面接 自己 紹介 例文。 【面接対策】興味を引く自己紹介の方法(例文付き)

転職の面接、自己紹介の仕方を例文で解説、人事が語る事務職への質問集!スーツでNGな色、ストライプはダメ!?|kirrinのネタ帳

面接 自己 紹介 例文

1.最初から面接官が質問を投げかけてくるパターン 2.自己紹介をお願いされるパターン 昨今は、後者のパターンが主流かもしれません。 「まずは簡単に自己紹介をお願いします!」 こんな感じで面接がスタートします。 ただ、面接での「自己紹介」って何を語れば良いのか分かりませんよね。 だって、誰もが知る自己紹介とは「名前、年齢、血液型、趣味などを語ることで自分を知ってもらうこと」だからです。 そう、初対面の人なんかにやる「あれ」です。 でも、ここは面接という選考の場…。 普通の自己紹介でいいの?• 何をどんな流れで語ればいいの?• どんな内容が適切なの?• どれくらいの時間で話すべきなの? こんな疑問が頭をよぎりますよね。 そこで、ここでは面接における「自己紹介」について詳しく解説していきます。 転職面接における自己紹介の流れ 基本的に、面接での自己紹介は以下の流れで話を進めれば問題ありません。 冒頭の挨拶• 簡単に経歴(職歴)を伝える• スキル・実績・PRポイントを伝える• 簡単な志望動機を伝える• 締めの挨拶 ここで注意すべきは、自己紹介で語る「項目2、3、4」はあなたが準備している内容の簡素版だということです。 面接に臨むなら誰もが準備している項目だと思いますが、それら全てを具体的に語る必要はありません。 自己紹介はあくまでも簡潔に纏めることが重要です!(理由は後述しています) 自己紹介に具体的な内容は必要なし! 転職面接の自己紹介は言わば「目次」のような役割を果たします! そのため、自己紹介に具体性は必要なく、事実だけを簡潔に伝えればOKです。 分かり易く「書籍」で例えると、書籍の目次には「具体的な内容」は書かれていませんよね。 その項を要約した「思わず読みたくなる主題」が書かれているかと思います。 立ち読みをしている時なんかは全部は読めないので、目次から興味のある項目を探して読みますよね。 要するに、面接の自己紹介でもこれと同じことをすれば良いわけです。 思わず聞きたくなる内容を簡潔にまとめて散りばめておけば、面接官はその後の質疑応答で必ずその具体的内容を問うてきます。 自己紹介をしている最中、面接官はあなたの話を聞きながらペンを走らせます。 あれは、その後の質疑応答で聞きたいことをメモっているんですね。 例えば、自己紹介の中で「 私はある手法を使って売上150%を達成しました」と実績をアピールしたとしましょう。 あなたが面接官だとしたらどの部分が気になりますか? 恐らく「 ある手法」という部分が気になるかと思います。 「ある手法ってどんな方法なんだ?」と具体的に聞きたくなりますよね。 そういうことです。 つまり、 自己紹介というのは、その後の面接の流れを自ら作ることができるものなんですね。 それ故に、具体的な内容を語る必要はなく、聞かれるだろう質問を想定し、その答えを準備しておけばOKです。 自己紹介って結構嫌がる人が多いですが、実は、上手く使えば面接を簡単にしてくれます! 転職面接における自己紹介の適正時間 自己紹介は1~2分程度に簡潔に纏めるのが理想です。 要点をまとめて簡潔に話す能力(プレゼンテーション力)も見られています。 