クリーニング 独立。 ハウスクリーニングで独立したい!集客のために知っておくべきこと | みんなのハウスクリーニング

ハウスクリーニング・おそうじで独立開業・起業|JHAハウスクリーニングスクール

クリーニング 独立

成功者の声 よろしければ私たちがお会いいたします。 私たちが電話番号を公開した理由 儲かる話を聞いただけで何百万円も支払い、毎月ロイヤリティーを支払っている方々からの問い合わせを多くいただいております。 本当の話をするために立ち上がりました。 あえて私たちは自分の電話番号を掲載しました。 当協会で起業する良さを、実際に起業した私たちが、直接お話します。 携帯にお電話いただく際、作業中で出られない場合もございます。 その場合は必ずリダイヤルいたします。 ハッピーおそうじサービス 清水則好 様 埼玉県 TEL 研修で学んだことを、どんどん実践していき(需要の多さにビックリ)初年度から1400万円の売上を上げることができました。 当時は仕事用の中古の軽自動車を買うお金すらなかった僕ですが、新車の車を買ったり、新築の戸建てを買ったりと、大人の仲間入りができました。 後、家族も増えました(トイプードル笑) 仕事はもちろん大変ですが、お客様から感謝・感動のお言葉をいただけるので、嫌な疲れではなく、やりがいがあるお仕事だと思います。 現在では、千葉認定校で指導の方もさせていただいています。 日本ハウスクリーニング協会の理事長がよくおっしっている『恩送り』の精神で、僕が現場で学んできたこと・実際に行なっている受注方法・作業内容などを、これからハウスクリーニングを始められる方々にお伝えできればと考えております。 毎月行なっている、協会本部での勉強会・懇親会や千葉近郊の方々で、最近ではBBQやボーリング大会など仲間で親睦を深めたり、そこで出会った方々で仕事のやりとりをしたりと、すごく良い雰囲気になっています。 研修前に不安なことなどありましたら、相談会等も行いますので、お気軽にお問い合わせください。 いつもお客様に「ありがとう」と言われ、やりがいのある仕事です。 2016年6月に開業した東京の武蔵村山市を拠点として、多摩地区を中心に在宅クリーニングを中心にお仕事をさせて頂いております。 開業する前は、サラリーマンをしておりましたが、会社の倒産をきっかけにハウスクリーニングの世界に飛び込みました。 開業したと言っても特に知り合いもなく、不動産やリフォーム会社を中心に営業してきましたが、仕事の依頼は一件もありませんでした。 そんな時に日本ハウスクリーニング協会に巡り会い、JHAハウスクリーニングスクール埼玉校を卒業致しました。 ハウスクリーニングは『空室』しかないと思っていた私にとって『在宅』は何もかもが新鮮でした。 講師の清水さんと一緒に実際のお客様のお宅に訪問したクリーニングで得たものは、お客様の感動と笑顔です。 空き部屋クニーニングの場合、お客様はその場にいません。 いくらキレイにしても自己満足にしかならなかったのが、在宅クリーニングの場合はその場にお客様がいらして、クリーニング後の確認の際に満面の笑顔を私にくれました。 やっている事は変わらないはずなのに充実感が全く違いました。 ハウスクリーニングという仕事は、部屋をキレイにするだけではなく、お客様に感動や幸せをお届け出来る仕事だと思いました。 お客様の感動した笑顔や、びっくりした笑顔は最高に気持ちがいいですよ。 日本ハウスクリーニング協会では、月に一回勉強会と親睦会があります。 分からない事や心配な事を協会の先輩方が惜しみなく色々と教えてくれます。 今では清水さんが私にして頂いた様に後輩を教えています。 お近くで迷っている様な方がいましたら是非ご相談下さい。 そしてようやく日本ハウスクリーニング協会を見つけました。 もちろん初めは半信半疑です。 しかし、実際に日本ハウスクリーニング協会を訪問してすぐに、NPO法人日本ハウスクリーニング協会認定講座・整理収納清掃 3S コーディネーター受講後、ハウスクリーニング士まで受講しました。 その後すぐに株式会社ワンズコピーを設立。 今でもあの時、日本ハウスクリーニング協会を見つけることができて本当によかった!今の自分があるのも協会のおかげと深く感謝しています。 現在は「全てはキラキラ輝く未来創りのために!」を理念とし、女性スタッフ中心にハウスクリーニング、家事代行を行っています。 