アドセンス 収入。 グーグルアドセンスの平均収入と目安はいくら?

Googleアドセンスとは?収入は?申請方法は?【合格したぜ!】

アドセンス 収入

[戦略1] 徹底的にアクセスアップにこだわる これで 6割決まると考えています。 Googleアドセンスの魅力は 「アクセス」が増えれば「収益」が増えるという単純さです。 「次のうちどれがアドセンスで1番収益が高くなるでしょう?」• 月1,000PV• 月10,000PV• 月100,000PV• 月1,000,000PV と聞かれたら 「月1,000,000PVに決まってるでしょ!」 ですよね。 アフィリエイトなら月100万円を超えるためにアクセスは関係ありません(余計なアクセスを集めても意味がない)。 一方、アドセンスで月100万円を稼ぎたいなら とにかくアクセスを増やすために手を打つことです。 アフィリエイトは広告主の撤退や単価引下げなど条件変更が多いからです。 せっかく作ったアフィリエイト記事が「案件終了」で放置されているものも見ます。 アドセンスは 広告自体のメンテナンスがないので、その心配がありません。 読者の中長期的な満足を考えてテーマを選んで記事を書けば、アドセンスの収益も安定します。 アクセスアップをするのは重要ですが、一時的なアクセスでは常に記事を書き続けなければなりません。 そのため、10年後も存在しているものをテーマにしています。 テーマ選びの考え方はを是非お読みください。 アクセスの次に重要なのが 「単価」です。 同じアクセスでも「単価」の高いジャンルで記事を書くかどうかで収益は変わります。 単価は一般的には 「1PV=0. 3円」と言われています。 月1,000PV=月300円• 月10万PV=月3万円• 例えば次のようなジャンルは 単価が高いと言われています。 金融系(保険・FX・カードローン・クレジットカード)• 転職系• 住宅・不動産系• 美容・健康系 他にも単価が高いジャンルがありますが、これらはアドセンスに限らず 「アフィリエイト」でも単価が高いジャンルです。 「広告費がたくさん使われるジャンル」で記事を書いた方が有利なので、できる限り「どういうものに広告費が使われているか?」と日々リアルやネットのお金の流れを観察しています。 [戦略4] アフィリエイト的集客もこだわる アドセンスは確かに「ただ置いておけば」収益は発生します。 しかし広告主にとっては• 自社商品に興味が ある人が広告をクリックした場合• 自社商品に興味が ない人が広告をクリックした場合 とでは、どっちが喜ぶでしょうか。 アクセスをたくさん集めれば、その中から一部の人が広告をクリックしてくれることでしょう。 例えば時事ネタや芸能ネタは爆発的なアクセスがあります。 しかし、そういう記事に来る人は 「商品に興味がない属性」がほとんどでしょう。 電子書籍(特に漫画)やゲームアプリの広告はクリックが多いかもしれませんが、こういうものは単価も低い傾向にあります。 さらに収益をアップするなら、最初から 「商品に興味がある属性」を集めてしまった方が早いです。 アフィリエイトは「商品」ありきで、そこから 逆算して「商品に興味がある人」が検索するキーワードを狙って記事を書いていきます。 それと似たことをしています。 少し違うのは• アフィリエイト:「商品に興味がある人」をピンポイントで狙っている• アドセンス:クリックだけで十分なので「商品に興味がありそうな 属性」と 少し広い範囲で狙っている 点です。 ただし、この戦略には2つの問題があります。 1 アフィリエイト広告とかぶるのでは? そのとおりです。 アフィリエイトの方が発生単価が高いので、アフィリエイト記事ではアドセンスを表示しない方もいると思います。 だからその点は、• アフィリエイト広告だけ• アドセンス広告だけ• アフィリエイト広告もアドセンス広告も のいずれがいいのかテストするしか正解はありません。 アフィリエイトでも発生・確定のハードルが高い案件は、クリックで報酬が確定する アドセンスの方が結果的に有利な場合も実際にあります。 アフィリエイト商品の紹介記事には、アドセンスを貼らない• アドセンスよりアフィリエイトのほうが儲かる という人がいますが、要注意です。 okiさんの• という無料noteにも書かれていますが、アフィリエイトよりも アドセンスの方が高くなる場合なんていくらでもありますからね。 2 アフィリエイターがいてレッドオーシャンでは? そのとおりです。 とはいえ、アフィリエイトサイトと同じ切り口で同じような記事を書かなければ、Googleの検索結果の多様性からブログでも上位に食い込める可能性はあります。 また、アフィリエイトの方で発生・確定のハードルが高ければ、アフィリエイターとしても収益源として参入しにくいところです。 探せばいくらでも「スキマ」が見つかるので、最初から避ける必要はないと思います。 [戦略5] お金を使う層にこだわる 20代後半から40代までは人生で1番お金を使う時期かもしれません。 