構図フリー。 List of articles by Art References

写真の印象は構図で決まる|写真は引き算・あえて全部を写さない

構図フリー

による 構図(こうず)は、において、対象とは異なり、芸術作品におけるビジュアル要素または「成分」のまたは配置。 それはまた、芸術のに従って芸術要素のとしてとらえることができる。 絵の構成は、物語からの瞬間、人、場所のいずれであろうと、描かれている内容とは異なる。 例えば聖ゲオルギオスと竜(セントジョージとドラゴン、)などで多くの主題はしばしば芸術的に描かれていますが、2つの図が典型的に示されている唯一のものであっても、幅広い範囲の作品で利用されている。 という用語は「まとめる」ことを意味し、音楽から文筆、写真、そして意識的な思考を使って整理されたアート作品にも適用できる。 ビジュアルアートでは、文脈に応じて、構図はデザイン、フォーム、ビジュアルオーダー、またはフォーマルな構造などのさまざまな用語と互換的に使用される。 印刷および では、コンポジションは一般にと呼ばれる。 絵の構図理論 [ ] 定義 [ ] 絵画がの概念を採用するとき、絵の構成はからヨーロッパの芸術において特に重要性を獲得。 他の文脈でも私たちの目は混乱することなく、イメージを通してスムーズにとらえることができ、そして構図概念破綻は起こらない。 例えばヨーロッパで描かれた物語のパネルや、極東のローラーで描かれたパネルの場合でも絵の構図の概念は絵のように、一度にとらえることができ、、 やの のオランジュリー といった、みため構造が非常に難あるものも適用できる。 芸術理論は最初から絵の構成を定義し、規則を見分けようとしている。 の場合、絵画の3つの構成要素はつまり輪郭の決定、光の分布、およびそれらの構成(絵による)としている。 「構図とは、作品の中でさまざまな部分を結合することによって、絵画を描くための操作法である。 」- Alberti、 De pictura、1435 4。 アルベルティ「対象ー最も巨大な仕事は巨大ではない」( P. 147)より。 こうして手法条件が明らかになったので、作家は芸術が美を求め、そしてそれが正しい比率で存在するという一般的な考えをイメージに適用していく。 以下こうしたアプローチと競合し、他の目的のための規則またはプロセスを確立した。 実際に、絵画が「効果」、すなわち感情を喚起することを目的としている場合、構成の理論は完全に逆転する可能性がある。 このようなものとして、で は、ほとんどの絵において、状況の恐怖を呼び起こす醜さの不一致を、砕けている垂直の三角形の中に示した。 生存者への希望を表現しながら、地平線上の小さな帆が見える。 それ以前は、次のようなの概念をより広く再定義していた:「la composition [picturale]comprend l'invention, et la disposition ; autre chose est d'inventer les objets, autre chose de les bien placer 」。 なお、この概念は19世紀まで学術教育でも採用されていた。 デザインの要素 [ ] 主な記事:芸術の要素 デザインの要素、 形式的な要素、または 芸術の要素として知られて いるさまざまなビジュアル要素は、ビジュアルアーティストが構成する語彙を構成する。 全体的なデザインのこれらの要素は通常互いにそして芸術作品全体に関連している。 デザインの要素は次のとおりである。 - 目が作品の中で動くのを可能にする視覚的な経路• - 幾何学的なものであれ有機的なものであれ、作品内のエッジで定義される領域• - さまざまな値と強度を持つ色相• 触覚的錯覚に変換される質感 - 表面品質• - フォームを強調するために使用されるシェーディング• - 長さ、幅、または奥行きの3D• - (正の)オブジェクト間または(負の)オブジェクトによって占められているスペース 線と形 [ ] 線は芸術家が見る人の目を向けることを可能にする光学現象である。 線の錯視は自然の中に存在し、視覚芸術の要素はこの錯覚を作り出すように配置することができる。 視聴者は、無意識のうちに、さまざまな要素や被写体がほぼ連続的にさまざまな距離に配置された状態で読んでいる。 そのような要素は、画像の構成において劇的に役立つ。 これらは電話や送電線のような文字通りの線、あるいは船上の索具である。 線は、色やコントラストが異なる領域の境界、または個別の要素の並びからも派生する可能性がある。 