ライン トーク 履歴 復元 できない。 LINEで消した(消えた)トークの復元できない?バックアップなしで可能な1つの方法!

引き継ぎが失敗!Android,iPhoneでLINEのトーク履歴を復元できない時は?

ライン トーク 履歴 復元 できない

原因1:トーク履歴のバックアップを取り忘れていた 友だちリストやアルバムなどのデータはアプリ内ではなく、LINEのサーバーで保管しています。 そのためバックアップは必要なく、電話番号、パスワードといった本人情報を入力して新端末でログインするだけでデータを引き継げるようになっています。 一方、LINEのトーク履歴は、端末にインストールされているLINEアプリ内に保存される仕様です。 機種変更後に元通り復元するには、事前に旧端末でiCloudやGoogleドライブにバックアップしておく必要があります。 対処法:旧端末のLINEアプリでバックアップをとれるか試す 旧端末が手元にあり、かつバックアップの存在に気づいたのがアカウントの引き継ぎ中もしくは引き継ぎ直後なら、まだ間に合う可能性が高いです。 旧端末を操作してトーク履歴のバックアップをとることで、新端末で元通りに復元させられます。 端末のOSに合わせて、以下の方法を試してみてください。 ただ、一切バックアップをとっていない状況でスマホの紛失や故障が起きた場合には、旧端末のLINEアプリを操作できないので、トーク履歴の復元は難しいでしょう。 iPhoneからiPhoneにトーク履歴を引き継ぐ iPhoneのLINEアカウントの引き継ぎでは、パスワード入力の後に「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。 バックアップをとっていなかった場合は、この画面でなにも操作せず、新端末での引き継ぎ作業をいったん休止してください。 「トーク履歴を復元」の画面が表示された時点であれば、まだ旧端末のLINEアプリを操作できます。 旧端末のLINEアプリでバックアップが取れたら、新端末の引き継ぎ作業に戻ります。 再び「トーク履歴を復元」の画面を開いたら[トーク履歴を復元する]をタップ。 「トーク履歴を復元しますか?」という確認ポップアップが表示されるので[続行]を押してください。 この時点で旧端末のLINEアプリは完全に操作できなくなり、「利用できません」という画面が表示されます(Androidのケースと異なり、この画面が表示されたらバックアップは不可能)。 再度「トーク履歴を復元」の画面が表示されます。 バックアップが正常におこなわれていた場合、[前回のバックアップ:]の項目に当日の日付と時間が記載されているはずです。 確認できたら、改めて[トーク履歴を復元]をタップしましょう。 これで新端末へのトーク履歴の引き継ぎは完了です。 iCloudドライブの設定など、iPhoneの引き継ぎ方法は以下の記事に詳しくまとめているので、参考にしてください。 AndroidスマホからAndroidスマホにトーク履歴を引き継ぐ スマホの機種にもよりますが、Android版LINEの場合はアカウントの引き継ぎ途中だけでなく、 引き継ぎの完了後であっても、トーク履歴のバックアップ・復元ができる可能性があります。 LINEアカウントの引き継ぎでパスワード入力を済ませた時点で、旧端末のLINEアプリには「利用することができません」という画面が表示されています。 この画面で [確認]ボタンを押さずに、画面下部の「戻る」ボタンや「ホーム」ボタンをタップしてください。 確認ボタンを押してしまうとLINEアプリが初期化され、バックアップを取ることは完全に不可能となってしまいます。 再び旧端末のLINEアプリを起動させると「利用することができません」の画面は表示されず、通常と同じLINEのホーム画面が立ち上がるはずです。 なお、LINEは同じアカウントに2台のスマホで同時にログインできないので、この状態ではトーク履歴のバックアップ以外の機能は全て停止しています。 旧端末のLINEアプリでバックアップが取れたら、新端末のLINEアプリを開きます。 Android版LINEではトーク履歴をいつでも復元できるので、新端末での引き継ぎ作業を完了させてアカウントにログインしてください。 バックアップが取れていれば、これでトーク履歴が復元できるでしょう。 Googleドライブの設定など、Androidスマホの引き継ぎ方法は以下の記事に詳しくまとめているので、参考にしてください。 異なるOS間で引き継げないデータ• トーク履歴• 購入済みのLINEコイン残高• LINE Outのチャージ済みコールクレジット• LINE連動アプリ・サービスの情報(LINE GAME・LINEマンガ・LINE占いなどのアイテム) 対処法:テキストファイルでトーク履歴を保存する 異なるOS間の機種変更では、トーク履歴のバックアップ・復元はできません。 しかし、どうしても消したくない大切なメッセージのやりとりがあるのなら、テキストファイルとしてメモ帳などに保存しておくといいでしょう。 といっても、あくまでテキストファイルで保存できるだけなので、復元はできません。 後から見直すことができる程度だと思っておいてください。 トーク設定画面で[トーク履歴を送信]をタップします。 