ワイアット プリズンブレイク。 ドラマ「プリズンブレイク シーズン4」の全話ネタバレあらすじ結末まとめ

海外ドラマ『プリズン・ブレイク』ファイナル・シーズン | エピソード・ガイド | 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

ワイアット プリズンブレイク

サラ・タンクレディ(Sara Tancredi) シカゴで育ったサラ・タンクレディは、子供の頃から医者になる夢を持っていました。 彼女が「ファイベータカッパクラブ」にあるノースウェスターン大学に在学中、マハトマ・ガンジーが人道支援の仕事をしていると知って興味を持ち、それが後にフォックリバー刑務所で働くきっかけとなりました。 また、彼女をその道に導いたもう1つの要因が、過去のモルヒネ中毒でハイになった時に起きた交通事故で、男の子を救うことができなかったことにあります。 29歳の彼女はイリノイ州の州知事であり、父親でもあるフランク・タンクレディの唯一の娘で、刑務所で働くことを反対されていたにも関わらず、フォックスリバーで医師として働くことに決めたのです。 父親の忙しすぎる政治生活や信念の違いによって、彼女は父親との親密な関係を絶っています。 リンカーンが処刑の日、彼の弁護士に会って以来、彼は無実と思うようになり、死刑執行に多大な影響力がある父親にも資料を見直すように進言します。 父親は拒否するも、新たな証拠が出てきたことにより処刑が延期になるのです…。 ある日、マイケルの妻に呼び出され「マイケルを助けたい」という相談を受けますが、その妻の目的はマイケルから頼まれた診療室の鍵をサラから盗むことでした。 しかし、それに気付いたサラはマイケルを診療中に鍵の交換を業者にお願いしたのです。 鍵を交換されてしまったマイケルは脱獄の最後の障害となる診療室の鍵をどうするか考えているのです…。 ナルコティクス・アノニマスの集まりで自身を同性愛者というランスという男性と出会います。 しかし、彼はマイケルを探し出すためにサラを利用しているシークレットサービスのポール・ケラーマン! マイケルとリンカーンの他にも6人もの囚人を逃がしてしまったという現実にマイケルに裏切られた気持ちでいました。 無罪にしてくれた父親からランスは身元を偽っているという警告を受けた後、父親は何者かに殺されてしまいます。 その父親の遺体のそばには重要な鍵が落ちており、当初は何の鍵かは分からないものの、拾ったのでした。 サラとマイケルの再会が果たされたものの、組織の殺し屋であるワイアットに居場所がバレ、組織を倒して今後逃げなくて済むように国土交通省のドン・セルフに協力して「スキュラ」と呼ばれる組織の秘密情報を集めることに。 チームには同じく捕まっていたマホーン、スクレ、ベリック、アジア人ハッカーが仲間に加わります。 スキュラ集めをしている最中、助けてくれたブルース・ベネットが殺されたことを知り、気を紛らわすためにバーへお酒を飲みに行きます。 結局飲まずにバーを出て倉庫へ戻ろうとしますが、殺し屋ワイアットが後をつけていることに気付き何とか振り切るのです…。 生年月日:1977年6月1日(38歳) サラ・ウェイン・キャリーズはイリノイ州でハワイ大学で英語と法律の教授をしている両親の間に生まれます。 1歳の頃、家族でハワイのホノルルへ引っ越し。 その後、現地の学校の様々な劇に参加することにより、演じることに興味を持ったそう。 高校卒業後はダートマウス大学へ入学。 そして、2003年にニューヨークへと引っ越し、CBSの『 Queens Supreme』でケイト・オーマリーの役でTVドラマに出演を果たすのです。 しかし、2008年3月にサラのシーズン4の復帰が決まった。

次の

プリズンブレイク グレッチェン・モーガン 名シーン 台詞

ワイアット プリズンブレイク

マホーン最強列伝 彼の強さを体現するシーン アレクサンダー・マホーンとは? マホーンは、プリズンブレイク・シーズン2から登場したキャラです。 マイケルの緻密で大胆な脱走計画により、フォックスリバーを脱獄した8人、いわゆる「フォックスリバー8」の追跡者として登場します。 主人公であるマイケルとの関係は、当初はFBI捜査官と犯人。 シーズン2で頭脳戦を繰り広げるうちにライバル(好敵手)。 シーズン3では、己の利害のためにお互いを利用し合う協力者。 そして、シーズン4では、真の意味でお互いを認め合ったライバル(戦友)にまでなりました。 ただし、お互いを認め合ったという意味では、マイケルよりも、リンカーンとの親交が深いといえるでしょう。 また、シーズン2後半では、マイケルとリンカーンの父である「アルド・バロウズ」を手にかけています。 情に深い(特にリンカーン)2人なので、お互いを認め合うようになるまでに、大きな壁が存在したことがわかります。 それは、劇中で描かれたエピソード以上に強大な壁だったのではないでしょうか。 迫力 SONAに収監されたシーズン3の序盤では、バラトリール(常用していた精神安定剤)の供給も断たれ、離脱症状との闘いが描かれています。 第1話で、その兆候を発見し、からかったSONAのボス「麻〇王ルチェロ」でしたが、その鋭い眼光に突き刺され、「あっ、こいつヤバい奴や…」的な表情をしたのが印象的です。 半ば、やぶ蛇状態のルチェロでしたが、マホーンの並んでいた順番が幸いでした。 