婚活・結婚• 出産・育児• 住宅購入• 転職 というライフイベントがあるからです。 これらのライフイベントに対して企業が自社の商品・サービスを使ってもらおうと広告を出します。 私は一時期「リクルート」の各種サービスを徹底的に研究したくらいです。 一方、10代~20代前半はどうでしょうか。 お金を使う機会がそもそも少ないです。 みんな似たようにプログラミングスクールや転職アフィなのは、そのせいなのかもしれません。 したがって現在、いろいろなお金がかかっている方はチャンスです。 あなたの経験がそのままアドセンスブログにつながります。 出費ばかり=商品・サービスを利用しているこそ、広告収入で稼ぎやすいです。 [戦略6] 実際に表示される広告にこだわる どんな広告がアドセンスに表示されているか見ているでしょうか。 私はよく見ています。 他人のサイトやブログで表示されるものも見てます。 また、アドセンスでは「ブロックのコントロール」>「コンテンツ」> 「広告レビューセンター」というのがあり、そこで自分のブログに表示されている広告も見ています。 そして 「その広告に関連する記事は書けないか?」をずっと考えていました。 商品・サービスを 直接紹介する記事• その商品・サービスが 解決する悩みに関する記事 なお、その中には「アフィリエイト」ができる広告もあります。 「自分のブログ、アドセンスの単価がこんなに高いんですよ」って言ってる人の中には、実は アフィリエイトで取れるのにアドセンスにして損をしている可能性もあります(戦略5とは逆パターン)。 その場合も• アフィリエイト広告だけ• アドセンス広告だけ• アフィリエイト広告もアドセンス広告も のどれがいいかを検討することで自分のブログに合った正解を模索しましょう。 [戦略7] 広告の貼り方はテストにこだわる アドセンスの広告の貼り方に 正解はありません。 なぜならブログのジャンルや記事内容ごとに最適解 ベスト が異なるからです。 そして時間の経過によって変わる可能性もあります。 したがって大事なのは、テストです。 私の場合は半年に1回くらい広告の大きさ・配置などを変えてテストしています。 広告を設置するときは必ず「」を分けてください。 広告ユニットを分けないと後でその「場所」「広告の種類」が良い悪いのか分析ができません。 ある程度アクセスが増えてきたら、広告の配置やテストをしましょう。 例えば私は「リンクユニット」を導入した前後で収益が2倍以上変わりました。 これまたジャンルや記事内容によりけりで、リンクユニットを導入しても全く変わらない方もいれば、逆に収益が下がった人もいます。 一律に「リンクユニットを導入したら稼げる」とは言えないのです。 初心者向けの広告設置のおすすめは「」に書いていますが、アクセスが少ないうちは広告の貼り方なんて 誤差です。 なお、ブログ初心者はほとんどが アドセンス広告の数が少ないです。 増やしただけで倍増するかもしれませんよ。 [戦略8] 記事単位の改善にこだわる 改善をするときには、• ブログ全体で改善する• 記事単位で改善する の選択肢があります。 どのジャンルで記事を書くかなどはブログ全体で改善すべきことの1つですが、それが決まれば後は 記事単位の話です。 どの記事が1番アドセンスで稼いでいるか知っているでしょうか? 稼いでいる記事が分かっていれば、• その記事のアクセスをさらに増やすにはどうしたらいいか?• 関連記事を書いてさらに収益アップできないか?• どんな広告が表示されやすいのか? とかいろいろ考えられますよね。 分析ツールはたくさんありますが、ただ分析して終わりになってませんか? 改善するためには分析した結果をもとに具体的に次の行動に移れなければ意味がありません。 どの記事が稼いでいるかを知るには、GoogleアナリティクスとGoogleアドセンスを連携すればいいだけです。 ネットの情報だけに頼ると痛い目にあいます(そういう意味ではこのブログ自体も疑う方が正常です)。 [戦略10] 最終的には自分の試行錯誤が正解である ネット上にはいろんな情報がありますが、最終的には 自分が試行錯誤(テスト)をした結果が「自分にとっての正解」です。 ブログ初心者のうちは「他人にとっての正解」をそのまま利用してもそれほどおかしなことにはなりませんが、だんだんと 他人にとっての正解が そのまま自分に当てはまらなくなる時期が来ます。 というか稼いでいる人は、 試行錯誤の数が圧倒的に他人より多いです。 試した結果を見て「もしかしてこうなんじゃないか?」と小さな仮説を立ててまた次の小さな実験をしていきます。 小さな成功を星の数ほどして、同時に小さな失敗を星の数ほどしているのです。 その人にとって正解なだけで、それがあなたに当てはまるとは限りません。 そうやって人に正解を探しているうちは自分の仮説も実験もないから稼げないのです。 アドセンスだろうがアフィリエイトだろうがSEOだろうがなんでもそうです。 ビジネスというのは、 自分の頭で考えて、行動する人だけが生き残る世界です。 最後に 以上、アドセンスについて私の戦略を書いてきました。