メモ帳やメール、ファイルアプリまたはDropboxのようなオンラインストレージなどの共有手段が表示されるので、任意のツールを選択して保存しましょう。 あくまでもテキストベースでの保存となるため、スタンプや画像は表示されません。 OSごとに対処法が異なるので、どちらか自身が該当するほうを確認してください。 iOS版LINEの対処法 iOS版LINEでは、Appleが提供しているクラウドサービス「iCloud」にトーク履歴のデータをバックアップします。 バックアップ時と異なるApple IDでiCloudにログインした状態でトーク履歴を復元しようとしても、データがインポートされず「見つかりませんでした。 」と表示されてしまいます。 Apple IDのサインアウト画面 こうなった場合、まず引き継ぎを中断して、一度LINEアプリをアンインストールしてください。 そして現在のApple IDからサインアウトし、トーク履歴をバックアップしたときと同じApple IDでサインインし直します。 そのうえで、LINEアプリを再度インストールし直して、最初から引き継ぎ作業を開始しましょう。 あらためて「トーク履歴を復元」の画面まで進んだら、[トーク履歴を復元]ボタンをタップ。 これでトーク履歴を復元できるはずです。 Android版LINEの対処法 Android版LINEでは、Googleが提供しているクラウドサービス「Googleドライブ」にトーク履歴を保存しています。 iOS版LINEと違って、新端末に異なるGoogleアカウントでログインしている状態でも、引き継ぎ画面でバックアップしたアカウントを選択、もしくは追加してトーク履歴を復元できます。 「トーク履歴を復元」の画面が表示されたら、[Googleアカウントを選択]をタップして該当するアカウントを選択します。 端末からのログアウトなしで、バックアップしたときのGoogleアカウントを追加できる トーク履歴をバックアップしたGoogleアカウントと、新端末でログインしているGoogleアカウントが異なる場合は、[アカウントを追加]をタップして該当するアカウントにログインしましょう。 ログイン完了後、LINEによるリクエストを許可するとトーク履歴が復元されます。 原因4:iCloud Driveがオンになっていない(iOS版LINE) トーク履歴の復元時には、新iPhoneで[iCloud Drive]がオンになっていなければなりません。 iCloud Driveがオフの状態でトーク履歴を復元しようとすると、「iCloudに接続できません」とポップアップが表示されます。 対処法:iCloud Driveをオンに変えてから改めてトーク履歴を復元する このケースでは、ポップアップの[OK]をタップして一旦引き継ぎを中断し、iCloud Driveをオンに変えてから、改めてLINEアプリで[トーク履歴を復元]ボタンを押せば問題ありません。 iCloud Driveをオンにする iPhoneの「設定」アプリで、最上部にあるユーザー名の部分をタップ。 Apple IDの画面に移動するので、[iCloud]を選択します。 続いて、iCloud画面を下にスクロールすると[iCloud Drive]の項目があるのでスイッチをオン(緑色)にします。 iCloud Driveを確実にオンにしたうえで再度LINEアプリを開き、[トーク履歴を復元]ボタンをタップしましょう。 もし再度「トーク履歴が見つかりません」と表示されてしまった場合は、LINEアプリを一度アンインストールし、インストールし直して最初から引き継ぎ作業をおこなってください。 原因5:引き継ぎのタイミングでトーク履歴を復元しなかった(iOS版LINE) iOS版LINEでiCloudにバックアップしたトーク履歴データを復元できるのは、引き継ぎ途中の「トーク履歴を復元」の画面が表示されたタイミングだけです。 トーク履歴を復元せずに実行をタップすると、注意書きが表示される とはいえ、ここでトーク履歴を復元しなかったとしても、 バックアップさえとれていればトーク履歴が失われるわけではないので安心してください。 対処法:LINEアプリをアンインストールして引き継ぎ作業を最初からやり直す 一度LINEをアンインストールし、再度インストールすることで引き継ぎ作業を最初からやり直して「トーク履歴を復元」の画面を表示できます。 なお、LINEアプリをアンインストールしたところで、データは消えません。 再び電話番号とパスワードを入力していけば、LINEアカウントにログインできます。 Android版LINEではいつでもバックアップを復元できる ちなみに、Android版LINEでは、このステップでトーク履歴を復元し忘れたとしても、いつでもトークを復元できる機能が用意されています。 原因6:その他、iCloudやGoogleドライブの容量不足やLINEアプリのバージョンなど 大前提として、バックアップする際には端末のOSとLINEアプリを最新版にアップデートしてください。 新端末と旧端末のOSバージョンが異なる場合は、バックアップしたトーク履歴を新端末で復元できないエラーが発生する可能性があります。 また、LINEアプリのバージョンが以下のものよりも古いと、そもそもトーク履歴のバックアップ機能自体を使えません。

