東京 金魚 ワンダーランド 2019。 すみだ水族館の「東京金魚ワンダーランド2019」を徹底解剖◎

金魚のアートも楽しめる! 「東京金魚ワンダーランド2019」(J

東京 金魚 ワンダーランド 2019

当記事では、スカイツリータウン ソラマチにある「すみだ水族館」で開催される「東京金魚ワンダーランド2019」に関する 情報やフォトレポートをお届け。 すみだ水族館の割引情報もありますよ! すみだ水族館では、2019年10月31日まで「東京金魚ワンダーランド 2019」が開催中。 昨年好評だった【体験プログラム】 「きんぎょ色合わせ」も再登場! スカイツリー麓(ふもと)住民の管理人が、【】や、フォトレポートをお届け。 昨年開催された【】や【】もご紹介します。 床面に広がる金魚たちのインタラクティブな映像演出と、懐かしさをテーマにしたオリジナルアロマや音楽に包まれた展示空間で、ゆったりと金魚鑑賞を楽しむことができます。 すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド 2019「東京レトロ金魚」開催概要 開催期間:2019年7月12日~10月31日 展示場所:すみだ水族館「江戸リウム」 ちぎり絵で金魚の模様を描こう「きんぎょ色合わせ」 金魚型の台紙に色紙を張り付けて、金魚たちの美しい模様をちぎり絵で再現する 「きんぎょ色合わせ」。 東京金魚ワンダーランド 2018で好評を博した、 大人も子供も楽しめる体験プログラムが帰ってきました。 写真は、東京金魚ワンダーランド 2018のものです 江戸リウムで見つけたお気に入りの金魚の模様を、5色の色紙を重ねて張り合わせることで再現しましょう。 完成後は、かわいらしい金魚すくいの袋に入れて持ち帰れますよ。 すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド 2019「金魚色あわせ」開催概要 開催期間:2019年7月1日~9月30日 開催時間:10:00~16:00(最終受付 15:30) 参加料金:無料 参加定員:各日200名 すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド 2019 料金 割引方法 すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド 2019は無料イベントですが、別途すみだ水族館の入館料がかかります。 子供を虜にする床面のデジタル演出 「東京金魚ワンダーランド 2019」の舞台となるのはすみだ水族館5階の「江戸リウム」。 日本最大級となる金魚展示場の一部、ペンギン水槽の横にあるトンネルのような展示スペースが様々な装飾を施されレトロな金魚鑑賞空間となっています。 「東京金魚ワンダーランド 2019」の会場に足を踏み入れると、 まずは目に入ってくるのが床一面に施された映像演出。 昨年も同様の演出があったのですが、今年は「東京金魚ワンダーランド 2019」のメイン会場であるトンネル一面がスクリーンに。 演出にはいくつかのパターンがあり、時間で切り替わっていきます。 写真に写っているのは、まるで水の上を合付いているかのような波紋の演出時のもの。 映像の鮮やかさや、歩いた時の反応も昨年よりさらに良くなったように感じられ、展示の目玉である金魚やレトロな装飾を色褪せさせてしまうほど。 私が足を運んだ時間は小さな子供たちが多かったのですが、幼稚園から小学校低学年と思われる子供たちは、 実際の金魚に目もくれず床を泳ぐ金魚たちを追いかけるのに夢中になっていました(笑) レトロな雰囲気を醸し出す看板やポスターたち 我に返って床から目を離すと、トンネル内には無数の昭和レトロな看板やポスターがずらり。 金魚の展示スペースの下にも多くの看板やポスターが張られています。 床面のデジタル演出と昭和レトロな看板やポスターが一体となり、レトロというだけではないなんだか不思議な空間が生まれていました。 主役はもちろん金魚です どうにも様々な演出に目を奪われがちな「東京金魚ワンダーランド 2019」ですが、主役は床面でも看板でもありません。 そう金魚です。 