池袋 事件。 【池袋ホテル事件】荒木ひろみの顔画像!場所はthe atta!病院行くのに、なぜラブホ?

【池袋の治安】 池袋の危ない場所 北口や西口は危険地帯?

池袋 事件

この記事はざっとこんな感じ!• 池袋ホテル殺人事件の犯人!埼玉県の22歳大学生を逮捕! 池袋一丁目のホテル 「 ホテル ジアッタ( HOTEL THE ATTA)」で、江東区の荒木 ひろみさん 36歳 が死体で発見された事件。 この事件の犯人として、 埼玉県入間市に住む 22歳の大学生が逮捕されました。 東京・池袋のホテルで袋やシーツにくるまれた状態で36歳の女性の遺体が見つかった事件で、埼玉県の20代の大学生が事件に関わった疑いがあるとして警視庁が任意で事情を聴いていることが捜査関係者への取材でわかりました。 遺体が発見される1時間ほど前に部屋を出た男に特徴が似ていて、警視庁は容疑が固まりしだい、 殺人などの疑いで逮捕する方針です。 今月12日の午後8時半ごろ、東京・豊島区池袋のホテルの部屋で、江東区の無職、 荒木ひろみさん(36)が手足を縛られ、布団の圧縮袋のようなものに入れられたうえ、シーツでくるまれた状態で死亡しているのが見つかりました。 女性は首を圧迫されたことで窒息死した疑いがあり、警視庁が殺人事件として捜査していますが、 埼玉県入間市に住む20代の大学生が事件に関わった疑いがあるとして任意で事情を聴いていることが捜査関係者への取材でわかりました。 ホテルの防犯カメラには女性の遺体が発見される1時間ほど前に、若い男が1人でホテルの部屋を出て逃げる姿が写っていて、大学生と特徴がよく似ているということです。 警視庁は、容疑が固まりしだい、殺人などの疑いで逮捕する方針で、2人の接点についても解明を進めることにしています。 しかし、逮捕された大学生の名前や顔画像について報道されることはありませんでした。 埼玉県入間市の22歳大学生の名前や顔画像は?池袋ホテル殺人事件 そこで、池袋ホテル殺人事件の犯人として逮捕された、 埼玉県入間市の22歳大学生の名前や顔画像について調べてみました。 犯人の名前は北島瑞樹容疑者(22歳)で顔画像がこちらです。 北島瑞樹容疑者の犯行動機などについては、まだ詳しいことは分かっていません。 表情を見る限り、殺人を起こすような人物には見えませんね。 北島瑞樹は私立大学「大東文化大学」の劇団員 逮捕された 北島瑞樹容疑者は、 私立大学「大東文化大学」の劇団サークル「劇団虚構」に所属していたことが分かっています。 劇団サークル 「劇団虚構」の公式HP、公式ツイッター共に、現在は削除されています。 劇団での活動の様子がこちらです。 劇団サークル 「劇団虚構」に所属している仲間たちは、北島瑞樹容疑者の逮捕を受け、かなり驚いているのではないでしょうか。 圧縮袋を使った拘束プレイ 今回の、池袋ホテル殺人事件では、圧縮袋を使ったSMプレイで、使い方や加減を間違えた事故なのではないかと言われています。 北島瑞樹容疑者が逮捕されたとのことで、その予想がより可能性として浮上しています。 ですが、二人の関係は何だったのでしょうか? 二人には13歳差の年齢差があったことが分かっています。 また犯人の北島瑞樹容疑者は大学生。 男性は1時間早くホテルに到着していることからも、 二人が交際関係にあったとは考えにくそうですね。 死因は窒息死で原因は拘束プレイの事故? 北島瑞樹容疑者は、 「手で首を絞めた」と供述していることが分かっています。 殺意があったのかどうかについては現在も分かっていません。 しかし、荒木ひろみさんが圧縮袋に入っていたことなどから、 拘束・窒息プレイを行っていた可能性があると思われます。 その中で、行き過ぎたプレイで事故が起きてしまったと考えられそうです。

次の

池袋暴走事件の飯塚幸三が逮捕されず、神戸市バス大野二巳が逮捕される理由は?上級国民に怒りの声多数!

