グラブル 古戦場 ex+。 【グラブル】水古戦場EXのメカニック1550万編成&適性キャラまとめ

闇属性有利古戦場EX+1ターン2100万 ダメージを考える【スマホ・グラブル攻略】

グラブル 古戦場 ex+

火船火炉あり 本番を想定• リミ武器なしマグナ編成• ミカエルなし• 久遠の指輪なし• 終末 ルシファー 武器は4凸• ザ・サンSR3凸 =アラナンなし• 代用キャラはいません。 また、 称号【十天衆を統べし者】必須です。 主人公のアビリティは「デュアルアーツ」と「アーセガル」。 いわゆる『黄龍クリュサオル』編成で、非ATでも開幕奥義を5回チェインすることができます。 主人公のLB 普段は取得優先度の低い「アビリティダメージUP」や、「属性攻撃UP」も可能な限り振ります。 アニラの指輪LB 奥義ダメージUPが付いています。 これがないと今回の条件では安定しないかもしれません。 装備 武器• メイン:ヴァッサーシュパイアー 魔獄• CW:ウシュムガル• 5凸コロ杖2本• 夏ノ陽炎• 4凸終末武器 チェンバ上限• バハ剣• ゼノイフ刀• 4凸天司武器 ヴァッサーシュパイアーが非常に強力 クリュサオルの英雄武器「ヴァッサーシュパイアー」に魔獄エンブレムを付けたものが非常に強力。 【メイン装備時、主人公の奥義に追加ダメージが発生する】効果で、2回奥義を使うクリュサオルでは2回ともに追加ダメージが発生するため相性が良く、 このヴァッサーの追加ダメージだけで約280万ダメージを稼ぐことができます。 ウシュムガルもCWとして有用 ウシュムガルは奥義効果に• 火属性防御ダウン15%• 追加ダメージ の2つ効果を持つ、開幕奥義編成のために生まれたかのような武器。 自石コロマグでフレ石黄龍でもOK サブはSR3凸ザ・サンに攻撃ステータスの高いもの3つ。 アニラの3アビバフの効果の1つ『奥義ゲージ上昇量UP』によって、主人公の奥義2回で2番手以降のキャラのゲージが30%UPします。 普通は20% 統べ称号ありシエテの初めの奥義ゲージが70%なので、チェインに参加できるようになります。 3ポチ0召喚で約2035万ダメージ。 ヴァッサーとウシュムガルの追加ダメージによって、主人公だけで1100万以上稼いでいます。 試すときはアニラとランヴェの位置を逆に 自分で試す際には、アニラを3番手にしランヴェを4番手にしましょう。 でないと、ランヴェの奥義に追加で発生する"ダメージ付きの命中不安定な防御ダウン"によって、結果がぶれてしまいます。 また、アニラ3アビバフの効果の一つである『クリティカル確率UP』の影響をなくすために、奥義演出をオンにして、全員の奥義でクリティカルが発生しないケースのダメージを確認しましょう。 4ポチ0召喚 1ポチ増やすことでキャラ編成のハードルを下げることができます。 3ポチ1召喚よりも4ポチ0召喚の方が速いので、可能であればまず4ポチ0召喚を目指すのが効率的です。 同様に2ポチ1召喚よりも3ポチ0召喚の方が速いです。 編成例1 キャラ 主人公クリュサオルにルリア、最終エッセル、マギサ。 十天統べ必須 ルリアとエッセルは確定、マギサの枠は可変です。 マギサは防御ダウンを使うため、命中率を100%以上にするために指輪LBで弱体成功率UPを付けています。 