ご 確認 させ て いただき ます。 ご確認くださいって英語でなんて言うの?

「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

ご 確認 させ て いただき ます

今日は、副大臣、大臣政務官が閣議で決定したわけでございますが、当然私は金融担当(大臣)と郵政改革(担当大臣)でございますから、官房長官に閣僚懇で、郵政改革の所掌、今度は東(祥三)副大臣が来られますが、それから、総務省に森田高大臣政務官が来られますが、「このお二人は郵政改革の所掌ですか」という質問を、再 確認でございますけれども、させていただいたら「そのとおりです」ということでございました。 また郵政改革は東副大臣と森田高総務省の大臣政務官と主に3人でやることになると思っております。 再 確認を今日の閣僚懇でやらせて いただきました。 , were the and the Secretary. - 金融庁 この国内法人の販売している変額年金保険についての報道があったと承知をいたしておりますが、これも個別の金融機関の販売している個別商品に関する事項でございますので、立ち入ったコメントは差し控えさせて いただきたいと思いますけれども、一般論として、変額年金保険などの投資性の高い、リスク性商品の販売に関しては、従来から保険業法及び保険(会社向け)の(総合的な)監督指針において、リスクの所在などに関して、保険会社から契約者に対して適切かつ十分な説明を行い、かつ、必ず契約者から説明を受けた旨の 確認を行うための方策を講ずるといったことなどを、生命保険会社、銀行などの生命保険募集代理店に対して求めているところでございます。 about , , institution. , and the , and , , with and the when and other investment-like with and their that they such explanations. - 金融庁 文具券とか音楽のギフトカードとか、いわゆる金券の払い戻し期限が相次いできているということで、今後混乱を懸念するような声というが上がっているのですが、これは金融庁所管の資金決済法なので、大臣からこれに関する御所見を頂きたいのと、もう1つ、これに関してそもそも法律の存在自体が一般消費者に伝わっていないのではないかとか、(公告から)最短60日と言われる払い戻し期限に問題があるのではないかというような批判の声も上がっているわけなのですが、これについて今後具体的に対策とか対応をとられるご予定とか方針があるのかどうかというのを 確認させて頂けますか。 about the from that , kinken , are one after another. the , have this. , some that the that the , which can a , — any , any? - 金融庁 しかし、危難失踪で1年間といったら、5千人以上の方が本当に胸の痛む思いでございますが、今まだ行方不明でございまして、それで危難失踪で1年というのはちょっと長すぎますので、これは金融庁の局長が非常に頑張って いただきまして、法務省、これは生きるか死ぬかという生死は法務省ですから、法務省と大変激しい交渉をやらせて いただきまして、これは3か月だったかな、3か月で簡素な市町村に対する届出によって、死亡の 確認ができるというふうになりまして、そんなことを目に見えないことでございますが、いわゆる生保のセールスレディの方もご遺族と一緒にご遺体安置所なんかをどんどん回っていただいておりまして、私は医者ですから、よくああいうご遺体にお会いするという、普通慣れてない方といいますか、我々は本職が医者でございますけれども、いかに精神的ショックを受けられるかということは、私はよく分かりますので、そこまでしてセールスレディの方がやっていただいているという話をよく聞きますので、そういった意味で、私は金融の分野はまさに金融機関、いつかお話ししたと思いますが、宮城県石巻商工信用組合、4日間、連絡が付かなかったのですけれども、ろうそくをつけながら、きちっと人にお金を貸したということをやっていただいておりまして、そういう意味では私は本当に各金融機関、生損保、あるいは証券会社、あるいはそういったいろいろな各関係、金融関係の方に本当に官民一体で未曾有の震災に取り組んでいただいたということは感謝いたしておりますけれども、まだまだ、十分と、そんなに決してのぼせ上がっておりません。 , 5,000 are , and the emergency. , the 's with , people. , after their a through a procedure. , are from with the people. a , for , but are that. , Shinkumi, which for the , , with light. , , , and and , for the and through private-public collaboration. , enough. - 金融庁 例文 今さっき言いましたように、私と日本銀行総裁の連名で、この関係金融機関に対して、被災者の便宜を考慮した適時適切な措置を講ずるように、金融上の措置を要請したわけでございますけれども、こうした要請も踏まえて、各金融機関においては、この前の日曜日、休日営業等に積極的に取り組んで いただきたいとお願いをしたら、9割弱の営業店がやっていただいたという話をしたわけでございます。 そして、また今申し上げましたように、繰り返しになりますけれども、預金証書、通帳等を消失した場合でも、預金者であることを 確認して、預金の支払いに応じていただいたわけでございます。 またさらに、被災された顧客からの新規融資や既存の借入金等に関する相談に柔軟に対応している等、被災者の便宜を考慮した対応がなされているものと承知をいたしております。 また金融機関におきましては、金曜日に(地震が)起きたわけでございますが、中小企業金融円滑化法案も出しましたし、それこそ1000年に一遍の津波でございますから、色々な地域の方々や与野党ともその辺は合意をして頂いたやには聞いております。 こういった被害の復興に対して、また色々な適時適切な金融上の措置を、きちんと地域の声も聞きながら、また都道府県知事、あるいは市町村、それから特にこういうときは中小企業団体だとか、そういった声をしっかり聞きながら、各金融機関にも本当にご努力いただいておりますし、ご協力いただいておりますけれども、引き続き金融庁としても、しっかり適切な対応に努めてまいりたいというふうに思っております。 , I, the 's , have that the manner. our , were Sunday. , where have their and other. they other that the , ' for about and loans. , have the for , this was a once-in-a , and the and have agreement. the , are and are , , , and and enterprises. The will measures. - 金融庁.

