県民共済 全労済 比較。 埼玉県民共済(2,000円)と全労済、COOP共済の比較(平成29年度)

県民共済(4,000円)と全労済、COOP共済の比較(平成29年度)

県民共済 全労済 比較

静岡県民共済(都道府県民共済の静岡県版)と全労済、COOP共済のこどもの共済について、主な保障内容や割戻率について比較しました。 条件を揃えるために、掛金2,000円(全労済は1,600円)のパーケージ商品を比較しました。 JA共済は、パッケージ商品を販売していないことと民間の生命保険のように年齢により掛金が変動することから、比較の対象から除外しています。 静岡県民共済 全労済 COOP共済 名称 こども2型 キッズワイドタイプ たすけあいJ2000 入院 ケガ 10,000円 病気 10,000円 通院 ケガ 4,000円 3,000円 3,000円 がん診断 100万 ー ー 手術 4・10・20・40万 10万 10・20・40万 1~300万 ー ー 死亡 交通事故 1,000万 800万 800万 事故 800万 600万 800万 病気 400万 400万 500万 契約者 の死亡 事故 1,000万 500万 700万 病気 100万 30万 20万 損害賠償 200万 100万 - *1 掛金月額 2,000円 1,600円 2,000円 割戻金 5,407円 3,000円 4,176円 割戻率 22. 53% 15. 6% 17. 4% 正味掛金*2 1,549円 1,350円 1,652円 *1:別途140円で3億の損害賠償補償を付加できます。 通院した場合の保障額(4,000円)が多い• がんと診断された場合の保障(100万円)がある• 先進医療を受けた場合の保障(最大300万円)がある• 契約者(扶養者)が死亡した場合の保障額(事故1,000万円、病気100万円)が1番多い• 掛金の割戻率が高い 全労済の特徴• 掛金(1,600円)が安い• 先進医療を受けた場合の保障がない COOP共済の特徴• こども本人が病気で死亡した場合の保障額(500万円)が1番多い• 先進医療を受けた場合の保障がない• 損害賠償に対する補償がセットされていない 各共済に共通するメリット 静岡県民共済、全労済、COOP共済には、以下のような共通の特徴があります。 静岡県民共済、全労済、COOP共済各共済とも入院共済金を入院初日から支払い、1回の入院につき360日(全労済は365日)保障します。 民間の生命保険が1回の入院に対する保障日数を60日や90日などに短くする傾向にある中で、各共済が360日間保障することは大きな特徴です。 静岡県民共済、全労済、COOP共済の通院保障はケガだけが対象ですが、入院しないで 通院だけした場合でも共済金が支払われます。 民間の生命保険の通院特約が 入院した後の通院だけを保障するのに比べ、利用しやすい内容になっています。 静岡県民共済、全労済、COOP共済とも扶養者(契約者)が死亡した時に共済金が支払われます。 こどもの共済に加入すると、扶養者である親も保障されるということです。 静岡県民共済、全労済、COOP共済とも、こどもが他人の物を壊してしまった場合などの損害賠償に対する補償があります(COOP共済は別途140円追加)。 民間の生命保険にはない、損害保険も扱っている共済ならではの補償です。 静岡県民共済、全労済、COOP共済とも掛金の返還(割戻)がある。 民間の生命保険は無配当が主流になる中で、共済の掛金の割戻しは大きな魅力です。 結論 こどもの共済(2,000円)は、静岡県民共済、全労済、COOP共済とも同じような保障内容となっています。 どの共済に加入しても保障内容はあまり変わりませんが、あえて選ぶとすれば 静岡県民共済だと思います。 静岡県民共済を選択する理由は、以下の通りです。 通院した場合(4,000円)やがんと診断された場合(100万円)、先進医療を受けた場合(最大300万円)の保障が充実している• 契約者(扶養者)が死亡した場合(事故1,000万円、病気100万円)の保障が充実している また、親も一緒に加入する場合、大人の保障はので、同じ静岡県民共済に加入した方が手続きや加入した後の管理がしやすいと思います。 なお、こどもの保障を検討する際には、こどもの医療費が無償となるが居住している市区町村で実施されているかどうかを確認してから、検討することをおすすめします。 個人的には、こども医療費助成制度が実施されている場合は、こどもの医療費がかかる年齢になってから、 静岡県民共済の「こども2型」などに加入すればよいと思います。