動きは線の源でもあり、ぼやけた動きは線としてレンダリングされる。 サブジェクトラインは、ムードと直線的な遠近感の両方に寄与し、みる者に的奥行き感を与える。 斜めの線は動きの感覚を伝え、角度のある線は一般にダイナミズムの感覚とおそらく緊張を伝える。 線はまた、絵の主要な主題に注意を向けることも、それを区画に分割することによって組織化に貢献することもできる。 アーティストは、おそらく視聴者へのメッセージの一部として誇張したり、線を引いたりすることがある。 明確な主題点のない多くの線は、画像内の混乱を示唆しており、アーティストが呼び起こそうとしている気分と衝突する可能性がある。 [ ] まっすぐな左の線は異なった気分を作り出し、視覚芸術に愛情を追加する。 線の角度とフレームのサイズとの関係は、画像の雰囲気に影響する。 横線は、でよく見られるもので、落ち着き、静けさ、そして空間の印象を与える。 強い垂直線で埋められた画像は、高さと壮大さの印象を与える傾向がある。 きつい角度の収束線は、画像にダイナミックで活発でアクティブな効果を与える。 角度が強い斜め線は画像に緊張を生じさせる。 視覚芸術の視点においては非常に重要である。 あらゆる視点が異なる角度の線を見るからである。 この遠近感の変化は、イメージに対する異なる反応を引き出す。 遠近感を数度または数センチメートルだけ変化させることによって、画像内のラインを大きく変えることができ、まったく異なる感覚を伝えることができる。 直線はまた、トーン、色、および画像の他の部分に関連する繰り返しの影響を強く受ける。 直線と比較して、曲線は絵に大きな動的影響を与える。 視聴者がそれらを柔らかさと関連づけるので、それらはまた、概してより審美的に好ましい。 写真では、柔らかい指向性の照明と組み合わせると曲線が段階的な影になることがある。 これは通常、画像内で非常に調和のとれた線構造になる。 色 [ ] 色には、「色相」、「明るさ」または「彩度」、「値」の3つの特性がある。 「色相」は単に色の名前である(赤、黄、青など)。 「明るさ」と「彩度」は色の強さを表す。 彩度の高い色は、彩度の低い色よりも純粋でグレーが少ない。 色に対する明るさと暗さが「値」である。 色は私たちの感情の中で働く能力も持っている。 そのため、色を使ってムードを作り出すことができる。 それはまた調子、パターン、ライト、動き、記号、形態、ハーモニーおよびコントラストとしても活用できる。 テクスチャ [ ] テクスチャとは、オブジェクトがどのように感じられるか、または触れられたときに感じられるように見える方法を指す。 テクスチャを経験する方法は「物理的」又は「光学的」の2つある。 さまざまな手法を使用して物理的な質感を作り出すことができる。 これにより、ビジュアルアートの品質を見たり感じたりすることができる。 これには、金属、砂、木などの表面を含めることができる。 光学的な質感は、物理的な質感の錯覚が生じるときである。 写真、絵画、絵は視覚的な質感を使ってよりリアルな外観を作り出す。 値 [ ] 明るさと暗さはビジュアルアートの価値として知られている。 値は、光がどのように物体から反射するのか、そしてどのように見えるのかを表す。 反射される光が多いほど、値が高くなる。 白は最高または最低の値であり、黒は最低または最低の値です。 色にも値がある。 たとえば、黄色は高い値を、青と赤は低い値を表します。 カラフルなシーンの白黒写真を撮る場合、残されているのは値だけである。 特に絵画やドローイングにおけるデザインのこの重要な要素は、アーティストが値のコントラストを通して光の錯覚を作成することを可能にする。 フォーム [ ] フォームという用語は、ビジュアルアートではさまざまなことを意味する。 形は空間内の立体物を示唆している。 彫刻などのアートワークの物理的な性質としても説明されている。 それは芸術としても見ることもでき、美術を通して表現することもできる。 フォームは、2次元のみの形状とは異なり、ボリュームを囲み、長さ、幅、および高さを持つ。 数学的なフォーム、球、ピラミッド、立方体、円柱、および円錐は、幾何学的フォームとして知られている。 有機形態は典型的には不規則で非対称的である。 この形は、花、岩、木などの自然界に見られるものだが、建築にも見られる。 ドローイングやペインティングの中のフォームは、照明、影、価値、そしてトーンを通して、三次元のフォームの錯覚を伝える。 