次の

引き継ぎが失敗!Android,iPhoneでLINEのトーク履歴を復元できない時は?

ライン トーク 履歴 復元 できない

LINEで消した、消えたトーク履歴を送信してもらう この方法は自分1人ではできないので相手の協力が必要になります。 気せず協力してくれる人ばかりだとは思いますが、トラブル回避のために事前にトーク履歴を送信してほしい理由を説明しておきましょう。 それでは解説していきます。 LINEのトーク画面を相手に開いてもらいます。 画面右上の「V」アイコンをタップして開いてもらってください。 続いて画面の「歯車」アイコンの設定を開いてもらってください。 続いて「トーク履歴を送信」をタップしてもらってください。 画面のように今回は「メールで送信」をしてもらいました。 ちなみにLINEを選択すればLINEのトークで送信が可能です。 どちらでも簡単だと思う方法でお試しください。 txt」が受信ボックスに届きます。 開いてください。 続いて添付されたファイルを開いてください。 画面のような形式でLINEのころまでのやり取りが復元できました。 以上で完了です。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

LINEのトーク履歴を復元できない原因と対処法まとめ

ライン トーク 履歴 復元 できない

つまりトーク画面が消えていることと、ブロックされたことは全く関係がありません。 LINEのトーク画面が消えてしまう原因と対処法 LINEのトーク画面が消えてしまうのはどこに 原因があるのでしょうか。 また、原因が分かったときの 対処法は? いくつかありますので、順番に説明していきます。 いつも使っている端末以外からLINEアカウントにログインした LINEアカウントには最初にアカウントを設定したスマホ以外からも タブレットや パソコン、 ガラホからのログインも可能にします。 ただ、別の端末から自身のアカウントにログインした場合、前端末にあったデータは 削除されてしまうので注意してください。 一時LINEの乗っ取りが問題になったことを受けてLINE側が乗っ取り防止のために行ったことだとは思うのですが、そのせいで他のSNSのように複数端末で同じIDに同時ログインすることはできなくなっています。 データが削除されてしまうので、当然トークも消えてしまいます。 LINEはプライベートなやり取りで使用している方がほとんどだと思いますので、TwitterやFacebookのようにある程度公開すること前提で投稿しているものと同じように個人情報を取り扱われても困ってしまいます。 おかげで複数デバイスを使うのが当たり前の人にとっては 若干不便な仕様となっています。 データ消去は防げてもトーク履歴は複数端末では表示できない ただ、別の端末を使う際も適切なアプリやブラウザを使用すれば データ消去を防ぐことができます。 例えばiPadならばLINE for iPadやPCからならばChrome拡張版LINEといった具合です。 とはいえ別端末からデータが消えないようにログインできたとしても、トーク履歴は別端末には表示されません。 トークそのものが端末に保存されていて、LINEが管理していないことが別端末に元端末のトークが表示されない理由です。 友達は別端末でも表示されるので、トークは可能ですが、 過去のトークを見返すことはできません。 トークの内容そのもののデータをLINEは管理していないからです。 複数の端末でアクセスする方は注意しましょう。 機種変更 機種変更をした際も別端末でログインしたときと同様にトークは消えてしまいます。 ただ 引き継ぎをきちんとすればトーク履歴を新端末に移すことが可能です。 新端末にトーク履歴を移行する方法 iPhoneで トーク履歴を移行するなら、 iCloudを利用しましょう。 iCloudを利用してのトーク履歴の移行は、LINEの設定を開き、トークをタップするとトークのバックアップという項目がありますので、今すぐバックアップをタップしてください。 