次の

兵庫県民共済(2,000円)と全労済、COOP共済の比較(平成29年度)

県民共済 全労済 比較

【目次】• 共済と保険の違いとは? はじめに共済と保険の違いを簡単にお話ししておきます。 共済……一定の地域や職域など特定の人を対象に非営利で事業。 例えば、JA共済なら農協の組合員など、県民共済ならその都道府県に住まいや職場がある人など• 保険……不特定多数の人を対象に営利事業 共済が特定の人を対象にしていると言っても、組合員になれば加入できるので(組合費の支払いなどが必要)、ものすごくハードルが高いというものでもありません。 損保の地震保険は国がその仕組みに関与しているため、補償内容や保険料、保険金支払いの仕組みは各社共通です。 各共済はそれぞれの火災共済の中に地震の補償を組み込んでいます。 地震保険と各共済の地震災害の補償は、補償される金額や保険金(共済金)の支払い基準など根本的な仕組みが違います。 県民共済(都道府県)の地震保険 都道府県民共済の住まいの補償には、 新型火災共済があります。 この新型火災共済では、地震等の場合に 見舞共済金が支払われます。 具体的な条件は次のとおりです。 一部破損は一律5万円(加入額100万円以上の場合)• 死亡・重度後遺障害には1人100万円(合計500万円) これらの補償のうち3つめは人の体に関連することですので、上2つを見てみましょう。 対象となるのは地震等による半焼・半壊ですから、ある程度大きな損害を被ったときという理解が必要です。 損保で付帯する地震保険では、全損・大半損・小半損・一部損という区分で保険金を支払いますが、 県民共済では主に半焼・半壊以上かそうでないかの区分けということです。 保険金は「加入額の5%の範囲で最高300万円」となっています。 例えば30坪の住宅の場合、住宅の補償は2100万円になります。 これの5%というと105万円になりますから、半焼・半壊以上の損害であれば、この金額が支払われるということです。 少ないと感じた人もいるでしょうが、 もともとの掛け金が安いのと、 決算後に剰余金が割り戻されるのを考えれば、一概に魅力がないというものでもありません。 保障を取るか掛け金の負担を軽減する方を取るか、ということです。 県民共済(都道府県)については文字通り「見舞金」ですし、最高300万円ですから、ここを認識しておく必要があります。 損保の地震保険も根底にある考え方は生活再建です。 そのための金額としてこの金額をどのように考えるかでしょう。 JA共済の地震保険 JA共済は「 建物更生共済 むてき プラス」がメイン商品です。 他の共済と異なる点は、 積立型の保険(期間満了時に満期返戻金が受け取れて貯蓄性が高い)であることです。 また、 建物・家財だけでなく設備什器や畜舎・ 堆肥舎 などに地震損害の補償を付帯できるのも特徴です(ここはJAならでは)。 積立型の良し悪しはありますが、5%以上の損害があった場合が支払い対象です。 共済金の支払いは、契約金額と損害額などから所定の計算式に基づいて算出しますが、損害額の50%が限度です。 こちらも補償そのものは決して多いわけではありません。 積立型は満期返戻金を受け取るまでの間の負担がどうしても大きくなります。 また運用環境が悪い現在の状況だと積立は多少不利な部分もでてきます。 元本割れの可能性もあるのでトータルでいくら掛金を支払って、満期でいくら戻ってくるのか必ず計算してください。 こくみん共済coop(全労済)の地震保険 全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会の略称)は2019年6月1日から、新しく「こくみん共済coop」という愛称を作りました。 こくみん共済は生命・医療系の主力商品名のことで、これに協同組合を意味するcoop(コープ)をつけたものです。 全労済という略称の使用は少しずつ減らしていくようですが、こくみん共済coop=全労済だと認識してください。 こくみん共済coopの主力商品は 「住まいる共済(新火災共済+新自然災害共済)」です。 地震災害への補償は新自然災害共済の付帯が必要ですが、これには大型タイプと標準タイプの2つがあります。 具体的な補償(地震等共済金)は次のとおりです。 