他のキャラで防御ダウンを使う場合 クラリスなど も、同様に命中率を100%以上まで確保する必要があります。 メイン:ヴァッサーシュパイアー 魔獄• CW:ウシュムガル• 5凸コロ杖2本• 夏ノ陽炎• 4凸終末武器 チェンバ上限• バハ短剣• ゼノイフ斧• ゼノイフ刀• ルリアはアビリティを1つ使うごとに奥義ゲージが30%上昇するので、奥義チェインに参加できるようになります。 約2035万ダメージ。 編成例2 キャラ 主人公クリュサオルにルリア、ツバサ、マギサ。 この編成では 十天統べ称号は不要です。 ツバサ以外はかならずしもこれらのキャラである必要はありません。 メイン:ヴァッサーシュパイアー 魔獄• CW:ウシュムガル• 5凸コロ杖2本• 夏ノ陽炎• 4凸終末武器 チェンバ上限• バハ武器• ゼノイフ斧• ゼノイフ刀• ツバサの2アビは• 味方全体の奥義ゲージ30%UP• これを使うだけで2番以降のキャラも奥義チェインに参加できるようになります。 十天統べ称号が要らなくなるのも嬉しい点です。 約2030万ダメージ。 3ポチ1召喚 編成例1 キャラ 主人公クリュサオルにルリア、グレア、ツバサ。 ツバサ以外は別キャラでもOKです。 メイン:ゼノイフ刀• CW:4凸天司武器• 5凸コロ杖2本• 夏ノ陽炎• 4凸終末武器 チェンバ上限• バハ武器• ゼノイフ斧• 朱雀光剣・邪• 朱雀光剣・王 これまで紹介した編成の中では最も遅いかわりに、• ヴァッサーなし• ウシュムガルなし• 十天統べ不要 と全体的な編成ハードルが非常に低くなるのは利点です。 5凸コロ杖2本としていますが、使うキャラによってはダメージに余裕があるので、4凸コロ杖でも問題ない場合もあると思われます。 5凸コロ杖と4凸コロ杖の火力差はかなり小さい 朱雀光剣・王は、もしあればEX攻刃武器の方が良いです。 約2045万ダメージ。 十天統べ必須。 ランヴェは他の奥義が強めのキャラでもOKです。 グレアなど 武器• メイン:ゼノイフ刀• CW:4凸天司武器• 5凸コロ杖2本• 夏ノ陽炎• 4凸終末武器 チェンバ上限• バハ短剣• ゼノイフ斧• 朱雀光剣・邪• 朱雀光剣・王 こちらも5凸コロ杖は使うキャラによってはダメージに余裕があるので、4凸コロ杖でも問題ない場合もあると思われます。 同様に朱雀光剣・王はもしあればEX攻刃武器の方が良いです。 4ポチ1召喚 キャラ・装備編成 主人公クリュサオルにルリア、マギサ、3年生チーム。 マギサは別のキャラで構いません。 サイドストーリーで仲間に出来る3年生チームは、味方全体の奥義ゲージ20%を持っているため、片面黄龍でこれを使うと奥義チェインが可能となります。 ダメージに余裕があるので、コロ杖を4凸にするなどもう少し弱い装備でも問題ありません。 ポチ数が多い代わりにキャラと装備のハードルは最も低いです。 十天統べも不要。 約2120万ダメージで、かなり余裕があります。 動画 紹介した編成のうち3つを動画にしました。 細かいダメージの確認などにどうぞ。 AT限定編成 1ポチ0召喚~ 記事が長くなるので分けました。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブル】風古戦場EXワンパン編成完成