次の

グーグルアドセンスのブログ収入は?主婦はどのぐらい稼げるの?

アドセンス 収入

Googleアドセンス広告の種類を知りたい• 広告別の収益効果を知りたい• Googleアドセンスの最適な広告配置場所を知りたい• 一番稼げる広告タイプを知りたい こんな悩みを解決できる記事を用意しました。 なぜなら実際に 上記の内容 を実践したことで、このwebサイト(ブログカレッジ)はアドセンス広告のみで月15万以上を稼げるようになったからです。 ブログ初心者でも下記の内容を実践すれば今まで以上にGoogleアドセンスで稼げるようになるので、じっくり読み込んでください。 Google広告の流れ• ブロガー 上記の流れを頭の中に入れておきましょうね。 Googleアドセンス広告の報酬タイプは2つ! アドセンスの報酬タイプは クリックで報酬になる広告(クリック報酬単価)と 閲覧されれば報酬になる広告(インプレッション単価)の2タイプがあります。 ほとんどの収入源はクリック報酬単価と呼ばれるクリックで報酬になる広告ですが、 一部の広告には閲覧されれば報酬になるインプレッション単価も含まれているのです。 たまに、クリックが発生していないのに「1円」だけ入っていることありませんか? インプレッション単価は1日1円〜3円ほど発生することがあるのです。 その他、「アクティブビューのインプレッション単価」や「エンゲージメント単価」がありますが、雀の涙ほどの金額なので特にきにする必要はないでしょう。 気になる方はググってみてください。 【Googleアドセンス広告の種類】基本用語2つを覚えよう! ここからは Googleアドセンスの広告種類7つを解説していきます。 まず、前提として広告業界でよく使われる用語の 「レスポンシブ広告」と「ネイティブ広告」 から覚えます! この2種類は具体的な広告フォーマットではなく掲載方法の概念です。 アドセンスの広告フォーマットの中にこの2種類の概念が多く使われるので、最初に覚えておきた方が良いでしょう。 Googleアドセンス広告の種類1:レスポンシブ広告 レスポンシブ広告とは、 ユーザーのデバイスに合わせてサイズや見せ方を自動的にカスタマイしてくれる表示タイプで、Googleアドセンスでも取り入れています。 モバイル画面の時でも、「縦向き」と「横向き」ぞれぞれの場合で広告サイズを自動的に変えてくれ流のです。 Googleアドセンス広告の種類2:ネイティブ広告 ネイティブ広告とは、広告掲載面に広告を自然に溶け込ませることで、 ユーザーにコンテンツの一部として見てもらうことを目的とした表示タイプです。 レスポンシブ広告の共有事項として、「広告」というラベルが表示されます。 Googleアドセンス広告の「広告タイプ」は大きく2つ アドセンスの広告タイプは主に「広告ユニット」と「自動広告」の2タイプがあります。 Googleアドセンスの広告タイプ1:自動広告 自動広告とは2018年2月から開始された新しい広告。 サイト内に自動で設置してくれる広告で、記事下やサイドに手動でコードを貼り付ける手間を無くしてくれる、初心者の方におすすめです! バナー広告や全画面広告といったレスポンシブ広告対応された広告を簡単に設定できます。 ディスプレイ広告 モバイル全画面広告 自動広告についてもっと詳しく知りたい方は『』をご覧ください。 Googleアドセンスの広告タイプ2:広告ユニット 広告ユニットはGoogleアドセンスに用いられる広告のこと。 「サイトの好きな場所に好きな広告」を設置することが可能です。 配置場所や広告タイプを工夫するだけで収益がグンっと伸びる、アドセンス運営にて欠かせない重要な広告でしょう。 あとで紹介しますが広告ユニットを細かく分けると 4つの広告タイプが存在します。 Googleアドセンスの広告ユニットは4種類! 広告タイプを説明する前に、基本的な広告ユニットの設定手順を解説します。 テキスト広告とディスプレイ広告の違いは? テキスト広告:タイトル、テキスト、URLからなる文字ベースの広告 ディスプレイ広告:画像や動画が連動した画像ベースの広告 以下がディスプレイ広告のサンプルです。 テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信しよう テキスト広告とディスプレイ広告の両方を配信することをおすすめします。 なぜなら、 Google公式が推奨しているためです。 ディスプレイ広告は、テキスト広告とともに広告スペースの同じオークションにかけられます。 そのため、テキスト広告とディスプレイ広告を両方表示するよう設定すると、サイトに掲載される広告の競合率が高まり、収益の増加につながります。 