全壊・全焼:1,800万円• 大規模半壊・大規模半焼:1,080万円• 半壊・半焼:900万円• 全壊・全焼:1200万円• 大規模半壊・大規模半焼:720万円• 半壊・半焼:600万円• 一部壊・一部焼:120万円 大型タイプくらいの補償があると、地震保険と比較して一般的な住宅であれば高額物件を除いてそんなに遜色(そんしょく)はありません。 ただし、保険金を支払う基準が損保では「全損」「大半損」「小半損」「一部損」、県民共済では「半焼・半壊以上かそうでないか」と異なっていたように、住まいる共済も両者とは少々異なります。 具体的には 「全壊・全焼」「大規模半壊・大規模半焼」「半壊・半焼」「一部壊・一部焼」の4基準です。 それぞれ損害割合によってどの区分になるか決まりますが、一部壊・一部焼については、100万円以上の損害(割合ではなく金額)があった場合が対象です。 この他に地震等特別共済金というものがあり、住宅等の損害が20万円超100万円以下の場合、1世帯当たり大型タイプで4. 5万円、標準タイプで3万円が支払われます。 共済と損保の地震の補償で共通していること 個別の共済の商品について解説しましたが、損保の地震保険と共通していることもあります。 それは、 軽微な損害は対象にしていないということです。 損保の地震保険では、損害の程度が一番軽い一部損の基準に満たなければ保険金はゼロです。 県民共済では半壊以上、こくみん共済coopでも100万円以上の損害がなければ僅かな共済金の支払いだけです。 地震災害の特性上、被害が広域に拡大するため仕方のないことですが、この点はよく覚えておきましょう。 被災した際に支払われる共済金(損保では保険金)で、同じ住まいを建て直すためにはいずれも不足します。 生活を立て直すために自分の場合にはどの程度必要かという視点から考えてみてください。 結局、県民共済、JA共済、こくみん共済coop(全労済)の地震保険はどうか? 県民共済、こくみん共済coopの場合、剰余金の割戻などもありますから、掛け金の負担は軽めなのが特徴です(JA共済の建物更生共済は積立なので別)。 この記事の中でも「補償」か「掛け金の負担軽減」をとるかということを書きましたが、そもそも、補償を手厚くすれば掛け金は高くなるので、どちらも同時に求めることはできません。 損保の地震保険も、保険金で建物を再築するのではなく、生活再建の足掛かりにする、ということを主旨にする制度です。 被災後に生活を立て直していくためにどのくらい資金が必要なのか、住宅ローンなどの借り入れがあるならどうするのか、資産状況や被災後収入がどうなるかなども含めて判断してください。 単に自宅を建て直すという視点や掛け金の負担だけで考えると基本的なところを見失います。 損保の地震保険は改定が続いています。 2019年1月には保険料率が改定され(3段階2回目)、その後3段階3回目の改定も予定されています。 地震災害に対する保険と共済のどう違うのか適宜比較して、何が自分に合うかどうか考えてみましょう。 最終的にはそこに予算をすり合わせて共済か損保か、また加入そのものをどうするか判断していくことになるでしょう。 共済契約と地震保険料控除の適用条件 損害保険では火災保険に付帯して地震保険に加入していると地震保険料に相当する部分は、「地震保険料控除」の対象となります。 地震「保険料」控除という名称ですが、基本的な考え方は共済でも似ていて、条件を満たしているものについては、共済契約における掛金も地震保険料控除の適用対象となっています。 具体的には、 本人(本人と同一生計の配偶者やその他の親族を含む)が所有していて、常時居住している建物や家財を目的とする共済契約は地震保険料控除を適用することができます。 ただし、この場合の共済契約は、 地震等をカバーする部分に相当する共済掛金だけが控除の対象です。 火災共済の中に地震損害をカバーする補償がありますが、火災共済部分は地震と関係ないため、全体が控除されるわけではありません。 こうした点は損保と共通ですが、あくまで地震保険料控除の対象になるのは、地震部分の掛金だけですので勘違いしないようにしてください。 また申告書の記入については「」「」を参考にして下さい。 【関連記事】•

