レゾナンス 理想。 上がり症をなおすレゾナンス呼吸法とは

【デレステ】ユニット編成の目安

レゾナンス 理想

人材開花 人は一人ひとり生まれた持った「才能」や「資質」があります。 そして、それらは様々なチャレンジを通じて発揮され、発見することができます。 それは、「育成」や「開発」という人工的なものではない、その人自身に与えられた才能や資質が「開花」していく自然なプロセスだと考えています。 さらに、自分に与えられた「才能」や「資質」を開花させ、成果を生み出して組織・チームに貢献することは、自分本来の存在の重みを感じることができると考えています。 そのためには、その人が開花するための役割や環境を整えていくことも必要です。 弊社はクライアント様の戦略・組織の状況を紐解き、その中で従業員一人ひとりが自身の才能を開花させ、成果を生み出していくアプローチをご提供します。 ・リーダーシップ研修• ・マネジメント研修• ・コミュニケーション研修• ・キャリアプラン研修 組織開発 想いを持った人のその想いに共感する人たちが集まり、組織はできていきます。 そして、そのプロセスを通じて、組織の箱の中には目に見えないスピリットが宿っていきます。 時代や環境が移り変わり、変化の波が組織に打ち寄せてくるその時、組織は「継いでいくべきもの」と「変えていくべきもの」を問われます。 しかし、自分自身の顔の真ん中にある鼻柱が見えないのと同じように、組織は自分自身の素晴らしい価値を見失うことがあります。 特に目に見えないものについては…。 弊社はクライアント様が持続的にパフォーマンスを上げていくために、その組織が継いでいくべきものを新しい時代や環境に適合した形へと具現化していきます。 ・サクセッションプランの企画と運用• ・人事部変革(HRBP化)支援• ・バリュー・ミッション・ビジョン策定および浸透プロジェクト• ・組織変革と連動した次世代リーダー育成プロジェクト• ・オフサイト会議等のファシリテーション• ・組織アセスメント・人材アセスメントによる組織診断および課題解決 株式会社レゾナンス・アンド・パフォーマンス 代表取締役社長 木村 江志(Koji Kimura) 1999年に大学卒業後、ソニー株式会社本社経理部にて3年間、財務会計・税務業務を経験した後、テレビ事業の経営管理・生産管理に4年間携わる。 その後、人材開発・組織開発コンサルティングファームにおいて、8年間、人材開発・組織開発を中心とするコンサルティング業務およびプロジェクトマネジメント業務、ファシリテーションを経験。 セールス部門のマネジメントにも携わる。 その後、金融機関にて人事マネージャーとして3年間、人事業務を中心に、組織開発・人材開発を経験。 2018年に人材開発・組織コンサルティング会社の株式レゾナンス・アンド・パフォーマンスを立ち上げる。 事業会社とコンサルティングファームでの経験を通じ、「人・組織が響き合うこと」を通じて、「人・組織が成果を生み出すこと」を大切にしている。 ・CRRグローバル認定 組織と関係性のためのシステムコーチ(ORSCC)• ・米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー• ・CTI認定 コーアクティブ・コーチ• ・米国Gallup認定ストレングスコーチ ライフストーリー 人をワクワクさせる仕事に携わりたい ソニーのヒストリーが心に響いた 1946年、戦後間もない焼け野原で井深大さんが「自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」という願いを込めて、東京通信工業株式会社(現ソニー株式会社)を設立された。 そして、その想いに響いた人たちがその組織に集まり、モノ創りを始めた。 人の心をワクワクさせる仕事に携わりたかった僕にはソニーのヒストリーがとても心に響いた。 そして、1999年、大学卒業後にそのソニー株式会社に入社できた。 当時、ウォークマンやハンディーカム、VAIO、そしてPlay Stationを生み出していたソニーは、チャレンジ精神/ベンチャー精神の象徴的な会社として輝いていた。 就職戦線が歴史的な超氷河期だった1999年に、亡き井深さんの想いの下(もと)に集えることが嬉しかった。 ちょうど「コーポレートガバナンス」という言葉が盛んに言われ始め、「会社は誰のためのもの?」と聞けば、「株主のために決まっている。 議論の余地はあるのか?」と会社は株主に向いていることこそが良しとされた時代。 その中で僕の配属先は「本社経理部 主計課」というところで、全社の決算業務や税務関連業務に従事した。 