結婚式 二次会 費用。 予算を立てて上手にやりくり!結婚式二次会にかかる費用

予算を立てて上手にやりくり!結婚式二次会にかかる費用

結婚式 二次会 費用

会費を渡すときに守りたい2つのこと 結婚式の二次会の会費は、会場に入るときに受付で渡します。 会費を渡すときは、受付がスムーズにできるように、次の2点を心がけましょう。 1つ目 会費はご祝儀袋や封筒に包まない 「包まないのは失礼なのでは・・・」 と思った人もいるかもしれません。 でも、実は二次会の会費って、ご祝儀袋や封筒には入れないのが一般的と言われているんです。 なぜかというと、そのまま渡した方が、受付の人が確認しやすいから。 受付で、ゲスト一人ひとりの封筒からお札を出して確認していたら・・・ どうしても時間がかかってしまいますよね。 ということで、会費はそのまま渡した方が親切といえます。 「でも、受付の前で財布からお金を取り出すのって、やっぱりなんだか失礼な気が・・・」 そんな人は、封をしていない封筒に会費を入れて持って行きましょう。 受付のときに、封筒から取り出して渡せばOKです。 2つ目 会費はお釣りが出ないようにする 会費は、お釣りが出ないよう、ぴったりの金額を用意して行きましょう。 受付の人にとってはありがたいですね。 「お札は、新札の方が良いの?」 と思った人。 会費のために、わざわざ新札を用意する必要はありません。 とはいえ、おめでたい場ですから、汚れたお札やシワシワのお札は避けた方が良いですね。 二次会から参加する場合、ご祝儀は必要? 結婚式の披露宴に招かれたゲストは、ほとんどの場合、そこで新郎新婦への「ご祝儀」を渡します。 「二次会から参加するゲストは、『ご祝儀』を払わなくて良いの?」 と気になっている人も多いかもしれません。 でも、安心してください。 二次会では、会費だけを払えばOKです。 会費には「お祝い金」の意味があるので、ご祝儀のかわりになってくれます。 「ご祝儀分の気持ちを含めて、会費より多い金額を包む」という必要もありません。 事前に会費としてお知らせされている通りの金額で、大丈夫です。 一方で、 「結婚式からつづけて二次会に参加する場合は、披露宴でご祝儀を払って、二次会でも会費を払うの?」 と思っている人もいるかもしれません。 その場合でも、二次会の会費は払いましょう。 二次会には、会場の利用料や、飲食代、ゲームの景品代など、いろいろな費用がかかります。 それらをすべて新郎新婦が負担するのは大変。 結婚する二人のためにも、二次会は披露宴とは別に、会費を払うのがマナーです。 ただ、新郎新婦が「二次会の会費はいらないよ」と言ってくれたのであれば、無理に払う必要はありません。 ありがたく気持ちを受けとりましょう。 自分が先にご祝儀をもらっている場合は? 先ほど、「二次会は会費を払えば、ご祝儀は渡さなくて良い」とお伝えしました。 でも、 「ご祝儀を渡さないのって、やっぱり気になるなあ」 と思った人もいるかもしれませんね。 特に、 「自分が先に結婚式を挙げたときに、二人からご祝儀をもらった」 なんて場合。 「自分だけご祝儀を渡さないのは心苦しい。 どうしても渡したい!」 という気持ちになるのも分かります。 そんな人にオススメしたいのが、つぎの2つの方法です。 1 会費とは別に「お祝い金」を用意する 1つ目は、会費とは別に「お祝い金」を用意する方法です。 「お祝い金」は、金額が大きくなりすぎないように注意しましょう。 あまり金額が多いと、「ご祝儀」と変わらなくなってしまいます。 そうなると、新郎新婦も「お返し」を考えないといけないので、大変です。 お祝い金の目安は、5000円~1万円程度。 これくらいの金額なら、新郎新婦は「お返し」まで考えずに済むはずです。 スマートにお祝いの気持ちを伝えられます。 渡すタイミングは、 「結婚式の1~2週間前」か、「結婚式が終わって落ち着いてから」 が良さそうです。 「新郎新婦と住んでいるところが離れている人は、どうしたらいいの? お祝い金を渡すためだけに二人のところへ行くのも大変だから、できれば、二次会のときに渡したいんだけど・・・」 そんな人は、新郎新婦ではなく、二次会の幹事にこっそり渡しましょう。 「新郎新婦からお祝いは遠慮するように言われています」 と幹事に断られてしまったら、タイミングを見て、新郎新婦に直接渡した方が良いかもしれません。 渡したい理由をきちんと伝えれば、二人も受け取ってくれるのではないでしょうか。 2 プレゼントを用意する お祝いの気持ちを伝えるもう一つの方法は、プレゼントを用意すること。 とはいえ、あまり値段の高い品だと、新郎新婦も気が引けてしまいます。 2000~3000円くらいの物が、ちょうど良いのではないでしょうか。 また、プレゼントを選ぶときは、「なくても困らないけど、あればうれしいもの」を基準に探すのがオススメ。 たとえば、こんなアイテムはいかがでしょうか? ・夫婦茶碗などのペアグッズ ・加湿器 ・コーヒーメーカー ・高級タオル 何人かでお金を出し合えば、1人で用意するよりも高額なものが買えるので、選択肢が広がりますよ。 渡すタイミングは、いつが良いでしょうか? 当日渡すとかさばるので、新郎新婦に迷惑かもしれません。 できれば、二次会当日より前に渡しておくほうが親切です。