また、実作業だけでなく整った環境の重要性を日々伝え広めています。 その活動の一環として、NPO法人日本ハウスクリーニング協会の指導員を始め、TV、雑誌等の取材協力、講座開催や執筆活動を行っています。 「『モノを正しい場所に置く』だけで部屋は自然とキレイになる」(文響社)、「部屋を片付けるだけで子どもはぐんぐん伸びる!」(キノブックス) を出版することができました。 ハウスクリーニングで独立開業をするには、現在大手フランチャイズ・中堅フランチャイズ・ハウスクリーニングに関係する協会など、いろいろな方法があります。 どこを選んでいいか悩む事が多いと思います。 フランチャイズの場合、最初に多額の費用がかかると回収するのに大変な苦労を致します。 同時に毎月のロイヤリティも大きな負担になります。 また、現在はハウスクリーニング・掃除などの協会も多くなりました。 JHAハウスクリーニングスクールは、30年以上という業界一の長い歴史の信頼・安心・実績があるNPO法人日本ハウスクリーニグ協会の運営で行っております。 「必要最低限の費用で、独立開業してもらいたい」そして 「必要最低限で独立し、成功してもらいたい」これが当スクールの目的です。 新しく起業するにあたり心の不安・心配は必ずあります。 その時に必要なのが、同じ経験を少し前に克服して先に成功している仲間の存在です。 教えている講師陣もまた最初は「0」からの出発でここまできました。 だからこそ親身になって、教えることができます。 皆様の成功を心よりお祈りしております。 JHAハウスクリーニングスクール講師陣一同 社会福祉法人 南台五光福祉協会 「もくせい園」 ボランティア活動、今年で 27周年。 日本ハウスクリーニング協会は、任意団体として「ハウスクリーニングの指導と育成」および「ハウスクリーニングの普及と啓発を中心に発足し、今日まで活動を続けてきました。 福祉活動においても1990年から、毎年8月9日の「ハウスクリーニングの日」、2月9日の「福祉の日」には、お年寄りや体の不自由な方または 福祉施設等に専門的ハウスクリーニングをしたり、売上げの一部を寄付する等積極的に取組んできました。 そのような経緯の中、当協会は、2001年にNPO法人 特定非営利活動法人 として認証されました。 それにより社会的責任がより明確になり、一層励みとして努力していきたいと考えております。

次の

ハウスクリーニングの独立開業の秘訣。集客方法や失敗理由も解説

クリーニング 独立

ハウスクリーニングで独立開業したい!業界平均年収はどのくらい? 独立したら自分の努力や成果がそのまま年収につながっていくといえども、開業する前には業界の平均年収が気になるものですよね。 このページでは、ハウスクリーニング業界の平均年収や年収を高める方法、独立の際に気をつけるべきことなどを紹介します。 ハウスクリーニング業界で独立開業を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 ハウスクリーニング業界の平均年収目安 ハウスクリーニング業界の平均年収は関東だと 500万円前後であると言われています。 「独立した人からは"月の売上が100万!"なんて話をよく聞くのに、思ったよりも年収が低い…」と感じる人が多いのではないでしょうか。 独立をした場合、「月の売上=月収」にはなりません。 なぜなら、月の売上が100万円あったとしても、そこから備品の購入や維持費、宣伝等にかかる諸経費を支払わなければいけないからです。 さらに、普通の会社員とは違ってボーナスや特別手当といったものが存在しないことから、年収で計算すると売上金から抱くイメージよりも低い年収額になってしまうのです。 では、平均年収の500万円を獲得するためには月々どのくらいの売上をあげればいいのかと言えば、だいたい 60万円くらい。 今度は、「月々のいろんな支払いがあって、ボーナスや手当もないのに月60万円の売上で年収500万円もいくの!?」と感じますよね。 実は、ハウスクリーニング業界はほかの業界に比べて、独立した際のランニングコストが安いのです。 やり方次第では年収に大きな差がでる ハウスクリーニングは、ひとくちに「ハウスクリーニング」といっても個人宅の清掃やビルのメンテナンス清掃、エアコンや排水管など限定した物に関するクリーニングなど、さまざまなサービスが存在します。 