チャレンジ一年生。 チャレンジ一年生を1年間受講した感想まとめ

進研ゼミ チャレンジ1年生を始めた理由と2ヶ月続けて感じた3つの事|ちょいくらブログ

チャレンジ一年生

「1年生準備スタートボックス」先行お届けサービス 今年長さんで来年小学校になる長女が、「おじぎそうおせわセット」を欲しがり、この機会にしてみてもいいかな思い、6月号から「こどもちゃれんじじゃんぷ」を受講しています。 受講当初から、送られてくる教材と一緒に「1年生準備スタートボックス」の案内が入っていましたが、共働きで平日はワークがほとんどできないので、あまりいろいろもらってもたまるだけだし、早くからやりすぎるといざ小学生になったら飽きそうだし、別に急がなくていいかなと思っていました。 それにこの「1年生準備スタートボックス」は4月からの「チャレンジ1年生」の教材なので、もし 「チャレンジ1年生」を受講しない場合は返送しなければいけないとちーっちゃい字で書いてあって「 飽きてすぐやめるって言うかもしれないから、ギリギリまで待っておこう」と思っていました。 しかし… こどもちゃれんじじゃんぷ9月号に同封されていたDVDを見て、急に「チャレンジスタートナビ」を欲しがりました。 そして ワークを自分からやり始めたのです。 前まで「小学校は勉強しなきゃいけないから行きたくない」と言っていたのに、やる気スイッチが入ったみたいです。 そこで、早いと思いつつもネットから申し込みました。 「1年生準備スタートボックス」の中身(2018年入学の新一年生向け)• めざましコラショ• チャレンジスタートナビ• もちもの大切お名前シール• かきかたばっちりワーク• 1年生準備ワーク• 書き順ばっちりしたじき• コラショが応援!光る鉛筆削り• 1年生じゅんびスタートDVD• おなまえ練習帳• けずってへんしん!レインボーえんぴつ• 14追記 3のもちもの大切お名前シールは届いた時点では特に気にしていませんでしたが、算数セットの名前つけで活躍しました。 詳しくは下の記事に書いているので見て見てください。 4追記 コラショのおまもり防犯ブザーは1年生準備スタートボックスを申し込んでいないともらえませんが、スタートボックスには入っておらず、チャレンジ1年生4月号と一緒に3月中旬ごろ届きます。 10追記 今年の一年生は2月28日までに申し込むと 英語スタートセットも届くようです。 4月号ではチャレンジスタートナビに接続できる 専用マイクも登場して、英語に力が入っています。 昨年も付いてればよかったのに…。 「1年生準備スタートボックス」の感想 めざましコラショ コラショが起こしてくれる目覚まし時計。 目覚まし機能の他に、ボタンを押すと今の時間を読み上げてくれたり、寝る時刻を設定すると30分前にお知らせしてくれたりします。 以前は朝起きるときにぐずることが多かったですが、今は毎日ボタンを押して「今日も押せたよ!」とすっきり起きられるようになりました。 また、誕生日を最初に入れるのですが、誕生日の日にはコラショがお祝いしてくれて、「すごい!」とびっくりしてました。 寝るのも、今までも携帯のアラームを鳴らしていましたが、こっちの方が効果があるようで、「早く寝よう!」と自分から言うようになりました。 ただ、親目線から気になる点は、大きいボタンが赤と白の2つありますが、目覚ましアラームを止めるボタンがどちらか分からず、「押しても止まらないよ~!」と泣きながら持ってきたことが何度かありました。 また、目覚ましアラームが鳴っている時以外に白いボタンを押すと、アラーム解除されてしまうので、気付かないうちに次女が押していて、朝アラームが鳴らずに困ることも数回ありました。 あとは文字盤が液晶で針が描かれていますが、全体的に暗くて見えにくいので、時計の流れを理解するにはやっぱりアナログ時計で短針と長針が違う色だと分かりやすいと思います。 でもそれだと時間読み上げ機能が難しいんでしょうね。 私はなくてもいいような気がしますが…。 時計の読み方も覚えてくれたらいいなと期待していましたが、今のところその効果はなさそうです…。 15追記 約半年使用の感想 アラームの途中で止まるようになりましたが、電池切れだったようで、電池を替えたら直りました。 3月はひなまつりの日の目覚ましにひなまつりの曲が流れたり、おやすみアラーム前に卒園ソング「たいせつな ともだち」が流れたり、4月からはおやすみアラームより30分前くらいに「明日の準備はできた?」と鳴るようになったり、変化していくので子供も私も楽しく使っています。 時計はまだ読めませんが、生活の中にコラショがいるようで、「もうコラショ鳴ったよ。 