オータ事件。 ヒンターカイフェック事件

ビオータの悪い評判を聞きます〜その理由の実態は!

オータ事件

オーン・フリー・ターとの補佐 かつて裕福な徴税官だったオーン・フリー・ターは、の在任中における元老院議員であり、政敵の後継者でもあった。 この肥満体のトゥイレックは、元老院で最も貪欲で腐敗した、わがままな議員の1人となったのだ。 彼は自分と同様に腐敗し、後に分離主義者となったやと一緒にいることが多く、いつも女性トゥイレックの補佐たちを近くに従えていた。 これらの補佐には、白いトゥイレックの男性、赤い・トゥイレックの女性、、、の、そしての男女がいた。 女性に関しては実務能力よりも容姿が重視されていたようだが、レサンはの肩書きを保持していた。 ターはの議員たちのリーダーであり、そのため彼は局地的な紛争における共和国の介入を極力減らす方向性を指示していた。 また、ターはのポストにの、のポストにの両方を推薦した議員でもあり、そのいずれもが指名選挙で当選を果たしている。 ターはおよびのメンバーであり、またの創設メンバーの1人でもあった。 における軍国主義者だった彼は、の暴力蔑視の文化に反しての最大の支持者だったのだ。 だが、彼も勃発の直前には、と交渉を行おうとするパルパティーンの取り組みを支持していた。 クローン大戦 ライロスの戦い 後のオーン・フリー・ター ター議員の故郷、がによるを受けたとき、彼は真に祖国の市民の生活を心配した。 軌道の封鎖と地上での猛攻撃によって、抵抗活動は失敗したかと思われていたのである。 はライロスへ物資を届けるため議員をへ派遣し、に人道支援を求める交渉を依頼した。 ターもを通じてに個人的な嘆願を行い、市民の苦しみを伝えたのである。 だが、を代表する議員が、ライロスへの支援はトイダリアの中立性の終焉を意味することになると反論した。 そこでカトゥーンコは、公には戦争への関与を拒否したが、ドッドに気づかれないよう、密かにライロスへの物資補給を支援したのである。 とによる軍事作戦の成功によって分離主義勢力の封鎖が解除され、地上攻撃が始まると、・はターおよびと交信を行い、これまでにが多数の村との南半球の奪回に成功したことを報告した。 ウィンドゥは、首都を奪回すれば分離主義勢力の占領は崩壊するだろうと主張し、そのためにはターの政敵であるの助けを得ることが必要不可欠であると考えていた。 ターとシンデューラは互いに同盟を結ぶことに懐疑的だったが、ウィンドゥは人々を救いたいという共通の希望を達成させるため、両者が力を合わせることに尽力する。 ターは戦闘終結後にクローン軍が速やかにから撤退することを保障し、一方でシンデューラはターから政治的権力を奪取することを望まないと約束したのだった。 そしてマスター・ウィンドゥが首都を奪回し、分離主義勢力のリーダー、を拘束した後、ター議員も故郷を訪れ、ライロスの勝利と解放を祝うパレードに参列したのだった。 中立星系評議会 中のあるとき、ター議員はのから、への加盟について検討して欲しいと依頼された。 そして彼女がでの陳情のためへ向かったとき、彼も公爵に同行したのだった。 ターはクライズのに搭乗し、公爵の暗殺を狙うとの放った恐ろしいを目撃することになる。 だが公爵暗殺の企ては、・との活躍によって阻止されたのだった。 元老院人質事件 の最中のオーン・フリー・ターと 悪名高きとその仲間のハンターたちがへの侵入に成功し、重要な議員たちの一団を人質に取ったとき、オーン・フリー・ター議員はに非常事態の警告を行った。 ターはパルパティーンと共にこのの間、ずっとに閉じ込められており、2人は賞金稼ぎたちの要求、すなわち犯罪王の釈放に屈することを拒否したのである。 しかし、ベインが元老院を完全に制圧したことが明らかになると、パルパティーンもやむなくに恩赦を与えることに同意した。 ターは元老院の権限をもって、ズィロの釈放を許可する恩赦チップをへ届ける役に指名される。 そしてズィロの釈放後、ターは議長の安全を保障するために部隊を編成し、さらにベインの逃走を阻止しようと試みた。 だが、ベインは爆弾を仕掛けた部屋に人質の議員たちを閉じ込めており、は彼を黙って逃すしかなかったのである。 その後、ベインはとの約束を無視して爆弾を起動したが、・が彼の裏切りを見通しており、人質たちの命を救うことに成功したのだった。 人物と特徴 オーン・フリー・ターと2人の女性 オーン・フリー・ターは、の19年前にが解散されるまで、を主導した非常に冗舌なだった。 もう1人の肥満体の、と同様に、彼は通常のトゥイレックのが2本であるの対して、4本のレクーを生やしていた。 彼はその体重のおかげで、トゥイレック男性一般に見られる大きな額から1対の太い前部レクーを生やすことができたのだ。 トゥイレックの文化では、この4本のレクーは力と魅力の証とされている。 さらに、他の多くのトゥイレックは5本指だが、彼の指は4本しかなかった。 また、彼は一般的なトゥイレック男性と同様の鋭く尖った牙を生やしていた。 ターは故郷を心から気遣い、常に最善を尽くしていたが、それでも彼はで最も貪欲かつ腐敗した議員たちの1人だった。 貧しいの出身のオーン・フリー・ターは、に滞在する間、その欲望を満たすために自ら地位と影響力を存分に利用したのである。 堕落した彼は豪華絢爛なローブと美しいトゥイレックの配偶者たちでその富と権力を誇示し、コルサントの超高層ビルにある贅沢なペントハウスで暮らしていたのだった。 登場エピソード• 外部リンク•