なので「どんなサービスをどのように提供するか」によって、年収が平均よりも大幅に高くなることもあれば反対に低くなってしまうこともあり、やり方次第で年収に大きな幅がある業種であると言えます。 仕事の取り方を工夫する必要あり 仕事のやり方だけでなく、どういった宣伝を行って誰からどのように仕事を請け負うかでも年収は変わってきます。 顧客から直接依頼を受ける方法や元請け会社から清掃業務を下請けする方法もあれば自分が元請けとなって清掃業務はすべて下請け会社に引き渡す方法もあります。 ですので、ハウスクリーニングでしっかりと年収をあげていくには仕事の取り方についても深く知っておく必要があります。 ハウスクリーニング業界で年収をあげる方法 独立開業をする人のほとんどは、「雇われのときよりも稼ぎたい」「自分の成果をお金に反映させたい」といった考えを持っているのではないでしょうか。 せっかく独立をするのであれば、できるだけ多く稼ぎたいものですよね。 ここからは、ハウスクリーニング業界で年収をあげていくための方法を解説していきます。 ハウスクリーニングで収入をあげる鍵!元受けとは? 「元請け」とは、顧客から直接仕事をもらっている会社や事業主のこと。 元請けは自分で顧客にクリーニングサービスを提供するのはもちろんのこと、下請けの会社や事業主にクリーニング業務を委託することもできます。 下請けへの委託の場合、顧客から支払われる料金を下回る金額を委託料とし、そのマージンを自分の報酬とする形になります。 自分で清掃を行うとなると動ける時間にも体力にも限りがありますが、クリーニング業務を委託すれば請け負える仕事の数も得られる収入も増えていくため、ハウスクリーニングで独立開業した人が目指すべきは元請けであると言えます。 ハウスクリーニング業界で元請けになる方法は? 元請けになるためには、単純に「多くの仕事を顧客から直接もらえるようになること」が何よりも大切です。 「顧客から直接仕事をもらうって、普通に顧客に営業をかければいいだけでしょ!」と思いがちですが、最初から元請けとして多くの仕事を獲得するのはかなり難しいです。 ハウスクリーニング業界は競合が激しい業界でもありますので、名の知れた大手クリーニング業者やその界隈や地域で人気のクリーニング業者が存在するもの。 なので、よっぽど人脈を持っているとか知名度が高いとかでない限り、独立開業したばかりの業者にお客さんは集まってこないのです ただ、開業したばかりのときは難しくとも、経験や実績、年月を重ねていくうちに元請けの仕事は増えていくものです。 元請けの仕事を増やすためのコツを学び、より多く、より早く元請けの仕事を増やせるようにしましょう。 パートナーシップを大切にする ハウスクリーニングの仕事は清掃のクオリティだけでなく、人と人とのつながりがとても大切になります。 個人客も法人客も、元請け業者も下請け業者も。 仕事で関わる人たちとのパートナーシップを大切にすることが重要です。 新規客の満足度が高ければリピーターにつながり、既存客の口コミで新規客が増える可能性も。 お客さんだけではなく、同業者との関係を維持する必要もあります。 元請けが「こんなお客さんがいるんだけど、うちじゃできないから君が元請けとして直接やってみない?」と紹介してくれることもあるかもしれません。 下請けが「普段はこの金額じゃやらないけど、あなたにはいつもお世話になっているから」と破格の金額で仕事を引き受けてくれることもあるでしょう。 仕事を増やし年収をあげるためには、周りの人たちを大切にしてくださいね。 最初から良い器材を揃えようとしない 「お客さんを獲得するためには器材が大切!」というのも間違いではありませんが、最初からいい器材を揃えようとすると金銭的な負担が大きいうえに、高い器材を買ったからといってその機材が必ずしも使いやすいとは限りません。 それに、いい器材を揃えている競合他社は信じられないほど多く存在しますので、いい器材を持っているくらいで競合他者に勝つことはできません。 初めはいい器材にこだわるよりも、「自分にとって使いやすい器材であること」や「足りない器材がひとつもないこと」にこだわってみてください。 そこにこだわれば、競合他社では叶えることのできなかったお客さんの要望に応えられる可能性がぐっとあがります。 