セナ ビルド。 【TRAHA】盾ビルド スキル構成と特性振り共有掲示板

【LoL】新しいADCはセナ?

セナ ビルド

Contents• 断食セナ。 別名ハラスセナを知っていますか?現在世界中のプロシーンで大暴れしており、カウンターピックなども見られる・・・。 のですが「カウンターがあるんだぜ!」とどや顔で、セナを開けたチームが負けているという状態が続いています。 日本のプロシーンであるLJLだとCGAがして上手くいかなかったので、いやな印象を持っている方もいるかもしれませんが、一方同じLJLでも先日のAXIZがセナガリオで勝利を収めました。 パッチ10. 5でもナーフは来てませんしね!(なんで?)是非この記事を読んで、浅くてもいいので断食セナを理解して、今1番強いピックを楽しみましょう。 LOLチャンピオン「セナ」の特徴 まず、シンプルにセナの特徴から理解していきましょう。 ちなみにセナはルシアンのお嫁さんで、ランタンの中で他の男と・・・・いや、この辺はカツディオンさんの見解待ちにしときましょう。 その代わり後で魂の説明をしますが、魂を貯めることでADが1ずつ上がっていきます。 ちなみに、1番スケールの良い「イラオイ」が「レベル18で153AD」同じADCの「ジン」が「レベル18で139AD」なので、18時点でこの数値から、セナのもともとのAD50を引いた魂、つまり100前後を超えていれば十分だと思われます。 ちなみに断食セナは、20分くらいで余裕で超えます。 ケイトリンのレンジが650ですから、40スタックでケイトリンに並び、その後は無限に射程が伸びていきます。 ちなみにQの射程も伸びます。 クリティカルは、100%を超えた値の35%がLS(ライフスティール)に変換されます。 35の70%がLSになります。 まぁ、その時にはレンジが1100になって最強になっているので、そんなの気にしなくてもいいんですけどね・・・。 そして。 「ドラゴン・バロン・ドレイク」などからは魂、が2つ落ちます。 ちなみに「ラプター」「ゴーレム」からは大きいのから確定で1、その他の小さいものからも確率で落ちるのでお得です。 あとは同一対象にAAを2回入れると、4秒に1度魂を回収できます。 QがAA扱いなので基本的にはAAQ、もしくはQAAで魂を回収していく形になります。 セナの強み もう少し、セナ自体について語っていきます。 ここではサポートとADCどちらにも言えることが書いてあるので、サポート運用する人、場合もこれに気を付けましょう。 高射程からAAもQも放ってくるので、「ブラウム」「タムケン」「モルガナ」のようにハラス勝ちできず、エンゲージも難しいチャンピオンは一方的にハラスされてしまいます。 しかも、自分と味方どちらも回復するので、例えば味方が飛び込む、そこにQを打つと「相手にはダメージ」「味方にはヒール」と言う風に、とても強い動きができます。 また、セナにハラスを返しても、Qは自分も回復する分、負けてしまいます。 しかも、これもまた敵にはダメージ、味方にはシールドがつきます。 なのでセナがBOTから動かなくても、TOP MIDサイドで有利を築くことが可能です。 多少当てずらいですが、他のチャンピオンとCCチェーンで当てれば問題ありません。 しかもAOEでスネアするんですよ?