iCloudにバックアップデータが保存されるので、機種変更後iCloudからデータを復元することが可能になります。 Androidの場合はiCloudではなく GoogleDriveを利用することになりますが、基本的にやり方は変わりません。 以前はトーク履歴の移行はとてもややこしくて、PCを利用してでなければとてもできなかったのですが、最近はユーザーから多数の要望があったのか簡単にできるようになりました。 機種変更時には バックアップを忘れないようにしてください。 アルバムやnoteを使えばバックアップ不要で画像や投稿の保存が可能 アルバムを使うことで2人で画像の共有が可能です。 バックアップが不要で仮に一度LINEを消してしまっても残っているので、使いやすいです。 アルバムはトークルーム画面で2度右へスワイプすると表示されます。 アルバム作成をタップするとスマホ内の写真が表示されますので、共有したい画像を選んでください。 新たに写真撮影し、アルバムに保存するのも可能です。 また ノートを使うと、投稿の保存が可能です。 ノートもバックアップ不要で利用することができます。 大切な内容はノートに保存する癖をつけておけば、仮にトーク履歴が消えてしまったとしても慌てる必要はありません。 ノート機能はトークルームから右へ一度スワイプすることで表示されます。 投稿・ カメラ・ リレーとあり、文章や写真・位置情報を相手と共有したい場合は投稿を選択します。 その場で写真や動画・GIFを投稿し共有したい場合はカメラを選びます。 リレーは、写真や動画を友達同士で共有することができる機能です。 アルバムと似たようなものですが、他ユーザーと共同でアルバムを作成していくような感じになっており、単に記録を残すというよりは、友達同士でアルバムを作り上げていくような感じで楽しく使うことができます。 トーク相手がアカウント削除 トーク相手からブロックされてもトークは消えませんが、トーク相手が アカウントを削除するとトークは消えてしまいます。 相手の事情なので、こちらからはどうすることもできません。 いきなりアカウントが消えていたら、アカウントを消したのかなと思っておきましょう。 自分で非表示・ブロック設定した 自分で 非表示やブロック設定していることを忘れていて、後日トークルームがないことに気づき、慌ててしまうおっちょこちょいな人がいます。 ついつい忘れてしまうことってありがちなので、トークルームが確認できない場合は非表示・ブロックリストを覗いてみてください。 LINEアプリに不具合がある LINEアプリに 不具合が発生しているケースがあります。 LINEは大きな企業なので当然ながら運営するサーバーも強く、ちょっとしたことくらいでは落ちてしまうことはありませんが、それでも不具合が発生してLINEにきちんと接続できないこともあるので、LINEの調子が悪いと感じたら公式サイトをチェックしてみましょう。 対策としては• メールアドレスやパスワードを絶対に誰にも教えない• パスコードロックを設定しておく• 信頼できる人にしかアカウントの存在を教えない• 複数の端末での利用は避け、なるべくひとつの端末からのみアクセスするようにする といったようなことは必ず行いましょう。 消してしまったトーク履歴を復元することはできない? トークルームが丸々消えてしまっているのではなく、トークルームの中の自分やトーク相手のコメントで、自分で消してしまったトークを復活させる方法はありません。 トークは長押しで開いたメニューの中の削除をタップすることで消すことができます。 LINEのトークは端末の中にのみデータが保存されていて、LINEのサーバーには保存されていないので端末上から削除すると 復元はできません。 ただ、削除前の注意書きに書かれているように、相手側のメッセージは削除されません。 