宇 随 天元 イケメン。 「鬼滅の刃」天元さんマジで死にそうになっててヤバイ・・・・【ジャンプ感想】

宇髄天元(うずいてんげん)のプロフィール!派手を司る「祭りの神」!派手派手な音柱は美人な嫁が3人もいる?!【鬼滅の刃ネタバレ】

宇 随 天元 イケメン

鬼滅の刃10巻80話ネタバレ 宇髄の命の価値観 80話は宇髄の妻の一人、まきおの回想から始まります。 3人の妻は元忍であり、自分の命は犠牲にする事が当たり前だった。 しかし宇髄はそんな3人に 自分の命だけを考えろ、俺の命の順序はまず妻である3人、次に一般の人たち、そして最後に自分だと言う。 ここでは大柄で態度のデカい宇髄だが、自分にとっての大切なものをしっかりと守る姿にキュンと来る人も少なく無いだろう。 堕姫の元へ 堕姫の帯をバラバラにしたが細かくなった帯達はその場から逃げてしまった。 それを追って宇髄、善逸、伊之助は堕姫の元へと向かう。 堕姫の一撃 堕姫のもとには逃げて来た帯達が集まり、堕姫のなかに吸収された。 そこから堕姫の姿と匂いが代わり本来の力が戻ったと思われる。 そんな中、外の騒ぎによって一般の人達が見に集まってしまった。 炭次郎は急いで下がるよう促すが、堕姫はその直後に建物ごと斬る一撃を繰り出した。 人々は建物ごと斬られ怪我人、死者が出た。 炭次郎も人を庇って怪我を負ったが、人を当たり前のように軽々しく斬殺し、さらに 人間には生きている価値が無いと言う堕姫に対しての怒りが沸点まで達する。 鬼滅の刃10巻80話の扉絵とタイトルの考察 80話の扉絵には 宇髄の回想をするまきおと、回想中の妻3人と宇髄がいます。 宇髄がどんな人なのか、その宇髄についていく4人の絆のようなものを示すための扉絵なのかなと私は思いました。 エピソードタイトルの「 価値」の意味としては宇髄、又は人間側の命の価値、堕姫、鬼側の命の価値を比較したタイトルであると思いました。

次の

宇髄天元の髪は意外と長い?【派手な祭り男の意外な一面】

宇 随 天元 イケメン

【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ 関連記事.

次の

「鬼滅の刃」天元さんマジで死にそうになっててヤバイ・・・・【ジャンプ感想】

宇 随 天元 イケメン

あらすじ 前巻の最後は、突然館の娘達をさらっていく 暴挙に出た柱の1人、宇髄天元に対して、 炭治郎、善逸、伊之助の3人は自分たちを 連れて行くように願い、女性が必要なはずなのに 何故か了承されたところで終わりました。 ということで早速、3人に天元様から ありがたい言葉が 善逸「やべえ奴だ」 完全に同意。 前巻の杏寿郎もそうですが、柱の人達は 初登場時のイカれっぷりが凄いですね。 ジャンプ漫画でよくある強者組織、 ブリーチの「護廷十三隊」とかブラクロの 「魔法の騎士団」の隊長達が揃うシーンは ワクワクするものですが、この作品に関しては なんだこいつら・・(ドン引き) でした。 まともそうな人がいないんだもの。 なんなら陰獣っぽかったですかね。 そんな天元さんですが、遊郭の中に鬼が 紛れているらしく、潜入してすでに潜入させている 自分の嫁たちと合流して探れとのこと。 当然、潜入するのは遊郭、女性の主戦場なので 可愛くお化粧をして参戦することにしますが・・ 不細工な子たちだね・・ 再び、 完全に同意。 男3人でも妥協した天元さんの采配ミスです。 そして当の本人は イケメン! 頭の包帯と変なメイクのせいで、 フタエノキワミの使い手みたいになってましたが、 嫁が3人いることも納得の姿でした。 それでも何故か3人共うまく遊郭に入ることが出来、 それぞれの特長(?)を生かして 探りはじめます。 ここらへんまでの下り、やり取りが本当面白いです。 嫁が3人いることに対する善逸の猛烈な 怒りと嫉妬の叫びとか、各店の3人への反応とか。 そのうち間違いなくアニメ化されると思いますが、 常にフル稼働の善逸の 中の人はかなり苦労するんじゃないでしょうか。 ここからは真面目パート中心で 遂に花魁(屋のナンバー1)の1人が鬼だと突き止め、 最初に炭治郎が戦います。 目だけで自己紹介 してくれてるスタイル、 超助かる! 目を見れば敵のランクが分かるという 超親切設計のおかげで、 間が空いてちょっと忘れてても、 敵がよくわかります。 ありがとう無惨様。 彼の配慮に涙が止まりません。 感想 ということで遥か格上の強敵相手に1人で 戦う炭治郎と、失踪した人達を追う 伊之助達の二元展開していくのですが、 この巻は最後に天元が主人公みたいな 見せ場を作って終わります。 ギャグパートと真面目パートがくっきり 分かれたこの巻ですが、まだまだ天元も、 炭治郎も真価を発揮したとはいえない ところなので、10巻が見せ場になることでしょう。 前回は柱が死んでしまいましたが、 今度はどうなるのか。 今回天元が死んだら 毎回のように上弦と刺し違えるような 流れになってしまいそうなのが心配です。 最初はドン引きな存在でしたが、 柱の顔ぶれは皆良いキャラしてるし、 それぞれ戦い方も個性があるので、 護廷十三隊みたいに生き残って、 パワーアップしたりして再登場してほしいですね。

次の