これは、Google の技術により最も高い収益の見込まれる広告がページごとに判断され、掲載されるためです。 引用元: 主に「記事上」「サイド」「記事下」に設置するときに使用 テキスト広告とディスプレイ広告の使用例として、「記事上」「サイド」「記事下」に広告を設置したいときに活用されますよ。 また、 を表示させたいときもテキスト広告とディスプレイ広告が活躍します! 広告サイズで「長方形」の「レクタングル(大)」を選択するだけ。 あとは記事下にアドセンスコードを仕込むだけです。 ちなみに設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> リンク広告も活用しよう! リンク広告はぜひ活用すべきです!設置してから アドセンス収益が1. 2倍ほど上がりました。 リンク広告とは 2クリックで報酬が発生する広告タイプです。 よく見るあの広告です! リンク広告の特徴は、以下2点です! リンク広告の特徴は2つ!• 2クリック目で報酬が発生する。 誤クリックが減るためCPCが高い。 1クリックではなく2クリック目で報酬が発生する点がデメリットですが、 その分ユーザーの誤ったクリックが減るということなのでCPCが上がる傾向にあるのです。 実際にリンク広告を設置したら、CPCが他の広告よりも高くなっていることが分かりました! 広告リンクの設置方法 広告サイズで「リンク広告」の「レスポンシブリンク」を選択。 サイトカラーに合わせてオリジナルのリンク広告を作成してみましょう。 リンク広告の設置方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。 >> Googleアドセンス広告の種類4:関連コンテンツ 関連コンテンツは 記事下の関連記事(RECOMMEND)内に溶け込むように表示されるネイティブ広告です。 以下の画像が具体例です。 クリック率が比較的高く、ぜひ取り入れておきたい広告タイプの1つ。 モバイル最適化が可能なレスポンシブサイズを推奨します。 注意点として、関連コンテンツは100記事近く 書き上げると自動的に広告ユニット内に表示され可能性が高まります。 詳しい内容は『 』に目を通しましょう。 カスタマイズを成功させれば上手に周囲に溶け込ませることができクリック率が上がる広告タイプです。 Googleアドセンス広告の種類6:記事内広告 記事内広告は 記事内の段落の間に自然に溶け込ませることができるネイティブ広告です。 アクティブビュー視認可能率が高い箇所や目次上に配置する際に便利です。 記事タイトル下は位置的にもっともユーザーの目に入りやすい位置なので、表示回数とクリック数が高いのが特徴。 この配置でおすすめな広告タイプなのが レスポンシブのリンク広告 です。 なぜならCPCが比較的高く、デザイン的にもタイトル下に馴染みやすいからです。 ただ読者が最後まで読んでもらうよう、 離脱率の要因となる大量の広告を貼らないこと をおすすめします。 稼ぎやすい広告の配置場所2:目次上 目次上も記事タイトル下と同様、読者の目に留まりやすいため、表示回数、クリック数ともに高い傾向にあります。 目次上は見せ方的にバナーを設置しても違和感がないため レスポンシブの記事内広告や 固定のダブルレクタングルが最適です。 稼ぎやすい広告の配置場所3:記事下 記事下はクリック率がかなり高くなる配置場所です。 なぜなら読者が記事を読み終えたら、次の行動を起こそうとするからです。 おすすめの広告は 固定のダブルレクタングルや 関連コンテンツ。 特に関連コンテンツは、 他のおすすめ記事に自然に溶け込んでくれるので、クリックされやすいのが特徴です。 CPCが高い!Googleアドセンス広告は大きいサイズのバナー! CPCが最も高い広告はバナー広告!サイズが大きくなればなるほど単価も上がる傾向にあります。 理由は、広告サイズが大きいほどクリック率いため、広告主側が支払う費用が高くなり、その分CPCも多く支払われるためです。 実際にブログカレッジにおいても、一番CPCが高い広告がダブルレクタングルになっています。 他は50円前後なのですが、ダブルレクタングルのみ平均100円を超えているのです! 一番稼げるGoogleアドセンス広告は「目次上の記事内広告」 3つの手順• 記事内広告を選んでコードを取得します。 functions. phpにウィジェット内の「目次上」を表示させるコードを記述。 詳しい設定手順は以下を参考にしてみてください。 実際に僕がアドバイザーとして運営しているブログには広告にラベル表示させてないのですが、Googleからは何も言われていません。