今日は遅いから早く歯磨きしよう!」と子供が自分から時間を意識して行動するようになったと思います。 10追記 算数の授業で時計の「分」の読みを学習しました。 今まではアラームがほとんどでしたが、よく見ると 分が読めるように数字がふってあるので、時々「今何時何分でしょう?」と問題を出して 「分」を読む練習に使っています。 娘は時計の読みが苦手なので役立ってます。 チャレンジスタートナビ 目玉教材のチャレンジスタートナビです。 いろいろ書いて長くなったので別記事に分けました。 光る鉛筆削りとレインボーえんぴつ 我が家はこどもちゃれんじを気に入る号はとって、飽きたら退会を何度かしていて、ずっと前にもらった虹色鉛筆ロケッティが娘はお気に入りで、ワークも虹色で書いていて困っていましたが、今回レインボーえんぴつがきて「早く削って虹色にしたい!」とこちらを使うようになってよかったです。 光る鉛筆削りも私は正直「光るだけじゃん…」と思いましたが、娘は「水色に光った!今度は赤に光った!」と大喜びで、次女も真似してえんぴつを差し込んだりして、 子供心をわしづかみです。 「さすがチャレンジ…」と思いました。 無駄に何回も差し込んでいろいろなセリフを聞いています 笑 やっぱり子供は光と音が好きですよね。 その他ワーク類はまだ手付かず… 「1年生準備スタートボックス」が届いて半月ほど経ちますが、チャレンジスタートナビに夢中すぎて、他のワーク類はまだ全くやっていません。 毎月のじゃんぷのワークを何とかやっている感じです。 娘は私がついていないとしてくれないのでちょっと大変ですが、やり始めたら内容は楽しいようで、一日に3~4ページまとめてしました。 本当は毎日少しずつが理想ですが、平日はとてもじゃないけど時間がないです…。 先日全部終わったのでタッチすると、 チャレンジスタートナビに新しいゲームが追加されて喜んでいました。 こどもちゃれんじのワークもそうなっていますが、子供ってこういうの大好きですよね。 私も子供の頃好きだったのでその気持ちがよく分かります。 「おなまえ練習帳」はまだやってないと思っていたら、先日「ママ、これやったよ!」と見せに来ていつの間にかやっていました。 自分の名前なのでちゃんと書けるようになりたかったようです。 「かきかたばっちりワーク」はまだ手付かず…。 えらいじゃないか娘よ!入学までには何とか終わりそうです 笑 我が家の場合は1月頃でもよかったかも 子供の熱意に負けて「1年生準備スタートボックス」先行お届けサービスを申し込みましたが、内容には概ね満足していますが、正直なところ平日バタバタな我が家の場合は、 1月頃でもよかったかもと思います。 「こどもちゃれんじじゃんぷ」を受講していないなら、秋頃から頼んでもいいと思います。 理想は毎号ちょっとずつ届いてくれるとありがたいんですけどね…。 9月は「めざましコラショ」、10月は「かきかたばっちりワーク」とか…。 でも長女が 小学校へのやる気を引き出してくれたのは間違いなく「チャレンジスタートナビ」なので、本当にすごい教材だと思います。 あとは小学校に入ってもやる気が続いてくれるよう、親もサポートしつつ、一緒に楽しんでやっていこうと思います。 12月だとクリスマスボックスに入っているようなので、 12月にすればプレゼントっぽくてよかったな~と思います。 雰囲気大事ですよね。 30追記 じゃんぷを振り返ってみて、確かにおじぎそうとかすごろくとかこどもしょうぎとか、とてもいい教材だったのですが、正直なところ我が家ではやる時間がなかったので、12月に「1年生準備スタートボックス」をもらって、それを少しずつやるくらいでちょうどよかったかなとも思います。 でもこどもちゃれんじはしまじろうが出てきて下の子も喜ぶし、教材やえほんが家族の会話のきっかけになることも多かったので、受講したこと自体はよかったと思います。 参考までに。 22追記 「1月からでよかったかも」と書いていますが、チャレンジスタートナビのところにも追記しているように、 全ての「がんばりきろく」を残すにはこどもちゃれんじ10月号からタッチする必要があります。 入学後約3か月が過ぎて、国語はひらがながほぼ終わり、算数は足し算が始まっています。 入学前説明会では「入学までに自分の名前が読めればいい」と言われましたが、参観で見ると授業はひらがなが読める前提で、小学一年生にとっては結構早いスピードで進んでいく印象でした。 ひらがなの書きは細かいところは小学校で教えてくれました。 保育園、幼稚園がどれだけ学習をしてくれるかにもよりますが、チャレンジや他の教材で ひらがなが全て読めて、ある程度書けるようにしておいた方がいいと思います。