即時発動じゃないとはいえおかしくないか? Eも味方をステルスにすることができるので、助けることもできますしエンゲージとして使うこともできます。 敵からしたら、セナがステルスでやってくるだけで下がらないといけないので、すごくイライラします。 ええだるい。 レンジが長いということは、飛び込むにもそのレンジ分難しいということです。 サスティンもあるので、にらみ合いに非常に強いチャンピオンと言ってもいいでしょう。 しかも、ダメージも射程も無限にスケーリングします。 セナの弱み 当然、セナにも弱みはあります。 特にサポートとして運用するとADCも当然、同じ悩みを抱えているのですぐに死んでしまいます。 なので、後半バロンやエルダーのラッシュは苦手としてます。 集団戦も「ガツン!」と当たるDPSが求められる集団戦は、弱い傾向にあります。 どちらかと言うと、サスティンとレンジを活かして、にらみ合いたいところです。 特に、今のセナは自分でCSを取ると1. また高レンジからのハラスを受けると、そもそもトレードができず魂を回収できません。 フック系に1度有利を取られると、ハラスができずどんどん腐っていきます。 ADC運用するなら、マナムネかエッセンスリーバが欲しいところです。 断食セナとは? さて、今回のテーマである断食セナとは、簡単に言えば横にタンクサポート・・・いや、多分サポートじゃなくてもいいな・・・タンクを置いてレーニングを行うことです。 ポイントは、「セナがサポートアイテム」「タンクはドランシールドなど」を持ってレーニングをします。 セナはハラスに集中して、横のタンクはCSを取っていきます。 プロシーンでは「ボリベア」や「ガリオ」「ノーチ」などがでました。 1番強いのは「タムケン」かと思われます。 流行中の断食セナの何が強いのか? 断食セナは、セナの強みを最大限に活かし、弱みを消しています。 本当に強いです。 また砲台ミニオンは100%落ちます。 今のセナは、CSを取らなければ、すごい勢いで魂が落ちます。 つまりレーンも押し込むことができて、本来レンジ相手に苦しい思いをするタンクたちも、簡単にCSを取っていけます。 タンクがすることは相手がセナにちょっかいかけるときに「おら何しとんねん!」と、すごんで殴りかかるだけ。 ガンクが来た時は犠牲になってできれば生きて帰ってくるだけ。 というよりは「マナ無くなったなぁ・・・でも私CS取らなくていいんだった!リコールしよ!」これで事足ります。 相方はタンクなのでダイブされる心配もありません。 断食セナの「ガチ!!」で強い理由 上に書いたこと?こんなものは断食セナの強みの一部分でしかありません。 なんか不思議な感じがすると思いますが、例えばロングソードは350ゴールドで10ADをくれます。 つまり10回ハラスをすれば350ゴールドもらったことになります。 20スタック溜まれば、レンジもクリティカルもつきますからね。 しかも断食セナならハラスが強いので、横のタンクがどんどんCSを取ります。 なんなら相手のADCよりもCS量が多いなんてこともよくあるくらいです。 なんか変な気がしますか?いや変ですよ。 要するに「CSを取ってないセナはCSを取ったときよりも育ち」「サポートのタンクは相手と同じスピードで育つ」というBOTレーンが爆誕するのです。 簡単に言えばBOTレーンで、対面の2倍でお金が溜まっていくのです。 厳密には相手のサポートも一応お金取ってるので、1. 