徹底的なコスト管理 とにかく経営管理の役割を全うした 「人の心をワクワクさせたい」と夢見がちだった僕には、現実的な経理・数字の世界への配属があまりにも意外で衝撃だった。 優秀な先輩方の中で、仕事に振り落とされないようにすることで必死だった。 テレビ事業はソニーの祖業であり、屋台骨。 にもかかわらず、赤字が続く事業でもあったため、組織の目標はとにかく「黒字化」だった。 その中で、経営管理の役割は徹底的なコスト管理。 組織目標が「黒字化」ということに若干の違和感を感じながらも、とにかくコスト管理の役割を全うした。 水面下で進むリストラ コストと共に設計者の「ワクワク」も削られていく 設計面では、どれだけ無駄がない設計ができているか?今後部材のコストダウンが見込めそうか?販売が見込まれないと判断されたモデルは随時、設計が中止されていく。 製造面では、どれだけ生産数量に対して柔軟にコスト管理ができているか?販売面では販売計画に対してどのように進捗しているか?とにかく管理・管理・管理だった。 そして、業績悪化に伴い水面下ではリストラも進んでいた。 優秀で将来を期待されて採用されたはずの人たちが、業績都合で去っていく。 コスト管理が厳しいビジネス状況では、何でも計画的に数値に換算され無駄がないように見えるが、コスト削減と共に、「人」だけでなく、「遊び心」も、特に作り手である設計者の「ワクワク」も削られていった。 ワクワクしていない人や組織から、果たして世の中の人たちをワクワクさせるものが創れるのだろうか? 僕自身、過酷な職場環境の中で来る日も来る日も効率化・計数管理の仕事をひたすら続けた。 ある朝の出勤時、駅からオフィスまで連なる出社する人波が、灰色で、トボトボと肩を落としている囚人のように見えた。 そして、何よりも自分自身がその一人になっていると感じたことに衝撃を受けた。 テレビが薄くなることで、 どれほど人の心は豊かになったのだろうか? 自分達は、今、何のためにこの組織に向かっているんだろうか?この組織は、元々井深さんが「自由闊達にして愉快なる理想工場の建設」という願いによって創られたもの。 じゃあ、今日の自分はこの組織でどんなワクワクや願いを胸に働こうとしているんだろう?・・・何もない。 人をワクワクさせるためにこの組織で働いていたつもりなのに、自分は一体何をやっているんだろう?組織は一体誰のためにあるんだろう?株主だけのためか?同時にそこで働く人がワクワク働くためのものでもあるのではないのか?願いやミッションに共感して人が集まるから、結果的に組織ができるはずだ。 経営管理という役割を通じて、ブラウン管テレビから液晶テレビへビジネスを移行させてきた。 テレビを薄くすることで、リビングルームはスタイリッシュにはなったかも知れないが、「一体、どれほど人の心は豊かになったのだろうか?」と考えているうちに、モノの豊かさではなくて、人の心の豊かさに関わっていきたいという想いが芽生えてきた。 でも、残念ながら、それを実現できるポジションはその当時のソニーにはないし、僕にはその力量もない。 ソニーのように素晴らしいスピリッツがあるのに、それを活かせずにもがいている人や組織がたくさんあるに違いない。 そして、僕自身もそれを支援できるように修行しよう。 コンサルティング会社に転職 あるのは情熱と理念だけ 29歳で、10数万人の従業員がいた偉大なソニーを辞め、10数名のまだ立ち上がったばかりの人材開発(研修)のコンサルティング会社に転職した。 まさに1万分の1の組織への転身で、給与も激減。 人材開発はもちろんのこと、セールス、コンサルティングも未経験だった。 周囲からは「気でも狂ったか」と言われた。 その会社には、ピカピカのオフィスも、キラキラのブランドも、顧客基盤も、なかった。 あったのは、まるで高校の部室のような一室に充満した「世界中の人たちに働く喜びを」という情熱と理念だけ。 ワクワク感が乾いていた僕にとってはそれだけで充分だった。 とにかく先輩社員の見様見真似で、とにかくテレアポの日々だった。 100件掛けて1件。 一日中掛けてもアポイントメントが取れない日もあった。 想いはあっても、出かける先がない。 コンサルタントとして活躍している先輩が眩しくてしょうがなかった。 そして、1年半経った頃、とある企業のマネジメント研修を初めて受注し、その納品に携わった。 そして、それが僕のコンサルタント人生を変えるきっかけでもあった。 人が何かに気づき、組織が輝く瞬間 これだ!僕のスイッチが入った 研修実施の準備に半年間を掛けた。 事前に各部門のキーマン達へのインタビューを行い、現状の組織面・人材面の課題を整理した。 研修受講者はその企業を創業から支えてきた中核のマネジメント層。 