マホーンは、列の最後から2番目に並んでおり、最後の1人が自分にビビッて失禁してくれたおかげで、事なきを得たのです。 もし、マホーンが最後だったら…きっと彼の面子は丸潰れだったでしょう。 その証拠に、王の居城に尿をまき散らすという、この上のない無礼に対しても、軽いリ〇チで済ませました。 決して、マイケルが止めたからではないのです。 最小限の動きで敵を倒す合理性 マホーンの強さは、リンカーンのように「剛」ではなく、「柔」です。 サブミッションや急所攻撃に長け、最小限の行動で敵を倒す術を持っています。 また、そこに天才と評される高い知能が加わることにより、更に完成された強さになっています。 マホーンの強さを体現する名シーンがシーズン3の第1話です。 ルチェロ側の陰謀により、決闘に引きずり出されたマイケルでしたが、相手のルール違反により、絶体絶命のピンチを迎えます。 そこに現れたのがマホーンで、一瞬の隙を突き相手の巨漢を倒してしまいます。 FBI(軍隊?)仕込みの戦闘術で、瞬く間に相手を倒すマホーンに、視聴者は「マホーンつえぇ~!?」って感じだったはずです。 また、表向きはルールを重んじるルチェロに対して、「ルールを破ったら人間失格だ」と一喝。 一歩間違えれば袋叩きの場面を機転と度胸により、乗り切りました。 そして、この行動にまたまたルチェロがめっちゃ微妙な表情をします。 先程のやぶ蛇といい、いよいよ危機感を覚え始めたのではないでしょうか。 内部捜査官サリンズとの一幕 フォックスリバー8の不審死が相次ぐ中、次第にマホーンに捜査の手が伸びてきます。 その中心人物が、内部捜査官であるリチャード・サリンズです。 彼も隠れ良キャラなのですが、彼との一幕にマホーンの強さの秘密が垣間見れるシーンがあります。 (シーズン2、第8話) 「トゥイーナーに銃を奪われた」というマホーンの嘘の証言を暴くため、一芝居打ったサリンズは、背後からマホーンに手を回し、マホーンの反応を見ます。 そこで反射的に、サリンズの腕をつかみ防御するのですが、過酷な訓練により、反射の域にまで達した戦闘術も、彼の強さの秘訣ではないでしょうか。 マホーンの経歴 上で紹介したシーズン2の第8話では、マホーンの生い立ちや経歴が語られるシーンがあります。 父親の虐待から逃れるため軍隊を志したようです。 サリンズの口ぶりからは、兵役から程なくして、特殊部隊(名称不明)に抜擢された事がわかります。 また、特殊部隊として主に海外の戦地で活動していたようです。 マホーンの情報については、内部調査官のサリンズですら知れない、機密扱いとなっている。 幼少期の壮絶な体験による強さへの渇望も、彼の強さの秘訣なのかもしれませんね。 キレさせたら死を覚悟する必要あり マホーンの強さに拍車をかけるのは、その狂気とも言える性格です。 比較的、手段を選ばないタイプの人間ですが、無意味に命を奪う事はしません。 ただし、キレさせたら最後、劇中で彼をキレさせて生き残ったキャラは、ほとんどいないと思います。 その中でも彼の怖さを印象付けたのが、ワイアットとの物語でしょう。 カンパニーのボスである将軍が雇った最強の暗殺者とも言えるべきキャラです。 シーズン4では、彼により多くの命が奪われましたが、その中にマホーンの息子である「キャメロン」が含まれていた事により、復讐される。 その方法が恐怖そのもので、カイジがされた「血のマニキュア」の針が太く長いVerです。 しかも、除細動器まで持ち出す念の入れようで、気を失わないようにするため。 他にも、オスカー・シェールズをはじめ、フォックスリバー8のアブルッチ、ヘイワイヤー(キレさせたわけではない)、トゥイーナーなど大勢が彼の手にかけられました。 しかし、彼をキレさせて生き残ったキャラもいて、シリーズ一の愛されキャラ「ブラッド・ベリック」もその一人です。 紆余曲折を経て、マホーンに捜査協力(秘密裏に)をする事になたったベリックでしたが、報酬を欲張って、白昼堂々マホーンに対して、横柄な態度を取ってしまいました。 (シーズン2、第18話) それにブチキレたマホーン捜査官ですが、その人柄のおかげか(笑)、足を踏みつけられるだけで済んでいます。 また、上に挙げたサリンズや直属の部下ウィーラー捜査官も、彼がブチキレるような事をやっていますが無事です。 このことからも同じ志を持った同僚や、FBIと近しい位置に存在するシークレットサービスのケラーマン(裏切って撃っている)などに対しては、最低限の敬意を抱いているのかもしれません。 まぁ、サリンズがマホーンを調査中に失踪したらヤバいですし、ウィーラーも上層部の大物と接点があります。 更に、ケラーマンに撃たれた直後は、自らの仕事に嫌気がさし、一種の燃え尽き症候群状態でした。 マホーンに勝てそうなのは? 様々な観点から分析 シリーズ中の最強キャラであろうマホーンを語ったので、今度は、対抗馬たちを挙げていきます。 マイケル・スコフィールド SONAの決闘のような1対1でのバトルでは絶対に勝てませんが、広いフィールドでの頭脳戦なら、魅力的な勝負を繰り広げてくれるのではないでしょうか。 「俺は大勢追い詰めた。 だが、イリノイの建築技師だけは俺を出し抜いた。 (シーズン4、第7話)」。 この台詞からもわかる通り、マホーンはマイケルを高く買ってます。 シーズン2の第10話では、マホーンの追撃により目前に迫られるも、持ち前の頭脳戦を展開し、マホーンの銃弾を完全に封殺しました。 リンカーン・バロウズ 不意打ちかつ手負いとはいえ、マホーンと1対1で勝負して、勝ったのって、この人だけではないでしょうか?