ゾム受け。 魔界の主役は我々だ!22話(最新話)!考察や感想も!【ゾムの居場所】

トントン雑記 Vol.69 ~ゾム~:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

ゾム受け

私の仕事はすべて心理学をベースにしています。 心理学を利用してビジネスを行う場合、心理学の研究者として、留意すべきは「バーナム効果」による詐欺まがいの行為です。 バーナムとは、アメリカの有名な興行師だったP. バーナムのことです(ヒュージャックマンが映画「グレイテストショーマン」でバーナムを演じました)。 彼は天才的な興行師でしたが、人間の心理を巧みについたインチキな手法をつかったことでも知られています。 だれでも当てはまる類のことを言えば、自分のことをズバリ言っていると人間は錯覚してしまう心理効果を「バーナム効果」と呼びますが、心理学では、その類のことがけっこうまかり通ることがあります。 その理由は、心理学は、自然科学と違い、正解が一つとは限らず、実験による仮説検証が難しいという学問としての特性があるからだと思います。 それゆえ、研究者として、自分がどのような研究をしているのかを、常に公開しておく必要があります。 私の意見が正しいとは限らないのですが、少なくとも、何らかのデータをもとに探求していることを、私のつたない文章を読んでくださる方々には知っていただきたいと願っています。 学術的な論文は、まことに味気なく、面白いものではありません。 執筆している私自身がそう思いながら書いた記憶がありますので、間違いないと思っています。 したがって、HPにある私の論文に目を通される読者は、無茶苦茶、退屈されると思いますので、ご容赦ください。 少しはまともなことをやっている人間である証拠物件として、掲載をさせていただくことが、論文掲載の趣旨です。 企業改革を行うためには経営トップのコミットメントは必須です。 企業を取り 巻く環境が激変するなかで、改革の手を休めればたちまち企業は低落していきます。 企業変革は企業内外から猛烈な抵抗をしばしば受け、非常にハードな仕事です。 タフで周囲の人を巻き込める人間的魅力あふれるエグゼクティブを育成することが、エグゼクティブ・コーチのミッションです。 エグゼクティブ・コーチングは、通常のコーチングと大きく違うところは、コーチにはエグゼクティブ体験が必須だということです。 エグゼクティブは孤独であり、その意思決定には企業の浮沈がかかっています。 日常生活ではありえない独特のプレッシャーのもとで、多種多様な業務をこなしていくエグゼクティブの実態を知らないで、コーチングを行うことは不可能に近いでしょう。 松下信武は大企業からベンチャー企業までのエグゼクティブ体験をもち、カウンセラーとしても20年にわたる経験があります。 Sports Mental Coaching スポーツメンタルコーチ 日本電産サンキョーのスケート部のメンタルコーチとして、トリノ・オリンピックを含め、世界のヒノキ舞台で戦ってきました。 スポーツにはそれぞれ聖地があります。 テニスならウィンブルドン、日本の野球少年にとっては甲子園、ゴルフはセント・アンドリュース、そして多くの競技者にとってはオリンピックの試合場。 共通点があります。 魔物が棲むという言い伝えが多く遺されていることです。 魔物に打ち勝つためのメンタルは、長年の修練、コーチや監督との強固な信頼関係から生まれます。 長年の厳しいトレーニングや試合体験をどのように乗り越えるのか、監督やコーチとどうすれば信頼関係が築けるかなど、「聖地で勝利できる」アスリートをサポートするのが、私たちのミッションです。 研修や講演は、企業の人材育成の全体的な体系ができて初めて、効果が期待できます。 「どのような人材が必要なのか。 どのようにして育成していくのか。 そのためにどのような仕組みやプログラムが必要なのか」をきちんと考えたうえで、on the job trainingとoff the job trainingの最適の組み合わせを構築していく必要があります。 さらに近年注目されています「正統的周辺参加モデル」では、人材育成担当者には、優秀な人材が育つ企業改革の中心となるミッションが期待されています。