仕事を限定するのは経営がある程度軌道に乗ってからでもできることですので、最初のうちはお客さんや自分の経験値の幅を広げるためにも、さまざまなサービスを提供することにチャレンジしてみましょう! 集客に力を入れる どんなに素晴らしいクリーニング業者だったとしても、一人でも多くのお客さんに名前やサービスを知ってもらわない限り売上はあがっていきません。 広告活動には、チラシや電話営業だけでなく、インターネットを活用した方法があります。 ほかにも、大家さんに営業をかけることで複数のマンションの清掃を任せてもらえたり、クリーニング業者とクリーニング業者を結びつけるマッチングサイトを利用することで不特定多数に対して営業活動をかけたりすることもできます。 ただし、最初のうちどこに営業をかければいいか迷ってしまったり、せっかく営業をかけられそうな見込み客を見つけたのに営業に失敗してしまったり。 営業に難しさを感じることが多々あるかもしれません。 フランチャイズ開業であればフランチャイズ本部より営業のノウハウを教えてもらえたり、見込み客や既存客の紹介、営業戦略の提案などもしてもらえたりしますので、営業に自信がない場合にはフランチャイズ開業をおすすめします。 セールスポイントや競合他社との差別化を工夫する ハウスクリーニング業界は競合の激しい業界。 売上アップには競合他社と差別化を図ることが必ず必要となります。 サービスの内容に自分ならではのオリジナリティを出すことや「高層ビルの窓清掃専門」「高齢者をターゲットにした個人宅清掃」など、需要はありながらも専門性が高く競合が少ない分野に絞ってサービスを提供していくのが良いでしょう。 ただ、ハウスクリーニング業界自体を知っていないと競合他社との差別化を目指していくことも難しいはずです。 最初から競合他社との差別化だけを狙える仕事だけを獲得できるようにするのではなく、まずは下請けなどでさまざまなクリーニングに関する実績を積み、人脈を広げていくことに力を入れてみてください。 「それはわかっているけど、なるべく早く稼げるようになりたい!」と考えている人には、業界の知識やノウハウを提供してくれるフランチャイズ開業がおすすめ。 フランチャイズ開業では、未経験からでも業界の基本が知れるほか、競合との差別化を図るための戦略の提案もしてもらえますので、アイディアを考えるのが苦手なような人にもぴったりです。 ハウスクリーニングで高年収を実現している例 ハウスクリーニングで高収入をあげる方法を見ていると「難しそう…こんなことできるの…?」と不安になってしまいますが、実際、ハウスクリーニングで起業して高収入を得られるようになった方もいます。 起業から約2年半で総収入3000万円を突破したAさん ハウスクリーニングで起業し、最初の3ヶ月目こそは10万円にも満たない年収だったAさんですが、現在の平均年収は1000万円超え。 Aさんは、起業したばかりの頃は下請けとして仕事をしつつ自分が元請けになるために集客に意識を向けていました。 その成果もあり、起業から半年後には収入が100万円を超える月がでるように。 その後は仕事の効率化も図ることで順調に売上を伸ばし、起業から2年後には法人化。 現在では安定して年収1000万円を獲得しているようです。 ハウスクリーニングでの独立で気をつけること 高収入も狙えるために夢のあるハウスクリーニング起業ですが、始める前に考えなければならない、気をつけるべきポイントもいくつか存在します。 フランチャイズ開業したからといって必ずしも順調に稼げるとは限らない• 夫婦や家族、親しい友人と一緒に独立すると喧嘩になりやすい• どんなクリーニングを行うかによって仕事のやり方・取り方が大きく異なる• いつ何があるかはわからないので損害保険は必須 このように、ハウスクリーニング業での独立は夢がある一方で、独立開業だからこそのデメリットやリスクもつきまとっています。 デメリットやリスクについて知らないままだと始めてから痛い目を見てしまうこともありますので、独立の前にはそういった点にも目を向けるようにしてくださいね。 ハウスクリーニングで年収をあげるための事前準備 独立する際に気をつけるべきポイントは紹介しましたが、実際にどのようにして独立していけば失敗しないのかはわかりづらいものです。 最後に、ハウスクリーニングの独立開業で失敗しないために、きちんと年収をあげていくために行うべき事前準備を解説していきます。 