次の

「確認しました」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

ご 確認 させ て いただき ます

人や文化、時代によって意見は異なりますが、「確認する」という言葉を敬語にすることは可能です。 用法としては、「いたします」を使うことが多いです。 敬語には誤解を招く表現もあるので、ビジネスシーンを想定してから発言しましょう。 メールの場合は「確認いたします」で十分です。 直接話をする場合は、「ご確認のほど、よろしくお願いします」や「ご確認いただいてもよろしいですか」といった表現が良いでしょう。 書面だけでなく会話の言葉遣いも勉強しよう 「確認する」という表現は、本来相手にしていただく意味があります。 確認作業に対する手間を鑑みて、自分がへりくだることで、場の空気を和ませる働きがあります。 現代ではあまり重視されませんが、本来言葉遣いは非常に重要なものです。 書面に使われる用語の勉強も良いですが、実際の会話で頻繁に用いられている言葉遣いも勉強しましょう。 「確認する」という言葉の正しい敬語を使おう 「確認をとる」動作一つとっても、相手にとって必ずしも快であるとは限りません。 相手が忙しい場合や、気持ちが不安定な場合もあるでしょう。 そういったとき、敬語を使うことで、よりスムーズに事が進みます。 学生同士ならともかく、社会人同士のコミュニケーションにおいては、敬語の使用が暗黙のルールとなっています。 「です・ます」だけでは不十分なのです。 「確認させていただきます」という敬語表現には注意が必要 日常会話でも頻繁に用いられる「させていただきます」という敬語は、実は敬語としての評価が揺らいでいます。 「確認させていただきます」と発言した場合、あなたにとっては「相手の許可」を得たつもりでも、相手にとっては「わざわざ変な言い回しをせずとも、『確認します』で良いのではないか」と思われてしまいます。 このように、相手の顔色をうかがいながら適切な敬語を使う努力が必要です。 「確認する」場合は相手に同意を求める敬語を使うがポイント 何かを確認する場合、相手に同意を求めることで、余計な摩擦を避けられます。 同様に、敬語を積極的に用いることで、あなたの印象をアップさせられます。 目上の方と頻繁に話すことも多いのが、ビジネスの現場です。 敬語の言葉の使い方をマスターして、誠実さをアピールしましょう。 特にこれからの時代はネットが普及していく影響もあり、文章や映像の確認作業が多くなるでしょう。 そのため、早期の段階で敬語の言葉を身につけることが大切です。 「拝見いたします」など目的や行動によって使い分けることも大事 文章を確認するときは「拝見いたします」、音声は「拝聴いたします」が良いでしょう。 何かの反復動作を確認する場合は、「再度拝見いたします」といった形です。 確認する対象と目的、行動を明確にすることで、より適切な敬語を用いられます。 言葉遣いを改めることも良いですが、動作や配慮も重要です。 語学知識が豊富であれば、よりスマートな言い回しが出来るでしょう。 「確認する」の敬語は相手や場面に合った同意を求める言葉を使おう いついかなる時も、特定の敬語を用いれば良い、ということはありません。 確認するという言葉も、「確認」という意味の言葉だけでなく、「拝見する」や「再考する」といった意味の言葉で用いられます。 このように、日本語と敬語には複雑な関係があり、用法を確認する必要があります。 くれぐれも、一つの使用法にこだわらず、複数のパターンを検討ください。

次の

ご確認くださいって英語でなんて言うの?

