ショート パスタ レシピ。 【美味しいパスタの作り方】おすすめの人気レシピ20まとめ:絶品で簡単&定番どちらもまとめ!

【パスタ種類】ショート&ロングの人気おすすめ27選|各形状に合うレシピとは

ショート パスタ レシピ

マカロニ(Maccheroni) 数あるパスタの中でも特に日本で馴染み深く、様々な食べ方をされているのが マカロニです。 馴染みのあるマカロニという呼び方は英語名であり、イタリアではマッケローニと呼ばれており、マカロニの語源にもなっています。 マカロニは「 直径が3mm~5mm前後の円筒状」のショートパスタです。 JAS規格(日本農林規格)では「2. 5mm以上の太さの管状、またはその他の形状」とされており、かなり幅広く定義されているショートパスタでもあります。 日本ではマカロニグラタンやマカロニサラダとして食べられることが多く、アメリカでは茹でたマカロニとチーズとバターを和えてオーブンで焼いた「マカロニ・アンド・チーズ」が有名であり、 一般家庭でも人気のある料理として親しまれています。 スパゲッティで使うようなトマトソースなどと合わせても美味しく食べることができますし、アメリカのようにチーズとバターと一緒にオープンで焼き上げる食べ方もおすすめです。 リガトーニ(Rigatoni) 「すじ」という意味を持つイタリア語の「riga」が語源となっているショートパスタが リガトーニです。 日本ではそこまで馴染みのない名前かもしれません。 リガトーニとは「 麺の表面にすじのある直径8mm~15mm前後の筒状」のショートパスタです。 大きめのマカロニといえばイメージしやすいでしょうか。 表面にすじ(溝)があるおかげで ソースの絡みが非常に良いのが魅力のショートパスタであり、やや大きめなので 食べ応えがあるのも特徴です。 リガトーニはローマ定番のパスタである アマトリチャーナとして食べられています。 リガトーニのおすすめの使い方 ソースが非常に絡みやすく食べ応えのあるショートパスタなので、あっさりめのソースよりも 重めのソースと合わせる使い方がおすすめです。 トマトソースやクリームソースはもちろん、 肉を使ったソースと合わせてみてください。 本格的にリガトーニを楽しみたい人は、ローマの定番パスタである アマトリチャーナに挑戦してみてはいかがでしょう。 アマトリチャーナは、トマト、豚ほほ肉の塩漬け(グアンチャーレ)、羊乳チーズ(ペコリーノ)、リガトーニをフライパンで調理することが可能なので、比較的簡単に楽しむことができます。 マニケ(maniche) 「袖」という意味を持つイタリア語が語源のショートパスタが マニケです。 リガトーニよりもさらに大きく「 太さが20mm~30mm前後の円筒状」のショートパスタであり、筒の中に肉や野菜を詰めて調理されることも多いです。 長さがマニケよりも短いメッゼマニケや麺の表面に溝があるマニケリガーテなどもあるので、ソースや楽しみたい食感によって 様々なマニケを食べることができます。 日本では馴染みはそこまでないかもしれませんが、イタリアでは 料理によって様々なショートパスタを使用するので、マニケは一般的に食べられているショートパスタなのです。 マニケのおすすめの使い方 大きめの円筒状のショートパスタである特徴を活かし、 肉や野菜をマニケの中に詰める使い方がおすすめです。 普段とか違ったパスタ料理として楽しむことができるでしょう。 長さが短めのメッゼマニケは詰めるのがマニケに比べて大変なので、 重めのトマトソースやクリームソース、肉を使ったソースで楽しんでみてください。 ソースをしっかり楽しみたいなら、 麺の表面に溝があるマニケリガーテを使用すればソースがよく絡んで美味しく食べることができます。 ペンネ(Penne) ショートパスタの中でも特に日本に馴染みがあるのが ペンネです。 ペンネ・アラビアータというパスタ料理を耳にしたことがある人も多いかと思います。 円筒状のショートパスタの両端を ペン先のように斜めにカットしたショートパスタであり、「ペン」や「羽根」という意味を持つイタリア語の「penna」の複数形が語源となっています。 