値のコントラストが大きいほど、立体的な形は顕著になる。 値がほとんどないフォームは、バリエーションとコントラストが大きいフォームよりもフラットに見える。 スペース [ ] スペースは、オブジェクトとの周囲、上部、内部の領域です。 写真家はスペースを捉え、建築家はスペースを築き、画家はスペースを作る。 この要素は各ビジュアルアートにある。 ポジティブまたはネガティブ、オープンまたはクローズド、浅いまたは深い、および二次元または三次元であり得る。 ドローイングやペインティングでは、空間は実際には存在しないが、その錯覚がある。 ポジティブスペースが作品の主題である。 周囲、上部、および内部の空白スペースは、負のスペースだ。 組織の原則 [ ] 主な記事:芸術の原則 芸術家は芸術作品の興味の中心(の焦点)がどうなるかを決定し、それに応じて要素を構成する。 視聴者の視線はこれらの興味のあるポイントを超えて残る傾向があり、要素はいくつかの要因(組織の原則、芸術の原則、またはデザインの原則として様々に知られている)を考慮して調和のとれた全体にまとめられる。 一般的に 統一と呼ばれる現象。 そのような構成要素は、芸術の要素(またはの要素)自体と混同されるべきではない。 たとえば、形状は 要素だ。 形の用法は様々な 原則。 写真の構成に影響を与える組織の原則は次のとおりである。 形と割合• 写真に使用されている内の(「」)• 画像を観察するときに見る人の目がたどる経路または方向• ネガティブスペース• :画像内で使用される値、または明るさと暗さの程度• 手配:たとえば、の使用や三分割法• 繰り返し(時にはパターンに構築される。 幾何学のように、リズムも関係する。 規則を破ると緊張感や不安感が生じる可能性があるが、注意深く使用すると写真に興味を引く可能性がある。 視点(目を引く) [ ] たとえ対象が完全に架空のものであり「心の中で」見られていても、見る人の位置は画像の美観に強く影響する。 それは絵の中の要素に影響を与えるだけでなく、それは視聴者の主題の解釈にも影響を与える。 例えば、男の子が上から、おそらく大人の目の高さから撮影された場合、彼は身長が低下します。 子供のレベルで撮った写真は彼を平等として扱い、下から撮った写真は優位性の印象を与える可能性があります。 したがって、写真家は視聴者の位置を選択している。 被写体が枠いっぱいになると、より劇的に表現される。 物事を実際よりも大きいものとして認識する傾向があり、枠を埋めることはこの心理学的メカニズムを満たしている。 これは背景からの気を散らすものを排除するために使うことができる。 写真撮影では、カメラの位置を変えることで画像が変わることがあり、その結果、被写体は競合する気をそらすことが少なくなる。 これは、近づく、横方向に動かす、傾ける、する、またはカメラを垂直方向に動かすことによって達成される。 合成テクニック [ ] 芸術家の目的に応じて、アートワークの中で統一感を実現するための多数のアプローチまたは「構成技法」がある。 例えば、芸術作品は、作品内の要素がバランスのとれた構図で配置されている場合、美的に目に優しいと言われている。 しかし、サルバドール・ダリのように伝統的な作品を混乱させ、芸術作品の中のバランスとデザインの要素を再考するように視聴者に挑戦させることを目的とするアーティストもいる。 従来の構成は、いくつかの手法で実現できる。 3分の1の法則 [ ] 3分の3のルール:水平線が下のグリッド線にどのように近づくか、そして暗い部分が左の3分の1に、どの部分が右の3分の1になるかに注意してください。 3分の3の法則:水平線が下のグリッド線にどのように近づくか、そして暗い部分が左の3分の1に、どの部分が右の3分の1になるかに注意してください。 3分の3の法則は、の単純化であると考えられている。 黄金比は作曲の手引きとして歴史を通して芸術家によって使用されてきたと考えられているが、この主張を裏付ける証拠はほとんどない。 オッズルール [ ] 「オッズの原則」は、画像内の奇数個の被写体が偶数個よりも興味深いことを示唆している。 したがって、写真に複数の被写体がある場合は、少なくとも3つの被写体を含む配置を選択することを勧める。 被写体の数が偶数の場合、画像内に対称性が生じる。 これは、自然主義的で非公式な構図では自然に見えない場合がある。 空白の法則 [ ] 空間の法則は、芸術家が動きの錯覚を適用したい、または視聴者の心に文脈上のバブルを作り出すことになっているオブジェクトを描くアートワーク(写真、広告、イラスト)に適用される。 