彼らは自部署の責任者としての役割を果たすために、懸命に自部署を守っている。 悪意からではなく、善意で他部署を排除し自部署を守ることにエネルギーを注いでいた。 結果的に会社は何か殺伐として、ワクワクが消えていた。 出てくる言葉は「昔はこんな感じじゃなかったんですよね。 」前職と重なる光景に、何とかしたいと思った。 どのようなアプローチで介入するのが適切なのかを模索し、研修の組み立てを考えた。 それを基に、クライアントの人事の方と議論に議論を重ねた。 研修中のある瞬間、不思議な光景を見た。 各部署を守る責任者というこれまでの視点から、共に会社を創り上げてきた同志という視点になった時に、その場に光り輝く渦が立ち上がった光景を人事の方と一緒に目の当たりにした。 人が何かに気付き、パズルのピースがはまり、組織が輝く瞬間。 これだ!自分が見たかった光景はこれだ!「人や組織が持っているこの凄い力を伝えていきたい!」僕のスイッチが入った瞬間だった。 僕自身の成長が、クライアントの成長につながる 一瞬のような時間に本気で取り組んだ さらに1年経った頃には、テレアポで出逢った数社の人事部のクライアント達と、そのクライアントの自宅でテーブルを囲んで食事をしているようにまでなっていた。 クライアントとコンサルタントの壁がなく、課題に向かって一緒に仕事をしている仲間として、たくさんのクライアント様の課題に取り組む機会を頂いた。 クライアントの話を聞けば聞くほど、クライアント企業や人事の方の役に立ちたいという気持ちが高まる。 クライアントの願いや期待に応えるために、一生懸命勉強した。 僕自身の成長がクライアントの成長に繋がる。 研修だけでは人や組織は変わらない現実もたくさん見てきたが、それでもその一瞬のような時間に本気で取り組んできた。 良いものをつくるには時間がかかる 現場のキーマンの一言に、返す言葉がなかった コンサルタントになって5年目、ある大手飲料メーカーさんの「人材育成風土醸成」プロジェクトに関わらせて頂いた。 これまでの自分のあらゆる知識や経験を基に、人事の方と議論を重ねて考えに考えた。 新人の「早期育成」が果たせるのではないか、そのアイディアを基に現場にヒアリングに行った。 しかし、現場の工場のキーマンにこう言われた。 「木村さん、あなたはうちの新人を何年で育てようと思っているんですか?うちがウィスキーの原酒をつくるのに何年掛ってると思いますか?人を育てたくないと言っているんじゃないんです。 ただ、良いものをつろうとしたら時間は掛かるものなんです。 」 そもそものプロジェクトのコンセプト自体に異議あり!!ウィスキーが原点であるその会社のキーマンの一言には返す言葉がなかった。 「良いものをつくるには時間がかかる」これがこの会社の原点かも知れない。 その方の意見を元に、さらに人事の方と議論に議論を重ねた。 人と組織が相互に成長していく仕組み 「育てる」という考え方自体に、「育てる側」と「育てられる側」という構造ができる。 その構造自体が人が育っていくことに不自然な力を掛けてしまうのかも知れない。 試行錯誤を経て、生まれたその会社オリジナルの育成体系は、「人」と「組織」が相互に成長していく仕組みで、後で振り返るとそれは「人材開発(研修)」と「組織開発」の融合だった。 これまでの人材開発(研修)だけでは変わらなかったものが変わっていく可能性を感じた。 クライアントがいるからこそ、自分は成長してこれた コンサルタントになって9年。 色々な経験を積み、出来ることが広がってきた。 自分の成長はクライアントの成長に繋がるという想いでやってきたが、同時に、クライアントがいるからこそ自分は成長してこれた。 仕事を通じて、自分自身を通じて、「人」は人と人の「関係性」の成長と共に成長していけることを実感した。 自分が惚れ込んだ会社に対して、もっと自分のエネルギーを注ぎたい。 クライアント企業の社員証を持って、組織の一員のようになるくらいどっぷり浸かりたい。 ・・・であれば、自分の良いなと思う事業会社に入れば、それが実現するのではないかと思った。 それも無料のお見積りで! 人事マネージャーとして転職 同じ船に乗る仲間として関われる喜び 39歳で人材開発・組織開発コンサルティング会社から、銀行傘下の変革最中の元外資系の金融機関に人事マネージャーとして転職した。 「金融機関」はもちろんのこと、「人事」という領域も初めての経験で不安だらけだった。 銀行傘下だが、元外資系、そして発祥はコテコテの関西という多層な文化や人が混在するこの組織が、みんなで変革していこうとしていることに感動を覚えた。 そして、コンサルタントとしてではなく、同じ船に乗っている仲間としてその会社に関われることが嬉しかった。 