5倍くらい?いや十分でしょう。 マジでえぐいです。 調子よく進めば20分で、100スタック近く魂が溜まりますからね。 これは先ほど言ったイラオイレベル18時点のADを超えます。 当然レンジは725、クリティカル率は75%。 マジで強いです。 しかもこのレンジでハラスすればまたどんどん魂が溜まりますし、味方がJG狩ってたりウエーブ処理してるのに遊びに行けばまた魂は溜まります。 例えば今で言うなら「ソナ」「ソラカ」「ジャンナ」などもそうです。 断食でいうならタムケンやノーチ、ガリオなどはソロレーンでも使われたくらいには、育つと強いです。 タリックを筆頭に、基本的にサポートと言うのはミニオンをプッシュできない、CSが取れないからソロレーナーとして弱い傾向にあります。 なのでセナの横でCSを取る「お金を持ったサポート達」は、想像以上に後半も強いです。 断食セナを実際にやるときの注意と味方に来た時 さて、ここからは実際に「やってみよう!」と思った方、もしくは味方に断食セナが来た場合の注意点です。 僕はこれが強く感じます!一応ガーデアンを積む選択肢も有りますが、ソロQならグレイシャルを思考停止で積んでいいと思います。 キルを稼げてるときはIEや、ラピッドファイヤーキャノンに行っても構いません。 できればCSが取りやすく、CCがあってセナを助けれるチャンピオンがいいでしょう。 なので、両方がサポートアイテムを持って行くと、サポートがCSを取れなくなってしまいます。 サポートは相手のハラスを耐えることができる、ドランシールドなどを積んでいきましょう。 なぜなら、ロームするとセナがCSを取らないといけなくなってしまうからです。 セナと一緒にいれば、ロームするよりも大きなゴールドが入ってきます。 もしするなら、セナと一緒にできるときにしましょう。 しかもセナは入られたり継続的な戦闘に弱いので、メイジ相手でも殴り合うと怪しいですし、フック系につかまったら死んでしまいます。 安全に、かつ強気にハラスして魂をどんどん集めましょう。 まとめ ・セナの強みはレーニング!グローバルウルト!スケーリング! ・セナの弱みはDPSがない、張り付かれると弱い ・セナはサポートアイテム、横にはタンクがドランシールド ・CSはサポートに、魂をどんどん取っていけば相手よりも相当差が産まれる ・二人ともロームせずにレーンに集中 最後に 断食(ハラス)セナが強すぎるせいか、ソロQまじでセナのBAN率高いんですよね。 だから自分でやった回数は少しなんですが・・・。 いや本当に強い。 何が強いって、セナを使ったことがない僕がレーニング圧勝して魂をすごい勢いで貯めれますからね。 もっとセナを使いこなせる人なら、めちゃくちゃ勝てると思います。 何があれかってサポートもDUOできれば理想なんですけど、野良でもわかってる人がサポートの時は、CS取って装備どんどん揃うのですごく楽しそうにしてるんですよね。 「やったことないけどやるわ~」って人、何人かとすごく仲良くできました。 ソロQで、そんなことができるなんてまさしく奇跡。 さてこの断食セナ、間違いなくナーフが来ます。 5で来なかったのが奇跡だと思いますね。 なので今のうちに回して皆さん勝ち星を稼いじゃいましょう。 画像:リーグ・オブ・レジェンド c 2020 Riot Games, Inc. All Rights Reserved.