これは、例えば、描かれている人の目が見ている方向に空白を残すこと、またはランナーを描くとき、動きを示すために彼の後ろではなく彼の前に空白を追加することによって達成することができる。 簡略化 [ ] 雑然とした画像は、画像内の主な要素から気をそらすことがあり、被写体を識別するのを難しくする。 無関係なコンテンツを減らすことによって、視聴者は主オブジェクトに集中する可能性が高くなる。 画像の明るい部分は線、正方形、色のように目を引きやすくなるため、照明を使用することでクラッタを減らすこともできる。 絵を描くことで、芸術家は絵の端に向かってそれほど詳細で定義されていない筆を使うことができる。 浅い被写界深度 [ ] 写真撮影、における(実際のレンズ制限のソフトウェアシミュレーションによる)、単純化を達成するための1つのアプローチは、撮影時にを制限するために広い開口を使用することである。 適切な設定で正しく使用されると、このテクニックは写真の主題ではないすべてのものを焦点からずらす。 小さい口径で、背景は視聴者の注意を促します。 適切な機器がある場合、同様のアプローチは、を利用して焦点面を変更することです。 幾何学と対称性 [ ] オッズの法則に関連しているのは、三角形は画像内で美的に好ましい暗黙の形であるという観察である。 的に魅力的な顔では、口と目は正三角形の領域の角に収まる。 は、 の構成に三角形を使用することに成功した。 三角フォーマットは安定感と強さの感覚を作り出す。 動きをつくる [ ] 一般的には、ただ一カ所に固定するのではなく、特に特定の場所に固定するのではなく、画像が目の周りを動くように促す方が見る人にとってより心地良いと考えられている。 アーティストは、動きを画像に取り入れることによって、「静的」または「平ら」な感じのコンポジションの作成を避けようと努めることがよくある。 画像Aでは、2つの山が同じ大きさで並んで配置されているため、非常に静的で面白みのない画像となっている。 一方画像Bでは山の大きさが異なり、1つは地平線の近くに配置されているため、目が一方の山からもう一方の山に移動するように誘導され、より面白くて楽しい画像となっている。 また、自然界ではオブジェクトはめったに同じサイズではなく、均等に配置されているので、より自然だと感じる。 画像B その他のテクニック [ ]• それがそれ自体でパターンになるのを防ぐために、作品に興味の中心または焦点があるべきである• 見る人の目がたどる方向は、絵の外に出る前に作品のすべての要素の周りに見る人の視線を導くはずである• 被写体は画像の外側を向いてはいけません• 画像スペースの正確な二等分は避けるべきである• 小さくてコントラストの高い要素は、大きくて鈍い要素と同じぐらい効果がある• 対称的または形式的な構図が望まれていない限り、目立つ主題は中心を外れていなければならず、より小さな衛星要素によってバランスをとることができる• 地平線はアート作品を2等分するのではなく、空または地面を強調するように配置する。 絵が雲、太陽が昇る、もしくは沈むものであれば、より多くの空を見せる。 詳細な領域と「休息」領域を使用すると、どこを見ればよいかを確認するのに役立つ。 細部と細部の欠如の対比を作成することは重要である。 これらの原則は良い構成の手段になり得るが、別々に適用することはできない。 しかし、良い構成を形成するために一緒に行動するべきである。 またアートワークでは、より面白いイメージを作成するために、オブジェクト間のスペースを同じにしないことを勧める。 例 [ ] これらの絵はすべて「」という同じ主題、そして本質的に同じ人物を描いているが、非常に異なる構成となっている。 1708 , p. Dans la , sur gallica. fr, p. Wrigley. Click and Learn Photography. 2019年2月6日閲覧。 Esaak. ThoughtCo.. 2017年3月8日閲覧。 Art Foundations. 20190701閲覧。 Artyfactory. 20190701閲覧。 Fussell. The Virtual Instructor. 20190701閲覧。 Marder. ThoughtCo.. 2018年1月23日閲覧。 Esaak. ThoughtCo.. 2018年2月19日閲覧。 Sophia. Sophia Learning. 