ご 確認 させ て いただき ます

いざ使うという場面で迷わないように、正しい意味をきちんと知っておくことが大切です。 いただきます 頂きます の意味 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語+ますとなり、「もらいます」を丁寧な敬語表現にしたものです。 「〇〇いただきますようお願いいたします」のように使用し、へりくだってお願いするような場面で使われます。 「〇〇して欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 いただけます 頂けます の意味 「いただけます」は、「いただけ/ます」と分割することができます。 上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。 「〇〇いただけますか?」のように使用し、「〇〇できるならして欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 「いただけます」がより丁寧 それぞれの意味からもわかるように、どちらも丁寧な表現であり、お客様や目上の方に向けた言葉として適切です。 微妙なニュアンスの違いですが、「いただけます」の方が「可能ならばお願いしたい」という意味のため、「いただきます」よりも、よりへりくだった表現であるといえます。 日常的に使用されている言葉ですが、ちょっとしたニュアンスの違いによって、受け取る側の印象が変わってくることもありますので、気を付けて使用するようにしましょう。 「メールをご確認いただけますか」 「メールを確認して頂くことは可能ですか」というお願いしたい時に使われる表現です。 ここでは「いただけます」を使っていますが、「いただきます」を使った場合は、「メールを確認していただきますようお願い致します」のように使用し、「いただきますよう~」という表現を使うことが多いです。 「お水を一杯いただけますか」 「お水を一杯もらうことは可能ですか」という意味で、上記の例文同様お願いしたい時に、より丁寧に柔らかい印象を与える表現です。 「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。 「書類の内容をご確認いただけますか」 「書類の内容を確認してもらうことは可能ですか」という意味で使われています。 「出来たらお願いしたい」という気持ちが表現されていて、とても柔らかで丁寧な文です。 「いただきます」を使った場合「書類の内容をご確認していただきますようお願いいたします」のようになります。 間違った使い方 接客や電話応対などで、よく耳にする言葉でも、敬語の使い方として間違っている場合があります。 間違っているのに使ってしまいがちな言葉の例文と、間違いの理由、言い換えについて例文を交えて見ていきます。 「〜いただけますでしょうか」 「いただく」と「でしょうか」に分解できます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「〜でしょうか」は「です」の疑問形です。 謙譲語+丁寧語の組み合わせは二重敬語と呼ばれており、日本語としては誤りです。 周りくどい表現のためできるだけ避けるのが無難です。 「〜いただけますかが正しい」 上記の「~いただけますでしょうか」を正しい文に言い換えると「~いただけますか」となります。 例文として「ご確認していただけますか」、「〇〇を一ついただけますか」のように「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、語尾を「~ますか」にして疑問文にしています。 いただけますかの類義語 「いただけますか」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。 ここでは特に使用頻度の高い「くださいます」と「よろしかったでしょうか」について解説します。 なんとなく敬語を使うのではなく、意味や正しい使い方知っておくことが大切です。 「くださいます」 「くださる」は「与える」の尊敬語で、語尾を変化させて「くださいます」となります。 目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。 「部長が〇〇をくださいました」「部長が〇〇をくださった」のように使います。 「よろしかったでしょうか」 「よろしいでしょうか」の方が正しい言い方であるとされていますが、過去にあった事柄について再確認する場合に使う言葉として誤りではありません。 レストランなどで、注文したメニューを再確認するような際には、現在の事実についての再確認となりますので「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」を使います。 まとめ 「いただけます」、「いただきます」について詳しく見てきました。 ちょっとしたニュアンスの違いで相手に与える印象が変わってくるということを認識することが大切です。 相手を敬う気持ちが強すぎて二重敬語になってしまわないように、敬語の意味と使い方を意識して使うようにしましょう。

次の