次の

[LoL]新チャンピオン セナの各レーン使い方ガイド

セナ ビルド

ライアットゲームズは10月30日、PC用MOBA「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」において、新たなチャンピオン「セナ」をPBE(テストサーバー)にて実装した。 なお、本サーバーへの実装は11月11日予定。 「セナ」という名前は、ルシアンが死亡した際のセリフなどでときおり口にするので、「LoL」ファンであれば1度は耳にしたことがあるかと思う。 セナはルシアンの妻であり、スレッシュに囚われていたチャンピオンだ。 いつか実装されるだろうとほんのり思っていたが、この度「LoL」10周年を記念し、巨大なレールガンを引っさげてついに実装となる。 「LoL」史上初となるロール「サポートマークスマン」としても注目されているセナ。 その性能をPBEサーバーで試してみたので、詳しくスキルを説明していく。 なお、PBEでの実装はあくまでテスト段階だ。 本サーバーに実装される際には、一部スキル内容が変更される可能性があることを了承してほしい。 パッシブ「魂の赦し」&「レリックキャノン」 パッシブは、セナが攻撃した敵のチャンピオン、もしくは死んだ敵から生まれる霧を吸収することで、スタック数に応じて攻撃力と通常攻撃の射程、クリティカル率、ライフスティールを増加させるというもの。 1スタック毎に攻撃力が1増加し、20スタックごとに射程が25、クリティカル率が15%増加する。 そして、余剰のクリティカル率がの35%はライフスティールに変換される。 スタック数は、おそらく無限にスケールすると思われる。 試しに敵ダミーを通常攻撃したまま放置してみたが、射程600から最終的に画面いっぱいまで通常攻撃が届くようになってしまった。 もちろん試合でここまでスタックを集めることはできないと思うが、それでも強力なパッシブであることに変わりはない。 また、通常攻撃の発生が遅くなる代わりに追加ダメージを与え、対象の移動速度の20%を獲得する「レリックキャノン」というパッシブもついている。 そのため、通常攻撃の発生はかなり遅い。 ADCとして運用するには、マイナスとなるパッシブだ。 さらにセナは、サポートアイテムの「スペルシーフエッジ」で上昇する魔力がアダプティブダメージに変換されるパッシブも。 マナ持ちも悪いので、サポートアイテムは「スペルシーフエッジ」を選択することになるだろう。 Q「ピアシングダークネス」 Qは対象指定した敵、もしくは味方との一直線上を攻撃するスキルだ。 見た目はルシアンのQと似ているが、敵以外を対象にとれる点と、自身と攻撃範囲内の味方が回復する点で異なる。 しかも、対象指定できるものは味方のチャンピオンのみならず、ミニオンにタワー、ワード、プラント、敵タワーまでも選べるのでかなり自由度が高い。 長距離の敵やステルス状態の敵に当てるために、直線上にワードを置いてスキルを発動するといったトリッキーな使い方もできる。 また、通常攻撃をするたびにクールダウンが1秒解消される効果がある。 クールダウンは一律15秒と長いが、しっかりと通常攻撃できればそこそこ回転率は高い。 E「黒き霧の呪い」 とにかく悪さしそうなE。 自身の周りに霧を発生させ、その中に入ったチャンピオンにカモフラージュを付与する。 ただし、敵も霧が見えるのでセナの位置は把握できる。 とはいえ、霧の中にいるチャンピオンの姿は完全に見えなくなるため、ジャングラーとのガンク合わせで使うと強そうだ。 また、霧の中から出たチャンピオンは、攻撃するか接近するまで対象指定できないレイスとして出現する。 通常攻撃がメインとなるボットレーンでは、攻めにも守りにも強力なスキルだ。 さらに、レイス状態の味方チャンピオンは、相手から見るとどのチャンピオンなのか確認できない。 複数体のチャンピオンをレイス状態にすれば、敵を錯乱することができる。 ミニオンにはダメージがない。 エズリアルのウルトのようにミニオン処理には使えない 最初にスキルセットを見たときは「どのレーンでも使えるのでは?」と思ったが、実際に使ってみるとそれは難しそうだった。 まずダメージがかなり低く、プッシュも遅い。 さらにマナ持ちも悪いと、1人で戦える性能ではないように思える。 またスレッシュとは違い、パッシブの霧がミニオンからドロップする確率が低いと思われる。 ガツガツ敵チャンピオンをハラスして、霧を回収していくことが求められるため、やはりADCよりはサポートが向いているだろう。 サポートとしては、積極的にハラスしていきたい人に向いているチャンピオンだ。 長い射程を活かして通常攻撃でハラスをし、いざ戦闘時には味方ADCの後ろから回復と攻撃でサポートできる。 タイムラグがあるもののWでのキャッチアップは強力で、Eの効果と相まってガンク合わせが強い。 味方と連携できれば様々な戦法で戦えそうだ。

