ジェーン ドゥ の 解剖 考察。 ジェーン・ドウの解剖のネタバレ感想と考察 浮かび上がる理解不能な真実

ジェーン・ドウの解剖 評価と感想/検死官親子に迫る恐怖

ジェーン ドゥ の 解剖 考察

本レビューは結末、また物語の細部に触れています。 鑑賞後に読まれる事をおすすめします。 傷一つない出所不明の女の死体。 ジェーン・ドウとは名無しの権兵衛の女版である。 ちなみに男の場合はジョン・ドウという。 それが運び込まれたのは昔から死体の解剖で生計を立てている家だ。 父子で同じ仕事をしている。 検死は彼らにとって家業の様だ。 本作には二つの密室が登場する。 一つは死体を運び込まれ、脱出不可能となった彼らの家。 外では天候が悪化し、嵐が吹き荒れている。 開けようとしたドアは倒木によって塞がれている。 もう一つは女の死体である。 正確に言えば女の死体の中身だ。 父子は彼女を解剖して、身体に隠された秘密に迫っていく。 身体の中にある臓器や骨、筋肉がモザイク無しで描写されている。 この死体が奇妙なのである。 身体のどこにも痛めつけられた様子はなく、乳房も、足も、胴体も真っ白で美しい。 昨日今日死んだわけではないのに、あちこちに矛盾が生じている。 父親である検死官がする様に首を傾げる要素しかない。 体内から出て来るのはこの地では発見されない植物や土壌物質だ。 この描写から、死体があちこちを転々としているという事実が明らかになる。 死体をキーにする映画は今までもたくさんあった。 『ハリーの災難』『ロープ』などなど。 殺人映画や、恐怖映画では死体は観客を戦慄させる陰の主人公とも言える。 そこにメスを入れたのが本作だ。 残念ながらジェーン・ドウが本領を発揮し、他の死体が起き上がるシーンには落胆せずにはいられない。 変化球の密室劇で、しかも観客の興味をそそる設定やアイディアを持っていながら、やっている事はゾンビ映画と大して変わりない。 またこの行の長ったらしい事。 家が脱出不可能の密室となっている事を示す為と言っても、エレベーターまで逃げる必要があっただろうか。 いっそ、解剖室に閉じ込めたままにしておけばよかったかもしれない。 面白そうな要素を何でもかんでも盛り込んで、尺を長く取ればいいというわけではないのだ。 クライマックスで彼らが辿る末路も、予定調和で衝撃は全くない。 この繰り返しなのだ。 主人公たちが辿った末路は彼女が各地で起こしている復讐の一部でしかない。 確かに父子が蓄積された情報から彼女の目的に気づき、どうにか呪いをやめさせようとする描写もある。 ここに活路が見出せる様な予感はあるし、父親が彼女の受けた痛みを再び体験する描写はゴア/スプラッター描写なしで、サブリミナル効果を使って想像力を煽ってくれる。 作中随一の鳥肌シーンである。 ところが何をしてもこの呪いは止まらない。 ジェーン・ドウの目的が自らの呪いや痛みを解消させる事ではなく、この出来事を繰り返す事によって各地で恐怖を巻き起こす事にあるとすれば、その目的は達せられた事になる。 しかしあまりにあっさりと終っていて、しかも続きがあるお約束の描写を描くだけでは全てが想定の範囲内であるため消化不良の印象が強い。 ストーリーの展開や死体の解剖から「彼女」に隠された真相が明らかになるアイディアは魅力的である。 だが願わくばもう一歩踏み込んで、「彼女」の目的を止める事にまで物語が足を踏み入れていれば傑作への道が開かれていた、と考えるのは筆者の欲張りな願いだろうか。 映画の説明書きだけで謎解きのサスペンス映画かと思った。 途中でホラーの要素が出てきて興ざめ。 ホラー映画としてはお決まりの展開で陳腐な作品。 途中で見るのをやめればよかったのに寝ながら最後まで見てしまいました。 妙に薄汚れた衛生観念のない解剖室、ロックをガンガンにかけながらの解剖など、ホラーの要素は最初からあったのに猟奇事件に気を取られて気付きませんでした。 ホラー映画好きにはそこそこ楽しめるかも、絶賛コメントの意味はわかりませんが。 あまり怖くないのが難点です。 追記) 謎解きの要素はありません。 だからつまらない。 謎解きではなくオカルト的世界観の紹介です。 こんな風な仮説も成り立つんだ程度。 この映画の世界ではそれが真実とされるんですが、嘘言ってんじゃないよと突っ込みを入れたくなるイラついた映画でもあります。 表紙が一番怖い。 事前情報なしで観ました。 良くありがちな検死から事件の真相をうんぬん、ってサスペンス系の映画かと 思って観ていたら、途中から段々と違和感が。 サスペンスが何でこんなに怖い んだ…と。 中盤あたりでホラー映画だと気がついた時には、もう相当怖い思い をしておりました。 グロやビックリばかりの海外産ホラー映画は、正直あまり怖いと思ったことは ないのですが、この映画は国産ホラーに通じる、精神的にじわじわくる「想像 させる恐怖」が非常に巧みで、見えないドアの外や、聞こえるはずのない音、 理解不能なものを突きつけられる展開が、本当に怖かった。 特に「チリン」が最初に聞こえたシーンは泣きそうなくらいビックリでした。 間違いなく近年のホラー映画の中で良作の部類にはいる作品だと思います。 ただ、ひとつ気に入らなかった点といえば、最後に真実を全て明かしてしまっ た点。 ネタバレは避けますが、なぜあの現象は起こったのかを淡々と説明した おかげで、後半からラストにかけて恐怖が持続しませんでしたね。 謎は謎のままで終わった方が個人的には好みだったかも知れません。 物語は一家惨殺事件の現場から始まります。 そこで発見された、地下に埋められていた一家とは無関係の女性の遺体。 外傷もないこの女性の遺体解剖から、物語は徐々に不穏な気配を漂わせます。 よくある脅かし系ではないですが、じりじりと恐怖が迫って来て、続きが気になる映画です。 前半は解剖シーンがあるのでグロいですが、後半はグロさもないのに、ひたすらハラハラしながら鑑賞しました。 序盤からラストまで飽きさせることなく物語が展開し、ラストまで気が抜けない映画です。 映画で公開されたかも知らない作品でしたが、レンタルDVD屋でよく見るB級映画とは違って映像もしっかりしていますし、見せ方が上手です。 一度鑑賞してみて損はないと思います。