次の

【保存版】結婚式の費用相場はいくら?規模別の必要な資金総額や基礎知識は?レストラン、ホテル披露宴の予算比較

結婚式 二次会 費用

新郎新婦の負担はどうする? 「二次会の費用はゲストの会費でまかなうのが基本」 という意見もありますが、すべてを会費に含めると、会費が高くなりすぎてしまうことも。 ゲストのことを考えて、新郎新婦にもある程度、費用を負担してもらった方が良いかもしれません。 次の項目は、新郎新婦が負担することが多いようです。 ・ふたりの衣裳代など、新郎新婦だけにかかる費用 ・会場で用意される以外の装花代 ・ウェルカムボードなどの装飾代 ・招待状 ・プチギフト 新郎新婦の負担分が決まったら、会費を決めていきましょう。 ここでは2つの方法をご紹介します! 決め方1 会費を決めてから内容を考える 1つ目は、先に会費を決める方法。 お住まいの地域の会費の平均額を、そのまま予算として設定します。 で紹介している「地域別の会費の相場」を使ってみましょう。 (「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018 より) たとえば首都圏に住んでいるなら、 会費の平均額は 男性 1 人 5,795 円 女性 1 人 5,121 円 端数は四捨五入して、「男性 5,800 円」「女性 5,100 円」として考えてみましょう。 これに「ゲストの人数」をかけます。 この方法のメリットは、次の2つ。 ・あらかじめ予算を決めておくことで、予算に合う会場を選べる ・平均額なので、ゲストにも納得してもらえる金額になりやすい デメリットは、予算内でしか会場を選べないということ。 限られた予算のなかで良い会場を選ぶためには、会場探しのポイントを知っておくことが大切です。 会場を決めるときのポイントについては、こちらの記事を読んでみてください。 決め方2 内容を決めてから会費を設定する 二次会の内容を先に決めて、それにかかる費用を会費とする方法です。 次のような計算で、「1人当たりの会費」を出します。 この方法なら、先に「二次会でやりたいこと」を決めるので、二人のイメージ通りの二次会ができそうですね。 ただ、あれもこれもと希望を詰め込んで、会費が高くなりすぎるのは避けたいところ。 「ゲストに喜んでもらえるか?」をきちんと考えて、お金のかけどころを決めましょう。 予算オーバーした場合どうする? 「みんなに喜んでもらえる二次会にしようとすると、どうしても予算オーバーになってしまう・・・」 これもよくある話です。 予算オーバーのときは、どうしたらいいのでしょうか? 対処法を3つお伝えします。 費用節約のためには、たとえばビンゴゲームなどの景品を「景品サイト」で買うという方法が。 セットで買えば大幅な値引きになることがあります。 また、演出で使う映像や音響の機材を自分たちで用意して、レンタル料を浮かすという手も。 ただし、あまりに高くすると、ゲストが参加をためらうかもしれません。 会費を上げるときは、お住まいの地域の会費の相場と比べて、あまり差が出すぎないようにした方が良さそうです。 会費を決めるときに知っておきたい注意点 最後に、会費を決めるときの注意点を2つご紹介します。 ドタキャンも計算に入れておく 二次会では当日のキャンセルが出ることもよくあるようです。 ゲスト全体の10~15%くらいが当日キャンセルしてもいいように、余裕を持って会費を設定しておくと安心。 消費税を忘れずに 実際に幹事をした人からは、 「予算を立てるときに消費税を入れるのを忘れていて、予算オーバーになってしまった・・・」 なんて声も挙がっています。 会場料や飲食代は金額が大きい分、かかる消費税もかなりの額に。 予算を立てるときは消費税の計算を忘れないようにしましょう。