次の

【パッチ9.22】これがセナのOPビルドだ

セナ ビルド

Sponsored Link セナをプレイしたいと思っている方に向けて、海外で発信されている情報をまとめましたので書いていきます。 セナのスキルの特徴と使い方 セナのスキルは、 CC、 シールド、 回復効果、そしてパッシブによる 後半へのスケーリングを備えた、調整を一歩間違えればぶっ壊れになってしまう性能を持っています。 レーニングでは無難に立ち回ることができ、30分を超えるような試合だとキャリー力が増していきます。 スキルの説明はWikiなどを見てもらえると助かりますが、最も重要な点は やたらと種類の多いパッシブにより、 クリティカル率、 MS、 AAレンジ、 ADがどんどん増加していく点。 スキルレベルの上げ方 99パーセントはQ上げ、E上げの順番 残りの1パーセントは、敵チームに 多くのメレーチャンピオンがいる場合のみWを2番目にあげると有効に使うことができるでしょう。 セナのルーン その1 魔道ルーンはセナをサポートとして使う際に最も有効なルーンになっています。 エアリーによってシールドを少し増加させ、車線上の敵を倒すのに役立ちます。 マナフローは序盤、中盤によるマナ問題を解決してくれます。 そして 強まる嵐は終盤までスケーリングすることができるセナにとってさらに大きな力を与えることになります。 その2 覇道ルーンは、セナのハイリスクでハイリターンを得ることができる攻撃的なルーンです。 サポート、もしくはソロレーンでも有効です。 敵の構成次第 戦闘を多く起こしたい場合は 魂の収穫とそれ以下のルーンは非常に効果的です。 Eの黒き霧の呪いの効果で サドンインパクトが発動するため、こちらも非常に強力です。 サブルーンは最も相性が良いであろう マナフローと 強まる嵐 せっかく最初から攻撃的に行くのであれば、これを選択する以外はありません。 その3 セナをソロレーンで使う場合に最も効果的だと言われているルーンが 栄華です。 特に、TOPにいくのであれば、 征服者を選択するのが最も効果的でしょう。 さらに 栄華にはマークスマンにぴったりな強力なルーンが揃っており、 凱旋、レジェンド: 血脈、 最期の慈悲で最初から最後までセナを補うことができます。 アイテム サポートならばスペルシーフエッジでスタート。 その後のアイテム選択は、 インフィニティエッジはパッシブとの相性が良く、パッシブをさらに生かすことができます。 ダスクブレードと 妖夢の霊剣は、ADを高くスケールさせることができるセナにとっては強力な選択肢になります。 敵にバーストを出しながら、味方を支援することが可能になります。 もし、 ブルーザーのように運用するのであれば、 ブラッククリーバーと デスダンスを積むことよって、レーンで一生敵をイジメることが可能になり、生存能力も大幅に向上します。 相手の構成を見ながら、脅威アイテムに行くか、ブルーザーアイテムに行くかを選択することができるのも大きな強みになります。 赤ケイン、青ケインのような感じですね。 そして、最後のアイテムの選択肢に ガーディアンエンジェルが存在します。 これはビルドの選択に関わらず積むことをオススメします。 セナはダメージを出しながら味方を支援できるチャンピオンなので、できる限り生存時間を伸ばした方が勝利に近づくことができます。 なるべく 魂の収穫なら脅威ビルド、 征服者ならブルーザービルドに行きたいですが、ノーマルだとルーンの選択を最初に決めなければいけないので難しいですね。 ランクならば相手に合わせてルーンとアイテムを合わせられるので、セナは 超絶カウンターのチャンピオン以外に対してはとても有効なピックになると思います。 セナの戦い方 ソロレーンとボットレーンでは、戦い方が全く異なります。 ボットレーンでは積極的にプレイし、相方のADCと協力し、スタックを溜めることに専念するべきです。 そしてセナはEを使いながら無理なくダメージトレードをする事ができるため、相方は最小限のダメージしか受けることなくトレードを成立させることが可能です。 一方 ソロレーンでセナを使う場合は、あまりトレードを行う必要はありません。 ソロレーンだとEでガンクを回避することが可能ですが、序盤のダメージが低すぎるため、ダメージトレードをすることが難しいです。 レベル6以降、アルティメットスキルを覚えてから各レーンに影響を与えることができるようになり、無理せずレベル11の時間まで行けば自分の力で戦うことができるようになります。 ソロレーンだとケイルのように立ち回ればいいようです。 とは言え結局のところ、 ルシアンとの夫婦DUOをするのが一番強いようです。

次の