亀梨 和 也 山下 智久 ドラマ。 山下智久、ピンチを亀梨和也に救われたエピソードを披露『クイズ!その時スーパースターは?』

亀梨和也&山下智久、SMAPの思い出語り合う「高校生時代にDVDを擦り切れるまで見た」

亀梨 和 也 山下 智久 ドラマ

のとによるユニット・が、25日放送の『Stay at Home ジャニーズ・ウィークエンド 亀と山PのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)に生出演。 ほかのグループについてのエピソードが次々と飛び出すなか、2人はの思い出も語り合った。 亀梨は「何度もSMAPさんのライブに足を運ばせていただいて、木村(拓哉)先輩のソロのライブでも披露されて、アガるんだよね」と、木村が曲中で披露する巻き舌を交えて曲を紹介した。 オンエア後には、ある年の元日にの家を訪問したという秘話も紹介。 3人で写真を撮ったが「僕らが公開するのもおこがましいので、(木村)先輩に出してもらおう(笑)」と明かし、「お酒が入っているのにやさしい先輩でした」と振り返った。 「メロディーもきれいだし、悲しい歌詞だけど情景が浮かんできて、いつ聞いても曲の世界観にスッと入れる」と紹介した。 しっかり聴き入った亀梨は「高校生時代ってSMAPさんのライブDVDを擦り切れるまで見たよね」と語りだすと、「DVDって擦り切れないか。 こういう表現って昭和だよね(笑)」と自分にツッコミ。 「令和の時代に昭和を感じるよね。 でも嫌いじゃないから」と話すと、山下も「大事だよね」と同意していた。 番組は放送終了後1週間まで、radikoタイムフリー機能で聴取できる。

次の

亀梨和也の実家地元は江戸川区大杉?新小岩?兄弟・家族構成は?

亀梨 和 也 山下 智久 ドラマ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ ジャニーズファンの間に存在する「シンメ」という概念。 これは「シンメトリー」の略で、左右対称で踊る2人のことを指す用語として用いられている。 「厳密に言うと似て非なるものなのですが、まぁ分かりやすく言うと〝コンビ〟のようなもの。 例を挙げると、『V6』の森田剛と三宅健、『Hey!Say!JUMP』の山田涼介と知念侑李、『Kis-My-Ft2』の北山宏光と藤ヶ谷太輔といった組み合わせが『シンメ』です」(ジャニーズライター) しかし、もともと別グループだったにもかかわらず、まるで〝シンメ〟のような扱いを受ける稀有な存在もいる。 『KAT-TUN』の亀梨和也と、ソロで活躍する山下智久だ。 2人が名コンビのように扱われるきっかけとなったのは、2005年に結成した『修二と彰』。 同ユニットは2人が主演するドラマ『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系)のために結成され、当時の中高生を中心に大ブームを巻き起こした。 しかし、翌年に亀梨が『KAT-TUN』でデビューして以降、役者としての2人は差が開いていくことに。 山下が連ドラ単独初主演を果たした『クロサギ』(TBS系)が後に映画化されるヒット作となった一方、亀梨が伊東美咲とダブル主演を務めた『サプリ』(フジテレビ系)は〝月9〟の看板を背負いながらもパッとしない数字に終わった。 あくまで数字と評価は別モノ? そして、09年の『1ポンドの福音』(日本テレビ系)第4話にて、亀梨はついに自身初の〝ヒトケタ視聴率〟を記録。 翌年の『神の雫』(同系)は平均視聴率6. 2%、10年の『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)は平均視聴率8. 3%をたたき出し、当時は「低視聴率王」とメディアから非難を受けた。 一方、この間の山下はというと、07年の〝月9〟初主演作『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)が平均視聴率17. 3%を記録。 翌年に放送開始した『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)は、18年までに3シリーズと映画が公開される最大の代表作にまで成長した。 「確かに、俳優として2人を比べたとき、数字や作品の知名度で言うと山下の圧勝でしょう。 山下は今でもたびたびヒット作を生み出しますが、亀梨はいまだに『ごくせん』や『野ブタ。 』のイメージで語られますからね。 映画化までした『妖怪人間ベム』は平均15%越えで最大のヒット作ですが、あくまでイロモノの作品ですし…」(テレビ雑誌編集者) しかし、〝実力〟での評価は亀梨に軍配が上がるようだ。 「純粋な演技の評価でいえば亀梨が圧勝しています。 亀梨はクールな役が多いものの、『サプリ』や『怪盗山猫』のようにチャラ男や陽気なキャラもこなせるマルチプレイヤー。 一方、山下はどの作品も単調な低いテンションで代わり映えせず、セリフが鼻声で聞き取りづらいという致命的な欠点もあります」(同・編集者) 今年4月期のドラマでも、山下主演の『インハンド』(TBS系)は亀梨・二階堂ふみダブル主演の『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に数字面では勝っている。 数字と評価がウラハラな2人だが、今後も同じような状況が続いていきそうだ。