(シーズン2、第21話) リンカーンは、その腕力の強さはもちろんですが、とにかくタフです。 タフガイに「ゴリラ」と評されるほどエネルギッシュなキャラで、サバイバルのような持久戦では、他の追随を許さなそうです。 また、プリズンブレイクで最も魅力的なキャラを挙げるならリンカーンではないでしょうか。 1番好きなキャラはポール・ケラーマンですが、リンカーンの人間的な魅力は凄まじいです。 マイケルと同様、人を惹きつけるカリスマ性を持っています。 しかし、弟であるマイケルのカリスマ性は、魅力と恐怖が混同すると思います。 それに比べて、リンカーンのカリスマ性は、純粋な魅力、愛らしさの類だと思っていて、劇中でも多くの人に慕われた実績があります。 手の付けられない凶暴な男の意である「リンク・ザ・シンク」なんて異名をとっていますが、これって、レイノルズ副大統領陣営のプロパガンダの影響なんじゃないでしょうか? その魅力で、多くの人を味方につけると、ラング捜査官(後の妻)くらいしか味方のいない(笑)マホーンでは、太刀打ちできなさそうです。 でも、ウィスラーとは、かなり馬が合った感じでしたよね。 あと、天性の格闘センスもポイントです。 マホーンの格闘センスは、訓練によって研ぎ澄ませたイメージですが、リンカーンの格闘センスは、野性的な勘によるものも大きいのではないでしょうか。 カーステレオを盗んだり悪さするのに忙しかった(笑)彼は、それなりに修羅場をくぐっています。 そんな中で自然と磨かれた天性の勘は、VSマホーンでも遺憾なく発揮されそうです。 もし、リンカーンが戦闘の訓練を受けたら、間違いなく最強ではないでしょうか。 グレッチェン・ルイーズ・モーガン 傭兵として数々の修羅場を潜り抜けてきたカンパニー工作員。 女キャラ最強と名高い人物で、特に戦闘術においては右に出るものはいない。 体力や腕力は女性なので、マホーンに負ける?かもしれませんが、それでも1対1でスクレと互角とか凄すぎです。 マホーンも戦闘術に長けますが、純粋に戦闘術だけを比べたら、マホーンと互角ではないでしょうか。 また、拳銃はもちろん、重火器の扱いにも長け、その知識で部下の傭兵をたしなめるほど。 ウィスラー奪還計画(シーズン3、第8話)では、指揮を任されていました。 傭兵時代は、敵地での過酷なスパイ任務を多くこなしたようですが、そのためか鉄の精神力を持ってます。 パナマ軍の拷〇にも全く動じず「Noおおおぉぉ」の台詞を叩きつけるシーンは、めっちゃカッコいい。 (シーズン3、第3話) さらに、かなりの美貌を持った女性なので、「色香」も武器にする。 カンパニーのボスである将軍すら、危険を顧みず、彼女の元に1人で外出するほど。 ただし、生粋の肉食系女子なので、色男が弱点のような気も。 冗談でリンカーンをからかったりしてましたが、実は本気だったのかも? サミー SONAのボス「ルチェロ」の腹心の部下。 身内にも容赦なく裁きを下すルチェロだけど、サミーに対しては、どこか甘さが目立った。 船の荷も捌けない状態のサミーを拾い、育ててあげたようです。 レベル5の最高警備を敷くフォックスリバー以上の極悪人の巣窟であるSONA最強の囚人。 生粋の武闘派で、己の肉体や腕力に絶対の自信を持っている。 1対1では、ルチェロも「俺じゃあいつに勝てない」と言っています。 残念なのが、最強クラスな面子とのバトルが劇中では、描かれなかった点です。 個人的には、VSマホーンというよりかは、VSリンカーンを見てみたかった。 猛獣VS猛獣の白熱したバトルになること間違いなし。 私の勝手な推測で、シリーズ中でも、かなりの嫌われ役だと思っています。 しかし、私は割と好きで、ルチェロに代わって、SONAを仕切ろうとするシーンから伝わってくる緊張感なんて、良いですね。 実は、その肉体の強さとは裏腹に、小心者というのが深いです。 胸が張り裂けそうな緊張の中、「今から俺がボスだっ!?」の台詞は、とても良い演技でした。 (シーズン3、第10話) また、サミーの裏切りに対して、ルチェロが言った「ほぅ。 SONAを仕切るか。 船の荷さえ捌けなかった奴が」という台詞、どこか嬉しそうであり、サミーの背中を押しているようでもあります。 ベンジャミン・マイルズ・フランクリン シーノートですが、彼も相当強いのではないでしょうか。 黒人の恵まれた体躯に、軍隊上がりの戦闘術は相当なものです。 その強さ的には、マホーンとリンカーンのハイブリットのような感じではないかと思っていて、この人とマホーンの勝負は、ガチで見てみたいです。 また、劇中では描かれていませんが、かつて、フォックスリバーで、彼をからかったティーバッグが顎を砕かれたそうです。 マホーンと同様の強かさを持ち合わせ、意外に頭も切れる。 また、サリンズに結構、気に入られたりと人間的な魅力を持っています。 まぁ、そもそもフォックスリバーに入っていなかったはずの人ですからね。 クイン ポール・ケラーマンを挙げようと思ったんですが、それだったら彼の指とプライドをへし折ったクインが適任でしょう。 (シーズン1、第10話) 失態の続くケラーマンに業を煮やしたレイノルズ副大統領が送り込んだCIAのエージェントです。 「その指。 基節骨と中節骨が折れてる。 45分冷やして固定しろ。 医者もどうせそう言う」。 飄々としたキャラクターやこの台詞から漂う強キャラ臭。 ただし、得てして、この手のキャラって、噛ませ犬なんですよね。 