次の

『ジェーン・ドウの解剖』と魔女狩りの関係について考察しました

ジェーン ドゥ の 解剖 考察

バージニア州の地面から、女性の遺体が発掘された。 不思議なことに、外面はまったく傷ついていなかった。 検死解剖の仕事をしている父と息子(母は死別)の元に、この名無しの女の遺体(名無しの権兵衛をアメリカではジョン・ドゥという。 女性の場合はジェーン・ドゥという)が移送され、解剖を開始する。 この土地にはない泥炭が付着していたり、内臓が傷つけられていたり、手足が骨折していたり、肺が燃えていたり、皮膚の内側に入れ墨があったり、舌が切り取られたり、歯を包んだ宗教的な衣が出てきたりと、謎が深まっていく。 台風の影響で木が倒れ、地下解剖室から出れなくなった父と息子。 ジェーンドゥを解剖していくうちに、彼女はどのようにして、今の姿になったのか、その謎を解明していく。 しかし、奇妙なできごとが起き始める。 父の体に傷がついたり、飼い猫が死んでしまったり、ラジオが勝手に流れて歌が聞こえてきたり。 やがてジェーンドゥは魔女で、人間達に復讐をするための存在だという考えに至る。 しかし時は既に遅しで、ジェーンドゥは暴走し、二人はジェーンドゥの魔力?によって、勘違い殺人をしてしまったりする。 (息子の彼女を父が間違えてオノで殺してしまう) 父の体はジェーンドゥと同じように、肺が燃えたり、骨折したりする。 苦しむ父は息子に自分を殺すように促し、泣く泣くナイフで心臓を突き刺して刺殺する。 警察の声がして助けがやってきた!と扉へ向かうが、扉は開かない。 その警察の声もジェーンドゥの魔力による偽りの声だった。 息子は螺旋階段から落下して死亡する。 ジェーンドゥは警察に移送された。 4くらい。 謎に満ちていて僕好みの内容で面白い作品でした!観てよかった! ほぼワンシチュエーションで90分間続く緊張感! 遺体解剖の仕事を職業としている父と息子のもとに、謎の女の遺体が運ばれてくる。 そして台風で木が倒れて、ドアに挟まって出られない!という、ホラーではお約束の 「ここから出られない」というシチュエーション。 事件はほとんどこの解剖室だけで起こるんだけど、謎が謎を呼ぶ展開で、最後まで飽きずに観ることができました。 殺人事件解決もののサスペンス映画?と思いきや、まさかの超常現象系のホラー映画。 そこに面食らってガッカリした人も多いようです。 僕は普通に楽しめたんだけどな〜。 なんでかな。 体を解剖すると、不可思議な事が起こり、常識ではあり得ない遺体状況だったり、謎が謎を生み続けていきます。 更にホラーな演出で恐怖心と緊張感を高めつつ、謎を解き明かした頃には時すでに遅し… ああ怖面白い。 僕の解釈が間違えていなければ、解剖をしてお腹を開くと魔女の力が甦るということなのかな。 だとしたらそのアイデアはとても素晴らしいと思います。 呪われた扉のお札を剥がしてしまう、呪われた土地を掘り起こしてしまう…というのはよくあるパターンですが、お腹をかっさばくと魔女の呪いが解放される…というのはなかなか斬新なアイデアなのではないでしょうか! 彼女のエマが勘違いで… 主人公のパパさんが、魔女の幻惑によって、勘違いで息子の彼女エマをオノで殺してしまいます。 これもホラー映画あるあるですね。 最近観たホラー映画では、「オキュラス/怨霊鏡」でもそれに似たシーンがありました。 呪われた鏡の魔力・霊力によって、現実なのか幻覚なのかわからなくなるという恐ろしい作品でした。 ・肉体には外傷がない ・死後硬直がない ・目が灰色になっていて死後数日ほどの状態 ・手首と足首の骨がくだけている ・舌がちょん切られている ・膣内が切り傷だらけになっている ・体の中にハエが棲んでいる ・体内にまだ血が残っている ・肺の中が焼けていて真っ黒状態 ・胃袋にチョウセンアサガオ(食べるとおう吐やけいれん、呼吸まひなどを起こす)がある ・胃袋に謎の布に包まれた自分の歯 ・皮膚の内側に謎の紋様入れ墨が ・肉体を焼いても燃えない ・脳波を調べるとまだ生きている こうやって書いてみると、こんなに沢山の謎が詰め込まれていたんですね… 魔女のモデルさんは美人だけど… ジェーン・ドゥ役の女性( オルウェン・キャサリン・ケリー/モデル・女優)はめちゃくちゃスタイルが良くてかなりの美人さんです。 だけど口を開けてみると、 前歯がすきっ歯になっています。 けっこう気になった人も多そうですね。 どこかで聞いたんですが、欧米の一部では、すきっ歯はむしろ「かわいい」と捉えられると聞いた事があります。 日本でいう、アイドルの八重歯みたいな感覚で。 僕は八重歯を見て特別かわいいとは思いませんが…。