次の

電子図書館まなびライブラリー|進研ゼミ・こどもちゃれんじ|ベネッセの通信教育

チャレンジ一年生

チャレンジ一年生(進研ゼミ小学生講座)の資料請求をしてみました! うちの娘は現在6歳の年長。 4月から小学生です。 個人的には「小さいうちはそんなに習い事で縛りたいくない」という気持ちはあるのですが…、勉強で遅れを取りすぎても娘が困るだろうし…。 このへんはどこのママやパパも悩むところですよね。 しかし、最近は小学校から塾に通い出す子供も多い。 少しずつでも自宅学習の癖をつけた方が、娘の今後の負担としても、うちの家計としてもよいのではないか?と考えました。 そこで、「チャレンジ一年生」の新一年生向け(年長向け)の資料を手に入れました。 おまけやキャラクターの押し方などが絶妙。 競合の月刊ポピーなどに比べて子供ウケは絶対にいい!という印象です。 公式サイト:• チャレンジ一年生の資料・中身は? 進研ゼミから送られてきた封筒です。 中身に入っていたのは下記の9点。 こんなものが入っていました。 講座紹介パンフレット• チャレンジ一年生の教材見本• チャレンジ一年生の教材見本(解答)• プレゼント1(鉛筆)• 赤ペン先生の添削見本• 入会申込書• チャレンジタッチのキャンペーン情報• 英語4技能対応のお知らせ 講座紹介パンフレット 「チャレンジ」と「チャレンジタッチ」の違いや特徴、年間のカリキュラムなどが記載されています。 チャレンジ一年生の教材見本 チャレンジ一年生の教材見本。 実際に子供が勉強することができます。 教材見本では「算数」「国語」の問題がついていました。 届いた当日に娘が喜んで勉強を始めたので写真は撮りそこねました!(後日UP予定) チャレンジ一年生の教材見本(解答) 解答もついています。 小学生1年生なら解答を見ずに親が答え合わせできますが、一人で全部できるようになると親は楽ですね。 自分で丸をつけていくのも、楽しいし。 プレゼント1(鉛筆) プレゼントの鉛筆。 キラキラしていて子供が喜びそうなデザインです。 おまけは他者に比べて豪華です(笑)DVDと3Dめがね。 娘はこれを見て「コラショにする!」と言っていました。 赤ペン先生の添削見本 赤ペン先生の添削見本もついています。 うちの娘はすでにコラショ(進研ゼミのキャラクター)が気に入っています。 赤ペン先生がコラショの絵を書いてくれたらやる気がアップしそうです。 入会申込書 入会申込書です。 支払い方法や、学習スタイル(チャレンジorチャレンジタッチ)、教材の色などを選択する項目があります。 チャレンジタッチのキャンペーン情報 受講を始めるタイミングによって専用タブレットをお得に入手できるます。 英語4技能対応のお知らせ 4技能とは「読み」「書き」に、「聴く」「話す」を加えた要素です。 2020年度から新学習指導要領で英語の4技能が重視されるようになります。 進研ゼミでもそれに対応した教材を用意しています。 チャレンジとチャレンジタッチの違い 資料請求をしてわかった、「チャレンジ」と「チャレンジタッチ」の違いについて。 チャレンジ一年生は通常の紙の教材「チャレンジ」か、タブレットで勉強する「チャレンジタッチ」から選ぶことになります。 チャレンジ オリジナルの教材が毎月おうちに届きます。 お父さん、お母さんの時代から変わらぬスタイルのコースです。 従来のチャレンジのメリットはこんな点です。 紙に書いて学べる(書くという動作自体が記憶や脳にもいい)• 赤ペン先生が毎月添削(担任制)• 机に向かって勉強できる• 特別教材がつく• 年三回の別冊ドリル• 年二回の実力診断テスト 親や学校の先生以外にも誉めてもらえる人が増える点で、赤ペン先生はいいです。 「チャレンジ」の大きなメリットは特別教材がつく、という点です。 以下がチャレンジ一年生の2020年の特別教材です。 4月号 おんどく・えいごかんぺきマイク• 4月号 チャレンジスタートナビ• 5〜7月号 もっと思考力ワーク• 6月号 ミニひまわりかんさつセット• 8月号 作文赤ペン先生• 8月号 こおりのかがくじっけんセット• 9月号 1年生まんが漢字辞典• 10月号 くり上がり・くり下がり計算マスター• 11月号 お風呂で楽しく!