20190701閲覧。 参考文献 [ ]• Arnheim, Rudolf 1974. Art and Visual Perception: A Psychology of the Creative Eye. Downer, Marion 1947. Discovering Design. Graham, Peter 2004. An Introduction to Painting Still Life. Chartwell Books Inc.. Grill, Tom; Scanlon, Mark 1990. Photographic Composition. Peterson, Bryan 1988. Learning to See Creatively. Watson-Guptill Publications. Langford, Michael 1982. The Master Guide to Photography. New York: Limited. 外部リンク [ ]• 、 ゴセン大学芸術学科•

次の

構図(こうず)とは何? Weblio辞書

構図フリー

黄金比とは? 人間が美しいと感じてしまう比率と言われるのが「 黄金比」と呼ばれる近似値 1:1. 618、約5:8の比率です。 この比率に基づいて写真を撮影したり、画像をトリミングすることによって、写真や画像の中に 数学的な整然とした美しさが宿ります。 黄金比と聞くと真っ先に浮かぶのが、アンモナイトのような螺旋ではないでしょうか?これは黄金比を利用した長方形のなかに正方形を生み出し続け、対角線を曲線で繋いだ「 フィボナッチ螺旋」と呼ばれるもので、これもまた美しいレイアウトの代表として使用されます。 なぜ 黄金比は美しく感じるのか。 一説には「 視覚情報の処理速度」と言われています。 人間の目は、常にあらゆる情報を脳に送信しており、脳は常に大量な情報に晒されています。 その中で「黄金比」によって構成されたイメージというのは、 他のものよりも脳が早く処理できるため、脳は黄金比構図に美的快感をもたらすのではないかとされています。 黄金比以外の美しい比率 もちろん、人が美しいと感じるのは黄金比だけではありません。 脳の情報処理速度がイメージに対する美的快感であるなら、 ある一定の法則で構成された視覚情報というのは美しく感じるはずです。 この、黄金比以外の 美しく見える比率には以下のようなものがあります。 正方形比(1:1)• 3:4(1:1. 333)• 白銀比(1:1. 414)• 黄金比(1:1. 618)• 白金比(1:1. 732)• 16:9(1:1. 778)• 第二正方形比(1:2)• 第二白銀比(1:2. 414)• 第二黄金比(1:2. 618)• 青銅比(1:3. 303) これらの計算が面倒な場合は、こちらに非常に便利なサイトがありますので、デザインやレイアウトに活用する場合は利用してみるのがおすすめです。 「 構図」のメリットは、ある種の自由さを犠牲にし、一定のルールに則ることで、数学的で整然とした美しさを写真や画像にもたらす事ができるという点です。 この基本を忘れないようにすれば、今回紹介する以外の独自の構図を見つけられるかもしれません。 しかし、 魅力的な写真は「何本も引いたグリッド」や、ルールに縛られた「比率」によってのみ生み出されるわけではないという事も覚えておくと良いでしょう。 あくまで 構図というのは美しく魅せるコツであり、魅力的な写真を生み出す方法ではないのですから。 三分割構図(三分の一の法則) 「誰でも写真が上達する方法!」みたいな本を買うと、まず最初に書かれているのが、 三分の一の法則に基づいて作られるグリッド、 三分割法構図です。 葛飾北斎が生み出したと言われる「 三ツワリの法」がこの三分割法構図であり、画面を縦横に三分割して視覚的なアクセントとなる対象物を線が交差する部分に配置する事で美しく魅せる技法です。 例えばこの写真を、 三分割法のグリッドに当てはめてみましょう。 スプーンやクッキーを 交差する点に配置し、テーブルの端を 分割した線に合わせて配置します。 すると、とても バランスの取れた配置となります。 ファイ・グリッド(黄金律グリッド) 写真構図の基本原則とも言える「三分割構図」の バリエーションとして有名なのが、 黄金律(=ファイ)を利用して作られた ファイ・グリッドです。 黄金比を利用したファイ・グリッドと、葛飾北斎も愛用した三分割法のグリッド。 どちらの方が美しいのか?