案の定、この後すぐに死亡してしまいます。 LJにタックルされ、落とし穴に落ちて一生を終えるという退場の仕方なので、その実力の片鱗を見る事はできませんでしたが、推測するに、戦闘術においては、マホーンやグレッチェン並ではないでしょうか。 バンクス ベリックにデザートを要求した黒人(笑)。 どこか憎めない奴で、ブラウニーが大好き。 見た目は明らかなガチムチ系で、戦ったら強そう。 シーズン2の第14話で登場しましたが、「ジョン・アブルッチ」や「ティーバッグ」など悪のカリスマたちが相次いで抜けたフォックスリバーの囚人たちを仕切ってる感じですね。 医療室に運ばれたベリックに対して、トランペッツがメッセンジャーとして登場しましたが、彼はリーダーになれなかったんですね。 シーズン1時点でのフォックスリバーの囚人勢力は、第1話でスクレが解説したバスケットコートを牛耳る「トリーストリート?」。 ベンチを牛耳る「何とかテリウス」。 トレーニング器具を牛耳る「ウッズ」の3大勢力の他。 アレン・シュワイツァーが眠るベンチはティーバッグが仕切ってました。 また、調達屋たちを仕切るのがシーノートとトランペッツ。 更に、ジョン・アブルッチは刑務作業全般を仕切ってました。 シーズン1の第18話では、厨房を仕切るアジア系マフィアの勢力が出ており、最低でも、この6つの勢力で均衡が保たれていたのではないでしょうか。 バンクスって名前はシーズン2まで出てないと思うので、スクレがシーズン1の第1話で解説した勢力名は、もしかすると、集団の名称なのかもしれませんね。 スキッタルズ ファイナルブレイクに登場した怪力の女囚人です。 収監中で、丸腰のグレッチェンでも勝てなさそうな感じだったので、実力は未知数。 まぁ、ちょっとネタになってしまいますが。 Hulu フールー なら無料期間中にプリズンブレイク・シーズン1~5まで全て視聴可能です。 マホーンが活躍するのは、シーズン2~シーズン4です。 復活希望!?.

次の

海外ドラマ『プリズン・ブレイク』ファイナル・シーズン | エピソード・ガイド | 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

ワイアット プリズンブレイク

リンカーン・バローズの弟でIQが非常に高い天才。 建築技師として働いていたが、無実の罪で投獄されている兄を救うため、わざと銀行強盗をして重警備刑務所フォックスリバーに入所し脱獄を試みる。 過去に刑務所の設計に携わったこともあり、設計図を丸ごと体にタトゥーとして入れる。 リンカーン・バローズ(演 ドミニク・パーセル) マイケルの兄で、キャロライン・レイノルズ副大統領の弟殺しで死刑囚としてフォックスリバーに投獄されている。 一度は死刑のために電気イスに座るものの、マイケルのおかげで無事に脱獄することに成功。 実際には殺人はしておらず、組織や政府にはめられた。 気性が荒く喧嘩が得意。 サラ・タンクレディ(演 サラ・ウェイン・キャリーズ) フォックスリバー刑務所で医者として働いており、次第にマイケルに好意を抱く。 マイケルらの脱獄に手を貸して以来、人生が大きく変わり度々命を狙われる羽目に。 父親は州知事。 最終的にはマイケルと結婚し、無事息子を出産する。 フェルナンド・スクレ(演 アマウリー・ノラスコ) フォックスリバー刑務所の囚人でマイケルの同房人。 彼女のマリクルーズを心から愛しており、彼女のことを思うと周囲が見えなくなる。 プエルトリコ出身でスペイン語も話せ、性格的には人懐っこくいい奴。 ちなみに強盗をして刑務所に入ってしまった。 ベンジャミン・マイルズ・フランクリン(演 ロックモンド・ダンバー) フォックスリバー刑務所の囚人で通称シーノート。 アメリカ陸軍の元軍人で窃盗容疑で服役している。 家族にはイラクで仕事をしていると嘘をついていたが、脱獄でそれが家族にバレてしまう。 家族を一番に考える良い父親。 セオドア・ティーバッグ・バッグウェル(演 ロバート・ネッパー) フォックスリバー刑務所の囚人で、過去に何回もレイプ・殺人を犯し終身刑となる。 女でも子供でも男でも、誰でもいける変態野郎。 何かあるとすぐに人を殺そうとする非常に危険な人物。 最後の最後まで死なない何故だか憎めないキャラクターでもある。 ブラッド・ベリック(演 ウェイド・ウィリアムズ) 18歳の時からフォックス・リバー刑務所で刑務官として働いている刑務長。 刑務官という特権を利用して囚人から金を巻き上げている悪いやつ。 マイケルに目をつけ何かと騒ぎ立てる。 脱獄後は不正がバレてグビになり、500万ドルを追いかける。 ちなみに母親と一緒に暮らしている。 ポール・ケラーマン(演 ポール・アデルスタイン) レイノルズ副大統領に仕えてきたシークレット・サービスで、彼女のために様々な悪事を働く。 当初はリンカーンに罪を着せるために努め、またサラを拷問したりするが、最終的には心を変えて良いやつになる。 アレクサンダー・マホーン(演 ウィリアム・フィクナー) 脱獄後にマイケルらを逮捕しようと追いかけるFBIの捜査官。 自宅の庭裏には過去に追っていた犯人が眠っている。 精神的に不安定で薬を飲まないと正常でいられない。 最終的にはマイケルらに協力する。 ジョン・アブルッチ(演 ピーター・ストーメア) フォックスリバー刑務所の囚人でマフィアのボス。 倉庫で刑務作業をしたり、脱獄後に飛行機を手配したり脱獄に協力する。 