漢字黒板セット• 12月号 ミラクルじしゃくセット• 12月号 実力診断テスト• 1月号 思考力赤ペン• 1月号 ぶるぶるラッパ• 2月号 マジカルかかがみセット• 3月号 実力診断テスト 個人的には特に「じっけんセット」「かんさつセット」なんかは是非、子供にやってほしいです! デメリットと考えられるのは以下のような点。 子供に選択権を与えると、高い可能性で選ばれない(笑)• 毎月くるので場所をとる(捨てたらいいけど、復習ができなくなる) チャレンジタッチ 進研ゼミから送られてくるオリジナルのタブレット端末で学習します。 インターネットが必要になるので、ネット回線を引いていないおうちでは受講できません。 ゲーム感覚で勉強ができるし、うちにはタブレットがないので娘は「チャレンジタッチがいい!」と言っています。 この点は、今後家族会議が必要です…。 チャレンジタッチのメリットは以下のようなものが挙げられます。 場所をとらない• 旅行や帰省先でも持っていける• 動画や音でも学習可能• ゲーム感覚で楽しく学べる• 約1,000冊の絵本が読み放題(娘が好きな「おしりたんてい」もある!)• プログラミングの学習もできる 紙の方だと毎月の教材がどんどん溜まっていくので、狭い我が家にはあっているかも…。 一方デメリットとしてどのようなことが考えられるでしょう。 赤ペン先生は年に3回だけ• 資料を見て判断するので実際のタブレットは申し込まないとさわれない• 子供が壊してしまうことがある(一年保証。 一年以上使用、もしくは自分の過失の場合、自己負担)• 選択問題が多い(たまたま正解できる)• 寝ながら勉強できてしまう 料金の違い どちらが高いのでしょう? 専用のタブレット端末が無料でもらえるし(条件有)、タブレットの方が高い気もするけれど、紙の方がコストがかかる気もします。 結論としては、 「チャレンジ」「チャレンジタッチ」ともに同一料金で受講できます。 小学一年生の場合の料金は以下になります。 やはり通信教育、安い……! 一年生だけの料金を掲載しましたが、徐々に受講料は上がっていきます。 小学六年生だと月々約6,000円。 年齢とともにコストはあがってしまいます。 けれど、塾などにかかる費用はチャレンジの料金アップ率より高いです。 つまり、年齢が上がれば上がるほど通信教材の方が割安になります。 小さいうちに自分で勉強ができるように習慣づけて、できれば大学受験まで通信教育ですませたいところ。 かなりの節約になります(周りの状況や自分の過去を考えると難しい気はしますが…)。 実際に娘が見本教材をやってみた 楽しんでやっていました! 後日レポートを追加します。 チャレンジ一年生資料請求の手順 手順は簡単です。 まずはベネッセ公式サイトへアクセス。 「無料体験教材・資料のお申し込み」をクリック。 体験申し込みページに移動しました。 もう一度、「無料体験教材・資料のお申し込み」をクリック。 必要項目を入力して確認ボタンをクリック。 以上で完了! 入力したメールアドレスに「資料請求申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。 メールには「お手元に届くまで少々お待ちいただければと思います。 」とのみ、記載されていました。 公式サイトのFAQでは「8日前後でお届けします(日・祝・年末年始・ゴールデンウィークを除く)」と記載がありました。 私の場合は3、4日で届きました。 申し込みが多い月は最大1週間程度を見た方がよいでしょう。 まとめ チャレンジ一年生、うちの娘的にはかなり乗り気です。 アナログな両親からすると紙教材がいい気もしますが、本人のやる気も大事だし…と考え中です。 「こういうのって資料請求したあとの勧誘電話が気になる」という方はこんな記事も書いたので参考にしてください。 電話勧誘限定の特典もあるので、積極的に検討しているなら電話を待ってみるのもありです。