というのは永遠の議題であり、今でも様々な議論が交わされています。 個人的な意見としては、 ファイ・グリッドは中央にアクセントとなるものが集まりやすいので、「ダイナミックさ」をアピールしたいときに使い勝手が良く、 三分割法はアクセントとなるものを全体にバランスよく配置できるため「充実感のある絵」を作るときに便利だと思っています。 例えば、 なんとなくスマートフォンなどでとったスケボー中の男性の写真。 アクセントとなる スケボーや男性の足、地面の平行感を生み出している ブルーシートなどをファイ・グリッドの交差する点や線に当てはめてみましょう。 トリミング前の写真よりも 明らかにバランスがよくなったのがわかると思います。 レイルマン構図(レイルマン比率) 鉄道写真家のさんによって考案、提唱されているのが レイルマン比率と呼ばれる構図です。 縦線4本で横に4分割し、対角線を引いて縦の線と交わる点にアクセントとなる被写体を配置する事でバランスをとる構図となっており、三分割法に比べて中央部分大きく、 ゆったりとした写真になります。 そのため、 風景を撮影したりする場合に相性が良いという特徴があります。 どことなく、見所が 右に偏ってしまってバランスの悪いこの写真。 道路、手前の標識、空、崖のアクセントとなる部分を レイルマン構図に当てはめてみます。 すっきりとして 安定感のあるレイアウトになりました。 二分割構図 三分割法構図と異なり、上下もしくは左右が均等になるよう、 中央で2分割した構図を2分割構図と呼びます。 風景写真などに使用するとインパクトのある画像になりやすいのですが、アクセントとなる対象物を配置できる場所が少ないため、 特徴のない写真になりがちな難しい構図でもあります。 例えば、このような景色であれば、中央でくっきりと分ける事で 斜張橋最大の特徴とも言えるケーブルと、高所から見下ろす 広々とした景色を2分割で見せることが可能です。 画面中央に 道路の末端の中央を配置して、2分割構図に当てはめます。 バランスよく、そして インパクトのある配置になりました。 シンメトリー構図 上下、もしくは左右に「 シンメトリー」な状態を作る構図です。 二分割構図によく似ていますが、これはあくまで「 中央の被写体に対して左右や上下が線対称となる構図」を指しています。 この構図を美しく魅せるには、しっかりと水平や垂直を出すことがポイントとなります。 日本では「 逆さ富士」などが代表的なシンメトリー構図と言えるでしょう。 例えば、ファイ・グリッドで撮影された綺麗なこの写真を、バランスよりも インパクトを重視してシンメトリー構図にしてみたいと思います。 中央に塔ののてっぺんを持ってきて、 水平線をしっかりと平行に合わせます。 三分割構図やファイグリッドにはない シンプルでインパクトの強い一枚になりました。 日の丸構図 被写体の アクセントとなる部分を画面の中央に持ってくる構図を日の丸構図と呼びます。 テクニックを知らない初心者が撮影すると、どうしてもこの「 日の丸構図」になりやすく、構図の狙いを理解していないとイメージが相手に伝わりにくかったり、躍動感のない単調な写真になってしまいます。 そのため「 日の丸構図www」とバカにされがちですが、上手に活用すると被写体をダイナミックに撮影でき、インパクトの強い写真を撮ることができるので、コツを覚えておくと良いでしょう。 例えばこんな感じの「アクセントとなるもの以外が同系色でぼんやりする」ような場面は、 日の丸構図が大活躍してくれます。 中央のアクセントとなる対象物から、 上下や左右ができる限り対称となるような色だったり配置だったり被写界深度だったりすると、より日の丸構図が際立ちます。 おもわず花火の美しさに 吸い込まれるようなバランスです。 三角構図 奥行き感を引き出すのに最適な構図がこの「 三角構図」です。 三角形の頂点を 消失点として考えるこの構図。 今回のレイアウトの参考としては画面の中央最上部に消失点を配置しましたが、この消失点は左右に移動させても大丈夫なので、被写体やイメージに合わせて設置したり、ファイ・グリッドや三分割構図と組み合わせて使うのもおすすめです。 特に、高層ビルや、階段、滝、道路、といった写真との相性が良く「 どこまでも続くような」雰囲気を写真に落とし込むことができます。 例えばこの、ターミナルを写した写真。 どことなく三分割法っぽい構図を感じ取れますが、エスカレーターの奥行きに注目して三角構図で切り抜いてみたいと思います。 