自身の予算や資金に関する計画をきちんと立てる 不足の事態が起きてしまったときのための資金の担保も必要ではありますが、売上アップにつながる施策を行う際には一時的に売上が落ちたり出費がかさんだりして収入が減ってしまうものです。 独立をする際には余裕のある資金繰りになるようにきちんと計画を立てたうえで、開業準備やその他経費に回す予算額を考えてみてくださいね。 フランチャイズ開業のセミナー資料を企業から請求してみる フランチャイズ開業では開業準備から経営まで、さまざまなノウハウを教えてもらうことができます。 その代わりロイヤリティの支払いがあったりはしますが、個人で独立するのとは比べ物にならないほどのサポートを受けられることから、業界未経験者や初めての開業の方におすすめです。 ただし、フランチャイズ開業すれば必ず成功するということではなく、サポートを受けながら学んでいくという姿勢が大切です。 フランチャイズ本部となる企業によって受けられるサポートや得られるノウハウは変わってくるもの。 フランチャイズ開業で成功するためには、事前に複数企業のセミナー資料を請求し、受けられるサポートなどについてよく調べておきましょう。 複数の企業の条件を比較することによって、自分によりあっている企業を見つけられるはずですよ。 クレームについても対策を考えておく 「顧客満足度を高めるために何をするべきか」を考えない人はいないはずですが、「クレームになった際にどのように顧客満足度を取り戻すか」を考えない人は以外に多いもの。 クレームを受けた際に顧客満足度を取り戻せずに終わってしまうと、悪評が立つ原因になります。 競争の激しいクリーニング業界には悪評0の業者も多く存在することから、たったひとつの悪評でも大きな痛手になってしまいます。 クレームにつながるような事態を招かないようにすることも重要です。 しかし、自分がどんなに努力していても顧客の勘違いや下請けのミスによってクレームが起こってしまうことがあります。 クレームを完全にゼロにするのは難しいと初めから理解したうえで、最悪のケースへの対応を想定しておくことで、もしものことがあった場合でも信頼を失わずに済むようになります。 ハウスクリーニング業者として時代に合った技術を身につける 時代の変化とともにハウスクリーニングのなかで需要のある分野やサービスは少しずつ変化していきます。 顧客からのニーズに応えられるように、時代の流れやトレンドに常に関心を持ちましょう。 自分が提供しているものと顧客が求めているものに相違がないか、時代のニーズはどこにあるかにアンテナを張りながら、ハウスクリーニング業者としての技術を高め続けていきましょう。

次の

ハウスクリーニングで独立したい!集客のために知っておくべきこと | みんなのハウスクリーニング

クリーニング 独立

ハウスクリーニングで開業・独立するには? ハウスクリーニングを開業するにあたり、特別な 資格や許可は必要としません。 必要に応じて税務署への 開業届を提出しますが、誰でも新規参入は可能であり自由に開業をすることができます。 ですが許可や届出が不要な反面、 参入障壁も低く競合会社が多いのもハウスクリーニング業の特徴です。 低資本で始められるビジネスという事もあり、清掃業者だけでなく、一般の主婦でさえ副業的にハウスクリーニング業をこなしている人もいます。 またハウスクリーニング自体の需要が変動しやすい事から、 賃貸管理やビル管理業者が兼業としてハウスクリーニング業を行っているケースもあります。 今後は本格的な 高齢化が見込まれる事から、ハウスクリーニングの需要が一定数見込まれるものの、個人でハウスクリーニングとして起業していく為には、綿密な事業プランが必要と言えます。 ハウスクリーニングの開業資金はいくら? ハウスクリーニングの開業資金はいくらくらい必要なのでしょうか。 よくフランチャイズの開業資金として300~400万円といった広告を見かける事もありますが、個人で開業をした場合には開業資金をかなり抑える事も可能です。 車両や事務所費を除けば、清掃道具・洗剤だけであれば 10~20万円もあれば開業は可能です。 もちろん車両を購入するのであれば中古でも数十万円かかりますし、事務所を借りるのであれば保証金など賃料の10か月分程度は見込んでおく必要がありますが、ハウスクリーニングの開業に必ずしもそれらが 必須という訳ではありません。 