極端な長短や纏まりのない話はその能力を疑われる原因となるので注意しましょう。 私は新卒で入社して〇年間、株式会社〇〇にて販売サービスに携わってきました。 店長として2店舗に勤務し、店舗運営全般を担い、特に人材育成、売上拡大の2点に重きをおいて業務を遂行し、全社平均105%の予算達成率の中、各店舗にて売上予算比140%、150%を達成致しました。 また、2店舗目は新規出店店舗であったため、一から店舗作りも経験しております。 転職面接なので「学歴」を語る必要はなく、最終学歴後の経歴(職歴)を簡単に説明します。 前述した通り、具体的な職務内容やエピソートは必要ないので、経験してきた業界(職種)、役割、実績を簡潔に伝えればOKです。 再転職で複数の経験がある場合は、応募企業に通じる経験に重きを置いて伝えましょう。 例えば、関連性の薄い職歴は、「私は新卒で入社して〇年間、株式会社〇〇にて営業職に従事した後~」というように一言で片付けて構いません。 3.スキル・実績・PRポイント 以上、簡単ではございますが、自己紹介とさせていただきます。 本日は宜しくお願い致します。 締めに関しても、丁寧な形で終えることが大切です。 1~5の文章を全て合わせると約350字になります。 1分間に話せる文字数は約300字とされているので、この例文の場合は「1分10秒前後」の自己紹介となります。 この文字数を参考に、あなたなりの自己紹介を1~2分で纏めましょう。 自己紹介からその後の質問を想定しよう! あなたは上記の自己紹介のどの部分が気になったでしょうか? 恐らく、多くの方が気になったポイントは以下に集中しているかと思います。 人材育成に尽力し、お客様満足度調査で全国3位• 売上実績(達成率140、150%)• 新規出店経験あり• 人材育成のスペシャリストを目指したい 次に、このポイントから想定される質問を考えます。 <自己紹介の内容から導いた想定質問>• 具体的にどのような方法で人材を育成したのか?• 人材育成で注意したことは(失敗したことは)?• 人材育成であなたが特に大切だと思うことは?• 全国3位とのことだが、順位付けはどのように行われるのか?• 売上拡大の具体的な取り組みは?• なぜ、売上目標比140%、150%を達成できたのか?• 新規出店で最も重要なこと、成功・失敗した取り組みは?• 人材のスペシャリストとは具体的に? 自己紹介後は高い確率でこれらの質問がなされるはずです。 この一連の流れを理解しておけば、あなたは、自分が語る自己紹介の内容から「どんな質問がなされるのか」を想定し、その回答を準備しておけば良いわけです。 この回答例の場合は、人材育成・売上拡大の具体的な内容は必ず聞かれるでしょう。 面接官からすると、興味がある内容であり、その真偽を確かめたい内容でもあるからです。 そこで、ビシッとした回答を示す! どうなりますか? 間違いなくあなたの評価は上がるはずです! 面接の自己紹介って素晴らしくないですか? 自分の語る内容で、その後の質問を誘導できるんです! どんな質問が来るんだろう?と怯えなくて済みますよね。 面接冒頭の「自己紹介」は意外に軽視されがちですが、実はとてつもない力を秘めています。 ここに万全を期して臨むことができれば、あなたを有利に導いてくれることは間違いありません。 転職面接の最重要項目と認識し、万全な準備で臨みましょう!.