次の

映画『ジェーン・ドウの解剖』ネタバレ 魔女の復讐 ラストの台詞は?

ジェーン ドゥ の 解剖 考察

解説 「トロール・ハンター」の監督アンドレ・ウーヴレダルによる監督2作目となる2016年のオカルトホラー映画。 主演はショーン・ペン脚本監督「イントゥ・ザ・ワイルド」で高い評価を受けたエミール・ハーシュ。 ベテラン検死官の父を手伝う新米医療技術者を演じている。 遺体安置所と火葬場を経営する偉大なベテラン検死官の父の役をボーン・アンディティシリーズのアボットなどでおなじみのブライアン・コックス。 怖さと美しさが交差する見事な死体っぷりで強烈なインパクトを残してくれる。 バージニア州の田舎で先代から続く古びた自宅兼遺体安置所を舞台にベテラン検死官の父と助手の息子が身元不明の女性を検死解剖する中、徐々にエスカレートする怪奇現象に見舞われてゆく恐怖をダークなテイストで表現している。 舞台となる歴史を感じさせる地下室や少々レトロなスパイスを効かせた映像がが古き良きホラー映画のようで余計な説明することなく見る手をテンポよく引き込んでゆく。 ネコのあのシーンなんかは歴代のホラー映画へのリスペクトを感じてニヤリとする人も多いのではないだろうか。 エスカレートし過ぎてゆく現象に戦慄する世界感は待ちに待った王道ホラーと言っても過言ではないだろう。 そしてアンドレ・ウーヴレダル監督のホラー映画に対する愛を感じるような作品とも言えるだろう。 ジェーン・ドウは外傷も硬直も無く、まるで生きているかのようであった。 そしてジェーン・ドウは住人との関係は皆無だという。 急遽朝の記者会見に間に合わせたいとバーク保安官がジェーン・ドウの検死を依頼したのは先代から自宅で遺体安置所と火葬場を営むベテラン検死官のトミーだった。 医療技術者でもありトミーの助手をつとめるのは息子のオースティン。 オースティンはいつものように父の検死解剖の手伝いを済ませて恋人のエマと映画に行くはずだった。 しかし解剖を進めるたびに次々と不可解な事実を目の当たりにし、検死は難解を極めてゆく。 真実へと近づくにつれ怪奇現象は起き始める。 トミーとオースティンはなんらかの犠牲者であろうジェーン・ドウの真相を解明するこで彼女の魂を救おうとするのだが事態は二人の望みとは異なる方向へ転がって行く。 キャストの紹介 オースティン・ティルデン エミール・ハーシュ 検死官の父トミーの検死を手伝う医療技術者。 2年前に母を亡くしている。 トミー・ティルデン ブライアン・コックス 先代から自宅で遺体安置所と火葬場を営むベテラン検死官。 オースティンの父。 ジェーン・ドウ オルウェン・ケリー 一家惨殺事件が起こった家屋の地下室から発見された身元不明の女性の遺体。 エマ オフィリア・ラヴィボンド トミーの恋人。 トミーの仕事をあまりよく思っていない。 バーク保安官 マイケル・マケルハットン ティルディン家と顔なじみの保安官。 トミーとは20年来の友人。 カメレオンとヘビのネタバレ感想 ワクワク必至。 欲張りな世界観。 先代から自宅で遺体安置所と火葬場を経営するティルディン家。 医療技術者のオースティンはベテラン検死官の父トミーの助手をつとめている。 朝の記者会見に間に合わせてほしいという。 恋人のエマと映画に行く約束をしていたオースティンはいつものようにすぐ済むだろうと父の検死解剖を手伝う。 しかし解剖が進むにつれ次々と理解不能な事実が明らかになる。

次の