池袋 事件

池袋駅構内大学生殺人事件 場所 日付 概要 21歳の大学生が口論の末、サラリーマンと思しき男に撲殺された。 死亡者 21歳の大学生 動機 不明(因縁?) 対処 捜査中 池袋駅構内大学生殺人事件(いけぶくろえきこうないだいがくせいさつじんじけん)とは、にの(JR東日本)構内で発生した。 による正式名称は「 JR池袋駅山手線ホーム上立教大生殺人事件」。 この事件ではの父親がを懸け情報を収集するなどしているが、となっている。 また事件は大勢に目撃されており、現場となった池袋駅には目撃者のなどを基に作成されたのが貼られている。 なお本項では、当事件のが結成した 犯罪被害者家族の会(ポエナ)についても扱う(参照)。 事件の概要 [ ] 1996年4月11日午後11時30分頃、池袋駅の外回り7・8番線で当時の学生であった男性(当時21歳)が男に絡まれ、顔を殴られ転倒した際に後頭部を強打し、5日後に収容先ので死亡した。 目撃者の証言によると、犯人は事件後、山手線で方面に向かったというが、その後の足取りは不明となっている(同駅までの乗車は目撃されているが、この駅で降車したのかどうかは不明)。 被害者の男性は帰宅途中で、犯人の男との何らかのに巻き込まれたとみられている。 当初は傷害致死事件として扱われていたが、7月に被害者の父親が3万5000人分の署名と延長を求める嘆願書をに提出した。 その結果、の公訴時効(7年)成立直前の3月に容疑が(当時15年)に切り替えられた。 2010年4月に殺人罪の時効が撤廃されると同時にの対象事件となった(遺族の希望で度より指定を辞退)。 犯人の特徴と似顔絵の作成 [ ] 事件は池袋駅の山手線ホーム上で起きたこともあって近くで数十人に目撃されている。 目撃者の証言により分かっている犯人の特徴は以下の通りである。 またこれらの情報などを基に犯人の似顔絵が作成され、現場となった池袋駅などにも貼られている(似顔絵等の詳細については「」を参照)。 24歳~38歳、身長は170~180cmでがっしりとした体格。 右の目尻に3つの古傷があり、目つきは据わっている。 また、二重あごである。 黒っぽいグレーのスーツを着たサラリーマン風。 似顔絵とよく似た男の目撃 [ ] 遺族である被害者の父親は事件から2か月後に、右目尻に古傷がありこの似顔絵とよく似た男をで目撃し尾行している。 この男は駅前のに入った後、に乗ってまで移動した。 同駅の改札を一度出た後に再度定期券で入場して方面のホームに下ったところで、電車から降りてきた乗客に阻まれ見失ってしまったという。 なお、同駅は犯人の足取りが最後に確認された日暮里駅より常磐線(快速)で5駅目にある。 犯罪被害者家族の会(ポエナ) [ ] 犯罪被害者家族の会 Poena Association of Crime Victim's Families Poena 設立 4月 種類 市民団体、 法的地位 目的 防止および・家族の互助活動、やによる事件 (現行法上の境界領域事件)などの被害者・家族への支援、の支援および情報提供キャンペーン 本部 ・(連絡先) 公用語 重要人物 小林邦三郎(会長) ウェブサイト この事件の遺族である被害者の父親は、事件発生から10年となる、他の犯罪被害者の遺族らに参加を呼び掛け、「 犯罪被害者家族の会 Poena(ポエナ)」(英語表記: Association of Crime Victim's Families Poena)を発足させた。 殺人事件など凶悪事件の時効の延長を求める活動(ではに公訴時効はない)や、犯人の情報提供を求めることなどが主な活動内容となっている。 2010年、殺人罪・の公訴時効廃止などが盛り込まれたが成立し、即日施行された。 この法改正は施行時に公訴時効を迎えていない過去の未解決事件にも適用されることとなったが、同会は他の犯罪被害者遺族団体である(あすの会)や(宙の会)の主張とは異なり、既に時効が進行中の事件に対する時効の延長・廃止の適用が近代刑法の原則であるに反する可能性があることから、公訴時効の廃止を要望していたものの遡及適用については一貫して反対している。 この事件の遺族である父親は、2012年度の捜査特別報奨金制度における当事件の指定を辞退している。 さらに、2012年にはを訪れての終結を要望している。 理由について父親は、上述の法の不遡及の問題から「後から法律を変えてよいことになれば、法を守る意識も薄れてしまう。 被害者感情が法を歪めてしまうことへの疑問もある」と述べている。 関連項目 [ ]• (あすの会)• (宙の会)• 脚注 [ ] []• 毎日新聞. 2012年4月16日. 2012年4月17日閲覧。 [ ]• ( 犯罪被害者家族の会 活動報告 2012年4月22日掲載) 外部リンク [ ]• (公式サイト) この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