グラブル 古戦場 ex+

開催までに土属性のHELL用編成や肉集め編成の準備をしておきたい。 2020年6月古戦場の変更内容 1 累計貢献度報酬の調整 2 46回目以降の戦貨ガチャの中身を調整 3 HELLに「もう一度挑戦」機能を追加 累計貢献度報酬が調整 累計貢献度報酬の一部が調整される。 詳しくは以下を参照。 リザルト画面から 古戦場TOPに戻ってHELLを自発といった手間がなくなり、快適に周回しやすくなる。 予選は団ランキングで本戦を狙う 本戦出場権をかけて競う期間 予選はその名の通り、 本戦への出場権を得るために競う期間。 予選ランキング8000位以内の団が本選Aクラス、8001~19000位が本選Bクラス、19001~36000位が本選Cクラスに出場できる。 本戦4日間は騎空団同士で競い合う 必要貢献度 勲章数 騎空団 個人 基本勲章 獲得勲章なし 追加勲章 180万 15万 5個 計5個 500万 40万 5個 計10個 昇格システムについて 本戦期間中1~3戦目までAクラス以外では「昇格戦ランキング」が実施される。 本戦3戦目までの各日7:00~23:59において、 各クラスの騎空団貢献度獲得上位の騎空団が翌日から一つ上のクラスに昇格できる。 本戦未進出でも、各日個人貢献度を必要数稼ぐことで戦貨や勲章を獲得することが可能。 副団長、攻撃隊長、防衛隊長にそれぞれ異なる効果のアビリティが用意されており、団長は全てのアビリティを発動可能。 全てのアビリティにおいて団長が代理で受け持つといった対応はできない。 その他の細かなルール• 発動回数は持ち越せず 毎朝7:00にリセット。 効果は 古戦場ボスに対してのみ有効。 同一アビリティは 前回発動から5分経過後に再度発動可能。 騎空団アビリティ発動中に同じものを発動した場合効果内容は重複せず、効果時間のみ延長。 他アビリティとは効果が重複するため、同時に発動するといった戦法も有効。 役職の割り振りはそれ以外の時間に済ませておきたい。 ただし 「グラーシーザー」などのヴィンテージシリーズ キャラなし武器 は排出対象に含まれる仕様となっている。 7万位、12万位、16万位の枠で確率に差があるかは不明だが、16万位以内でも金剛晶を入手できるチャンスがある。 まず始めに騎空団の方針を必ず確認• HELLに挑戦して貢献度を稼ぐ• 新米騎空士応援ミッションを達成• 戦貨を集めて古戦場武器等の報酬ゲット まずは団の方針を確認 古戦場イベントでは騎空団同士の戦いとなるため、 自身の団の方針は確認必須。 団によっては貢献度を稼ぎ出すタイミングを決める所、団以外に救援を流す事を禁止する団などもあるため、騎空団チャットなどをしっかり確認しておきたい。 まずはこちらを周回してHELLのトリガーを集めよう。 2:トリガーを使用してHELLで貢献度稼ぎ 難易度HELLのボスは強力だが、その分貢献度も多く獲得できることが特徴。 新米騎空士応援ミッションを達成 新米騎空士ミッションをクリアすることで戦貨やガチャチケなどを入手できる。 クリア条件もHELL15体討伐など達成しやすいので、必ずクリアして入手しておきたい。 古戦場武器3凸を目指す 1:期間中になるべく3凸分 4本 は確保 戦貨ガチャから排出される古戦場武器は選択した1種類のみ 1回だけ変更可 なので、なるべく毎回3凸分 武器4つ の入手を目指したい。 ガチャは3回目まで箱の中身をリセットできるため、 戦貨に余裕が無ければ古戦場武器を引いたらすぐに箱をリセットしてもOK。 どんな時も運ですよ!運! 2:余った古戦場武器は保管しておこう 古戦場武器は十天衆の最終上限解放素材や極みスキンの素材として大量に使用することになるため、現状では使い道が無かったとしても スキル餌やエレメント化をせず倉庫等に保管しておくのが得策といえる。 90HELL『エッリル』攻略はこちら 2:余裕があれば本戦に備えてチャンク集め 『グラッジチャンク』は本戦でもHELLへ挑むために数多く使用する素材。 余裕があれば 予選中やインターバル期間にチャンク多めに集めて、本選の準備をしておこう。 ただ戦貨も同時に集めたい場合は、AP消費が重いものの自発した方が集めやすいかと思います。 そのため、 いかに効率良くHELLを倒すかというのが勝敗を分けるといっても過言ではない。 難易度は高いがその分効率も良いので、 団の戦力が十分なら、より高い難易度を倒すことになる。 95HELL以上は複数人で倒す 1:ソロは難易度が高く、時間効率も悪い Lv95以上のHELLは難易度が高く、ソロで倒し切るにはかなりの戦力が求められる。 また、倒せるとしても防御寄りの編成や立ち回りが求められ、時間がかかりやすいので、 複数人で一気に倒すのが効率が良い。 ライターD Lv95以上とは書きましたが、団全体の戦力次第では 90HELLを複数人で倒すことも考えましょう。 この場合は恐らくペアで攻略するのが効率的。 防御DOWNなど重要な弱体効果が不足すると無駄に討伐時間がかかる原因になるので注意したい。 