あお ざく ら 防衛 大学 校 物語。 【35話無料】あおざくら 防衛大学校物語

あおざくら 防衛大学校物語(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

あお ざく ら 防衛 大学 校 物語

この競技会が終わると私服外出や外泊の許しをもらえる為、一人前の防大生になるための登竜門と言われています。 カッター艇の練習は体力勝負? 朝の一学年のお世話を済ませ走水海上訓練所に集まる二学年の学生達。 二学年の練習にかける体力を無駄にしない為、艇の準備は全て上級生が済ませてくれていました。 それを見た二学年は、何をするにも準備ばかりしてきた一学年の時を思い、 神待遇! と感動しますw 2学年が中隊毎に分けられたチームに対し、数人の4学年が指導にあたり優勝を目指すので、近藤のチームには小隊が違うが同じ中隊の 土方や 乙女ちゃんに、同じ113小隊の 武井も居ます。 土方の小者感が強まる いよいよ練習が始まり総員配置に付きます。 櫂を握ると土方が近藤に向って「中隊の名誉のため優勝はするが、足を引っ張るキサマに活躍の場は与えない」とボソッと呟きます。 近藤にみんなを引っ張るリーダーとしての素質があるのは間違いないし、このままじゃ負け犬の遠吠えになっちゃうよ。 土方もカッター競技会を経て一皮むけて欲しいですね。 朝起きたらまず一番にベッドメイクするのですがそのことを 「起きたらまずバームクーヘンだ!」って部屋長が言ってるのが笑えましたww え?朝ごはんバームクーヘン??って思ったら、毛布をキレイに折りたたんだ時の揃った端がバームクーヘンの断面に似てるからそう言われるらしいです。 防大用語とか防大特有のルールとか出てくるの面白いです。

次の

あおざくら防衛大学校物語 第5話「変貌」感想

あお ざく ら 防衛 大学 校 物語

周りの様子に小島君は、 早さを競っているのか…? と訝しみます。 いえいえ、防大生は忙しいからゆっくりお風呂に入る時間も取れないんですよね~。 近藤もいつもの癖でシュババッと体を洗い終え、3秒で湯船にインしますw しかしまだ小島君はお客様。 そこでハッとし、「ゆっくり浸かろう!」と言いました。 湯船に浸かりながら小島君は、覚えなきゃいけないことが多くて頭がパンク寸前だと言いました。 でも今の状況はまるで異世界に来て、子供に戻って生活の全てを一から教わっているようだと楽しそう。 近藤は小島君に、何で野球を頑張ってたのに防大に来たのか尋ねます。 自分だけ本音を話さないのはフェアじゃないと思ったのか、近藤は朝濁してしまった自分の本当の志望理由を包み隠さず話しました。 そのうえで、いろんな人や未知の出来事と出会う事ができて本当に良かったと思っていることを話しました。 小島君は、自分の志望理由を「真のリーダーってやつになりたくて。 」と話します。 そして、 学年のリーダー的存在である近藤に対番やってもらえて嬉しい!と激しく盛り上がりますw それを見ていた先輩方、すぐに学内に情報を回し近藤の呼び名は『近藤リーダー』に………w 甲子園の悔しい思い出 着校一日目の消灯を迎え、ベッドに入る小島君。 しかし全然眠くならず、近藤に言われた「なんで防大に?」という言葉を思い返し、自分の野球部引退の日のことを思い出していまいた。 小島君が三年の時、主将を務めた野球部は甲子園行きを逃してしまいました。 引退する三年の代表として、部に残る下級生達に言葉を掛ける小島君は甲子園へ行けなかったことを謝ります。 そして心の中で、 オレがリーダーとしてもっとみんなを支えてやれたら… と自責の念にかられるのでした。 野球部引退の日の悔しい思い出を胸に、今度は真のリーダーになるべく小島君は防大にやって来たんですね。 そして小島君がパンクしそうになったタイミングで、今まで教えたことをキレイにまとめた「対番ノート」を渡してくれるところとか本当気が利くよね…! 小島君、野球部で一体何があって防大に…と思ってたら、そんな深刻な理由でもなくて青春っぽい話で良かったです。 あ、あとサラッと近藤の同室の新入生 佐藤と 寺田も登場していました。 寺田はガッチリした短髪、佐藤はイケメンで沖田の対番です。 対番育てるにあたっての沖田のやらかしを、同室の近藤にフォローさせようという魂胆が透けて見える部屋割りですねw 今後の近藤のパイセンっぷりにも、期待がかかります!.

次の

あおざくら 防衛大学校物語

あお ざく ら 防衛 大学 校 物語

3人の方が「参考になった」と投票しています。 勉強になります! 昔映画で見覚えのある五省、 今でも防大でやっているんですね。 なんとなく海軍兵学校物語を思い出しました。 とても丁寧に綺麗に、そして面白く描かれていて、 子供さんにも読ませてあげられる内容だと思います。 日本は災害大国です。 特に地震。 まあ、そのおかげで温泉も豊富にあるのですが・・・ 災害の起こるたびに、自衛官の方々の真剣な対応に いつも頭が下がる思いをしていますが、 普段から緊張感と強い使命感を持つように、しっかり訓練されて いるのですね。 非常に厳しく大変な鍛錬と勉強生活の毎日ですが、 防大生たちが元気に健やかに育っていくのを読んでいるのは嬉しいです。 色んな目標を持った学生もいるし、 特に目標は無く、単に学費無しで勉強したい学生もいる。 後悔の無い人生を歩んでいってほしいです。 実際には、こんな美談だけでは無い、 いろいろ派閥やパワハラやなどもある環境だとはお察ししますが、 お国の為に! 国家の為に働いてくれている学生さん達に感謝しています。 登場人物の名前が幕末の尊王志士の名前が多くて笑ってしまいました。 特にゴルゴ顔の高杉さん、面白かったです。

次の