展示されている金魚そのものは、いつもと変わりはありませんが、演出の中で鑑賞しているとなんだか金魚までレトロに見えてくるから不思議なもの。 水族館ならではの大きな水槽を泳ぎ回っているリュウキンの姿を見ていると、なんだか子供の頃の祖母の家の水槽を思い出しました。 管理人が「東京金魚ワンダーランド 2019」でもっとも好きな展示が、上から見下ろすことにできる大きな水槽。 普段なかなか見ることのない角度から見る金魚たちは、下からの光に照らされてまるで宙を飛んでいるかのように見えます。 大盛況の体験プログラム「きんぎょ色合わせ」や、ペンギンカフェで「金魚の実食」も!? 「東京金魚ワンダーランド 2019」開催中のすみだ水族館では、昨年大好評だった体験プログラム「きんぎょ色合わせ」も開催。 待機列ができるほどの人気っぷりでした。 そしてもう一つの注目がすみだ水族館内にある「ペンギンカフェ」の期間限定メニュー「金魚ソーダ」。 お値段は850円とちょっとお高めですが、金魚鉢型の容器は持ち帰り可能だそうですよ。 すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド 2018 フォトレポート 金魚ちょうちんトンネル こちらが金魚ちょうちんに彩られた、「金魚ちょうちんトンネル」の様子。 金魚ちょうちんだけ見るとちょっと怖いかも・・・ 「金魚ちょうちんトンネル」の両脇には、水槽を優雅に泳ぎ回る金魚たちの姿。 せっかくなので金魚のアップも何枚か まるでキスでもしているかのような一枚 金魚ちょうちんトンネル以外にも 「東京金魚ワンダーランド2018」のメインは「金魚ちょうちんトンネル」での展示ですが、それ以外にも金魚の展示スペースがあります。 この展示エリアの金魚達は、近づくと餌をくれると思うのか激しく寄って来ます・・・ 他にも多くの見所がありますよ。 無料で楽しめるワークショップ「きんぎょ色合わせ」 東京金魚ワンダーランドと同時開催されているワークショップ「きんぎょ色合わせ」。 金魚型の台紙に様々な色の色紙を千切って貼り、金魚を好きな模様にアレンジ。 簡単にできますが、仕上がった金魚を見ると、それなりにリアリティもあってユーモラスな感じになります。 無料で楽しめるので、是非。 日本一の金魚の特別展示も 2018年の「全日本金魚品評会」で、総合優勝し「農林水産大臣賞受賞」に輝いたワキンなど、 あっぱれな金魚を展示する「あっぱれ!金魚1・2・3」も同時開催されています。 「農林水産大臣賞受賞」を獲得したワキン。 写真では伝わりづらいですが、デカイです・・・ 「全日本金魚品評会」準優勝のリュウキン。 鏡に映る自分の姿にウットリしているかのよう(笑) やっぱりメインは「世界の金魚ビアホール」? で、ようやく本題!? のビール! 冒頭で書いた通り「東京金魚ワンダーランド2018」では、 「世界の金魚ビアホール」が同時開催中。 世界四カ国、5種類の金魚とともに、同じ土地で生まれたビールを紹介&販売。 涼しい水族館の中で、ビールと金魚が同時に楽しめる夢のような企画なのです。 例えばこんな感じ! ってゆうかイギリスにも金魚いるんですね。 日本の金魚と比べると、確かに外人ぽい気も・・・ 5種類の金魚の出身国は、日本(3種類)、中国、イギリス、そしてアメリカ。 飲めるビールは ・キリンビール ・アサヒビール ・オリオンビール ・青島ビール ・ギネス ・バドワイザー 生じゃなくて、瓶ビールなのは残念ですが、 暑い日に涼しい水族館で海外のビールが味わえるのは「すみだ水族館」だけ(多分)。 ビールのお値段は、銘柄に寄らず 一本500円の良心価格です。 東京金魚ワンダーランド2018 まとめ 大人も子供も、挙げ句の果てには呑んべえまでも楽しめる「東京金魚ワンダーランド2018」、いかがでしたでしょうか? 金魚というと水族館で見るには違和感のあるイメージですが、ちょうちんや様々な灯りで演出された金魚をみていると、とても優雅でなぜか縁日に足を運んでいるような気分になります。 デートであればビールを片手に金魚鑑賞、子供づれであればワークショップの待ち時間にビール。 などなど ビールを、もとい金魚をじっくりと楽しむことができます。 是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の