歩いている 女性が頂点に来る様に撮影できたら理想的だったのですが、妥協します。 元の画像よりも、 伝えたいイメージが具体的になり、写真がグッと引き締まりました。 対角線構図 対角線を使用して斜めに分割すると、躍動感や広大さを出すことができます。 特に道路などの人工建造物など、直線的な被写体を撮るときは「 対角線構図」が使用されることが多いので覚えておきましょう。 景色や被写体を見たときに 「直線」を感じることができたらそれを対角線に当てはめて撮ってみると決まりやすいです。 今回は右上から左下に向けて対角線を引きましたが、もちろん左上から右下に向けた対角線でも問題ありません。 例えば、愛し合う二人が森の木かげでイチャつくこの写真。 右上から左下に向けて、なんとなく対角線がイメージできませんか? 写真を拡大して、 この対角線に合わせてレイアウトしてみましょう。 最初よりも伝えたいものが前面に押し出されて、 力強い印象になりました。 フィボナッチ螺旋構図(黄金曲線構図) 黄金比の代名詞とも言えるこの曲線。 正式名称は「 フィボナッチ螺旋」と言われ、黄金比によって作られた長方形の中に正方形を配置し、対角線を曲線で繋いでいくとこのような形になります。 この曲線を意識してアクセントとなるものを配置する事で、人間の視線はフィボナッチ螺旋に合わせて 自然に末端へ導かれます。 画像を切り抜いて トリミングするときには使いにくいですが、写真を撮影する時の構図としては使い勝手が良いので活用してください。 例えば広告などにありがちなこの写真。 そもそもこの被写体となっている 女性のポージングがフィボナッチ螺旋を意識した形となっているため、この時点でかなり美しく見えてしまうのですが・・・。 写真の構図として当てはめてみるなら、 こんな感じが理想的ではないでしょうか。 非常にバランスが良いと思います。 デザインのレイアウトに応用した例 さて、写真の撮影や画像の切り抜きに、黄金比や分割法を用いた構図が有効であることは理解していただけたと思いますが、様々な デザインやレイアウトにも応用できるというのもご紹介しておきたいと思います。 黄金比を応用 そもそも 名刺自体のサイズが黄金比となっているため、名刺の内容のレイアウトは黄金比をベースに配置するとすっきりした仕上がりになります。 また、黄金比を用いたレイアウトは、単調なレイアウトになりにくく、それでいて 安定感や堅実的なレイアウトが可能になるためビジネスシーンによく合います。 三分割構図を応用 写真における基本原則とも言える「三分割構図」 は、 広告や紙媒体のレイアウトの基本原則でもあります。 例えば、 横に三分割した時の右側スペースを縦に三分割し、文字のスペースと画像のスペースをこのグリッドに合わせて配置してみたいと思います。 使用する写真は 分割構図にしたがって、線やグリッドに合わせてレイアウトし、右側のスペースに会社のロゴマークやちょっとした文章を配置してみましょう。 面白みにかけるかもしれませんが、非常に安定感のある、 落ち着いた美しい構図に仕上がっていると思います。 というわけで、写真を撮影する構図のテクニックとしても、画像を切り抜いたりトリミングしたりする時のテクニックとしても、また様々なデザインのレイアウトに生かすテクニックとしても使える「 黄金比」や「 分割構図」を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? ついでに、 黄金比を使用したグリッドやガイドを使用して作られたロゴマークもご紹介しておきます。 分割法や黄金比は、応用次第でどんな場面にも活かせるので、ぜひご活用ください。

次の

バストアップ 構図 フリー

構図フリー

1 基本構図編(これだけで写真が変わる) ここで紹介する構図を意識することで写真が随分と変わります。 たくさんの構図を覚えても混乱するという方にお薦めの基本構図です。 三分割構図 これは画面を縦横に三分割し、その交点に撮りたい被写体を配置するように意識して撮影する方法です。 この方法で撮影するととてもバランスのとれた写真となります。 基本中の基本の構図です。 トンネル構図 これは撮りたい被写体を焦点化したり立体感を出したりするために、木の枝等の障害物で囲んで撮影する構図です。 風景写真を撮影するとき近くの木の枝を被写体の上にかぶせて撮影すると、これまでにない雰囲気の写真が撮れます。 シメントリー構図 左右または上下対称の被写体を撮影するときにバランスをとって撮影する構図です。 