入社して2年、とにかく学びながら、これまで人事が手を付けられなかった様々な領域や施策にチャレンジをさせてもらった。 真っ向から逆風を受ける人事の難しさ しかし、これまでにない価値を広げるということは、誰かにとっての余計なお世話になり得る。 それは現場にも、人事部内にも、経営メンバーにも。 人事は自分たちの利益のためではなく、部門や組織の誰かのために仕事をしている。 にも拘わらず、なぜか色々なところから真っ向から逆風を受ける人事の難しさも痛感した。 当時の社長から「木村さん、これだけ逆風が吹くのは、俺たちが凄いスピードで前進している証なんだ!このまま一緒に進んで行こう。 」と言われ、思わず社長の前で涙を流してしまったこともあった。 そうだ、逆風が吹くからと言って、これまでの業務をなぞるためだけに今自分がここにいるのではない。 親会社への出向、檻に閉じ込められた様な閉塞感 人事・人材開発・組織開発の領域から戦略実行の支援ができるようになった喜びもつかの間、3年目に親会社である銀行へ出向になり、決められた範疇の人事業務しかできなくなり、出向元から物理的にも心理的にも距離が離れてしまった。 出向元の社長からは「(出向元の)現場にいる木村さんのファンたちが寂しがっているよ」とエールを頂くものの、残念ながら、本店という檻の中に閉じ込められたような状態が続いた。 銀行に出向して1年が経った時に、外の空気を吸うためにいくつかの外部組織をボランティアで支援をし始めた。 人と組織が響き合う凄さを目の当たりに 痛みの裏にある「願い」 東京近郊で3店舗の鍼灸院を経営している会社がある。 その会社の全スタッフ15名が集まる全体会議のファシリテーターをボランティアでさせてもらった。 その全体会議では、社内のとある組織課題を取り扱った。 それについて色々な話が出たが、会議の途中で一人の中堅の女性スタッフが椅子から立ち上がり、どれだけこの会社のことが、そして仲間のことが好きかを号泣しながら言葉にならない声で語り始めた。 高層ビルの上層階の会議室で、その女性が号泣している姿も、その後ろで晴れ渡る春空もどちらも清々しかった。 語り終える頃には、場がガラリと変わっていた。 一人の人が何かに響き、その想いに組織が響き、それが組織のエネルギーになっていく。 人と組織が響き合うことの凄さを目の当たりにした。 組織が成果を上げることはとても重要だが、組織から成果を絞り出すのではなく、人や組織が持っている「希望」や、痛みの裏にある「願い」から湧き上がるエネルギーで成果を紡ぎ出すことを探求したいと思った。 コンサルタントの正論ではなく 組織やそこに集う人たちの代弁者として 第三者であるコンサルタントの正論ではなく、組織に集う人たちの代弁者であり、経営の代弁者であり、その組織のスピリットの代弁者として、クライアントの未来に向かって一緒に取り組んでみたいという気持ちが芽生えた。 ちょうどその時期、とある経営者に聞かれた質問がある。 「木村さん、仮に会社を辞めて独立するとしたら、希望と不安はどれくらいの比率ですか?」 僕は「希望が8割、不安は2割」と答えたところ、その経営者から、さらにこう聞かれた。 「1年前に、同じ質問を木村さんにしたのを覚えていますか?」と。 当時は、会社を辞めるつもりはないし、ましてや独立するつもりは一切なかったので、そういえば聞かれたような気もするかな、という程度の記憶しかなかった。 その経営者曰く、1年前の僕は「希望が2割、不安は8割」と答えたらしい。 そして、その経営者は「じゃあ、木村さんは今じゃないね。 」と言ったそうだ。 独立なんて1ミリも考えていなかったので、当時の僕は聞き流していた。 希望と不安の比率、今が跳ぶタイミング 今、目の前のその経営者から、1年前と同じ質問をされ、当時とは「希望」と「不安」の比率が逆転している。 「希望が8割、不安は2割ですね。 」その経営者は「じゃあ、今がタイミングですよ。 跳んでみてはどうですか?」と言った。 「跳ぶ」というその言葉が僕に響き、背中を押してくれ、流れを創って行った。 そのタイミングで、不思議と色んな人から「会社を辞めたら一緒にやらない?」と声を掛けてもらうようになった。 ジャンプ台に立っていて、大声援をもらっている気持ちになった。 「本当に跳んで良いんだろうか?」少しの不安はよぎることもあった。 人と人が響き会える組織 多少の勇気と共に、跳んでみると、跳ばないと見えない景色が眼前に広がっていた。 そして、今。 人が自分の心の響きに気づき、歩んでいくことの支援。 そして、人と人が響き合える(Resonance:レゾナンス)組織を創る支援をさせて頂いています。 会社概要.