東京金魚ワンダーランド2019すみだ水族館混雑予想・評判は?駐車場も

東京 金魚 ワンダーランド 2019

あの暑かった夏も やっと終息 となり、日中はまだまだ暑い日 もありますが流石に朝晩は涼しさ を 感じる季節となります。 今年もあっという間に4 分 の3が 過ぎました。 彼岸花も 今年は遅れましたが、 道端等で咲き誇っています。 水道の水が、 最近 冷たく感じる 様になりました。 季節は確実 に 秋 本番となりました。 そろそろ、水温も徐々に低下し てい くので金魚の白点病等の 病気の発症にも 気をつけましょう。 家からスカイツリ-が見える距離に 住んでいるのも関わらず、未だに開業 以来スカイツリーに昇っていません。 今回は、 江戸リウム と 東京金魚 ワンダーランド2019 での展示を見に いきました。 和のあかりである 金魚ちょうちん は、山口県柳井市の職人が手づくり で とても幻想的です。 中々金魚の種類で特徴のある 良質な金魚が悠々 と泳いでいました。 今でも、途絶えてしまった金魚売り のリヤカーを 出張水族館 として 出向き 金魚の魅力や歴史などを 伝えています。 今後も 金魚伝道師 として頑張って戴きたいです。 また 当ブログは金魚関連情報等の情報提供と紹介 であり、生体・商品販売の営利目的では有りません.

次の

すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド 2019 レトロかわいい金魚に癒されよう

東京 金魚 ワンダーランド 2019

09 下町文化が今も色濃く残りつつ、東京スカイツリー R など近代的な施設が並び立つ墨田区にある「すみだ水族館」。 すみだ水族館にある国内最大級の金魚展示エリア「江戸リウム」では、日本人に長く親しまれている金魚にちなんだイベントを2016年より開催しています。 4年目を迎えた『東京金魚ワンダーランド2019』のテーマは「懐かしさ」。 昭和の雰囲気漂うレトロな展示空間「東京レトロ金魚」が、2019年7月12日(金)~10月31日(木)の期間「江戸リウム」に登場しますよ。 詳細をチェックしてみてくださいね。 昭和の雰囲気漂うレトロな空間で「金魚」尽くしの夏の日を すみだ水族館は、東京でも下町情緒が色濃く残っている墨田区にあります。 下町文化の1つとして、金魚を取りまく文化や歴史を取り入れた展示を行っているのが、2016年にリニューアルされた「江戸リウム」。 ここではワキンやリュウキン、ランチュウなど、約20品種もの金魚が展示されていて、金魚の常設展示としては日本最大級となっています。 ここで2016年夏から毎年開催され、大好評を博しているのが、今回ご紹介する金魚づくしのイベントです。 「東京レトロ金魚」と題された空間では、ビーズの暖簾をくぐると、昭和時代に迷い込んだかのような古びた広告や看板、雑貨があちこちに飾られており、天井には可愛らしい金魚ちょうちんや風鈴などが吊り下げられています。 またオリジナルアロマの香り、音楽がさらにレトロな気分を盛り上げてくれます。 インタラクティブな演出も!幻想的な映像演出で非日常の世界へ 『東京金魚ワンダーランド2019』の演出は空間装飾だけではありません。 実はインタラクティブな映像演出も楽しめます。 床の映像の上を歩くと、まるで水面を歩いているように波紋が広がります。 本物の金魚が泳いでいる池を歩いているようですね。 子どもだけでなく、大人も夢中になれる、新しくて幻想的な世界をぜひ体感してくださいね。 今年もやります!期間限定の体験イベント 『東京金魚ワンダーランド2019』では、期間限定の体験プログラムとして、「きんぎょ色あわせ」が開催されます。 好きな金魚の形をした台紙を選び、そこに赤・白・黒など5色のチップを貼って、ちぎり絵風の金魚を作りましょう。 自分だけのオリジナル金魚は、専用の金魚すくいの袋に入れて持ち帰ることができます。 気分はまるで、夏の日の縁日帰りですね。 もちろんお世話はいりませんし、夏の日の良き思い出として部屋に飾ったり、お友達に見せたりと、家に帰ってからも楽しむことができます。 大人の方は、お気に入りの金魚をじっくり観察して、美しい金魚たちの模様を完ぺきに再現するべく奮闘してみるのもアリではないでしょうか。 きっと時間を忘れて楽しむことができますよ。 東京金魚ワンダーランド2019 開催期間/2019年7月12日(金)~10月31日(木) 開催時間/9:00~21:00 開催場所/すみだ水族館(東京スカイツリータウン・ソラマチ5階・6階)5階「江戸リウム」 料金/大人2,050円、高校生1,500円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上)600円 まとめ すみだ水族館では令和初夏のイベント「東京金魚ワンダーランド2019」を2019年7月12日(金)~10月31日(木)に開催します。 体験プログラムもありますので、今年の夏は金魚づくしの「東京金魚ワンダーランド 2019」に、ぜひ足を運んでみてくださいね。 実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

次の