イタリアのカンパニア州やシチリア州でよく食べられているショートパスタで、日本でも ペンネ・アラビアータはもちろん、グラタンなどでもよく使われるショートパスタのひとつです。 ペンネというと麺の表面に溝があるショートパスタと思い浮かべる人も多いかと思います。 しかし 溝があるペンネはペンネリガーテというペンネであり、「ペンネ」というと本来は 表面に溝がないつるっとしたショートパスタを指します。 ペンネのおすすめの使い方 王道ですがやはり ペンネ・アラビアータがおすすめです。 ペンネは先が尖っているのでソースが筒の中に入り込みやすく、 ソースの味をしっかりと楽しむことができます。 他にも バジルソースやクリームソースとの相性も良いですし、グラタンとして使用するのもおすすめです。 ソースを絡みやすくしたいなら麺の表面に溝があるペンネリガーテを使用するなど、 好みに合わせて選んでみてください。 ファルファッレ(Farfalle) 蝶ネクタイパスタとしても知られるショートパスタが ファルファッレです。 名前は日本でそこまで馴染みがないかもしれません。 「蝶」という意味を持つイタリア語の「farfalla」が語源のショートパスタであり、その意味の通り「 蝶の形をしたショートパスタ」がファルファッレの特徴です。 独特の食べ応えを持っているショートパスタで、外側の薄い部分は 柔らかい食感ですが、中心部分は しっかりとした食感を楽しむことができます。 さらに小さいサイズのファルファッレは「ファルファッリーネ(farfalline)」と呼ばれます。 16世紀の北イタリアのロンバルディア州又はエミリア=ロマーニャ州が起源とされており、現地イタリアはもちろん、日本でも徐々に広まっているショートパスタです。 ファルファッレのおすすめの使い方 どんなソースとの相性も良いショートパスタなので、トマトソースやクリームソースなど 好みのソースと合わせて食べてみてください。 さらにソースを絡みやすくしないなら、ファルファッレに 溝があるファルファッレリガーテを使用してみましょう。 他にも サラダに和えてみたり、 スープの具として使用するのもおすすめの食べ方です。 コンキリエ(Conchiglie) 「貝殻」という意味を持つイタリア語の「conchiglie」が語源のショートパスタであり、語源の通り見た目が貝殻に似ているのが コンキリエの特徴です。 大きさが10mm~20mmのコンキリエが一般的であり、 貝殻のように麺の表面に溝があるのでソースの絡みも良い魅力を持っているショートパスタです。 コンキリエの大きさによって、大きめのものはコンキリオーニ、小さめのものはコンキリエッテと呼ばれることもあります。 コンキリエやコンキリオーニは、その形状を活かして 中に細かい具を詰めたりする食べ方がされており、使い方のバリエーションが多いのも魅力のひとつといえるでしょう。 コンキリエのおすすめの使い方 煮込み料理やサラダで使用する食べ方もおすすめですし、ソースがしっかり絡むのでトマトソースやクリームソースと合わせるのがおすすめの使い方です。 いつもとちょっと違った料理として楽しみたい人は、肉や野菜などを使った 細かい具をコンキリエに詰めてみても楽しむことができるでしょう。 名前に馴染みはないかもしれませんが、日本では カールマカロニと呼ばれ、英語名ではカールやクルルと呼ばれることもあります。 別名である「 スピラーレ」は「螺旋、螺旋階段」という意味を持ったイタリア語です。 サラダなどで使われることが多いショートパスタですが、マカロニと同様に 様々なパスタ料理に使用することができます。 しかし茹ですぎると芯がなくなってしまいふにゃふにゃになってしまうので、パスタ料理によっては 茹で時間に注意が必要なショートパスタです。 サラダは冷製の料理なので茹で時間に神経質ならなくていいのも魅力ですね。 サラダ以外のおすすめの使い方は、 オイル系のソースのパスタやスープの具として使用するのもおすすめですが、茹で時間には注意してください。 カヴァタッピ(Cavatappi) 「栓抜き」の意味を持つイタリア語の「cavatappi」が語源のショートパスタが カヴァタッピです。 「 筒状のショートパスタを螺旋状にねじった形」をしているのが特徴です。 