附属池田小事件

池袋 事件

池袋通り魔事件<事件概要> 1999年9月8日午前11時40分頃。 東京都豊島区東池袋の東急ハンズ前で、上がってくるエスカレーターの前に包丁と金槌を持って立ちはだかり、いきなり 「ムカついた、ぶっ殺す! 」と叫び、エスカレーターで上がってくる人を手当たり次第に無差別に刺した。 そのまま男はエスカレーターを降りながら すれ違う高校生を刺していった。 白昼の池袋で 2名を殺害6名を負傷させたのは 殺人鬼 造田博 亡くなったのは最初に刺された老夫婦の妻(66歳)。 そして、それから途中で刺された若い夫婦の妻(29歳)。 29歳の刺された妻は「私このまま死んじゃうのかな?」と一言残し、そのまま亡くなった。 造田博が池袋通り魔殺人事件を起こすきっかけは何だったのだろうか。 スポンサーリンク 池袋通り魔事件<造田博の動機> 直接的なきっかけはハッキリしていた。 造田博は当時新聞配達のアルバイトの仕事をしており、 事件が起こる少し前に朝、寝坊し遅刻をしてしまった。 そのことから、携帯電話を持たされることがあった。 その携帯電話持たされた深夜。 造田博が持つ携帯電話に無言電話がかかってくるようになったのだ。 この無言電話がきっかけとなった。 造田博が持つ携帯電話の番号を知っているのは新聞配達の仲間だけ。 つまり無言電話はその仲間のうちの誰か。 このイタズラ電話に造田博は激怒。 「わし以外のまともな人が、ボケナス殺してるけえのお。 わしもボケナスのアホ、全部殺すけえのお。 今すぐ永遠じごぐじゃけえのお。 」 配達所に書き置きを残し、壁に貼り付けて造田博死刑囚はそのまま失踪し、事件が 「誰でもいいから殺したかった・・・」 スポンサーリンク 池袋通り魔事件<裁判と犯人の信じられない本性> 2002年1月18日、東京地方裁判所で造田博は死刑判決を言い渡された。 造田博は死刑が求刑された直後に書いた直筆の手紙を書いている。 そこには反省の色など微塵も感じさせない造田博死刑囚の本性が映し出されていた。 池袋通り魔事件<造田博死刑囚の手紙> 私は求刑で死刑になりましたけど、今の日本や世界の社会の状況で私が死刑なんてないと思います。 警察官が平気で私に死刑の休憩出すのだったら他の人もみんなカンカンになっていると思い ます。 私は控訴上告しようと思っています。 その後、 2003年9月29日、東京高等裁判所で控訴棄却。 2007年4月19日、最高裁判所で上告を棄却。 造田博の死刑が確定した。 スポンサーリンク 裁判で死刑が求刑されたあとの造田博死刑囚はどのようにしてしているのか? それについては拘置所・衛生夫が造田博死刑囚の様子について語ったことがある。 「造田は何もしゃべらず、下を向いて一日を過ごしています。 〝お茶要ります か? 〟と聞いても、やや間を置いて手でバッテンの合図をするくらいで、私は彼の 声を一度も聞いたことがありません。 また、汚くてどうしようもない人間で、シャ ツも洗濯しないから、白いシャツが真っ黄色になってしまっているんです。 トイレ も絶対に流さないので、房は臭くて仕方がない。 一言で言えば〝廃人〟同然の人物 で、扱いにくさでは、フロアで屈指でした」 職場での嫌がらせがきっかけで無差別に人を殺害する。 この行動自体も理解できないが、死刑求刑後であっても自らの罪を認めないことに憤りを感じる。 造田博死刑囚は拘置所で親族や友人などに手紙を送っているが、その手紙の文字はあの幼女連続誘拐殺の宮崎勤とよく似た、少しずつ細くなっていく小さな文字だったという。

次の