対象物を撮影する場合バランスがずれていると不安定な画像となります。 (動きや不安感を出すためにあえてバランスをずらしてアシンメトリーに撮影する場合もあります。 ) 2 応用構図編(写真の世界でよく耳にすることのある構図) ここでは、基本構図以外の写真業界でよく耳にすることのある構図についてご紹介します。 当たり前のものや似ているものもありますが、このように細かく分けて使う方もいます。 額縁構図 画面の4面を窓枠や壁等の障害物で囲んで、まるで額縁の中に被写体がるようにした構図です。 特徴のない平坦な被写体を額縁構図で撮影することで写真を引き締めることができます。 日の丸構図 被写体をど真ん中に置き、他をぼかし等で目立たなくして被写体を強調する構図です。 平凡すぎて飽きられやすい構図のため、印象に残る写真を撮影することが難しい構図です。 対角線構図 狙いたい被写体を対角線状に配置して撮影する構図です。 立体感や奥行き、ぼかしを印象付ける場合等に使われます。 消失点構図(放射線構図) 絵画でもよく使われている遠近感を出すための構図です。 鉄道写真や町並みの撮影によく使われています。 三分割構図との組み合わせでバランスの良い写真にすることができます。 対比構図(大小パターン構図) 狙った被写体を強調したい場合や写真のバランスを取るために被写体と対比させるように他の被写体を配置して撮影する構図です。 三角構図 ダビンチのモナリザやボッティチェリのビーナスの誕生など絵画でもよく使われている構図で、被写体が三角形状に見えたり配置されたりするようにした構図で安定感のある写真となります。 アルファベット構図 アルファベットの文字のように見える構図です。 よく使われる構図がS字構図です。 二分割構図 被写体を横または縦に二分割したように見える構図です。 横分割では地平線や水平線を被写体にしたものによく使われています。 四分割構図 画面を縦横四分割にし、その交点に被写体を配置して撮影する構図です。 特に三分割構図では被写体が中心に近すぎると感じる場合に四分割の中心線を除いた4点のどこかに被写体を配置する構図です。 風景写真のようにじっくり構えて時間をかけて撮影できる状況で三分割構図での撮影と合わせて余裕がある時やいつもと違った構図で撮影しようと思ったときに使える構図です。 サンドイッチ構図 壁や木等で被写体を挟むように撮影する構図です。 被写体を強調したりする場合に使う構図で、立体感や遠近感を出すときにも使えます。 3 レアな構図(こだわりのある構図) 黄金分割構図 4頂点から対角線に垂線を引いてできる交点に被写体を配置する構図で、三分割より外側で四分割より内側となる構図です。 黄金螺旋構図(フィボナッチ螺旋構図) 幾何学でいう黄金比でつくられた長方形(1:1. 618・・)を正方形で分けていくことによりフィボナッチ数列からなる螺旋ができ、その最終点に被写体を配置する構図です。 このフィボナッチ螺旋は自然界のいたるところに見いだすことができ、この構図は視覚的に心地よい配置となるといわれています。 4 まとめ 私たちは美しい景色を見たとき思わず感動してそれを写真という形で記憶に留めようとします。 しかし後で撮った写真を見てもその時同じように感動することは少ないと思います。 それは私たちが景色を見るとき、その時の空気感や後ろの景色、匂い、気温、そこにたどり着くまでの苦労等様々な要因をひっくるめてその景色を見ているため、脳がより美しく感動的に感じ取ってしまっています。 しかし、写真はファインダーに入った景色だけを四角い枠に切り取ってしまい他の要素は全く入らないため、同じ景色でも写真として見ると同じ感動が得られないのです。 ところが同じ景色でもプロカメラマンが撮影するととても綺麗で感動的なものになります。 それは、プロならではのセンスの違いや撮影から編集まで良い機材を使っていることなどの要因も勿論あるでしょうが、実は大きな要因として写真構図があります。 プロは切り取った四角い枠の中だけで美しさや感動が得られるように構図を考えながら撮影しているのです。 今回は写真撮影でちょっと意識することにより写真が見違えるようになる構図について紹介しました。 いろいろありすぎてわからなくなるかもしれませんが、意識するだけで写真の出来栄えが随分違ってきますし、自分の表現したい意図も伝わりやすくなります。 写真は自分の思いがどれだけ表現できるかですから構図ありきではありません。 ですから基本的な構図をちょっとだけ意識して撮影することから試してみてください。

次の