塀の中では金に物を言わせて権力を握っている。 最期は自身を売った男、フィバナッチを追いかけるものの、罠に引っかかって自殺する。 チャールズ・パトシック(演 サイラス・ウィアー・ミッチェル) フォックス・リバー刑務所の精神病棟にいる囚人で、精神的に問題があり夜眠ることができない。 一時はマイケルと同じ房に入れられ、タトゥーが脱獄図だということを見破る。 一緒に脱獄するものの、最終的にはFBIのマホーンに追い詰められ高台から飛び降り自殺する。 デイビッド・アポルスキス(演 レイン・ギャリソン) フォックスリバー刑務所の囚人で、窃盗が得意。 脱獄計画を裏で刑務官のべリックにチクるものの、なんとか脱獄メンバーに入る。 無事脱獄するものの、ヘマをしてFBIに捕まりマホーンに銃殺される。 ちなみにあだ名はトゥイーナー。 チャールズ・ウエストモアランド(演 ミューズ・ワトソン) フォックスリバー刑務所の囚人で所内では猫を可愛がっている。 過去に500万ドルを持ち、飛行機から脱出しユタの農場に隠した(D. クーパー事件)。 マイケルはその情報を掴み、脱獄メンバーに引き入れようとするも最初は拒否する。 最期はベリックともみ合いになった時に負った傷が原因で診療室にて死亡する。 マンチェ・サンチェス(演 ジョセフ・ヌネズ) フォックスリバー刑務所の囚人でスクレの従兄弟。 マイケルらと共に脱獄しようとするも、体重の重さが原因で電線が切れてしまい脱獄に失敗してしまう。 トランペッツ(演 アンソニー・フレミング) フォックス・リバー刑務所の黒人囚人のリーダー的存在。 シーノートの仲間だったが、白人と一緒に居るのが気に食わず、後にシーノートを殺ろうとする。 ガス・フィオレロ(演 ピーター・リーンマン) フォックス・リバー刑務所の囚人でアブルッチの子分。 刑期は10年。 クリストファー・トロキー(演 ロバート・マイケル・ビュー) フォックス・リバー刑務所の囚人でティーバッグの仲間。 麻薬所持で収監されている。 セス・チェリー・ホフナー(演 ブレイン・ホーガン) フォックス・リバー刑務所の囚人でティーバッグと同じ房に入れられ精神的に参ってしまう。 ティーバッグの性的対象となってしまい、マイケルに救いを求めるものの最期は所内で自殺を図る。 ボルツ・ジョンソン(演 ダニエル・アラー) フォックス・リバー刑務所の囚人で同性愛者。 トゥイーナーと同じ房で、精神的に我慢できなくなったトゥイーナーにあそこを切られる。 バンクス(演 レスター・スペイト) フォックス・リバー刑務所の黒人受刑者。 ヘンリー・ポープ(演ステイシー・キーチ) フォックス・リバー刑務所の所長で、自身の工作を手伝わせるためにマイケルを特別扱いし、それが原因で脱獄されてしまう。 脱獄後は自ら辞め、一時的にマイケルらに手を貸す。 ロイ・ウィリアム・ギアリー(演 マット・デカロ) フォックス・リバー刑務所の看守だったが辞めさせられる。 脱獄後は仲良くベリックと500万ドルを求めて行動するが、最終的にはティーバッグによって殺されてしまう。 ルイス・パターソン(演 フィリップ・エドワード・ヴァン・レア) フォックス・リバー刑務所の看守で、所長の秘書ベッキーと不倫をしている。 キース・ストルティ(演 クリスティアン・ストルティ) フォックス・リバー刑務所の看守で、リンカーンに割と優しく電話をさせてくれたりする。 タイラー・ロバート・ハドソン(演 マイケル・カドリッツ) フォックス・リバー刑務所の看守で、マイケルの房のトイレの裏に穴があることを見つけるものの、ティーバッグらにそれが見つかり殺されてしまう。 ケイティ・ウェルチ(演 デュション・モニーク・ブラウン) フォックス・リバー刑務所の医者で、サラの同僚。 ベッキー・クローズ(演 ジェニファー・ジョアン・タイラー) フォックス・リバー刑務所でポープ所長の秘書に就いている。 アルド・バローズ(演 アンソニー・ジョン・デニソン) リンカーンやマイケルの父親で元々は組織で働いていたが、組織を倒そうと奮闘する。 最期はマホーンに背後から撃たれ死んでしまう。 フランク・タンクレディ(演 ジョン・ハード) サラ・タンクレディの父親で州知事でもある。 副大統領になることが決定していたが、知りすぎたため組織によって殺されてしまう。 ブルース・ベネット(演 ウィルバー・フィッツジェラルド) 州知事の秘書的な存在でサラを助けたり、マイケルらに保釈金を払ったりして助ける。 ジェーン・フィリップス(演 クリスティン・リーマン) マイケルの父親らと一緒に組織を倒そうとする仲間の1人。 クーパー・グリーン(演 ケヴィン・ダン) マイケルらが録音データを手渡そうとした地方検事。 ジャスパー・ポッツ(演 トロイ・ラプタシュ) 元々は組織の工作員だったが、現在は自動車ディーラーで働いている。 ドン・セルフとは昔から知っている仲だ。 フェリシア・ラング(演 バーバラ・イブ・ハリス) FBI捜査官でマホーンを慕っている部下。 マホーンに色々と協力する。 ウィラー(演 ジェイソン・デイビス) FBI捜査官でマホーンの部下だったが、次第に信頼がなくなり敵意を持って接するようになる。 リチャード・サリンズ(演 キム・コーツ) FBIの内部捜査官で、マホーンの不正について調査をしている。 ウィートリー(演 クリス・ブルーノ) FBI捜査官で、サラの脱獄を阻止しようと躍起になる。 ドナルド・セルフ(演 マイケル・ラパポート) アメリカ国土安全保障省の捜査官で、組織を壊滅させるべくスキュラを探している。 