次の

県民共済(2,000円)と全労済、COOP共済の比較(平成29年度)

県民共済 全労済 比較

保険よりも支払額が安い印象のある「共済」には、いくつかの種類があります。 なかでも国民共済や県民共済は、規模が大きく加入を検討する人も多い代表的な共済です。 果たして、国民共済と県民共済は、何がどう違うのでしょうか。 失敗しない共済の選び方を探ります。 共済とは? 共済とは、協同組合などの団体が運営している保険の仕組みです。 基本的にはその団体の構成員でなければ、共済には加入できません。 たとえば「教職員共済」は、学校の先生や事務として勤務している人のための共済です。 また「JA共済」は組合員である農業者のほか、出資金を支払うことで准組合員となり、共済に入ることができます。 共済は、営利を目的としません。 つまり月々の料金をもとに投資を行い、利益を得ることがありません。 ここが、保険会社との一番の違いです。 保険よりも月々の支払いが安く済み、余剰が生じたら割戻金があります。 ただし、万が一のときに受け取れるお金が保険より少ないのが特徴です。 保険は月々の支払金のことを「保険料」といいますが、共済の場合は「掛金」といい、支払われる保険金のことは「共済金」と呼ぶなど、用語も違います。 他にもさまざまな違いがありますので、共済と保険の違いについて詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 国民共済や県民共済は、一見誰でも加入できる保険のようではありますが、実際はどうなのでしょうか。 それぞれの特徴を詳しく解説することで、違いを明確にしていきましょう。 国民共済の特徴 国民共済は、厚生労働省認可のもと、全労済が運営している共済です。 全労済の正式名称は、「全国労働者共済生活協同組合連合会」といいます。 つまり、国民共済は、共済を扱う生協が展開する商品なのです。 1口につき1000円の出資金を出して組合員になることで、国民共済に加入できます。 国民共済には、死亡保障、医療保障、子どもの補償などさまざまなタイプがあります。 多くのタイプは年齢・性別を問わず一律の掛け金で、医師の診断が不要です。 最もスタンダードといえる「総合タイプ」であれば、59歳までが加入でき、月々の掛け金は1800円で、入院一日につき5000円、死亡の場合は最高で1200万円が受け取れます。 60歳以上は「シニア総合タイプ」に切り替わり、掛け金や補償金が変わります。 保険であれば難しいシニアでも、共済なら加入できる可能性が高まります。 県民共済の特徴 県民共済は、全国生協連(全国生活協同組合連合会)を元受団体とし、各都道府県で展開されている共済です。 県民共済に入りたいなら、居住地、または勤務地がある県の共済に加入することになりますが、共済のない都道府県も存在します。 共済に加入するための出資金は、都道府県によって違います。 国民共済と同じように、多くのタイプが年齢や性別を問わず掛け金が一定であり、シニアでも加入しやすいことは、基本的にどの県民共済でも変わりません。 県民共済のプランや内容は若干変わりますが、安価でシンプルな主制度に特約を追加して、独自のプランを練ることができるのが特徴といえるでしょう。 たとえば大阪府民共済には、64歳までなら月々1000円で病気入院一日につき2250円、病気死亡で200万円という、かなりミニマムな基本コースがあります。 ここに月々1000円程度の特約をプラスして、自分が不安に思っている部分をカバーするプランをつくれます。 複数の都道府県で、同じプランが展開されています。 よく比較して自分に合った共済・保険を選ぼう 国民共済に比べると、県民共済は基本プランがかなりライトで、保障額も少なめです。 しかし特約をプラスすると、掛金も保障額も国民共済を超えるようになります。 各共済を見比べて、どのくらい手厚くしたいか、共済金の月々の予算は幾らにしたいかなどを考えてみましょう。 なお、どちらの共済にも、キッズ保障タイプや傷害保障タイプがあります。 子どもの保障もと考えているなら、合わせて資料を取り寄せ、同時に検討しましょう。 おわりに 国民共済と県民共済、どちらにするか悩んだなら、一度目線を変えて保険の資料も取り寄せてみるとよいかもしれません。 保険も合わせて比較してみると、それぞれのメリット、デメリットがはっきり見えるようになるでしょう。 なお、神奈川県には、県民のための共済が2つありますから、神奈川県民の方はどちらも比較検討するようにしてください。 「全国共済」と呼ばれているものが、この記事で紹介した全国生協連を元受とする県民共済です。 一方で「かながわ県民共済」は、「全国共済」ができる以前から存在している、独立した共済です。 注意しましょう。 総合 4 イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。 取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。 ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。 ご利用者の声 イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。 ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。 見直しするいい機会となりました。 All Rights Reserved.

次の