次の

亀梨和也の実家地元は江戸川区大杉?新小岩?兄弟・家族構成は?

亀梨 和 也 山下 智久 ドラマ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ ジャニーズファンの間に存在する「シンメ」という概念。 これは「シンメトリー」の略で、左右対称で踊る2人のことを指す用語として用いられている。 「厳密に言うと似て非なるものなのですが、まぁ分かりやすく言うと〝コンビ〟のようなもの。 例を挙げると、『V6』の森田剛と三宅健、『Hey!Say!JUMP』の山田涼介と知念侑李、『Kis-My-Ft2』の北山宏光と藤ヶ谷太輔といった組み合わせが『シンメ』です」(ジャニーズライター) しかし、もともと別グループだったにもかかわらず、まるで〝シンメ〟のような扱いを受ける稀有な存在もいる。 『KAT-TUN』の亀梨和也と、ソロで活躍する山下智久だ。 2人が名コンビのように扱われるきっかけとなったのは、2005年に結成した『修二と彰』。 同ユニットは2人が主演するドラマ『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系)のために結成され、当時の中高生を中心に大ブームを巻き起こした。 しかし、翌年に亀梨が『KAT-TUN』でデビューして以降、役者としての2人は差が開いていくことに。 山下が連ドラ単独初主演を果たした『クロサギ』(TBS系)が後に映画化されるヒット作となった一方、亀梨が伊東美咲とダブル主演を務めた『サプリ』(フジテレビ系)は〝月9〟の看板を背負いながらもパッとしない数字に終わった。 あくまで数字と評価は別モノ? そして、09年の『1ポンドの福音』(日本テレビ系)第4話にて、亀梨はついに自身初の〝ヒトケタ視聴率〟を記録。 翌年の『神の雫』(同系)は平均視聴率6. 2%、10年の『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)は平均視聴率8. 3%をたたき出し、当時は「低視聴率王」とメディアから非難を受けた。 一方、この間の山下はというと、07年の〝月9〟初主演作『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)が平均視聴率17. 3%を記録。 翌年に放送開始した『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)は、18年までに3シリーズと映画が公開される最大の代表作にまで成長した。 「確かに、俳優として2人を比べたとき、数字や作品の知名度で言うと山下の圧勝でしょう。 山下は今でもたびたびヒット作を生み出しますが、亀梨はいまだに『ごくせん』や『野ブタ。 』のイメージで語られますからね。 映画化までした『妖怪人間ベム』は平均15%越えで最大のヒット作ですが、あくまでイロモノの作品ですし…」(テレビ雑誌編集者) しかし、〝実力〟での評価は亀梨に軍配が上がるようだ。 「純粋な演技の評価でいえば亀梨が圧勝しています。 亀梨はクールな役が多いものの、『サプリ』や『怪盗山猫』のようにチャラ男や陽気なキャラもこなせるマルチプレイヤー。 一方、山下はどの作品も単調な低いテンションで代わり映えせず、セリフが鼻声で聞き取りづらいという致命的な欠点もあります」(同・編集者) 今年4月期のドラマでも、山下主演の『インハンド』(TBS系)は亀梨・二階堂ふみダブル主演の『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に数字面では勝っている。 数字と評価がウラハラな2人だが、今後も同じような状況が続いていきそうだ。

次の