次の

デレステのスコアタ勢の方に質問です、いくつか編成の仕方を教えて欲し...

レゾナンス 理想

19年8月末で追加された フェス限定レゾナンス系のユニット! センター効果が各特技の効果値を 加算できるということで話題急騰です。 使用しての率直な感想です。 あくまで個人的な意見です。 随時更新します。 コメントいただけると嬉しいです。 センター効果 大雑把に検証してみましたが、 コンボナを重複させるような編成がお勧めです。 このようなにスコア重視編成ですと、 ユニゾンとか 3シナジーの方が スコアが高くでます。 編成するなら、このような編成がお勧めです。 3シナジーに匹敵するぐらいの編成になります。 サポメンが使用できない場合はシナジーを トリコロールコンボナに変更しましょう。 スキル ユニットをうまく組み合わせれば、 コンセ同等以上のスコアアップに できることは確認しています。 コンセの スコアアップを超えるのであれば このようにシナジー入れる 編成をしないと難しいです。 シナジー一人を特化型に変更すると、 コンセが優先されます。 ただ、コンセはPerfectになりにくいし、 スコアアップよりかは良いので 何かと使いやすいかと。 ますますオバロが蚊帳の外に 編成はこのような編成がお勧めです。 シナジー3編成なみのスコアが出せます。 イベントでの使用用途 Live Carnival xxxアピール値のみ適用。 xxxアピール値はyyy%アップ! このようなBOOTH効果の時に 効果を発揮するかと。 というか そうでなかったら このフェス限の価値を疑いますが。。。。 Groove センター効果では 他に劣ることがあっても スキルでは猛威を振るうかと。 せっかくコンセ復権したのに Grooveでセンター効果を 使用するのであれば、 スパークル, コンボナ, シナジーなどの コンボナ系のユニットを 組み合わせるといいかもしれません。 3曲フルコンボすれば、 ものすごいスコアになることが期待できます。 ただ、イベント曲ではその恩恵は 受けられないですけど。 次回のGrooveも楽しみです。 宜しければこちらもどうぞ! 因みに Live Carnival ゲストに入れていると、 ユニゾンと同様に、 メダルを入手しやすくなりそうです。 LIVE PARTY Twitterで情報収集していると、 LIVE PARTYで使い方によっては、 ファン数とスコアが激増するようです。 LIVE PARTYでは, 特化値以外も採用されるので、 こんな編成ですと、 チャームの特技が4つ加算され、 とんでもないことになります。 まとめ 以下が予想できます。 センター効果 Live Carnivalでは、 特定のBOOTH効果の場合使用。 Grooveでもそれなりに使えそう。 使いようによっては かなりのハイスコアを狙える。 特技 編成次第では最強のスコアアップになり、 最強編成の一角になりそう。 特化値が上昇するGroove, Carnival では重宝する。 その他 ファン活では重宝しそう。 個人的な意見 スキブ, シナジーはこれまでの ライブを激変させるものでした。 レゾナンスもLive Carnival, Grooveなどの 特化型イベントでは激変が予想できますが、 少々もやもや感が否めないです。 ここにもありますが、 賛否両論のようですね。 ただ既にスキルが飽和状態にあるので、 このようなスキルを 採用したのかとも考察できます。 当然持っておいて絶対損ではなく、 ランキングなどでは重宝するかと。 結局のところ使えるの? 特化型の編成にすれば最強編成の一角にはなります。 判定が厳しくならないのに、 コンセ以上のスコアアップが可能であり、 重宝はするかと。 単色編成では、 今後必須ユニットになるのではないでしょうか? トリコロールでも、 2シナジーしかない時に活躍が予想されます。 持っておいて絶対損ではありません。 編成の仕方を誤ると、 酷いスコアになりますので要注意です。 理想編成について 個人的には、 上記で紹介した編成がお勧めです。 それなりのスコアがだせ組みやすいかと。 某実況者さんの動画みると、 そういう編成もあるのか!と感心します。 内容はネタばれになるので、 ご自身で確認してください。 この特技の出現の理由 あくまで推測です。 一部の特技の復権 この特技は重複を気にしなくて良いので コーディネイトやフォーカスと言った特技が 使われるようになるかと。 コーディネイトはどうしても限定の繋ぎ、 フォーカスはユニゾンによって価値が下がったので。 いろんな編成を楽しんで欲しい コンボナとスパークルと言ったような、 今まで編成に抵抗があったようなものができやすく なるのではないでしょうか。 ファン活 LivePartyをもっと行って 欲しいとの思惑があるかと。 おまけ 管理人のこれまでの結果です。 良かったら是非 笑。 gannzu.