Tortiglioni トルテリョーニ とも呼ばれます。 円筒状のショートパスタであるマカロニをかるくねじったようなショートパスタなので、 ソースが絡みやすくなっているのが魅力です。 イタリアではパスタの種類のひとつとして一般的に食べられているショートパスタであり、日本では名前は知らなくてもよく見かけるショートパスタのひとつでしょう。 カヴァタッピのおすすめの使い方 螺旋状になっているショートパスタなのでソースが絡みやすいのが魅力です。 トマトソースや魚介系ソースとの相性が非常に良いショートパスタです。 カヴァタッピと 同じくらいのサイズに切った肉や魚介を入れ、具だくさんのパスタとしての使い方がおすすめです。 スポンサーリンク カッペレッティ(Cappelletti) 「小さい帽子」の意味を持つイタリア語が語源であり、円形のワンタンのような形状が特徴のショートパスタが カッペレッティです。 野菜が生地に練り込まれた 色の付いたパスタの種類が豊富なショートパスタであり、イタリアの地方によって呼び名が様々で「トルテッリーニ」や「アニョーリ」と呼ばれることもあります。 イタリアのエミリアロマーニャ地方では、 伝統的なパスタとしてクリスマスなどの特別な日などに食べられています。 リコッタチーズとほうれん草のペーストやハムなどのペーストを詰めたり、ブロードというコンソメスープの具として使用したりと、 使い方の幅広さといつもと違ったパスタ料理として食べられるのが特徴です。 カッペレッティのおすすめの使い方 現地イタリアでの食べ方のように、 スープの具として食べたり、 中に具を詰めて煮込み料理にして食べるのがおすすめです。 パスタというとスパゲッティのような麺状の料理を想像してしまうかもしれませんが、カッペレッティは いつもと違うパスタ料理として楽しむことができるショートパスタなので、ぜひ使ってみてください。 ルマコーニ(Lumachine) 「かたつむり」の意味を持つイタリア語の「lumaca」が語源であり、名前の通り かたつむりの殻の形が特徴となっているショートパスタが ルマコーニです。 普通のパスタ料理のように調理して いつもと違う食感を楽しむこともできますし、大きいサイズのルマコーニなら フォークとナイフを使って食べたりと、いつもと違ったパスタ料理として楽しむことができます。 他の食べ方としては、ルマコーニは中に肉や野菜などを使った 具を詰めて煮込み料理やグラタンにしたりできます。 日本ではそこまで見かけないショートパスタではありますが、イタリアではソースに絡めたりスープに入れたりと、一般的に食べられているショートパスタのひとつです。 ルマコーニのおすすめの使い方 大きめのルマコーニを使用して ナイフとフォークを使う食べ方をおすすめします。 いつもと違うパスタとして、いつもと違う食感を楽しむことができます。 殻に見える部分にソースが入り込むのでソースもしっかり染み込んでくれます。 他にも中に肉や野菜の具を詰めて煮込み料理として使うなど、 ロマコーニにしかできないような使い方をぜひしてみてください。 ルオーテ(Ruote) 車輪の形が特徴となっているショートパスタの一種が ルオーテです。 名前は知らなくても見たことがある人も少なくないのではないでしょうか。 「車輪」の意味を持つイタリア語がそのまま語源となっており、名前の通り ショートパスタの形状が車輪になっているのが特徴です。 英語名では「ホイール」と呼ばれ、ルオーテよりも日本では馴染みがあるかと思います。 イタリアではそこまで代表的なパスタとしては認知されていないようで、ズッキーニなどの 野菜パスタやサラダとして使われるなど、メインよりも脇役として使われることが多いようです。 日本でもパスタ料理というよりは、スープの具やサラダとして使われることが多いショートパスタです。 ルオーテのおすすめの使い方 サラダなどで使われることが多いルオーテですが、やはりパスタですしトマトと合わせた ミネストローネに使うのがおすすめです。 トマトスープとの相性も良く、車輪の形をしているのでスープにしっかりと馴染んでくれます。 語源の通り、 大きさも形も米に非常に似ているのが特徴のショートパスタです。 