延髄冷やす。 8月22日(水)心臓を冷やす : 毎日jogjob日誌 by東良美季

脳幹梗塞

延髄冷やす

突然の暑さ。 すでに熱中症で亡くなる方も出ています。 体に熱がこもった時、自然にクールダウンするためにはどこを冷やしたら良いのか、具体的な方法をご紹介します。 突然の暑さ、熱中症にご注意を 今年一番の暑さとなった東京。 急激に暑さに突入しましたねー。 梅雨明け発表はまだですが、体の波としてはもう「夏」と呼んでいいんじゃないかなと思うyukiです。 暑くなった当初は、暑いのは暑いで開放的な感じだなーとのんびり楽しんでいたのですが、夜も窓から温かい風が吹いてくるこの2-3日は、そんな呑気なことも言っていられず、ちょっとバテ気味です。 笑 エアコンの室外機から吹き出す熱風を浴びているような日中の風…、 「そうだ、夏の暑さってこういうのだった」と思い出しました。 (でも、子供時代はそこまで暑い日って少なかったような気がしますねー。 35度超えちゃうとかはあまりなかったような…) バテ気味くらいならまだいいのですが、すでに熱中症で救急車で運ばれる方や、亡くなる方まで出ているとのこと。 自分自身のことも、周囲の人のことも、気をつけていきたい季節ですね。 暑くなり始めの時期は、体がついていけないので要注意。 お子さんやご高齢の方が周りにいたらさらに注意が必要ですね。 ーーということで、今日は効果的な熱中症対策について考えてみたいと思います。 きっと熱くなっているのがわかるはず。 「頭のてっぺん(から少し前にかけて)」を冷やすと、手っ取り早く体にこもった熱を逃がすことができます。 アイスノンや氷を使わなくても、 「水で絞ったタオル」を乗せるだけでも十分効果的! ぬるくなったら水で絞り直して、10分くらい行うだけで、スーッと全身がクールダウンします。 体に熱がこもっている時にこれをすると、本当に心地よいんですよー。 これは、氷やアイスノンを直接当てるより、「水で絞ったタオル」の方が不思議と効果的なのです。 湿った刺激がよいのかもしれませんね。 (もし水で物足りない場合があれば、氷水で絞ったタオルを使ってみるのも良いです) 冷やさない方が良い場所は… ひとまずこれを知っているだけで、かなり熱中症になる率が変わってくると思うのですが、 これは「どこを冷やすか」が大きなポイントなのです。 近年は夏になるとコンビニで「首を冷やすグッズ」などが売られるようになりましたし、 熱中症の時は後頭部や首を冷やしましょうという説もあるのですが、 yukiはこれはおすすめしません。 後頭部には「延髄」があります。 「延髄」は、脳の中でも、体温調整や眠りや呼吸を司る、生命の中枢ともいえる大事な場所。 (首も、中枢神経が中に入っている大事な場所です) 冷やすと、確かに体の熱感はおさまるのですが、これは延髄を鈍らせることで暑さを感じなくさせているとも言えます。 整体の考え方は、「体の力を使う」「体を敏感にしていく」ことが基盤ですので、どんな時も後頭部や首は冷やさないのです。 (むしろ、後頭部を温めて発汗を誘導するという手法をとります(さすがに熱中症の最中ではないですが…)。 風邪で熱を出している時など、後頭部を温めて「熱を出したい力」をサポートすることで、さっと熱が上がってその後速やかに下がることは多々あり。 ) 後頭部や首を冷やしていると、体がごわごわになって、弾力が失われて、老いた体になってしまうなぁと感じています。 だから、冷やすのは頭頂部! (そして、その少し前にかけて) これ、大事です。 目の疲れも解消して、めざせ「頭寒足熱」 このブログは目の疲れ解消ブログなので、この流れで目のことも書かなきゃと思うのですが(笑)、 体に熱がこもっている時、目の疲れもあって目の周りがぼわーんとしているようなら、頭頂部を冷やすことで、目のまわりもスッキリすると思います。 あとは、普段から目の疲れをためて、頭に気(血)が上がっている状態であれば、暑い時に熱を発散しきれず、熱中症になりやすい部分もあるのではないかと推察されます。 目の疲れがあると、熟睡できず、体力も回復しづらいですし。 やっぱり目の疲れって、溜めておいてよいこと無いですね。