ですので 相手側にスクリーンショットを送ってもらうなどすれば、自分の端末からデータを削除してしまっていても、確認することは可能です。 LINE再インストール後の復元の手順 機種変更のところでもお伝えしましたが、消えてしまったトークは バックアップしておけば復元が可能になります。 万が一トークが消えてしまってもすぐに復元できるように、トークは常にバックアップしておきましょう。 バックアップを完了させた後の復元は、LINE再インストール後、以前登録していたメールアドレスとパスワードでログインするところから始めます。 メールアドレスを登録していない場合は電話番号を再認証することでログイン可能です。 ログインが完了すると、iPhoneならばiCloudにトーク履歴を保存していれば、バックアップからトーク履歴を復元するかしないかの選択ができますので、復元をタップします。 AndroidならばGoogleDriveからの復元になります。 復元はタップ後すぐに完了し、元通りにトーク履歴が戻ります。 繰り返しますが、復元はバックアップをしていなければ絶対にできないことなので、バックアップは忘れないでおいてください。 バックアップをするときの注意点 バックアップをするときはいくつか注意するべきことがあります。 バックアップ時の 注意点についてご説明します。 バックアップは小まめに行う バックアップは常に行っていないと、バックアップを行った時点までのデータしか保存されません。 つまりバックアップを行ったところから何度かトークを行い、LINEのトークが消えてしまうと、バックアップを行ったところまでしか復元できないことになります。 バックアップは 小まめに行う習慣をつけておき、大切だと感じるトークがあれば即座にバックアップするようにしましょう。 スマホが最新の状態か確認する iPhoneやAndroidの機種が 最新の状態か確認しておきましょう。 もしアップデートが最新でなければ、バックアップが適切に行われないことがあるからです。 バックアップできる程度の容量は残っているか確認する バックアップするにはある程度 容量がなければ完了できません。 バックアップできる程度の容量が残っているのかどうか事前に確認しておきましょう。 もしバックアップができないくらいスマホのデータがパンパンに詰まっていたら、何かいらないアプリなどを消し、容量に余裕を持たせてください。 バックアップや復元はできる限りWi-Fi環境で行い、通信状態を確認する バックアップや復元はできる限り Wi-Fi環境で行いましょう。 データ量が多く、モバイルだとかなりデータ残量を消費してしまうことがあるからです。 もっとも、人によってトーク履歴がどれくらい蓄積されているのかは異なりますので、それ程トークをしていないのならばあまり気にしなくても構いませんが、トークをたくさん行うのであればデータ量も多めになっているはずですから、注意しましょう。 また、Wi-Fiにきちんと繋がっていないとiCloudやGoogleDriveに接続できないので、通信状態は良好であるかきちんと確認しておいてください。 もしネット接続が適切にできていないと、 iCloudサーバに到達できないか、設定が正しくない可能性があります。 と表示されます。 表示が確認できたら、何がおかしいのか設定や電波状況などをチェックしてみましょう。 復元時、復元が完了しない場合がある 復元をしようとしても、 一時的なエラーとか iCloudサーバに到達できないか、設定が正しくない可能性があります。 など表示され、復元できないケースがあります。 原因はWi-Fiの通信環境が悪いことやアプリに不具合が生じていることなど何が原因となっているのかはその人によって異なります。 対策としては、インターネットに問題なく繋がっていて、かつiCloudやGoogleDriveにデータが保存されていれば、何度か復元を繰り返せばいつかはうまくいきますので、回数を試すしかありません。 10回くらい繰り返したらやっと復元できたということもあります。

次の