次の

【例文付き】就活面接での自己紹介の答え方は?より良い自己紹介にするためのポイントは?

面接 自己 紹介 例文

就職活動の面接では、基本的に冒頭で「自己紹介をどうぞ」と質問されることが多いです。 その際、自己PRとごっちゃになってしまい、どんなことを話せばいいのかわからない人もいるかもしれません。 自己紹介は「面接への入口」にあたります。 そのため、面接を上手く進めていくにはこの 自己紹介がカギを握るのです。 しっかりと紹介ができれば、自分にとって有利に面接を進めることができますが、そうでなければ不利に働くでしょう。 そのため、面接では「つかみ」が重要になります。 自己紹介で面接官の興味を引くことができれば、その後の志望動機といった質問も答えやすくなるはずです。 自己紹介のつかみ次第で面接の展開は変わっていくため、そのテクニックを知っておきましょう。 面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた際は、自己PRとなるべく区別しなければなりません。 経歴や特技などは伝えるべきですが、新卒の就活生に関してはそこまで詳しく取り上げなくても問題ないでしょう。 ただし、 PRをメインにして長く話し過ぎるのは逆効果です。 簡単な意気込みを伝えるのはOK 自己紹介で簡単な意気込みなどを伝えるのはOKです。 自己PRなどのように細かなエピソードや情報を盛り込まなくてもよいでしょう。 自己紹介はあくまで「つかみ」であり、経歴などを簡単に伝えることが求められます。 どこまで意気込みを伝えるかは質問の仕方によって異なるため、 面接官に興味を引かせながら次の展開につながるようにしましょう。 最初からアピールしすぎるのは逆効果 面接の自己紹介で最初からアピールし過ぎるのは逆効果です。 あまり長く回答しても面接官にとっては伝わりづらく、印象もあまり良くありません。 また、上述したように質問の意図を理解しているか、コミュニケーション能力あるかが見られているため、アピールばかりだと「質問を理解していない」「聞く耳を持たない」との 悪印象を抱かれかねません。 面接は相手にどう聞こえるかや受け取られるのかも意識しなければいけないため、どんな項目を話すべきか念入りに確認しておきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 自己紹介では、特技や趣味など話のネタを持っておくとよいでしょう。 面接官が興味を持ってくれれば、話が広がるきっかけになるかもしれません。 自己紹介する時は、 趣味や特技についても簡単に盛り込んでみるのがおすすめです。 質問されてもある程度答えられる項目にしておきましょう。 自己分析と並行しながら検討する 自己紹介の内容を考える際は、自己分析と並行して進めてください。 簡単な意気込みなどを伝えるに、自己理解や企業分析が必要だからです。 アピールにつなげるためには、自分にどんな特徴・強みがあるかどうかを理解しておかなければなりません。 しっかりと 自分の強みと企業が求めている人材像との関連性を検証しながら、作業を進めましょう。 自分を一言で紹介するキャッチコピーを作る なかなか高度なテクニックかもしれませんが、タレントのように自分を一言で表せるようなキャッチコピーを作るのも、魅力的な自己紹介になるコツのひとつです。 キャッチコピーがありきたりなものだと、面接官の興味を引くことは難しいかもしれません。 もっと知りたいと思わせるキャッチコピーができれば、その後の面接を有利に進められるでしょう。 抽象的な表現は避ける キャッチフレーズを考える際に注意しておきたいのが、抽象的な表現です。 「協調性がある」、「社交的」などという言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、 相手の感想をメモするときに使う言葉になります。 文字数が短い分インパクトは強いのですが、自己紹介をする側から言うべき言葉ではありません。 自己紹介は、例文のように文章にして書き出して、そのまま丸暗記するという方法をとる人も多いかもしれませんが、伝えたいことを箇条書きにしましょう。 文章をそのまま丸暗記すると、話したときに棒読みのように聞こえてしまいます。 また、途中で忘れてしまったりした場合、リカバリーが難しくなってしまうでしょう。 箇条書きした内容をもとに練習をしておくことで、構成が予定と異なっても 軸がぶれずに自然に話すことができるのです。 60秒程度で話しきれるのが目安 自己紹介では、伝えるべき項目を漏れなく盛り込まなければいけませんが、ダラダラと長い文章は必要ありません。 時間の目安は60秒程度です。 文字数でいうと、 250~300文字がちょうどいいでしょう。 速すぎないスピードでハキハキと話して、60秒程度になるよう調整してください。 ただし、企業によっては時間指定があるので、2分、3分といくつか設定しておくとよいでしょう。 話すスピードや抑揚を意識する 自己紹介では、話すスピードや抑揚を意識してみましょう。 話すスピードが早すぎると、面接官も聞き取りづらいです。 そのため、早口にならないように注意しなければなりません。 また、自己紹介で強調したいポイント、キーワードになるところは抑揚をつけることがポイントです。 話し方に緩急をつけると相手にとっても聞き取りやすいので、ぜひ意識しましょう。