ホームセンターやインターネットでも洗剤は購入することが出来ますし、一部の用品を除きクリーニング業者でなければ購入できないという事もないでしょう。 ハウスクリーニングの独立・開業で大切なことは、 用途に応じた洗剤の使い方・用具の使い方といった専門知識をしっかりと持つことです。 高額な洗剤を購入するよりも、選ぶ洗剤とその使い方を熟知している事が先決となります。 ハウスクリーニング業の利益はほぼ 技術料です。 プロとしてその技術を売っていく訳ですから、まずはクリーニングの専門知識を学ぶようにしましょう。 ハウスクリーニング開業の資格は? 先ほども少し取りあげたように、ハウスクリーニング開業にあたり特別な資格は必要ありません。 ですがハウスクリーニング系の資格を取得しておく事により、そこから 知識を得られる事もありますし、顧客獲得時に 信用に繋がることもあるかもしれません。 ハウスクリーニング系では 以下のような資格が挙げられます。 ハウスクリーニング技能士• ハウスクリーニングアドバイザー• クリーニングインストラクター• 掃除検定• ハウスクリーニング士 最初から洗剤や掃除用具の使い方を熟知していれば良いですが、全くの未経験から知識や技術を学ぶことが難しいという人もいるかと思います。 そのような人であれば資格取得から入るというのも一つの方法です。 また資格を取得しておく事で 転職時に有利になったり、 人に指導できる機会もあるかもしれません。 ですが繰り返しになりますがハウスクリーニング開業には 資格は必須ではありません。 資格を取得しなくても入社できる会社はたくさんありますし、ネット等でも基本的な情報であれば入手できます。 ハウスクリーニングの独立開業において、自分にとって資格取得が必要かどうかじっくりと検討するようにしましょう。 ハウスクリーニングで開業届けは必要? ハウスクリーニングで開業をする場合、 開業届けは必要になるのでしょうか。 どのような業種においても、開業時に開業届を提出する人は多くいます。 開業届を提出するという事は、税務署に 「個人事業の開廃業届出書」を提出するという事です。 開業届を提出することにより、 青色申告ができるようになったり、 屋号の銀行口座が持てる等のメリットが生まれます。 ですがこの開業届を未提出であっても、 罰則が定められている訳ではありません。 実際に提出しない人も中にはいます。 自分で開業届を提出したい方は、開業をしてから一か月以内には提出をするようにしましょう。 ハウスクリーニング開業に必要な道具は? ハウスクリーニング開業に 必要な道具にはどのようなものがあるでしょうか。 一例を挙げてみます。 掃除用具 電気掃除機・作業用エプロン・モップ・はたき・ほうき・ちり取り・たわし・雑巾・歯ブラシ・金属ブラシ・スポンジ・パッド・スクレイパー・バケツ・延長コード・コードリール・カミソリ刃・ドライバー・スクイジー・ゴム手袋・ハンドスプレー・クッキングペーパー・サンドペーパー・その他 洗剤 中性洗剤・弱アルカリ性洗剤・アルカリ性洗剤・漂白剤・クレンザー・溶剤・ペーパー類・金属磨き材・その他 上記は一例ですが、必ずしも 全てを揃える必要はありません。 ホームセンター等で揃えられる道具も多いですし、それこそちょっとした消耗品類であれば100円均一で購入できるものもあります。 ハウスクリーニングの独立開業で必要なコストは、主にこれらの道具・洗剤や車両維持費・ガソリン代が中心となります。 そのためこれらのかかる経費以外はほぼ利益となり、ハウスクリーニングがいかに 利益率の高いビジネスかが分かります。 ですがこれらの道具や洗剤は高額であれば良いという訳ではなく、その 用途に合わせた使い方が肝心です。 未経験者であれば信頼のおける会社に入社する等、一定期間 修行をしてから開業を検討するのが良いでしょう。 スポンサーリンク ハウスクリーニング開業時の年収は? ハウスクリーニングで独立・開業をした際、その年収はいくらくらいになるのでしょうか。 一概には言えませんが、開業時の年収は 200万円にも届かない人が殆どかと思います。 200万円と聞くと少なすぎると感じる人もいるかもしれませんが、現実として 開業時からハウスクリーニング業で大きな売上を築くことは中々困難です。 顧客を開拓していき軌道に乗っていったとしても、個人のハウスクリーニング業であればその 平均年収は300~400万円といった所でしょう。 