次の

レゾナンス・チップ・ゴールドで理想電源を:REQST blog

レゾナンス 理想

テスト、スピーチ、プレゼン、試合・・。 私達は、日常生活の中で非常に緊張する場面がいくつかありますよね。 その度合いも人それぞれです。 この緊張感、程良いものであれば大変良いのですが、中には「緊張しすぎて、普段の力が発揮できない!!」という人も多いのではないでしょうか。 せっかく実力があるのに、本番の緊張でその成果が半分も出せないというのはもったいないですよね。 そこで、今回は、簡単に出来る平常心に戻すためのトレーニングをご紹介したいと思います。 レゾナンストレーニングとは 簡単にいえば 呼吸法のトレーニングです。 息という漢字を見ても分かるように、息は「自らの心」と書きます。 つまり、 息を正しくコントロールすることは、そのまま「心」をコントロールすることになるということです。 そもそもレゾナンスとは? レゾナンス(resonance)を辞書で調べると「同調・共振・共鳴」という意味になります。 心と体のバランスが保たれ同調することで本来の平常心に戻るということです。 それに対し、 レジナンス状態とは、一定間隔でこの交感神経と副交感神経が切り替わる状態を言います。 試験や、試合、スピーチ等の時は、ある程度の緊張が無ければ、直観力や瞬発力が働きません。 そのために、このように「自分の実力を発揮しないといけない!」という時には、「リラックス状態」よりもむしろ「レゾナンス状態」になることが必要になるのです。 適度な緊張を呼吸でコントロールすると、頭は冴えているが、心は落ち着いているといった理想的な状態(平常心=レゾナンス状態)を作ることが出来るのです。 以下の基礎呼吸トレーニング、呼吸(交感神経と副交感神経の切り替えを行う)を一定のリズムで行ってみましょう。 姿勢を正して椅子に座る• みぞおちに意識を集中する• 5秒間で鼻から息を吸って、同じく5秒間で口から息を吐く この方法は腹式呼吸を意識して行います。 出来れば1日3回、朝、昼、夜に5分から20分かけて行うのが理想ですが、難しい場合は、朝と夜だけでも行うようにしましょう。 この訓練を繰り返すことで、本番で緊張した時も平常心を取り戻せるようになると言われています。 時間を計ってTOEIC問題を解きたい!!

次の