次の

面接自己紹介》自己PR・質問・内容/例/就活/新卒/就職/転職/バイト/中途

面接 自己 紹介 例文

面接官が自己紹介・自己PRを求める理由 自己紹介・自己PRで面接官が見るのは、主に「応募者が自社で活躍できる人材かどうか」という点です。 あなたの経歴や実績、スキルが自社の求める人材像とマッチしているかをチェックします。 あなたの自己紹介・自己PRの内容から、入社後に活躍できるということが明確になれば、内定に一歩近づくと考えていいでしょう。 また、自己紹介・自己PRは、面接の冒頭で求められるのが通常です。 このとき面接官は、応募者のビジネスパーソンとしてのコミュニケーションスキルも確認しているのです。。 「目を見てハキハキと話す」ことが大前提であると覚えておきましょう。 自己紹介・自己PRの話し方で与えた第一印象が、面接全体の雰囲気を左右してしまうこともあります。 面接で話す自己紹介・自己PRの内容の選び方 それでは自己紹介・自己PRを求められたときにどのような点をピックアップして話せば、面接官に優秀な人材だと納得してもらえるのでしょうか。 実はアピールポイントの選び方には明確な基準がふたつあります。 仕事上の実績、実績の裏付けがあるスキルを話す 自己紹介・自己PRから面接官が知りたいのは、仕事に関する強みです。 アピールする点は、これまでの仕事で上げた実績や、実績に裏付けられたスキルに絞ってください。 「目標数値の120%の売り上げを達成した」といった数値で表現できる実績や、「課題解決力」「統率力」など、キーワードでシンプルに伝えられるスキルがいいでしょう。 「いつも明るく前向き」「優しいと言われる」などといった性格的な強みは不要です。 人柄を伝えることはできるかもしれませんが、仕事上の強みを知りたいという面接官の質問意図に応えられていません。 また、社会人経験が浅い人は、学生時代の経歴や頑張ったことを話してしまいがちなのですが、これもNGです。 どんなに社会人経験が浅くても、仕事で残した実績や成果をベースにアピールポイントを探すことが重要です。 応募先の会社・募集職種で活かせる内容を話す 次に重要なのが、アピールするポイントが、応募先の企業や募集職種で働く際に役に立つということ。 当たり前のことと思うかもしれませんが、自分の実績やスキルを強調することばかりを考えてしまい、的外れなアピールをしてしまう人が少なくありません。 応募先の企業で求められている人材、募集職種で必要な能力はどんなものなのかを踏まえた上で、一度、考えてみて、関係のある実績、スキルを選んでアピールポイントにするのが面接官の評価を上げるコツです。 求人情報には「求める人物像」などといった項目が直接的に書かれていることもあります。 また、「業務内容」や「与えられるミッション」といった項目から、必要とされている実績やスキルを逆算することも可能です。 まずは求人情報をベースにして、アピールすべき点を決めるといいでしょう。 応募先の企業にとってより魅力的に映るアピールポイントを探したいと思う人には、その企業の業界内でのポジションやビジネスモデルを考えてみることをおすすめします。 なぜなら、同じ職種や業務内容であったとしても、企業によって重視するポイントは異なるからです。 例えば、競合他社が多く、新製品が頻繁に発売される業界で2番手にいる企業の研究・開発職であれば、スピードや効率性を重視されるでしょう。 逆に、製品の発売サイクルが長い業界で、安定してトップに位置している企業の研究・開発職であれば、時間をかけてでも高品質な製品を開発できる思考力や緻密さがより強く求められるかもしれません。 業界内でのポジションやビジネスモデルから、応募先の企業の特徴を見極めることで、より効果的な自己PRができるようになるというわけです。 適切なアピールポイントが見つからないときは 異業種、異職種への転職にチャレンジする場合は、応募先の企業、応募職種にダイレクトに役に立つような実績やスキルが見つからないかもしれません。 そんなときは、視点を一段上げて考えてみるのがコツ。 つまり、「仕事」「ビジネス」という観点で応募先企業、応募職種と、自分の実績、スキルとの共通点を探してみるのです。 例えば、どのような仕事にも「目標」というものが存在するため、「目標達成志向」はあらゆる仕事で評価されるポイントとなります。 目標に対してどのようにアプローチし、達成したかを実績を含めて伝え、応募職種にも応用できることを説明できれば、面接官の質問意図に沿った回答となります。 面接での自己紹介・自己PRの伝え方 面接はコミュニケーションの場です。 どんなに応募先の企業、応募職種で役に立つ経歴やスキルを持っていたとしても、伝え方が上手でないと面接官から良い評価を得られないこともあります。 自己紹介・自己PRの伝え方のポイントをしっかりと覚えておきましょう。 結論から話し始め、具体的な行動、将来の展望につなげる 自己紹介の中で自分の実績やスキルをアピールするときや、「自己PRをしてください」と言われたときは、結論から話し始めるのが鉄則。 論点が整理されて相手に伝わりやすくなるからです。 仕事、ビジネスにおける結論なので、基本的には実績を最初に述べることになるでしょう。 「前年対比で〇〇%の売り上げを達成した」「店舗で〇人のアルバイトの教育を担当し、お客さまからのクレームが〇件減った」などといったものが該当します。 