次の

結婚式1.5次会の自己負担額は?費用をおさえるポイント解説!

結婚式 二次会 費用

Sponsored Link 結婚式の二次会の費用相場はいくら? 結婚式の二次会の費用相場は、年齢や男女によっても異なってくるようです。 結婚式の二次会は会費制で行われています。 このお金は会場となるカフェやレストランの場所代や飲食費、ゲームの景品代などが含まれて予算が考えられています。 どうしても、飲食費に関しては男女差があるので500円から1,000円ほどの差がある事もあります。 あまり差をつけると不公平になるのではないかと差をつけない二次会もあるようです。 さらに、ゲストが1万円札や5千円札しかもっていない事を考えられておつりを払いやすい金額になっていることもあります。 気になる会費ですがゼクシィ 結婚トレンド調査2015年調べによると、 首都圏では男性7,100円、女性6,400円となっています。 また、8000円以上の会費であれば二次会会費が高いと感じる方がおおよそ半数あります。 20代のゲストの多い二次会会費の相場は、男性が7,000円、女性が6,000円であることが多いようです。 30代のゲストの多い二次会会費の相場は、男性が8,000円、女性が7,000円という相場が多いようです。 Sponsored Link お祝儀の平均相場はいくらなの? 二次会にお祝辞は渡すのでしょうか。 実は一般的に二次会会費だけで十分です。 二次会の会費はお祝儀袋に包まなくてもかまわないので、 なるべく受付の方が困らないようにおつりのないお金を渡せるようにしましょう。 しかし、ご自身の結婚式の際にお祝儀をいただいたり、新郎新婦の結婚式の披露宴に呼ばれたにも関わらず事情があり 欠席してしまった場合や新郎新婦と長い付き合いでどうしてもお祝儀を渡したいという場合は渡す事も可能です。 その場合の相場ですが、5,000円から1,5000円という金額になっています。 ここで気を付けなければならないのが、 二次会のお祝儀はほとんどの人は渡さないので新郎新婦に気を遣わせない程度の金額を渡すという事です。 また、金額ではなくても商品券をプレゼントとして渡すことも可能です。 プレゼントは新郎新婦が皆からいただくお花や腐りやすい生ものなどはプレゼントに適していないようです。 やはり、金銭や商品券など自由にこれからの二人の結婚生活で使えるものをプレゼントすることが良いようです。 お祝儀は結婚式同様のお祝儀袋に包み、商品券はお店でいただく箱につめてのしを巻き渡します。 お祝儀はそのまま本人に渡していいの? お祝儀やプレゼントは二次会当日に渡すことは、好ましくありません。 何故なら、新郎新婦にとって貰ったものを管理することが負担になることもあるからです。 受付の方に渡すのも会費以外のお金をその人に管理させてしまうことで負担になってしまう事もあります。 受付の方によっては、会費以外のお祝儀やプレゼントは渡さない方もいらっしゃいます。 そこで、新郎新婦に二次会の前後で時間をもらいさっとお祝儀やプレゼントを渡すことが良いです。 どうしても二次会に参加することができず、お祝いやプレゼントを渡されたい方は二次会の幹事の方にお願いをすることも手です。 まとめ ここまで御覧になりいかがでしたでしょうか。 気になる二次会会費ですが、男女や年齢によっても異なる金額となっており8000円以下で収まる事がほとんどです。 お祝儀は渡すとしたら5,000円から1,5000円に収まるお金やプレゼントが好ましいです。 また、当日に新郎新婦に渡すのではなく二次会前後に渡すことを心がけましょう。 どうか素敵な二次会をお過ごしください。 Sponsored Link•

次の