マイケルらにスキュラを探しを手伝わせる代わりに彼らの免責を提供する。 ハーブ・スタントン(演 マイケル・オニール) ドナルド・セルフの上司で、彼のスキュラ探しを止めさせようとする。 ミリアム・ホルツ(演 シャノン・ルシオ) ドナルド・セルフの部下でGATE社にトリシェインという名前で受付嬢として勤めている。 キャロライン・レイノルズ(演 パトリシア・ウェティグ) アメリカ合衆国の副大統領で、組織に操られ大統領選に出馬し一時的に大統領になる。 テレンス・ステッドマン(演 ジェフ・ペリー) レイノルズ副大統領の弟で、死んだことにされて別荘に幽閉されている。 ダニエル・ヘイル(演 ダニー・マカーシー) シークレット・サービスでケラーマンの部下で共に残虐なことを行う。 しかし、徐々にやっていることを疑問に思いリンカーンらに協力しようとする。 クイン(演 マイケル・ガストン) 組織の手先で、ケラーマン達の後始末をするためにやってきた人物。 サマンサ・ブリンカー(演 ミシェル・フォーブス) 組織の女性工作員で副大統領らにあれこれ指示を出す。 ボー(演 ジェイソン・ウェルズ) 借金を肩代わりするために、リンカーンにステッドマン殺害の指示をした人物。 ウィリアム・キム(演 レジー・リー) 組織の手先であり、マホーンらに指示を出す立場にある。 現場へ行くのではなく、オフィスで指示を出す仕事を好んでいる。 ジョナサン・クランツ(演 レオン・ラッサム) アメリカを背後で操っている組織のトップで、将軍と呼ばれている。 グレッチェン・ルイーズ・モーガン(演 ジョディ・リン・オキーフ) 組織の工作員で、リンカーンらの前ではスーザン・B・アンソニーと名乗っている。 SONA脱獄を指示したり、なかなかのやり手。 エリオット・パイク(演 ジョン・S・デイビス) 組織の手先でグレッチェンの部下でもある。 SONA刑務所を訪れる。 ワイアット・マシューソン(演 クレス・ウィリアムズ) 組織の殺し屋。 命令に忠実で目的達成のためならどんな冷酷なことでもする。 スチュアート・タクスホン(演 スティーヴ・トム) 組織の工作員でスペクトロリアム社の社長でもある。 大豪邸に住んでおり、スキュラを1枚を持っている。 リサ・タバック(演 ステイシー・ハイダック) クランツ将軍の娘で組織の工作員でもある。 また、トルコ領事エロル・タバックの妻でもあり、徐々に組織を不審に思い辞めてしまう。 グリフィン・オーレン(演 ショウン・デューク) 組織の工作員で財務省のトップでもある。 スキュラの1枚を持っている人物。 ハワード・スクデリ(演 ジュード・チコレッラ) 組織の工作員で、アグリソウ社の社長でもある。 妻はいるものの生殖能力を失っている。 スキュラの1枚を持っている。 フェン・ファン(演 ロン・ヤン) アジア系の犯罪組織に属しており、コール・ファイファーとスキュラ取引をする。 パトリック・ヴァイカン(演 マーク・ペリグリノ) グレッチェンがセルフに紹介したスキュラ売買の仲介人。 クリスティーナ・ローズ・スコフィールド(演 キャスリーン・クインラン) 死んだとされていたマイケルとリンカーンの母親。 元々は組織の一員だったが、現在はスキュラを奪うためにクランツ将軍とは敵対関係にある。 マイケルの生みの親というだけあってIQが高い。 ジョー・ダニエルズ(演 リッチモンド・アークエッテ) クランツ将軍の命令でサラの命を狙った人物。 ノーマン・セント・ジョン(演 ロバート・ウィスダム) SONAを仕切っている麻薬王で通称ルチェロ。 終身刑を5回も言い渡されている極悪人で、最初はマイケルのことを嫌っていたが、徐々に居場所がなくなり脱獄計画に参加する。 サミー(演 ローレンス・メイソン) ルチェロの手下で、平気で金を巻き上げたり血統を申し込んだりする人物。 後にルチェロのポジションを奪おうとルチェロを敵視するようになる。 ルイス・ガレゴ(演 カルロ・アルバン) アメリカ好きでバスケ好きな少年。 窃盗でSONAに入ることになったが、マイケルを手伝ったりして最終的に脱獄計画に参加する。 ジェームズ・ウィスラー(演 クリス・ヴァンス) パナマ市長殺害の罪でSONAへ。 組織は彼を脱獄させるためにマイケルやリンカーンらに協力させようとする。 ちなみに彼はスキュラに関するある重要な本を持っている。 アンドリュー・ティグ(演 ドミニク・キーティング) SONAに収監されてきた人物で、過去にウィスラーと会ったことがある。 クリストパル(演 レイ・ガイエゴス) ルチェロの手下としてサミーにスカウトされた囚人。 エスカミージャ(演 カルロス・コンピーン) SONAの元指揮官で、パナマ軍の大佐。 水や食料を手配していた。 サバラ(演 カストロ・グエラ) エスカミージャの後任でSONAの指揮官。 また、パナマ軍の将軍でもある。 メスタス(演 フリオ・セディーヨ) SONAの指揮官でパナマ軍の将軍。 短気な性格。 ベロニカ・ドノバン(演 ロビン・タニー) リンカーンの元恋人で弁護士でもある。 リンカーンを助けるために、刑務所の外で無実を晴らそうと奮闘する。 結婚寸前のフィアンセがいるが・・・。 ニック・サブリン(演 フランク・グリロ) プロジェクト・ジャスティスの弁護士でベロニカらに協力してリンカーンの罪を晴らそうとするが、裏で組織やアブルッチに使われている!? リンカーン・バローズJr(演 マーシャル・オールマン) リンカーンの一人息子で通称LG。 