次の

タイオワン事件

オータ事件

経緯 [ ] 朱印船貿易と台湾 [ ] が行われていた初期、()は以来された国としか貿易を行なっていなかった上にによる影響により日本商船はほぼ中国本土に寄港することはできなかった。 そのために中継ぎ貿易として主な寄港地は()や()などがあり、また南部には昔から明(中国)や日本の船などが寄航する港が存在した。 当時、、()、()、()の商人が日本貿易やの貿易の主導権争いを過熱させる時代でもあり、(8年)には明(中国)のにあるポルトガル王国をネーデルラント(オランダ)が攻撃した。 しかし敗退したネーデルラント(オランダ)は対策として台湾のを占領し要塞を築いてポルトガルに備えた。 このことに明(中国)は大陸から近い事を理由に澎湖諸島の要塞を放棄することを要請し無主の島である台湾から貿易をすることを求めたため、2年後の(寛永元年)、ネーデルラント(オランダ)は台湾島を占領、を築いてのをタイオワンと呼び始める。 中国商人はこれを受け入れたが、(長崎代官で貿易家の1人でもある末次平蔵の配下)ら日本の商人達はこれを拒否した。 これに対し、オランダはピーテル・ノイツを台湾行政長官に任命し、(寛永4年)、将軍との拝謁・幕府との交渉を求め江戸に向かわせた。 ノイツの動きを知った末次平蔵も行動に出る。 同1627年、浜田弥兵衛が台湾島から日本に向けて16人のを連れて帰国。 彼らは全土を将軍に捧げるためにやって来た「高山国からの使節団」だと言い、将軍に拝謁する許可を求めた。 しかし当時の台湾はが激しく皆一様にを患っていたため理加という者のみを代表として拝謁させ、残りは庭に通すのみの待遇となった。 彼らはあまりにも汚れていたため、城の者から2度と連れて来ないようにと言われたという話もあり具体的な話が進められたわけではなく、遠路から労いも含め皆、将軍家光から贈り物を授かり一旦帰国の途に着いた。 しかしながら、結果としてノイツの家光への拝謁を阻止することに成功し、ノイツは何の成果もなく台湾に戻った。 タイオワン事件 [ ] 浜田弥兵衛らに捕らえられるピーテル・ノイツ、1628年 6月(寛永5年5月)タイオワン(台南・安平)のノイツは平蔵の動きに危機感を強め、帰国した先住民達を全員捕らえて贈り物を取り上げ監禁、浜田弥兵衛の船も渡航を禁止して武器を取り上げる措置に出た。 この措置に弥兵衛は激しく抗議したがそれを拒否し続けるノイツに対し弥兵衛は、終に隙をついてノイツを組み伏せ人質にとる実力行使に出た。 驚いたオランダ東インド会社は弥兵衛らを包囲するも人質がいるため手が出せず、しばらく弥兵衛たちとオランダ東インド会社の睨み合いが続いた。 しかしその後の交渉で互いに5人ずつ人質を出しあい互いの船に乗せて長崎に行き、長崎の港に着いたら互いの人質を交換することで同意、一路長崎に向けて船を出した。 無事に長崎に着くとオランダ側は日本の人質を解放、オランダ側の人質の返還を求めた。 ところが、長崎で迎えた代官末次平蔵らはそのままオランダ人達を拘束、大牢に監禁してを閉鎖してしまう。 この事態に対応したのは総督。 クーンは状況把握のため装備主任を特使として日本に派遣したが、主と末次平蔵はヤンセンが3代将軍に会うため江戸へ行くことを許さず、将軍家光の名を騙った返書を作成してヤンセンに渡した。 その内容というのは主に、「先住民を捕らえ、日本人の帰国を妨害したことは遺憾である。 代償としてタイオワンの熱蘭遮(ゼーランディア)城を明け渡すこと。 受け入れれば将軍はポルトガルを憎んでいるのでオランダが貿易を独占できるように取り計らう」というものでヤンセンは将軍に会えないままバタヴィアにこの返書を持ち帰った。 しかしヤンセンがバタヴィアに戻ると総督クーンは病死しており、彼を迎えたのは新なオランダ領東インド総督であり、かつて平戸で商館長()を勤めていただった。 長年日本で暮らし日本と日本人を研究していたスペックスは、これが偽書であることをすぐさま見抜きヤンセンを再び日本に派遣した。 収拾 [ ] 以後の具体的な内容を記録するものは日本側に残されていない。 長崎がオランダ側に語ったのは「平蔵は近いうちに死ぬだろう。 」というもので、末次平蔵はこの後、獄中で謎の死を遂げている。 当時の日本は鎖国体制に入ろうと外国との揉め事を極力嫌っていたうえ、オランダ側の記録には将軍が達に貿易に関わる事を禁じていたが閣老は平蔵に投資をして裏で利益を得ていたため切り捨てられたらしいことが噂されているなどの記述がある。 オランダは「この事件は経験の浅いノイツの対応が原因であるためオランダ人を解放してさえくれれば良い」とし、ノイツを解雇し日本に人質として差し出した。 日本側は、オランダ側から何らかの要求があることを危惧していたが、この対応に安堵し、これが後に鎖国体制を築いた時にオランダにのみ貿易を許す一因ともなった。 なお、ノイツは1632年から1636年まで日本に抑留されていた。 (寛永13年)、の代理としてしたは、5月3日 [ ]の拝謁の際に将軍家光に銅製の灯架を献上。 家光はこれを非常に気に入って返礼として銀300枚を贈った。 この時、以前より平戸藩主からノイツの釈放に力を貸すよう頼まれていたのがノイツの釈放を願うとすぐに許可された。 カロンが献上した灯架(燈籠)は、その後に飾られ、今も同所に置かれている。 (寛永9年)閉鎖されていた平戸オランダ商館は再開。 (寛永11年)には日本人が台湾に渡ることは正式に禁止され、その後はが誕生するまでネーデルラント(オランダ)が台湾を統治している。 ツンベルクの記述 [ ] 安永4年(1775)にの医師としてに滞在した人のは、その著書『日本紀行』の中で本事件について触れている。 ツンベルクは日本人は自尊心が高く、西洋人の滑稽さや不正は忘れて許してくれるが、傲慢な軽蔑的態度は許しがたい罪を犯したとみなすと評したのち、本事件に関するの『』の記述を引いて、本事件は日本人商人に対するノイツの扱いが非常に酷かったため、日本君主および国民に対する甚だしい侮辱であると憤慨した侍臣たちによる復讐である、としている。 日本人は正義の念あつく自負心強く勇敢な国民であるため侮辱を加える者には容赦なく、また、普段は怒りや憎しみの情を表さず、侮辱に対して言い返して自分を慰めるようなことをしないが、憎厭の念を心中にため込み、機が至れば直ちに殺傷に至るような復讐に出ると注意を喚起している。 参考書籍 [ ].