次の

チャレンジタッチと紙教材を併用されてる方

チャレンジ一年生

無料体験教材 チャレンジ一年生のさんすう 無料体験教材 チャレンジ一年生のさんすうの表紙 チャレンジ一年生の「さんすう」の内容を見ていきます。 おまけ(ウォーミングアップ?)• 練習1 数をかぞえてかく• 練習2 数のならび方をしらべる• 練習3 おかしをわけよう• まとめテスト 一年生のさんすう おまけ(ウォーミングアップ?) まずは数を数えて四角の中に書くだけのシンプルな問題でした! チャレンジは他教材に比べるとキャラクター色が強いです。 コラショの登場率が高い! 好みが別れる点かとは思いますが、新一年生のタイミングということを考えればこれくらいの方が親しみやすい子も多いでしょう。 一年生のさんすう 数をかぞえてかく 問題1は• なぞる• かく の3ステップ。 問題2は数字を書いた上で、同じ数のものを線でつなぐ問題です。 「声に出してかこう」といったポイントもコラショがいることで、子供も「いち!」と元気よく言ってくれそうですね。 「もっと貼りたい!勉強たのしい!」という気持ちを引き出してくれるといいですね。 一年生のさんすう 数のならび方をしらべる 写真じゃわかりづらいですが、オレンジの四角い物体は積木です。 積み木を数えながら視覚的に1から10の数の順番を学べます。 一年生のさんすう おかしをわけよう 身近な題材、「おかしを人数分に分ける」。 せんべいやグミ、あめなどを分けるときのことをイメージしながらできます。 一年生のさんすう まとめテスト 数字をかくだけでなく、早くも 「どちらが多いか」という考え方が出てきました! 時期やお子さんにもよると思いますが、年長さん(新一年生)なら楽しんでやれそうな問題です。 公式サイト: 無料体験教材 チャレンジ一年生のこくご 無料体験教材 チャレンジ一年生のさんすうの表紙 「さんすう」の裏側には「こくご」があります。 こくごの内容はこんな感じでした。 おまけ(ウォーミングアップ?)• ひらがな(まとめ)• ひらがな(濁点・半濁点)• ひらがな(ことばの階段)• ひらがな(ことばをあつめる) 基本的には平仮名を書く練習なのですが、 どの問題も楽しく取り組めるような工夫や言葉の面白さが学べる内容になっています。 公式サイト: 一年生のこくご おまけ(ウォーミングアップ?) 算数と同じくシンプルな短い問題が、冒頭にあります。 えんぴつが薄くてわかりづらいですがちゃんと「あめ」に丸をしてあります。 正解でした! 一年生のこくご ひらがな(まとめ) 小学1年生の身の回りにある物を書く練習。 興味のある言葉の方が子供も覚えやすい! 一年生のこくご ひらがな(濁点・半濁点) 濁点(゛)と半濁点(゜)の字を各練習です。 左のページの「濁点をつけると意味が変わる言葉」という課題は面白いですね。 どうせなら平仮名だけでなく言葉そのものにも興味を持ってくれた方が子供のためになります。 一年生のこくご ひらがな(ことばの階段) 言葉の階段! パズル感覚で平仮名の練習ができそうですね。 一年生のこくご ひらがな(ことばをあつめる) 「く」で終わる言葉を集める問題です。 公式サイト: まとめ チャレンジ一年生のお試し無料体験教材 同じ通信教材の月刊ポピーのお試し教材と比べるとチャレンジ一年生の無料教材は問題の量が多く、どんな教材なのかがイメージしやすかったです。

次の