル(1・7兆円)で買収されたことでも大きな話題となった。 今回の提案の狙いについて、ビデオ電話で本人に取材した。 「感染症の専門家が取り組むべきテーマだと普通は思いますよね。 ただ、今回のウイルスは『分からないこと』が多すぎる。 疫学的な解析が難しいのです。 感染のピークはいつで、本当の感染者数が何人なのかは、誰も知らない。 もし外出禁止を解けば何が起きるかは、疫学的な計算ではなかなか分かりません」 「そこでコンピューター科学の出番です。 「その通りです。 自動運転の場合、安全性と利便性のバランスが常に問われます。 事故の可能性をゼロにしたいなら、車に乗らなければいい。 でも人間は生活のために車に乗ります。 事故の可能性を十分に減らしつつ、自動車をいかに走らせるか。 今回、その発想を応用したわけです。 「まず社会を二つのグループに分けます。 『高リスク』は67歳以上や持病を持つ人たち。 『低リスク』はそれ以外の人たちです。 そして『低リスク』のグループだけ、外出禁止令を解除します」 「普通の生活に戻った若者たち….

次の

【韓国の反応】日本企業はかなりの底力がある。ソニー復活で時価総額10兆円

韓国経済 底力

さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に 迎恩門 より• に 名無し より• に rom専 より• に J I N より• に rom専 より 人気の記事〔1日〕• 1,400件のビュー• 1,400件のビュー• 1,100件のビュー• 1,000件のビュー• 700件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

文在寅「国民の団結で日本の輸出規制に勝っている。韓国経済の基礎は丈夫、あちこちで底力を発揮」 : ネトウヨにゅーす。

韓国経済 底力

日本のEUVフォトレジスト輸出規制緩和措置について、国内半導体業界は一旦安心しながらも、国産化推進方針には変化がないという立場である。 22日、当局と関連業界によれば、日本経済産業性はさる20日韓国に輸出される半導体素材であるEUV用フォトレジストの輸出審査と承認方式を「個別許可」から「特定包括許可」に変更する包括許可取り扱い要領一部改訂令を公示した。 改正領はこの日直ちに施行されて、フォトレジスト輸出許可実績が年間6件に達した日本企業が韓国企業にずっと輸出する場合、最長3年間は毎度許可を受ける必要がなくなる。 半導体超微細工程に必ず必要な素材であるフォトレジストはJSRや東京岡工業など日本業者が市場全体の約90%を占有するなど、事実上独占している。 サムスン電子とSKハイニックスなど国内半導体業界は、当分日本産高品質フォトレジストを輸入することができるようになった。 にもかかわらず「不確実性は相変わらずである」と「素材国産化を始めとする供給では、多変化はずっと試みるしかない」と、異見がない雰囲気だ。 先立って日本経産省は、8月末韓国に対する経済報復発表以後、49日ぶりに初めてフォトレジスト輸出許可を承認したことがある。 先月中旬には高純度弗化水素輸出も許可するなど、断続的に輸出許可をしている。 このために国内半導体・ディスプレイ業界は台湾、ヨーロッパなど世界各地に購買チームを派遣して、超高純度フッ化水素とフッ素ポリイミド、フォトレジストの確保に総力戦を広げてきた。 LGディスプレイは国内大企業のうち初めてOLED 真ちゅう器発光ダイオード パネルなどの生産工程に国産高純度弗化水素を投入する成果もおさめた。 ある半導体業界関係者は「韓国に対する経済報復中、ごく一部が規定によって解けたことだから、今後どうなるかも分からない」とし「幸いではあるが、国産化と供給多変化という基調にはとくに変化がない」と語った。 倭国は種族が卑屈な倭寇だ…. 必要なときだけ親しいふりをする。 大韓国が危機の時、裏切って後頭部を打つ。 歴史を物語っている。 そしてずっと続けるのだ。 土着倭寇たちがいくら興奮して駄目だと騒ぎ立てても、絶対に変えることができない。 また同じようなことをしないという保証はない。 韓国自らこのような機会を作るろうとすればむしろ報復を受け、土着倭寇がただではいられないが、この機会に属国から脱しよう。 強く経済10位圏の国がいつまで日本の技術で製品を作るのか? ノー・ジャパンは続けなければならない。 交際するに値しない部族だ。 daum. 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の