年収として何とか食べていけるレベルの人も多く、サラリーマンの平均年収にも届かない開業者がかなりの数存在します。 またこの年収を維持するだけでも朝から晩まで働き、休みもほとんど取れないといった状態がしばらく続くかもしれません。 年収が安定しないうちはサイドビジネスとして他の仕事と並行する等、 生計を維持していく工夫も必要になります。 ハウスクリーニング起業で失敗する理由 ハウスクリーニングで起業をして大きな収入を築きたいと考える方は多くいるかと思います。 ですが残念ながら、その 多くの人が起業に失敗をし撤退していきます。 ハウスクリーニングの起業に失敗する理由として、まずその 参入障壁の低さが挙げられます。 「低資本で始められる」「資格・許可不要」「ランニングコストが多くかからない」等、誰でも簡単に取り組めそうなイメージから、 無計画に安易にハウスクリーニングで起業をする人は多いものです。 ですが現実としては、開業する事は簡単なものの、実際に売上を築くことが難しいことに起業してから始めて気付きます。 またハウスクリーニングと言うと、一般家庭に訪問してクリーニングを行い料金をもらうといった仕事をイメージする人が多いかと思います。 ですが実際には個人単位で ハウスクリーニング業だけで生計を立てる人は少なく、大手業者や関連業者が その複合業務の1つとしてハウスクリーニング業を行っているに過ぎません。 そのためもし個人でハウスクリーニング業を始めるとなると、必然的に 競合相手が大手会社になり、資本力のない個人は簡単に競争に負けてしまいます。 またハウスクリーニングと言うと大きな需要が見込めそうなイメージもありますが、個人家庭において その需要は僅かです。 例えば自分の家のキッチンが汚れているとして、一万円以上の費用がかかるハウスクリーニング業者にすぐに依頼をしようと考える人がどれくらいいるでしょうか。 恐らく多くの家庭では 自分で掃除してみようと考えたり、 ホームセンター等で見合った製品を購入して掃除しようと考える筈です。 それだけハウスクリーニング業はニッチであり、特に個人開業で仕事を拾っていく事は難しい事です。 ハウスクリーニング開業時は、軌道に乗るまでしばらくは厳しい売上数字が続くと考えていた方が良いのかもしれません。 ハウスクリーニングの集客 ハウスクリーニングを個人で開業するとしても当然に継続的な売上げが必要です。 個人でやるには経費などを差し引くと月収ベースで40~50万欲しい所ですが関東でもこれくらいの売上げを維持している一人親方は少ないもの。 1人開業で 月20~30万円の売上げがあれば成功の類と言えるでしょう。 大手の客単価が15000円前後とすると、個人でやる場合の単価が8000円としても月に25~40人の受注が必要。 1日1件と考えれば簡単そうにも見えますが、実際にはそこまで 受注に結び付かないのが現状かと思います。 開業当初は需要を掘り起こす意味でも、まずはハウスクリーニングサービスの快適さを 顧客に知ってもらう事も大切です。 どの家庭でも共通しているのは「クリーニング業者を呼ぶほどではない」という感覚からハウスクリーニング未体験の顧客が多いものです。 そのため最初は 無料や割引料金の提示・部分清掃などお試しのサービスを打ち出し、クリーニングサービス体験してもらう事が必須と言えるでしょう。 またハウスクリーニングに依頼する顧客は以前にも他業者で依頼していた経験がある人が多いので、自分に依頼してきたという事は前の業者に何か 不満が募ったケースもあります。 その不満を聞き出し、 それを満たす仕事をしてあげることは次回の仕事の受注にも繋がります。 特にお年寄りはクリーニング以外の仕事を頼んでくる事も多く、この仕事は御用聞きの一面もありハウスクリーニング業は顧客の信頼を得る事が大切です。 顧客との信頼関係が構築できれば、掃除以外の仕事を任される事もあるでしょう。 またハウスクリーニングのターゲットは単身世帯よりは、 高齢・ファミリー世帯です。 若年層はハウスクリーニングに依頼するという発想自体が頭にありません。 ファミリー世帯では共働きの人もいれば高齢の人・小さいお子さんがいる人・主婦でも掃除が嫌いな人・ハウスダスト等で清掃が難しい人・素人の清掃ではどうにもならない状態になってしまった場合等、色々なケースが想定されます。 