成績は良かったものの、父親が投獄されて以降は変わってしまい、運び屋などに手を出し始めてしまう。 ニカ・ヴォレク(演 ホリー・ヴァランス) プラハ出身のストリッパーで、グリーンカード目的でマイケルと偽装結婚した。 度々刑務所を訪れてマイケルの脱獄の協力をする。 ソフィア・ルーゴ(演 ダナイ・ガルシア) ウィスラーの恋人で、リンカーンと共に行動して脱獄させるために協力する。 ローランド・グレン(演 ジェームズ・ヒロユキ・リャオ) スキュラを探すためにマイケルと共にチームを組む天才ハッカー。 過去に不正をして、それを免除させてもらうためにセルフに協力している。 マリクルーズ・デルガド(演 カミル・グアティ) スクレの恋人で彼の子供を妊娠しているが、一人で子育てすることに抵抗があり、次第にヘクターに惹かれていく。 リサ・リックス(演 ジェサリン・ギルシグ) リンカーンの元妻でLJの母親。 現在はエイドリアンという男と再婚している。 ルティシア・バリス(演 アディーナ・ポーター) リンカーンの無実を証明できる人物と思われていた男クラブ・シモンズのガールフレンド。 最初はベロニカには非協力的だが、徐々に協力しようとする。 フィリー・ファルゾーニ(演 アル・サピエンザ) アブルッチの部下で大物マフィア。 彼を刑務所にぶち込んだ張本人フィバナッチを執拗に探す。 ヘクター・アビラ(演 カート・ケイサーズ) スクレの従兄弟。 マリクルーズと結婚しようと試みる。 オットー・フィバナッチ(演 ロデリック・ピープルズ) アブルッチが経営する会社で働いていた元従業員で、アブルッチが処刑するところを目撃してしまい、警察に通報する。 その後は証人保護を受けており身を隠している。 ケイシー・フランクリン(演 シンシア・ケイ・マクウィリアムズ) シーノートの妻で、彼はイラクで陸軍として働いていると思っている。 ディディ・フランクリン(演 ヘレナ・クレボーン) シーノートの一人娘で多発性嚢胞腎を患っている。 スーザン・ホランダー(演 K・K・ドッドス) 早くに離婚し、息子ザックと娘グレイシーを女手ひとつで育てており、数年前からはティーバッグと共に生活していたのだが、たまたまテレビで彼が指名手配犯であることを知ってしまい、そのまま通報する。 マーヴィン・グダット(演 ランジット・チョウドリー) ティーバッグの左手の手首の縫合手術をした獣医。 デブラ・ジーン・ベル(演 クリスティン・マルコ) トゥイーナーと車の相乗りをする女学生。 彼を好意的に見ていて、モーテルで一緒に滞在したりする。 ジャネット・オーウェンス(演 ダイアナ・スカーウィッド) ユタ州のダブルK農場にある家の家主。 家の倉庫にウェストモアーランドが隠したとされる500万ドルが眠っているようで、マイケルらが探しに来る。 アン・オーウェンス(演 アレクサンドラ・ライドン) ジャネットの娘で婦人警官をしている。 家に帰ってきたところをマイケルらに拘束されてしまう。 妊娠しており、スクレのことを説得しようとする。 パメラ・マホーン(演 キャリー・ソーン) FBI捜査官アレクサンダー・マホーンの元妻で、息子キャメロンと共に暮らしている。 デニス(演 シルヴァ・ケルジアン) ホランダー家族の移転先を知るためにティーバッグが狙った郵便局員の女性。 サーシャ(演 ケイリー・クオコ) ヘイワイヤーが逃亡中に出会った女性で、彼女の家には酒好きな父親がいる。 クリスティン・ペイス(演 ティナ・ホームズ) ポール・ケラーマンの妹で、ずっと音信不通だった。 メアリー・フランシス(演 クリスタル・マンテコン) SONAを出入りしてルチェロと会っている娼婦。 次第にティーバッグに惹かれるようになる。 グレゴリー・ホワイト(演 マイケル・ブライアン・フレンチ) スキュラと関係があるGATE社の社長。 ティーバッグ扮するコールファイファーを信頼している。 アンドリュー・ブラウナー(演 デミオン・クラーク) GATE社の社員でティーバッグ扮するコールファイファーを最初から不審に思っている。 リタ・モーガン(演 ヘザー・マコウム) グレッチェンの姉で彼女の娘の親権を持っており、育てている。 エミリー・モーガン(演 レーガン・リチャーデル) グレッチェンの一人娘。 ナヴィーン・バナルジー(演 アンソニー・エイジジ) インド首相の息子で、太陽光を使った新しい技術に興味を持っており、その件でクリスティーナと交渉している。 ダディ(演 ロリ・ペティ) ファイナル・ブレイクでサラが収監されている女子棟の囚人で、彼女に目を付けている。 シムズ(演 エイミー・アキーノ) デイド刑務所の所長。 カウラー(演 アイシャ・ハインズ) 女子棟の黒人看守でレズビアン。 エド・パベルカ(演 ブランドン・スミス) フォックスリバー刑務所でポープ所長の後任となった人物。 刑務官らによる不正を禁じ、とても厳格に規律を重視する。 ナサニエル・エディソン(演 ジョン・サンダーフォード) 組織の工作員で競馬好きで馬主。 スキュラの1枚を持っている。 ジェイソン・リーフ(演 ジョン・ローゼンフィールド) ウィスラーにスキュラを高値で売りつけようとする。 シャン・シン(演 クリント・ジャン) アジア系の犯罪組織に所属しており、フェンの部下。 ヴィンセント・サンディンスキー(演 アイヴァン・ブロガー) エネルギー会議に出席するためにマイアミ飛行機でやってきた男。 