次の

【ブログ300記事達成】月間PV数・アドセンス収益とアフィリエイト収入の推移は?

アドセンス 収入

4 となり、この計算式から得られるのは 一人のアクセス(1PV)で0. 4円収入が得られていることになります。 一人のアクセス(1PV)で0. 4円の収入が得られるということは、10人のアクセスで4円、100人のアクセスで40円、1,000人のアクセスで400円・・・となります。 一目で分かるように表にまとめると 【1アクセスが0. 4円だった場合】 月間アクセス数(PV数) 月の収入 1 0. 月に10,000人のアクセスということは、1日にすると30日で割っておよそ333人となります。 アドセンスの支払い基準額の8,000円を得るための1日のアクセス数は? 【月に8,000円の収入を得たい場合】 それでは最後にアドセンスの最低振り込み報酬額である8,000円を得たい場合の月のアクセス数と1日のアクセス数についてです。 この数字をクリアしたり、目指していくことで実際にアドセンスからの収入を得られることとなりますので頑張っていきましょう。 参考にさせていただいたのはキタムラさんの記事にありました「見積もり収益額をページビュー数で割って1アクセスの単価を求める計算式」でした。 アドセンスで収入を得るには、記事を書き続けるというものがありますがこういった目安を知ることで目標ができたり記事を書き続けるモチベーションにもつながっていくのかなと思っています。 この記事を読まれたあなたも是非一度ご自身のブログの1アクセス当たりの単価を知ってみてくださいね。 もしよかったら今回の計算式で得られたあなたの1アクセスの単価も教えていただけると嬉しいです。 ぜひ計算してみたらこの下にあるコメント欄に書き込んでください。

次の