続いて、その実績を達成するために具体的にどのような行動をしたのかを説明します。 また、そのように行動をした背景となった考え方についても話すとより説得力が増すでしょう。 実績を達成するための具体的な行動=スキルといえるので、この順番で話すことができれば、そのスキルが仕事で役に立つことをスマートに伝えることができます。 締めに話すのは今後の展望です。 前段で説明した実績、スキルを応募職種でどのように活かしたいと考えているかを伝えることで、面接官にポジティブな印象を与えることができます。 ただし、基本的には背景も含め簡潔に話すことを心がけてください。 自分が言いたいことを一度にすべて伝えようとすると話が長くなり、面接官が本当に聞きたかった部分が伝わらない場合もあります。 まずは簡潔に述べるにとどめておき、その後は面接官に委ねると、面接官自身が気になる点を深掘りしてくれます。 明るく謙虚な姿勢で伝える 面接でのコミュニケーションで意識しなければならないのは、面接官に「この人となら一緒に働きたい」と思ってもらうことです。 そのためには、前向きに明るく話すというのは大前提。 不機嫌だったり、不安げだったりする人と働きたいとは思えないはずです。 また、いくら自分の実績やスキルに自信があっても、絶対に不遜な態度をとってはいけません。 面接官は、技術はあるけれど人間的に尊敬できない人よりも、多少技術で劣っても謙虚な人のほうが、組織で活躍できる可能性が高いと判断します。 高慢な態度や横柄な物言いにならないよう、謙虚な姿勢を心がけてください。 【OK回答例】 私は現在の職場でパソコン販売の法人営業を行っています。 現在は大手衣料品メーカーなど、18社の顧客を抱えています。 実績としては上半期目標の115%を達成し、営業担当38名中1位の売り上げを作ることができました。 その要因は、ニーズを的確に把握したことにあると考えています。 食品系の会社はIT化に出遅れているという情報を得て、大手食品メーカーに話を聞きに行きました。 ヒアリングを重ねクライアントのニーズを把握し、自社パソコンによるIT化が具体的にどれほどの利益を生み出すか算出して提案しました。 その結果、顧客獲得につながり売り上げを達成できました。 このようなニーズ把握力を活かし、御社での新規顧客獲得に邁進したいと思います。 また、成績を上げた要因とどんなアプローチをしたかについて簡潔に示されています。 そしてそれが、自分の能力は応募先の会社でも再現可能であるという根拠となっています。 締めの言葉で「そんな私の能力を御社で活かしたい」とまとめることで、伝えたいことを明確にしているのもポイントです。 【OK回答例】 転職花子と申します。 本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。 このような経験が御社でも活かせると考え、応募いたしました。 どうぞよろしくお願いいたします。 「自己紹介をお願いします」と言われたときは、名前とあいさつに続いてこれまでのキャリアにおけるアピールポイントを伝え、最後に締めのコメントを置くとすっきりとまとまります。 計1~2分で簡潔にまとめるとよいでしょう。 アピールポイントは、応募職種や業務内容に沿ったものをピックアップします。 もし未経験の職種を受ける場合は、その職種と共通点があって、実務で活かせそうなキャリアを選択して盛り込みます。 【NG回答例】 学生時代にはサッカー部の主将として、部員をまとめてきました。 また、地区大会で優勝した経験から、努力をして結果を残すというのがどういうことか理解しています。 「自己紹介を」と促されているのに、自分の名前を言わず、経歴も説明できていません。 これでは、コミュニケーション能力不足とみなされてしまいます。 また、学生時代に輝いたエピソードは本人にとっては思い入れが深いでしょうが、いくら熱を込めて語っても面接官にはまったく響きません。 なぜなら、それが仕事につながるかが具体的に見えないからです。 面接官が知りたいのはあなたが自社で活躍できる人材かどうか。 その要因は、リリース後まで見通し綿密な計画を立てたことにあると考えています。 Webデザイナーにはデザイン力だけではなく、その先を見据える構築力が不可欠だと私は考えています。 そこで、設計段階からマーケティングリサーチを行ってデザインに反映させ、そのうえで公開後の数字の予測を立て期間ごとの評価スキームを作り、アフターフォローを徹底しました。 これによりクライアントからの信頼を得て、Webサイトのスムーズな運営につながり、受注件数を増やすことができたと考えています。 実績を重視しプロジェクト全体を見通す力は、きっと御社のお役に立つと思っています。 会社の売り上げに貢献したことを示す具体的な数字とともに、成績が上げられた理由についても簡潔に説明がなされており、納得できる内容です。 自分なりのやり方でPDCAを行い、それを成果と結びつける工程もよく表れ、次の職場でも同じように活躍してくれることが期待できます。 実績の話から自分の能力、「見た目だけではなく、運用のことも見据えている」という自らの考え方をうまく表現し、アピールできています。 wardnm cutString itemc.

次の