モノタロウ 札幌。 モノタロウのスプレー缶事故で問うネット広告・Web担当の責任:データイズム:オルタナティブ・ブログ

モノタロウのスプレー缶事故で問うネット広告・Web担当の責任:データイズム:オルタナティブ・ブログ

モノタロウ 札幌

非常に痛ましい事故が起きてしまいました。 モノタロウが委託したスプレー缶の処理で爆破事故があり、未成年を含む複数の死傷者がでました。 報道を引用します。 :火災は高槻市の産業廃棄物運搬会社「今村産業」で6日夜に発生。 現場で同社社員の20代の息子とみられる遺体が見つかったほか、モノタロウの社員、山西潤さん(36)とみられる男性が死亡した。 山西さんの次男(13)とモノタロウの下請け会社社員の50代男性とみられる2人が意識不明の重体となった。 : 警察によりますと、スプレー缶は兵庫県尼崎市にある取引先の通信販売会社「MonotaRO」から持ち込まれたもので、この会社の社員や関係者が3週間前からおよそ3000本のスプレー缶のガスを抜く作業をしていたということです。 この事故は、スプレー缶が大量で、3週間という長期間の処理、かつ、未成年を含む社員以外も死傷という3つの特徴があり、どんな安全管理をしていたのかが疑われる事態です。 大量:処理した本数は、札幌の25倍にあたる3000本。 一箱30本入りで18kgという商品があり、容器も含めての推定重量は約1. 8トンになります。 長期間:3週間に渡り処理• 社員以外も死傷し、一人は未成年:20代と13歳の息子も事故に合う 3000本のスプレー缶は台風で水没したものだそうです。 産廃業者に処理を依頼したといっても、トン単位のスプレー缶の処理の大変さはモノタロウ理解すべき事案でしょう。 ネット広告やWeb担当者が負う責任とは? この事故の原因究明、責任の所在の判明、そして再発防止策が待たれます。 そういう中ですが、私の身近な仕事でもあり、ネット広告やWeb担当者はいち早く動いて対応して欲しいことがあります。 検索広告の中でも、とりわけ「モノタロウ」などブランドキーワードに対する検索広告は即刻止めるべきです。 これが検索結果の画面ですが7月9日 15時40分現在、ブランド検索した時に表示される検索広告は掲載が続いています。 購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく、悪い評判がつくリスクが大きい状況です。 報道にある会社のコメントは 日経新聞:モノタロウは「今村産業とは廃棄物に関する取引をしていたが、缶の処理の経緯は確認中。 警察の捜査に協力する」としている。 とだけで、コミュニケーションメッセージが決まってないのは分かりますが、ひとまず、ブランド検索は止める 判断を取り付けるべきでしょう。 一方、Webのメインサイトには、速報的なお知らせ枠はあっても、今回の事故に対するコメントはまだ載っていません。 伝えるべきメッセージがまだ決まってないのだろうと思いますが、技術的に可能であればその前に、別のメッセージ、今回だと特定商品の自主点検のお知らせを一旦この枠から下げるだけでも現場で進められればと思います。 Webやネット広告は売上の場とか販促の手段の前に、企業のコミュニケーションの一部でもあります。 事件や事故という緊急の問題に対応することが責務である、そう私は考えます。 最後になりますが、この事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに事故にあわれた皆様の一日も早いご回復をお祈りいたします。 また、上部の新着のお知らせ表示が消えているのも確認しました。 意見はいろいろあるかとは思いますが、マーケティングおよび外部とのコミュニケーションとして、ブランド名検索の広告は止め、お知らせするべき大事な情報が別途あるという状態になっている今の方がよりいいと考えます。 会社としてのコメントがまだ出てないのは遅くて問題という意見も目にしますが、過半数の株を米国Granger社が持つという外資系企業ではなかなかままならないことがあります。 まずは事故を受けて対応を始めていることは評価されるべきことでしょう。 検索結果: 上部に表示されていた 広告が消えている トップページ:ジャスト と出ていたお知らせが消えている 「検索広告の中でも、とりわけ「モノタロウ」などブランドキーワードに対する検索広告は即刻止めるべきです」 「購買意図以外の検索が増えることが予想される中、広告を出し続けることは売上向上の効果は少なく、悪い評判がつくリスクが大きい状況です。 」 たしかに、テレビ広告や新聞広告であれば広告を下げたか否かは分かりにくいです。 しかしながら、ネット広告においては(下げたりすることで)検索結果に「違和感」が出るわけで分かりやすいため、それはそれで「目立たぬようにしている」「隠蔽をはかっている」といったマイナスな側面を出すのではないでしょうか?? また、「売り上げ向上の効果は少なく」といえども、モノタロウは事業者向けのネット通販で一定の「固定客」はあるわけですし、現状、プレスリリースに含めないことについても、捜査段階であれば書けないこともありえます。 (ただ、委託先ではなく自社のお社員さんが亡くなられているので見つけやすいところに記載があるべきとは思いますが) 個人的に執筆者さんは、もう少し大局的な見地でものを見られた方が良いような気もしますね。。

