エクセル 空白 詰める。 エクセル(Excel)で文字列に含まれるスペースを削除する

エクセル 空白セルを詰めて表示したい

エクセル 空白 詰める

こんにちは! モカです。 お元気ですか? 昨日の夜は、すごく風がふいて 窓がバタバタいうのでドキドキしました^^; 今日は湿気の多い日となりました。 今の時期は、秋のようでもあるし、 夏の蒸し暑さが戻ってきたような感じもして、変な感じです。 そこで今回は、余白を調節する簡単な方法をご紹介します。 1.印刷したいシートを開きます。 2.印刷プレビューをします。 3.印刷プレビューされている右下の 「余白の表示」ボタンを押します。 (Excelが最大の状態で表示されます) (拡大画面) 4.印刷プレビューに余白や列幅を調整できる線が表示されました。 この線を動かして調節します。 5.余白を狭く調整してみました。 印刷される状態を見ながら、余白を調整できるので、簡単ですよね。 印刷実行画面なので、すぐに印刷に入れるのも良いですよね^^.

次の

不要なスペースは一度に削除 TRIM関数でスペースを取り除こう!

エクセル 空白 詰める

2週に渡り、エクセルによる住所録に関する「よくある質問」にお答えしました。 すると追加で「住所に含まれているスペースの削除方法」についても質問をいただいたので、今回、合わせて紹介しておきます。 最もシンプルなのは「検索と置換」機能で削除してしまう方法です。 文字列に含まれるスペースを削除したいセルを選択します。 [Ctrl]+「H」で「検索と置換」ウインドウの「置換」を表示。 「検索する文字列」に全角スペース「 」を入力します。 「すべて置換」ボタンをクリック。 「半角と全角を区別する」にチェックがない「オプション」設定なら、 「全角スペース」も「半角スペース」も一緒に「スペースなし」に置換されるので、文字列に含まれるスペースはすべて削除されます。 実施後、結果が期待していた状態と違う場合は、直後に [Ctrl]+「Z」 のショートカットキーで「元に戻す」こともできます。 「元に戻す」のは「クイックアクセスツールバー」の「元に戻す」ボタンでもOK。 「検索と置換」で「置換」を使う場合、オリジナルのデータを変更することになるので、置換後は「別名で保存」してオリジナルは残しておくと安心です。 あるいはシートを複製してから置換するのも定番です。 「半角スペース」はそのままです。 さらに「半角スペース」も「スペースなし」に置換するには、先ほどの式による結果を、さらに「SUBSTITUTE」関数で置換する式になります。 とはいえ、とにかくスペースを除くだけなら「検索と置換」機能で「置換」のほうが簡単なのでオススメです。 理解を深めるための「」•

次の

エクセル 空白セルを詰めて表示したい

エクセル 空白 詰める

配列数式でやっていること この配列では、「文字が入っていればその行番号」「空白なら空白」を計算した作業列Bが、配列で書かれたIF文に埋め込まれています。 下までコピーすれば、「n番目の『空白じゃないセル』は何行目にあるか?」の結果が入ります。 例えばD4では、「4番目の『空白じゃないセル』」すなわち「DDD」は7行目なので、「7」が結果となります。 今回は『空白じゃないセル』が6個なので、7番目からはエラーとなります。 このエラーはあとで処理します。 INDEX関数でデータの取り出し ここまで来ればあとは簡単。 A列から1,2,4,7,…番目のデータをINDEX関数で取り出します。 INDEX関数の行番号にさっき求めた「n番目」が入るようにし、A列からn番目のデータを取り出します。 仕上げ 最後に、最初に作った作業セル(何番目のデータが欲しいか)を埋め込みます。 自分自身のセルの行番号(ROW関数)と、先頭の行番号を比較し、何番目かを求めます。 先頭の行は絶対参照にします。 これで作業用セルをまったく使わず、データを詰めることができました!.

次の