ギリシャ料理では「クリタラーキ」、トルコ料理では「シェフリエ」と呼ばれています。 もう一方、「種子」の意味を持つイタリア語の「seme」が語源となっているショートパスタが セミーニです。 リゾーニと比べると細長くなっているのが特徴です。 リゾーニもセミーニも使い方はほとんど一緒で、 スープやサラダに入れたり、 米の代わりにリゾットとして食べられているショートパスタです。 非常に小さいショートパスタですが つるっとした舌触りともちっとした食感を楽しめる特徴を持っています。 日本では輸入食材を扱っている店舗以外で入手するのが難しいショートパスタなので、気になる人はぜひチェックしてみてください。 見た目では想像できないような 心地よい食感を楽しむことができるので、リゾットやスープをいつもと違った料理として楽しむことができるでしょう。 オレキエッテ Orecchiette) 「耳」の意味を持つイタリア語の「orecchio」が語源となっているショートパスタが オレキエッテです。 耳たぶのような小さいドーム型のショートパスタであり、 もちっとした食感としこしこした舌触りが特徴です。 イタリアのプーリア地方を代表するパスタで、 ブロッコリーとの相性の良さから「チーマ・ディ・ラーパ」という郷土料理があります。 ブロッコリーのような青野菜とガーリックを使った オイル系のソースとの相性が抜群です。 逆に肉を使ったソースやチーズとの相性はイマイチとされています。 オレキレッテのおすすめの使い方 やはり相性抜群とされている ブロッコリーとガーリックを使ったオイルソースと合わせる食べ方がおすすめです。 肉を使ったソースと合わないパスタは逆に珍しいので、ぜひ青野菜とオイルを使ったソースで食べていただきたいショートパスタです。 ニョッキ(Gnocchi) ジャガイモと小麦粉を使って作られている団子状のショートパスタが ニョッキです。 日本でも聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 「こぶ」を意味するイタリア語や「指の節目」を意味するゲルマン語派のロンゴバルト語など、 語源は諸説存在します。 数あるショートパスタの中でもその起源は古く、現在ではジャガイモと小麦粉で作られていますが、当初は小麦粉を練って作られていました。 イタリアでは 一般的な家庭料理として食べられており、フィレンツェではほうれん草を練り込んだニョッキや他のイモを使ったニョッキなど バリエーションが幅広いショートパスタです。 ニョッキのおすすめの使い方 トマトソースやペースト状のジェノベーゼを使ったパスタとして使うのがおすすめです。 ニョッキは団子状のショートパスタなので、 茹で時間によって食感をコントロールすることができます。 ニョッキは茹で時間によって歯切れが良い食感にしたり、力がいらないほど柔らかい食感にすることができます。 自分の好みに合わせて茹で時間を調節してみてください。 スポンサーリンク ラビオリ(Ravioli) 生地を2枚使い食材を挟み込み、おおよそ30mm前後の四角形に切り分けた 詰め物入りの生パスタがラビオリです。 日本でも名前は有名でしょうし、食べたことがある人も多いかと思います。 「かぶ」の意味を持つイタリア語である「rapa」が語源とされています。 イタリアではラビオリの具に その地方の産物を使用するケースが多いので、詰め物には非常に多くの種類が存在します。 食べ方は中身によって合う合わないはありますが、トマトソースで食べたりスープとして使ったりと、 食べ方は多岐に渡ります。 代表的な料理名としては、リコッタチーズとほうれん草を使用した「 リコッタ・エ・スピナッチ」が有名です。 ラビオリのおすすめの使い方 ラビオリは中身にどんな具材が入っているかによって ソースやスープを変えるようにしましょう。 例えば詰め物が肉系ならトマトソースや野菜系のスープに合わせるのがおすすめの使い方です。 もちろんクリーム系ソースのようにこってりとした重めのソースにも相性が悪いわけではないので、 中身とソースやスープのバランスを考えるのもラビオリを使ったパスタ料理を作る醍醐味といえるでしょう。

