エースバーン リベロ 育成論。 【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

エースバーンの特性リベロやばすぎ!ゲッコウガの再来!

エースバーン リベロ 育成論

5倍になる。 リベロ 自分の技を出す時直前に、 自分のタイプが技と同じタイプになる。 攻撃と 素早さが高く、物理アタッカーとして育てやすいです。 近年の炎タイプ御三家としては珍しく 炎単タイプですが、覚える技範囲は豊富であり、特性リベロによって岩・水・草・ドラゴン・氷・フェアリー以外の 12タイプに変化することができます。 特性について• 5倍になる特性です。 能動的に使うなら、みがわりで体力を減らし、カムラのみなどと合わせて突破力を上げる方法があります。 きあいのタスキとも相性がいいですね。 リベロは、自分のタイプが、 使う技と同じタイプに変化する特性です。 すべての技をタイプ一致で使えることになり、タイプ不一致ではあと一歩威力が足りなかった技でも強力な主力技になります。 また、先制で相手の攻撃を無効化するタイプに変化して、相手の攻撃をかわすことも可能です。 エースバーンの技候補 エースバーンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 とびはねるをダイマックスして使うとダイジェットになり、 自身の素早さを1段階アップする追加効果があります。 また、相手の地面技を読んで使えば、相手の攻撃を無効にすることもできます。 ステルスロック対策で、HPは奇数にしています。 素早さ 実数値188で、 最速119族と同速。 エースバーン同士の対面になった時に素早さで負けないように、最速にしています。 ラプラスのキョダイセンリツによって オーロラベールを張られてしまっても、 コートチェンジで奪うことができます。 みがわり3回でダイマックスターンをしのぎ、 チイラのみ発動。 その後コートチェンジを使います。 コートチェンジを使ったターンに倒される可能性がありますが、ダイマックスとオーロラベールには対処することができます。 攻撃のチャンスがあれば、攻撃1段階上昇時、とびひざげりで、無補正B振りラプラスを乱数1発 99. うたかたのアリアは みがわりを貫通するので、通常時にはみがわりを使わないように注意。 素早さ 実数値167で、 最速100族抜き。 バトン型.

次の

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策

エースバーン リベロ 育成論

エースバーンより速いポケモンで先に倒そうとしてもダイマックスされて耐えられてしまったりしてなかなか倒すのが難しいです。 しかし、エースバーンにも弱点があります。 その弱点は 物理型しかいない です。 ということは、 カウンター決め放題です。 そこで、エースバーンがどんな持ち物でも倒せるように考えたのが、 ゴツメ頑丈カウンターウソッキーです。 調整意図 「カウンター」は受けたダメージを2倍にして返す技です。 HP無振りエースバーンは実数値155でダイマックスすると310になります。 よって、実数値にして155以上なければ「カウンター」で倒せません。 ウソッキーはHPに少し振れば155に到達しますが、エースバーン以外にも使えるようにするためにHPに252振っています。 いじっぱりでAぶっぱしているのは、「ふいうち」の威力を最大にするためです。 これにより、ダイマックス相手にも.

次の

エースバーン 育成論

エースバーン リベロ 育成論

こんにちは、俺の研究所へようこそ! 今回紹介するは、 ストラーの エースバーンです。 高い素早さ エースバーンの 119という素早さは、剣盾環境において、 全中第12位と非常に高く、環境でエースバーンの素早さを越えるは、 ドラパルト、 ジョー、 インテレオン、そして天候で素早さが上昇するや を持っているしかおらず、環境にいる や を余程の事がない限り 一撃で倒すことができます。 技範囲の広さ エースバーンは、メインウェポンである かえんボールとサブウェポンである の他に、先制技の ふいうちを覚える事ができ、 炎と格闘タイプの技を打てることから、剣盾のとも言われています。 また、不利な相手と対面したときに とんぼがえりをすることで、相手の をケアしながら手持ちに戻す事ができたり、 とびはねるを覚えるため、 ダイジェットからの全抜きを狙うこともできます。 エースバーンの専用特性である は、 の特性 へんげんじさいと同様の効果を持ち、 どんな技でもタイプ一致で打つことができる。 水タイプへの有効打の無さ エースバーンは、剣盾のと言われていますが、との最大の違いは 水タイプに対抗できる技がないことです。 岩技すら覚えない為、 に対しての有効打はないと考えましょう。 そのため技を外したときは、1ターン無駄にするということになります。 〔確定技〕 かえんボール/ 〔選択技〕 ふいうち/ とんぼがえり/ とびはねる etc... 〔補助技〕 みがわり/ コートチェンジ/ バトンタッチ etc... は、 炎を 半減する 岩タイプに対抗する為に採用しました。 とびはねるは、エースバーンで全抜きする立ち回りのときに採用します。 みがわりは、特性の もうか圏内までHPが減れば 炎技の威力が上がるため、相性は良いと思います。 チイラのみは、 みがわりを採用する際に相性が良いです。 また、 カウンターを覚えるため、 を採用しても良いと思います。 こちらも特性 もうかと相性が良いです。 5〜73. 6〜 309. 6〜 125. 1〜 152. 2〜 105. 3〜65. 3〜68. 9〜97. 3〜60. 6〜39. 6〜69. 6〜89. 7〜55. 1〜55. 2〜 100. ただし、特性ふゆうのは環境にいる かたやぶりには弱い為、注意が必要です。 もしくは同様に地面技を受けない などの 飛行タイプのが良いと思います。 は、 鋼タイプを呼ぶことが多い為、エースバーンとの相性補完は抜群です。 また、 もエースバーンの攻撃を受けることが出来るので対策には良いと思います。 これから色々なを紹介する予定なので、よろしくお願いします。 Foji.

次の