HPに対しての貢献度は100HELLよりも良いが、防御力が非常に高く装備が揃っている上級者向けの難易度。 同じ騎空団のプレイヤーのみ参戦可能 150HELLは同じ騎空団のプレイヤーしかバトルに参戦できない仕様。 また救援時にオールポーションは獲得できないが、 チャットを送信することでオールポーションを2つ獲得できる。 無属性ダメージが活かしづらいことは覚えておきたい。 HELLでは栄誉の輝きが獲得可能 HELLクリア時に栄誉の輝きが入手可能となっている。 古戦場期間であればRank100以下のユーザーでも栄誉の輝きを集められるので、この機会に集めておこう。 敵Lv 獲得できる「栄誉の輝き」の最大値 Lv90 発見時:15 救援時:10 騎空団ボーナス:5 Lv95 発見時:30 救援時:20 騎空団ボーナス:10 Lv100 発見時:60 救援時:40 騎空団ボーナス:20 朝で勝負を決める通称『朝活』 1:朝で相手の戦意を喪失させる 古戦場は朝7時から開催され、夜24時までというかなりの長期戦。 そのためズルズルと戦っているとどうしても消費が多くなりがちなので、 朝の1時間ほどで相手の戦意を喪失させる、通称『朝活』が戦術として有効。 別名『朝駆け』『朝ダッシュ』とも。 2:『朝活』の方法 朝7時から1時間ほど、相手団の戦力を見てから 決めた貢献度まで全員で一気に稼ぐというのがこの戦法の基本。 稼ぐ貢献度は『相手が追いかけたくないと思うところまで』というのが理想。 ライターA 貢献度を決めるのはかなり判断が難しいところではありますが、逆の立場で、『朝起きた時にどれぐらいの差がついてたら追いかけたくないか』という方向性で考えるとイメージが付きやすいと思います。 もちろんこれをやったからといって相手が追いかけてこないというわけでもなく、昼にじわじわ稼がれて夜で逆転、ということもありえますが、間違いなく優位に立つことはできます。 3:もし相手の朝活速度が早ければ撤退も もし相手も朝活を行っており、明らかな力量差がある場合、ダラダラと戦うよりも勝てないという判断を早い段階で行うことで 負ける場合でも消費を抑えることができる。 もちろんその後相手の動き次第では再度追うというのも自由だが、こちらとの実力差を把握しやすいという利点もある。 ライターA もちろん朝7時から稼ぎ始めるという性質上時間が厳しいという人も多いでしょうし、朝走れる人にだけ負担がかかってしまうということから、知っていても採用しない団も多いと思います。 ただ 知らなかったという場合は是非検討してみてほしい戦法です。 難易度HELLの自発素材を集め、騎空団員に倒してもらうことで、 初心者でも騎空団に貢献することはできる。 HELLを自発して団内救援で討伐 集めたチャンクでHELLを自発し、団内救援に出すことで 団員に倒してもらって騎空団の貢献度を増やそう。 団の方針を確認しつつ、なるべく人数が集まる時間帯にすること。 古戦場の主な報酬• 主な報酬1:古戦場武器 戦貨ガチャ 十天衆の加入や各属性のメイン武器になる 『古戦場武器』は、最後まで強化すれば 強力なSSRキャラ『十天衆』達を仲間にできる武器。 奥義効果も役立つものが多く、強化することで好きな属性に変える事ができるため、メイン武器としても有用。 戦貨ガチャで1箱から1個入手できる 古戦場武器は戦貨で引けるガチャから手に入るため、 クエスト周回さえできれば誰でも3凸できる。 また、稀にボス撃破時にランダムな種類の武器がドロップすることもある。 道のりは非常に長いが、その分性能はトップクラスといえるキャラとなっている。 組み合わせ1 組み合わせ2 主な報酬2:勲章交換 1:本戦の勝敗などで勲章を獲得 古戦場では予選突破、本戦勝利や個人ランキングで勲章という専用トレジャーを入手できる。 入手した勲章は次の古戦場に持ち越しができ、現在は1回の古戦場で 最大525個獲得可能。 交換を目指すのは以下の『275個セット』『450個セット』『500個セット』のいずれか。 『アーカルム召喚石』のSSR化にも必要で、入手手段の非常に限られている貴重なアイテムなので是非入手しておきたい。 非常に貴重なので、使用する召喚石はしっかり吟味したい。 ヒヒイロカネ 勲章450個 勲章450個セットの『ヒヒイロカネ』は、 十天衆入手や十天衆の最終解放に必須なトレジャー。 こちらは四象降臨での交換などの勲章交換以外の入手方法があるため、基本的には金剛晶を優先して交換すべきだが、十天衆などの目的があれば選択肢になる。 セフィラ玉髄 勲章500個 勲章500個セットの『セフィラ玉髄』は、 十賢者の入手に必要なトレジャー。 アーカルムPtの交換では現在2個しか入手できないが、勲章交換で3人目以降の十賢者の加入が可能になる。 勲章は1開催で最大525個入手可能なので、なるべく勲章交換での入手を意識したい。 より詳しいセフィラ玉髄の解説はこちら 十賢者の加入方法はこちら 主な報酬3:獲得貢献度報酬 貢献度9000万までは貢献度ごとに報酬が貰える。