次の

病気になると、頭を冷やすようですが、なぜですか。脳が冷たい方…

延髄冷やす

概要 [ ] が考案。 立っている対戦相手の横や斜め後ろに立ち、その場でジャンプして、相手の後頭部めがけて自らの片足を伸ばしながら回してを繰り出す。 選手によって挙動に差があるが(詳しくは後述の「」を参照)、猪木はジャンプの頂点で蹴りを繰り出す。 技名は相手の後頭部を蹴る動きが後頭部にあるを切り裂くように見えることが由来。 元々はとので用いる予定で考案され、で、この技を目の当たりにしたアリ陣営がルール変更を強要したという逸話がある。 そのためアリとの対戦では使用を禁じられたが、その後、プロレスの試合や異種格闘技戦で頻繁に用いていた。 そのため、延髄斬りは猪木の代名詞の1つとなっており、かつては猪木が政治活動をしていた際には「消費税に延髄斬り」とキャッチフレーズにも用いられていた。 日本国外でも多く用いられる技であり、 Enzuigiriと日本語の呼称が、そのまま用いられている。 日本で猪木と対戦したは ゲットー・ブラスターの名称で使用していた。 フォーム [ ] オリジナル式 捻り式、 跳び蹴り式とも呼ばれる。 発案者の猪木と同じフォームで、立っている相手の斜め後方あたりからその場で垂直にジャンプして、ジャンプのほぼ頂点で体を捻って片足を差し出し、その足の甲を相手の後頭部へぶつける。 旋回式 肩掴み旋回式とも呼ばれる。 猪木の場合はジャンプの頂点で蹴りを繰り出すのに対し、の場合は斜め後方から相手の片肩を掴み、そこを支点としてジャンプして旋回しながら蹴りを後頭部に向けて繰り出す。 また、肩を掴まずに同様のフォームで繰り出すことも多い。 がこのフォームで使用したことがある。 これはアメリカのへ武者修行に行っていた初頭、の興行から帰って来たレスラー達から「猪木が妙なキックを使う」と言う話を聞き、当時若手だった天龍が興味を持ったことに端を発する(に放った延髄斬りをに評価され、使用するようになったという。 猪木に比べジャンプ力に劣るため自己流にアレンジを加えた結果とも、「後頭部に跳び蹴りを当てる技」という漠然とした情報しか得られなかったことから違いが生まれたともいわれているが、詳細は不明。 ただし、若手時代の天龍は猪木ほどの高さは無いものの「跳び蹴り式」の延髄斬りも見せており、少なくともまず「肩掴み式」ありきではなかったものと思われる。 また、その時期の天龍は相手の背後から走り込んで放つ(体勢的には、に近い。 )独特の延髄斬りも使用していた。 スイクルデス が使用するオリジナルの名称。 モーションも全身を大きく使ったダイナミックなものである。 オリジナル式と旋回式の合成の様なフォーム。 その他 ジャンプの上昇中にのように足を振り上げて繰り出すレスラーもいる。 主な使用者 [ ]• アントニオ猪木• 天龍源一郎• 派生技 [ ] キャッチ式延髄斬り 相手に自身のがキャッチされた状態から、掴まれた足を軸にしてもう片方の足で延髄斬りを浴びせる。 などのジュニアヘビー級選手が使う事が多いが、ヘビー級選手でもやなど蹴り技を得意技とする選手が見せる事がある。 シャイニング式延髄斬り のように相手の膝を踏み台にして延髄斬りを浴びせる。 が使用した。 ステップ式延髄斬り キャッチ式の応用で、シャイニング式の類似型(シャイニング式よりこちらの方が古い)。 前屈みで立っている相手の腹部へ片足を乗せてから繰り出す延髄斬り。 アメリカでは ラウンド・ハウス・キックとも呼ばれる。 三角跳び式延髄斬り 三角蹴りとも呼ばれる。 コーナーポストを駆け上るようにジャンプしてに似た体勢、もしくは横からの体勢で延髄斬りを浴びせる。 主な使用者に、、がいる。 ( ビーナス・シュートの名称で使用。 ) ランニング延髄斬り 立っている相手に向かって助走を付けてジャンプして片足を差し出して相手の後頭部を蹴りつける。 後頭部へのともいえる。 ダイビング延髄斬り コーナー最上段からジャンプして延髄斬りを繰り出す。 猪木も使用していた時期があったのだが、通常の延髄斬りのインパクトには及ばず得意技として愛用するまでには至らなかった(猪木本人も自覚していたのか、ダイビング延髄斬りを当てた直後に通常の延髄斬りでフォローした事がある。 主な使用者に、輝優優のふたり。 延髄式ニールキック 通常の延髄斬りとは異なり、相手の後頭部にを当てる。 主な使用者は初代、、、( デスロールの名称で使用)。 佐山は「力加減が効かない難しい技」であるとの事。 が使用している。 走ってくる相手に対するカウンターとしても使用される。 後頭部ではなく、顔面や側頭部を狙った延髄斬り。 土方隆司の場合、ランニング式も使用している。 脚注 [ ] [].