クリスティーナと関わりがある人物。 チェオ(演 カーティス・ウェイン) ルチェロの手下。 パポ(演 ダヴィ・ジェイ) ルチェロの手下。 ホワン・ニエベス(演 マニー・ルビオ) ルチェロの手下で麻薬の売人。 ピスタチオ(演 ジョー・ホルト) SONAで散髪屋をしているオカマちゃん。 サンチョ(演 ネイサン・カスタネダ) ティーバッグと一緒に行動する太った男。 ウルタード(演 アレックス・フェルナンデス) S ONAの監視員でパナマ軍の軍人。 気性がとても荒い。 ラファエル(演 ジョセフ・メレンデス) SONAの監視員でパナマ軍の軍人。 スクレのことを怪しんでいる。 アルフォンソ・ガレゴ(演 グスタボ・メラド) マクグレディの父で、息子の脱獄に手を貸す。 セバスチャン・バルフォー(演 アンソニー・スターク) ベロニカの婚約相手だが、リンカーンのことで頭がいっぱいな彼女にイラついている。 ピーティ・コルデロ(演 モーリス・リプケ) スクレの従兄弟。 シルビア・アブルッチ(演 ダニエル・ディベチオ) ジョン・アブルッチの妻で息子と娘を育てている。 ジョンの出所後に復讐心に燃えている彼をなだめようとするが失敗する。 テレサ・デルガド(演 レイチェル・ロエラ) 妹想いなマリクルーズの姉。 オーグスト(演 F. リオ) ルチェロの従兄弟。 葉巻や麻薬などを密かに送っている。 ワイフ(演 サーフ・ブラッドショー) 刑務所の女子棟の囚人。 アガサ(演 アリシア・ラガーノ) 刑務所の女子棟の囚人。 サラの命を狙う。 スキッタルズ(演 ドット・マリー・ジョーンズ) 刑務所の女子棟の囚人で、知的障害を持っている。 マイケル・スコフィールド• リンカーン・バローズ• サラ・タンクレディ• フェルナンド・スクレ• ベンジャミン・マイルズ・フランクリン(シーノート)• セオドア・ティーバッグ・バッグウェル• ブラッド・ベリック• ポール・ケラーマン• アレクサンダー・マホーン• ジョン・アブルッチ• チャールズ・パトシック(ヘイワイヤー)• デイビッド・アポルスキス• チャールズ・ウエストモアランド• マンチェ・サンチェス• トランペッツ• ガス・フィオレロ• クリストファー・トロキー• セス・チェリー・ホフナー• ボルツ・ジョンソン• バンクス• ヘンリー・ポープ• ロイ・ウィリアム・ギアリー• ルイス・パターソン• キース・ストルティ• タイラー・ロバート・ハドソン• ケイティ・ウェルチ• ベッキー・クローズ• アルド・バローズ• フランク・タンクレディ• ブルース・ベネット• ジェーン・フィリップス• クーパー・グリーン• ジャスパー・ポッツ• フェリシア・ラング• ウィラー• リチャード・サリンズ• ウィートリー• ドナルド・セルフ• ハーブ・スタントン• ミリアム・ホルツ• キャロライン・レイノルズ• テレンス・ステッドマン• ダニエル・ヘイル• クイン• サマンサ・ブリンカー• ウィリアム・キム• ジョナサン・クランツ• グレッチェン・ルイーズ・モーガン• エリオット・パイク• ワイアット・マシューソン• スチュアート・タクスホン• リサ・タバック• グリフィン・オーレン• ハワード・スクデリ• フェン・ファン• パトリック・ヴァイカン• クリスティーナ・ローズ・スコフィールド• ジョー・ダニエルズ• ノーマン・セント・ジョン(ルチェロ)• サミー• ルイス・ガレゴ• ジェームズ・ウィスラー• アンドリュー・ティグ• クリストパル• エスカミージャ• サバラ• メスタス• ベロニカ・ドノバン• ニック・サブリン• リンカーン・バローズJr• ニカ・ヴォレク• ソフィア・ルーゴ• ローランド・グレン• マリクルーズ・デルガド• リサ・リックス• ルティシア・バリス• フィリー・ファルゾーニ• ヘクター・アビラ• オットー・フィバナッチ• ケイシー・フランクリン• ディディ・フランクリン• スーザン・ホランダー• マーヴィン・グダット• デブラ・ジーン・ベル• ジャネット・オーウェンス• アン・オーウェンス• パメラ・マホーン• デニス• サーシャ• クリスティン・ペイス• メアリー・フランシス• グレゴリー・ホワイト• アンドリュー・ブラウナー• リタ・モーガン• エミリー・モーガン• ナヴィーン・バナルジー• ダディ• シムズ• カウラー• エド・パベルカ• ナサニエル・エディソン• ジェイソン・リーフ• シャン・シン• ヴィンセント・サンディンスキー• チェオ• ホワン・ニエベス• ピスタチオ• サンチョ• ウルタード• ラファエル• アルフォンソ・ガレゴ• セバスチャン・バルフォー• ピーティ・コルデロ• シルビア・アブルッチ• テレサ・デルガド• オーグスト• ワイフ• アガサ• スキッタルズ• ジェイコブ・アントン・ネス• ウィップ• マイケルJr. サイクロプス• クロス• アブ・ラマル• バン・ゴッホ• オマー• マイケルの手紙を渡す子供• ジャミール• ヘンリー・キシダ• ムスタファー• ザカート• ムハンマド・アルトゥニス• イエメンのパスポート偽造人• イエメンの連邦判事• グレース• ジェイコブ・ネスの父親• ジェイコブ・ネスの母親• ヘザー• アンドリュー・ネルソン• イエメンから出国したパイロット• キーナン刑事• バラード医師• ルカ・アブルッチ• CIA長官• 元CIA副長官ハーラン・ゲインズ• 貨物船のキャプテン• アルジェリアの船乗り• ブルー・ハワイ.

次の