次の

古戦場に向け団活

グラブル 古戦場 ex+

主人公のアビは以下の通り。 ツープラトン• ミゼラブルミスト• アーマーブレイク キャラは以下の通り。 「 確定TA」を持ったディアンサ• 「 奥義威力」が高いシルヴァ• そこそこ「 所持率の高い?」ヨダルラーハ アビの使用回数は「 10回」 やはり1番大きいのは、味方全体に確定TAを付与できる「 ディアンサ」です。 またシルヴァの「奥義+追撃で500万以上」まで削れるのはかなり優秀です。 ディアンサがいるだけでツープラトンの連撃は保証されているので、ほかの枠を自由に出来るのは強み。 メイン武器は四像降臨で入手出来る「 玄武穀拳」 4番目のキャラに追撃を付与出来る上、TAが2回分の追撃が乗るのでダメージが稼ぎやすい。 また短期戦ということで「シグルズの弓」を採用しています。 火力が1550万まで届かない人は、召喚石に「ザ・ムーン」を入れるのもアリ。 また他の2枠を自由に選べるので、編成の幅が広くなるのもディアンサの強みかと。 加えて全体に「 奥義ダメージUP」「 テンションUP」を付与出来るので、火力貢献もしやすいです。 戦力や手持ちのキャラによって使い分けが出来る便利キャラだと思います。 ウーノと水レスラーの相性も驚異的 最終ウーノも水レスラーと相性良いです。 ツープラトンが「 バフを維持したまま攻撃出来る」ので2アビの強化が持続します。 なので最終ウーノを所持していれば、比較的ラクに1550万達成出来ると思います。

次の