またハウスクリーニング業の リピート率というのは他業種と比較しても高いと言われています。 掃除は定期的に必要であり、一度そのハウスクリーニングの仕事や料金設定に満足した顧客はリピートする確率が高いです。 高齢者や主婦顧客であれば、その 口コミから受注を見込みやすいといったメリットもあります。 大手と差別化をするには? 大手サービスを見るとエアコンクリーニングやフロアクリーニング・キッチンクリーニングなどサービスが区分けされ提供されている事も多いかと思います。 しかしその殆どが技術料と人件費として成り立っており 資材コストはその内の僅かでしかありません。 大抵のハウスクリーニング業者の資材コストは売上げの10%以下。 価格競争に巻き込まれる恐れはあるものの、まだまだ低価格での提供余地はあると思いますし、大手が提示している金額よりも 割安に作業を行う事が出来る筈です。 また個人開業でハウスクリーニングを考えるのであれば 専門分野を作る事が考えられます。 例えばキッチンのクリーニング専門や風呂場専門・床面のクリーニングなどその専門性に特化して仕事を請け負うこともあります。 浴室1つを取ってもカビ汚れは素人では除去できないケースも多かったり、風呂釜のパイプは水垢や髪の毛が密着している事も多いものです。 依頼者の中には作業が困難という人の他にも時間がない・作業が面倒等の理由でクリーニングを依頼したい人もいるでしょう。 特に油汚れが取りにくいキッチンや分解が必要なエアコンなど、 素人が掃除する事が難しい専門分野に的を絞りPRしていく事が効果的です。 また一般家庭のクリーニングだけではなく オフィスのクリーニングも検討できます。 ご存じの通り現在のオフィスでは様々なOA機器を設置しておりそのクリーニング方法も様々。 機器や家具の種類により洗浄方法も異なる為、それに応じた 洗浄技術やノウハウが必要になり、OA機器やブラインド・ローパーや天井など部位に応じた洗浄が求められます。 またオフィスは主に土日祝にクリーニングを依頼する傾向がある為、ハウスクリーニング開業を副業的に考えている人でも検討できます。 ハウスクリーニングと不動産業者 ご存じの方も多い通り、ハウスクリーニング業者が多くの顧客を掴めるパートナーとして 不動産業者があります。 不動産業者は 管理物件をかなり抱えていますし、入居者が退去すると 原状回復工事が必要になります。 主にはクロスの張り替えや清掃がメインになってきますので、ここに食い込めれば収入は安定します。 賃貸市場は1~3月が繁忙期・また清掃業は 年末の11~12月が繁忙期になりますので、秋口から冬の終わりにかけて集中して営業をかけていく事になります。 しかし当然に不動産業者には既に 提携先業者がある事が普通ですので、既存の提携先よりも大きな差別化や低価格サービスを打ち出した内容で営業をかけなければなりません。 価格帯を他社より安くしたりクロス単価を引き下げる・引っ越しの一部を請け負う・アパマンだけではなくテナント清掃等も請け負う等、色々とアイデアを考える必要があります。 また不動産屋に限って言えば不動産屋は3種類あり、 FC系・大手・地場の不動産屋などがあります。 ですが大手やFCほどハウスクリーニングの依頼の単価が安く、管理物件を抱えず仲介専門の場合が多い事や、自社でハウスクリーニングのシステムが既に確立されている事も多いです。 ですから地場の不動産業者と懇意になって仕事をもらい幾つも掛け持ちする形が一番稼ぎ易いようにも思います。 個人が不動産業者とパイプを持つ事は中々難しいですが、繋がりが持てればハウスクリーニング業として 収入は安定しやすくなります。 ハウスクリーニングの開業・独立まとめ ハウスクリーニング開業について書いてみました。 ハウスクリーニング業界というのは他業種と比較するとまだまだ独立者が少ないように感じます。 もちろん簡単に稼げる業界ではなく、やはり競合が多過ぎるという点・ノウハウが周知されていない事・肉体労働であるという事が、独立希望者がイマイチ増えない理由の1つにもあると思います。 個人がこれから参入していくのはハードルも高いですが、やり方次第ではまだまだ需要は掘り起こせるかと思います。 興味がある方はまずどこかの会社に入社をし技術・ノウハウを吸収する事から検討してみるのも良いのではないでしょうか。 それでは今日はこの辺で。

次の