次の

MonotaRO (モノタロウ) サポート・ホーム

モノタロウ 札幌

会社名 エア・ウォーター株式会社 様 創立 1929年9月24日 所在地 〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目12番8号 エア・ウォータービル 従業員数 連結 15,757名 単体 856名 売上高 連結 連結 8,015億円 単体 1,774億円 グループ会社数 263社(連結子会社130社) 上場取引所 東京証券取引所一部、札幌証券取引所 事業内容 ものづくりの現場で活躍する産業ガスやケミカル、人々の生命を支える医療、くらしにかかわるエネルギーや農業・食品、さらには物流、海水、エアゾールなど、多彩な製品やサービスを展開。 かけがえのない地球の資源を活かして事業を創造し、社会や人々の暮らしに貢献しています。 エア・ウォーター株式会社 調達部長 豊田 貴文様 1. 間接消耗品の購買に関する課題は 【課題1】見えない間接消耗品購買 「見えない」の一言です。 間接消耗品といってもその商品はあらゆるカテゴリーや品種に分かれており、いつどれくらい発生するかが分かりません。 またそういった特徴の購入品のためどこから購入したらよいかなど分からない場合が多いです。 当社は事業部が多岐にわたっており何を買っているか分からず間接消耗品の購入は現場に任せるしかなかったです。 金額の全容もつかみ辛く、「副資材類一式」という表現になり分類などもできない状態でした。 【課題2】ボリュームディスカウントが実現し辛い 購買としてボリュームディスカウントをしていくのが業務の一つであるのですが、購入品が多岐にわたるがゆえにコストダウンするターゲットを絞り込むことができなかったです。 またそれらは次にいつ購入するか分からないものがほとんどを占めており、まとめて購入することもできませんでした。 そして購入金額は本当に妥当なものかどうかも不明です。 【課題3】購入に工数がかかっている 現場が都度間接消耗品が必要になったら近隣の業社へ見積りや発注書発行など行ったり、ホームセンターに出掛けて購入していました。 いざ購入するとなると紙の事務作業が必ず発生し、購入した担当者は清算業務に時間を割いておりました。 本来注視すべき業務以外にこういった事務作業も多く現場には存在することになります。 【課題解決に向けて】 【課題1~3】の現状を認識して、私ども調達としても間接消耗品の購入にガバナンスを効かせる必要があると考えました。 ここでいうガバナンスは ・見えない間接消耗品購買の内容把握 ・購買に係る工数の確認と削減 ・それらの購入が調達部の統制下にする そしてまずは現状を知ることから始めようと考えました。 モノタロウ導入の決め手 現状を知るために購買業務の範囲を広げる必要がありました。 調達を立ち上げて20年になりますがコスト削減などやりつくしたヘッド側の購買と異なり、間接消耗品購買は未知の領域で、「見えない」購買を可視化することでした。 【豊富な品揃え、目当ての商品がすぐに見つかる検索性】 現場の声もあり調査比較する中で、目を付けたのはこれらをカバーできるモノタロウの品揃えでした。 モノタロウには1800万点の商品が品揃えされておりWEBで簡単に購入できる利点がありかつそれらは簡単に探し出せて短納期で購入ができる点が便利と感じました。 課題でも述べました通り、どこで購入すればよいかわからないものが探せばすぐに見つかる。 買えないものが多いと利用率が上がらず、ガバナンスを効かすことができないんです。 だからモノタロウの導入を決めました。 【スピーディーな導入までの時間】 大塚商会のたのめーるプラスとパンチアウト連携できた点も大きかったです。 当社は部署が非常に多く組織単位で管理しておりますが、これまでのワークフローが利用でき連携もスピーディーで自社システムとパンチアウトするのに2、3か月で完了しました。 【コスト的なメリット】 またモノタロウにはプライベートブランドがあり、コスト削減の大きな助けとなっています。 モノタロウブランドは入手性もよく安価なため、現場からの評価も高いです。 値段や商流の問題で制限していたカテゴリーもモノタロウブランドは現場からの声を反映して購入できるようにしました。 連携して終わりではなく、迅速な対応や工場拠点での展示会開催など連携後のサポートもいただいており大変助かっています。 課題解決の効果、これからの課題に関して 可視化されてきた間接消耗品購買 これまで見えなかった間接消耗品の購買状況が、モノタロウの1800万点の商品をたのめーるプラスで購入することでデータ化でき、自社のシステムでコントロールできるようになりました。 各現場での購入品は本社で関知できませんでしたが、現在は可視化できています。 使っているところと使っていないところの実績などもすぐに手に取るようにわかり管理可能な範囲も増えました。 【削減されている業務工数】 正直言うと私ども調達の仕事は増えましたが、現場は業務工数の改善の面、請求や支払いなどもまとまったため全社的な業務工数削減効果は出ており、取り組んできてよかったと実感しています。 稼げた時間を本来の業務に充てていけるのは非常に助かっています。 これからの課題.

次の

モノタロウ/北海道に物流拠点開設、12月から本格稼働

モノタロウ 札幌

モノタロウは10月26日、北海道札幌市にある道央札幌郵便局の一画に「北海道ディストリビューションセンター」を開設し、12月1日から本格稼働を開始すると発表した。 これまでプライベートブランドの一部コピー用紙の北海道エリアへの配送において発生していた地域運賃を解消し、顧客購入時の配送料負担を削減する。 一部商品では、これまで北海道エリアへの配送において発生していた地域運賃が不要となるということだ。 今後、さらに利便性を向上するサービスを拡充し配送体制の強化に取り組んでいくが、「北海道ディストリビューションセンター」の稼働状況によっては、全国各地に小規模な拠点を構築することも構想の一つとしてある、という。 (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月17日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日).

次の