次の

はしかは冷やすな

延髄冷やす

概要 [ ] が考案。 立っている対戦相手の横や斜め後ろに立ち、その場でジャンプして、相手の後頭部めがけて自らの片足を伸ばしながら回してを繰り出す。 選手によって挙動に差があるが(詳しくは後述の「」を参照)、猪木はジャンプの頂点で蹴りを繰り出す。 技名は相手の後頭部を蹴る動きが後頭部にあるを切り裂くように見えることが由来。 元々はとので用いる予定で考案され、で、この技を目の当たりにしたアリ陣営がルール変更を強要したという逸話がある。 そのためアリとの対戦では使用を禁じられたが、その後、プロレスの試合や異種格闘技戦で頻繁に用いていた。 そのため、延髄斬りは猪木の代名詞の1つとなっており、かつては猪木が政治活動をしていた際には「消費税に延髄斬り」とキャッチフレーズにも用いられていた。 日本国外でも多く用いられる技であり、 Enzuigiriと日本語の呼称が、そのまま用いられている。 日本で猪木と対戦したは ゲットー・ブラスターの名称で使用していた。 フォーム [ ] オリジナル式 捻り式、 跳び蹴り式とも呼ばれる。 発案者の猪木と同じフォームで、立っている相手の斜め後方あたりからその場で垂直にジャンプして、ジャンプのほぼ頂点で体を捻って片足を差し出し、その足の甲を相手の後頭部へぶつける。 旋回式 肩掴み旋回式とも呼ばれる。 猪木の場合はジャンプの頂点で蹴りを繰り出すのに対し、の場合は斜め後方から相手の片肩を掴み、そこを支点としてジャンプして旋回しながら蹴りを後頭部に向けて繰り出す。 また、肩を掴まずに同様のフォームで繰り出すことも多い。 がこのフォームで使用したことがある。 これはアメリカのへ武者修行に行っていた初頭、の興行から帰って来たレスラー達から「猪木が妙なキックを使う」と言う話を聞き、当時若手だった天龍が興味を持ったことに端を発する(に放った延髄斬りをに評価され、使用するようになったという。 猪木に比べジャンプ力に劣るため自己流にアレンジを加えた結果とも、「後頭部に跳び蹴りを当てる技」という漠然とした情報しか得られなかったことから違いが生まれたともいわれているが、詳細は不明。 ただし、若手時代の天龍は猪木ほどの高さは無いものの「跳び蹴り式」の延髄斬りも見せており、少なくともまず「肩掴み式」ありきではなかったものと思われる。 また、その時期の天龍は相手の背後から走り込んで放つ(体勢的には、に近い。 )独特の延髄斬りも使用していた。 スイクルデス が使用するオリジナルの名称。 モーションも全身を大きく使ったダイナミックなものである。 オリジナル式と旋回式の合成の様なフォーム。 その他 ジャンプの上昇中にのように足を振り上げて繰り出すレスラーもいる。 主な使用者 [ ]• アントニオ猪木• 天龍源一郎• 派生技 [ ] キャッチ式延髄斬り 相手に自身のがキャッチされた状態から、掴まれた足を軸にしてもう片方の足で延髄斬りを浴びせる。 などのジュニアヘビー級選手が使う事が多いが、ヘビー級選手でもやなど蹴り技を得意技とする選手が見せる事がある。 シャイニング式延髄斬り のように相手の膝を踏み台にして延髄斬りを浴びせる。 が使用した。 ステップ式延髄斬り キャッチ式の応用で、シャイニング式の類似型(シャイニング式よりこちらの方が古い)。 前屈みで立っている相手の腹部へ片足を乗せてから繰り出す延髄斬り。 アメリカでは ラウンド・ハウス・キックとも呼ばれる。 三角跳び式延髄斬り 三角蹴りとも呼ばれる。 コーナーポストを駆け上るようにジャンプしてに似た体勢、もしくは横からの体勢で延髄斬りを浴びせる。 主な使用者に、、がいる。 ( ビーナス・シュートの名称で使用。 ) ランニング延髄斬り 立っている相手に向かって助走を付けてジャンプして片足を差し出して相手の後頭部を蹴りつける。 後頭部へのともいえる。 ダイビング延髄斬り コーナー最上段からジャンプして延髄斬りを繰り出す。 猪木も使用していた時期があったのだが、通常の延髄斬りのインパクトには及ばず得意技として愛用するまでには至らなかった(猪木本人も自覚していたのか、ダイビング延髄斬りを当てた直後に通常の延髄斬りでフォローした事がある。 主な使用者に、輝優優のふたり。 延髄式ニールキック 通常の延髄斬りとは異なり、相手の後頭部にを当てる。 主な使用者は初代、、、( デスロールの名称で使用)。 佐山は「力加減が効かない難しい技」であるとの事。 が使用している。 走ってくる相手に対するカウンターとしても使用される。 後頭部ではなく、顔面や側頭部を狙った延髄斬り。 土方隆司の場合、ランニング式も使用している。 脚注 [ ] [].

次の