次の

【パスタ種類】ショート&ロングの人気おすすめ27選|各形状に合うレシピとは

ショート パスタ レシピ

パスタについて 私たちがよく口にする「パスタ」と言う言葉は、イタリアでは、日本語で言う「麺類」と言うような意味で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどをすべて指しています。 古代ローマ時代に食べられていたという、小麦などの穀物を粥状に煮込んだ「プルス」と言うものが始まりと言われていて、日本へ最初にパスタが持ち込まれたのは、幕末の横浜に作られた外国人居留地と言われています。 一般家庭で食べられるようになったのは、配合から乾燥までを連続で行う全自動式の本格的製造機が輸入されるようになった昭和30年代以降となっています。 パスタの種類は現存で500種類以と言われており、大きくは、長さが25センチ前後のロングにカットした棒状のロングパスタと短くカットしたショートパスタに分かれています。 パスタの調理法について さまざまな種類があるパスタですが、ソースによって合うものが変わってきます。 一般的には、ロングパスタであれば太いものは濃厚な味のソースに、細いものは軽い味のソースに合わせることが多く、極細のものは、スープパスタなどに合わせることが多いです。 ショートパスタの場合は、筒状で、味がしっかりと染みやすいものなどは、グラタンや煮込み料理に、らせん状などで味が絡みやすいものはサラダに使用することが多いです。 調理をするにあたって、パスタを上手に茹でることが大切になってきますが、何よりもアル・デンテ(イタリア語で歯応えのあるという意味)が基本と言われています。 パスタの種類や、ゆでたあとの調理の仕方に合わせて表記の時間から茹で時間を加減し、アル・デンテになるようにすることが大切です。 バターしょうゆの香りが食欲をそそる和風の簡単パスタレシピです。 きのこは冷蔵庫にあるものを何でも利用できるので、冷蔵庫の整理にもなります。 にんにくは焦がさないようにじっくりと炒めることがポイントです。 オリーブオイルの量は、好みで加減しましょう。 玉ねぎをプラスしたり、ベーコンの代わりにソーセージを入れてもおいしくできます。 トッピングのかつお節とにんにく醤油でしっかり和風の簡単パスタレシピです。 醤油の量はお好みで加減して下さい。 パスタのゆで時間を、表記より1分ほど短くするのがおいしく作るポイントです。 ツナの油は、切らずに入れると良いだしが出ますが、カロリーを抑えたい人は取り除いても大丈夫です。 辛いものが好きな人は、鷹の爪を入れてもおいしく作ることができます。 コカ・コーラ主催のパスタレシピコンテストでグランプリを受賞し、各メディアから取材を受けた人気の簡単パスタレシピです。 オイルを使わずに、ひき肉から出てくる油でいためることがポイントです。 固形コンソメを使う場合は、4分の1個を包丁で細かく刻んでおくと上手くできます。 玉ねぎやトマトを入れても、栄養バランスも良く、おいしく作ることができます。 簡単に作れておいしい、定番のなすとベーコンのトマトパスタのレシピです。 はちみつを加えることでトマトの酸味がとれ、まろやかに仕上がります。 入れ過ぎて甘くなるのを防ぐためにも、少しづつ味見をしながら加えて行くのがポイントです。 ベーコンをウィンナーに代えて作ってもおいしくできます。 お好みでチーズやタバスコで味を調節するとよりおいしく食べることができます。 簡単にできておいしい、ランチにもピッタリのパスタレシピです。 パスタを茹でる時に、たっぷりめに塩を入れ、しっかりと味をつけることがポイントです。 具材は玉ねぎやきのこ類などを加えても、栄養バランスがよくおいしくなります。 小麦粉がだまにならないように少しづつ牛乳を加えしっかりと混ぜると上手くできます。 パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。 イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。 日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。 いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。 日本生まれのパスタ料理「ナポリタン」は、戦後の横浜で発祥したと言われています。 ウインナーや玉ねぎ、ピーマンなどの具材を炒め、ケチャップで味付けし、パスタをあわせて炒めると、トマトの甘い香りが食欲をそそりますよね。 ケチャップで味付けするので、簡単に作れるのも魅力の一つ。 作り方がシンプルなので、アレンジは自由自在。 家庭によって味や具材が変わる料理です。 この記事では、ナポリタンの基礎知識に加え、基本のナポリタン、和風ナポリタン、ナポリタンのアレンジ、パスタ以外の麺で作るナポリタン、変わり種ナポリタンにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ペペロンチーノのといえば、ニンニクと鷹の爪を使った日本で人気のあるパスタです。 発祥はイタリアの中南部、アブルッツォ州付近です。 この地域は一帯に唐辛子の名産地があり、オリーブの栽培も盛んです。 日本には1970年代後半に入ってきました。 その後1990年頃におきた「イタ飯ブーム」により本場の形が知られるようになりました。 アレンジパスタはもちろんのこと、ぜひシンプルなペペロンチーノもマスターしてくださいね。 この記事では、ペペロンチーノの基礎知識に加え、基本のペペロンチーノ、キャベツを使ったペペロンチーノ、しらすを使ったペペロンチーノ、ブロッコリーを使ったペペロンチーノ、きのこを使ったペペロンチーノにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

ショートパスタのレシピ検索結果(29件)

ショート パスタ レシピ

がおいしい! ゲストさん 12:46• がおいしい! ゲストさん 12:45• がおいしい! ゲストさん 11:53• がおいしい! ゲストさん 11:53• がおいしい! ゲストさん 11:52• がおいしい! ゲストさん 11:31• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:22• がおいしい! ゲストさん 11:19• がおいしい! ゲストさん 11:04• がおいしい! ゲストさん 10:53• がおいしい! ゲストさん 10:33• がおいしい! clarusさん 10:29• がおいしい! ゲストさん 10:25• がおいしい! ゲストさん 10:24.

次の