次の

猫の止まり木:信仰ガイド『混沌のゾム』

ゾム受け

コンビ名です。 食害組... ロボロ、ゾム、 エーミールが入る場合も 他人が苦しんで食べるところが好きというブロマガや生放送などでのゾムの発言と、生放送にてロボロがゾムを唸らせるほど何件もはしごしたという話をしていた際の「ゾムを超える食害」と言った発言から食害組です。 エーミールも大食いらしくセットにされることもありますが、一応公式ではメンバーが「エーミールは食害ではない」と発言しています。 天界組... しんぺい神、ロボロ、 トントンが入る場合も しんぺい「神」と、ロボロのイラストの「天」という張り紙から天界繋がりで天界組です。 トントンがHoIにて敵国である他国にも優しいところから字幕で「大天使」と言われていたことで、三人セットにしている人もいます。 旧海賊組... ゾム、シャオロン ギスクラ海賊編にて海賊を担当したゾム、シャオロンのことです。 新海賊組... ゾム、コネシマ ギスクラ海賊編にて海賊を担当したゾム、コネシマのことです。 グルッペン、トントン 第二次世界大戦の主役は我々だにて、担当国の「独ソ」からもじって「まとめて毒素ね」とゲーム内チャットにてオスマンが発言したところから広まった感じです。 介護組... グルッペン、鬱 動画内 特にHoI でよくガバる鬱先生をフォローするグルッペンという構図から、それが介護に見えると言った理由です。 ゾム、オスマン オスマンとゾムです。 二人のイメージカラー 動画内で字幕に使われる色 が緑系であるところからセットで呼ばれることがあります。 コネシマ、シャオロン コネシマが狂犬チワワ、シャオロンが煽りポメラニアンと呼ばれているところから、犬繋がりでまとめて狂犬です。 甘党組... グルッペン、オスマン 両者が甘いものをよく食べるといったような発言から、そのまま甘党組です。 グルッペン、トントン、オスマン 一応HoIの上手さの順位かららしいですが、いつ頃から定着したのかはよくわかりません。 動画内の発言での元ネタらしい元ネタは無いです。 動画投稿当初はグルッペン、トントン、オスマン以外はHoI初心者だったらしいことから、自然にそう呼ばれ始めたと考えるのが自然かと思います。 トントン、ゾム、グルッペン 三僕... 鬱、トントン、ゾム ギスクラ日常編にて3人とも「どうも僕です」と自己紹介をした際に大先生が「この三僕で」とサラッと発言したところから広まった感じです。 爛漫組... ひとらんらん、オスマン ひと「らんらん」とオス「マン」から取って爛漫です。 爛漫という言葉自体に関連がある訳ではなく、二人の名前からもじって語感重視で呼ばれているのだと思います。 梅毒素... 鬱、グルッペン、トントン ギロン主役は我々だにて鬱先生に向けられた「梅毒どうにかしろ!」という野次から取って梅毒、それを毒素と合わせて梅毒素です。 ですが「梅毒」というのは性病であり、ネタ元のギロンもあくまでそういうロールプレイをしているだけの動画であり、ニーチェの思想を演じているところから ニーチェは梅毒にかかっていたため の発言ですので、正直これは使うのはやめておいた方がいいです。 有無組... トントン、鬱 有能(トントン)無能(鬱)で合わせて有無組です。 病原体... グルッペン、ロボロ、ゾム、コネシマ Minecraftの主役は我々だ!のチームです。 豚まみれ... 鬱、トントン、シャオロン、兄さん Minecraftの主役は我々だ!のチームです。

次の

【wrwrd!】*BL短編集*

ゾム受け

スポンサーリンク 魔界の主役は我々だ!22話のネタバレ 楽しいアスレチック アスレチック師団の部員たちは、LIVE映像を観ながらザワザワする。 それはラッダァ先生をゾムが追い抜かしたから…この師団でラッダァに勝てる人は今のところいないのだ。 とんでもない才能をあらわすゾムは、次々とアスレチックを攻略していく。 めちゃくちゃ楽しそうなゾム…こんな面白い遊び場があるなんてこの学校に入学してよかったと涙を流す。 「そりゃ〜良かったね」 そんな時ラッダァがゾムの後ろからスッと現れ、ゾムの尻尾を掴んで動きを静止した。 さっきはよくもやってくれた…教師にナメた態度を取ると痛い目を見るぞーー…そう言ってラッダァはゾムを滝の下へと投げつけた。 ラッダァはこっから先が自分の本領…今度はもう追い越されないようにしなければと先へと進もうとする。 しかしそんな時…水から現れるゾムーーーー…彼は爆弾をたくさんしたためて佇んでいた。 障害物を増やしてんじゃないぞとラッダァはプンスカするが、 ゾムには何を言っているのかが分からないーー…障害物が増える=いっぱい遊べて楽しいのだから。 その言葉を受けたラッダァは確かに…となる。 悪魔は面白いものが大好きーーーー…気に入ったものに対しては、タガが外れるのだーーーー…。 勝敗 ゾムとラッダァが先の方でドンドンとやり合うーーーー…そんなうしろーーーーの方にシャオロンとチーノはいた。 「よく頑張ったな チーノ」 初心者は最初の浮石飛び越えられたら上出来…2人はそれを越え終わったところなのだ。 チーノはボロボロでギブアップ…そんなチーノを抱えたシャオロンもギブアップした。 2人はゴールで2人を待つーーーー…すると2人は競りながらやってきた。 もはや何の競技か分からなくなっている状況だ。 もうゴール目前ーーーー… 「この勝負ーーーー…!引き分けだ〜〜〜〜〜〜!!」 2人は同時にゴールに足を踏み込み、勝敗は決まらなかった。 満足そうにするゾムに、ラッダァは寄る年波には勝てなかったが…まさかここまでゾムに張り合われるとは思っていなかったので驚いた。 「言ったろ お前にはアスレチックの才能がある」 ラッダァはゾムにアスレチック師団に入るよう話す…ゾムだったらトップアスリートだって夢ではないのだーーーー…。 1番楽しいのは 「オレは…」 返事をしようとするゾムをあと目に、シャオロンはチーノとその場を立ち去った。 チーノは今のままじゃゾムはアスレチック師団に入ってしまうけどいいのか…と言うが、シャオロンは別にそんなことはどうでもいい。 「それは俺らが口挟むことやないやろ」 ゾムにとって自分が1番楽しいと思える場所にいるのが幸せ…シャオロンはそう考えるのだ。 知らんけど だからチーノらも強引な勧誘はやめろ…と話しているその時、 「シャオロン ケツに爆弾ついとるで」 ゾムがそう話しかけてきたのでシャオロンはケツをはたきながら焦る…が、それは嘘で爆弾はついていなかった。 焦るシャオロンを見てゾムは爆笑…シャオロンはアスレチック師団に入るのに、何でこんなところで…と話す。 「いや〜アスレチックも楽しかったけど、やっぱりオレは…我々師団に入りたいなって!」 シャオロンたちと同じ師団がゾムはいい…妙な連中ばっかりで面白いというのもある。 それを聞いたシャオロンとチーノは盛り上がるーー…そんな時、まだゾをム諦め切れていないラッダァが網を持ってゾムを捕獲しようとやってきた。 運動神経がいい…に加えて、何かのタガが外れているのもありそうです。 普通なら下に落ちたらどうしよう…とかでストッパーがかかりそうなところ、ゾムには全くありませんもんね。

次の