次の

オータ事件とは? 本当にあったの? やけにマスコミが隠している秘密

オータ事件

例年にも増して話題作が並んだ2018年カンヌ国際映画祭で、パルムドールを受賞した『万引き家族』と共にコンペティション部門で話題をさらい、見事脚本賞を受賞したのが本作『幸福なラザロ』だ。 前作『夏をゆく人々』で鮮烈な印象を残し、世界が注目した才能アリーチェ・ロルヴァケル待望の監督最新作である。 時は20世紀後半。 純朴なラザロと村人たちは、小作制度の廃止を隠蔽する侯爵夫人に騙され、社会と隔絶した生活を強いられていた。 ところが夫人の息子が起こした誘拐騒ぎをきっかけに村人たちは初めて外の世界へ出て行くことになる。 だが、ラザロだけは・・・。 ロルヴァケル監督は、イタリアで実際にあった驚愕の詐欺事件を知った驚きをきっかけに本作を構想、主人公となるラザロを誕生させた。 ラザロとは、キリストの奇跡によって死後4日目に蘇生する聖人で、ゴッホ、レンブラント、カラヴァッジョ、ルドンなども描いてきた存在。 本作のラザロは立派な英雄でもなければカリスマ性もない。 何も持たず、何も望まず、目立つこともない。 しかしシンプルに生きるその姿はあまりにも衝撃的だ。 『道』のジェルソミーナ、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のセルマ(ビョーク)を超える、ラザロの無垢なる魂は観る者に圧倒的な幸福感を与えるだろう。 NYタイムズが2018年ベスト映画の5位に選出し「すでに古典といえる最高傑作」と激賛。 また本作を観たマーティン・スコセッシはその才能を絶賛し、映画完成後という異例のタイミングながらプロデューサーに名乗りを上げたことも注目に値する。 主人公ラザロを演じるアドリアーノ・タルディオーロは、公立高校在学中に監督によってスカウトされ、1,000人以上の同年代男子の中から発掘された新星。 それまで全く演技経験はなかったが、その無垢な瞳は見る者の心を溶かし、まさに現代に蘇ったラザロを体現し圧倒的かつ鮮烈な印象を残す。 そのほか、イタリア映画界を代表する女優で監督の実の姉であるアルバ・ロルヴァケルが『夏をゆく人々』に続いて出演。 侯爵夫人を『ライフ・イズ・ビューティフル』などで知られる女優ニコレッタ・ブラスキが演じる。 公開決定に合わせて、日本版ビジュアルもお披露目に。 社会と隔絶された小さな村でラザロ達が働く広大なタバコ農園を背景に、暖かな日差しを浴びて笑みを見せるラザロと村人たちの姿を捉え、作品に溢れる幸福感を感じられるデザインとなっている。

次の