ディセンダ ント カルロス 死亡。 セビージャからのビエナル便り vol.8 ファミリア・ファルーコ、ファルキート、エル・バルージョ/La Bienal de Sevilla 2016 vol.8 Farruquito, El Barullo|スペイン情報満載!フラメンコ・ウォーカー

FRINGE/フリンジ<ファースト・シーズン>

ディセンダ ント カルロス 死亡

経歴 [ ] ブラジル球界時代 [ ] まではブラジル国内でプレーしていた。 台湾球界時代 [ ] 、の野球リーグであるのに入団した。 しかし、一年で退団した。 レディプーリア時代 [ ] に、イタリアのに入団した。 限りで、退団した。 ウェーブス時代 [ ] に、に入団した。 この年限りで、退団した。 サンマリノ時代 [ ] には所属 当時 のに入団した。 この年は、16試合 7試合で先発 に登板し、4勝4敗、防御率1. 92を記録した。 開幕前の3月には、のに選出された。 シーズンでは、14試合 13試合で先発 に登板し、9勝1敗、防御率1. 10を記録した。 は、14試合に先発登板し、8勝4敗、防御率2. 23を記録した。 は、14試合に先発登板し、7勝1敗、防御率2. 74を記録した。 は、13試合に先発登板し、6勝1敗、防御率2. 09を記録した。 開幕前の3月に、のイタリア代表に選出され 2大会連続2度目の選出となった。 シーズンでは、11試合に先発登板し、7勝1敗、防御率1. 90を記録した。 この年限りで、退団した。 メキシカンリーグ時代 [ ] からはのでプレーする。 この年は、51試合に登板し、7勝4敗、防御率2. 07を記録した。 冬季には、のでプレーしている。 ブルージェイズ傘下時代 [ ] 1月31日に、とマイナー契約を結んだ。 5月14日に前年所属していたメキシカンリーグのシウダーデルカルメン・ドルフィンズに派遣される。 国際大会 [ ] 2003年に行われた、にはとして参加している。 イタリアのパスポート取得後は、でプレーしている。 や、などの国際大会に参加している。 脚注 [ ]• Baseball. 2014年3月17日閲覧。 Baseball Reference Minors 2005年4月4日. 2014年12月28日閲覧。 [ ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年3月8日閲覧• [ ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年3月8日閲覧• Mister Baseball 2014年3月10日. 2014年3月17日閲覧。 com 2015年1月31日 2015年3月8日閲覧• milb. com 2015年5月14日. 2015年5月15日閲覧。 外部リンク [ ]• 選手の通算成績と情報• MiLB. com (英語)• Baseball it (イタリア語)• この項目は、に関連した です。

次の

fuori

ディセンダ ント カルロス 死亡

まぁ、FIFAランクはあまり参考にしないつもりでも、ポイント制で上に居るってことは負けてないって事なので成績は良いんですよね。 失点も非常に少ないという事ですが、この試合ではセットプレイからEバレンシアのゴールで先制を許します。 その後、スイスの猛攻を守るエクアドル。 スイスは堅守速攻というイメージでしたが、サイドバックは積極的にオーバーラップし、2枚のボランチはどちらも攻め上がり、シャキリもストッカーもカットインしてえぐってくる。 後半開始早々に同じくセットプレイCKからメフメディがゴールを決めて同点。 その後もスイスが攻めに攻めまくるが得点入らず。 そして、ロスタイムにドラマが。 エクアドルの右MFのAバレンシアがサイドを独走。 どフリーの状況で中央へグラウンダーのパス。 中でエクアドルのアロージョがトラップ、このトラップが乱れてしまいDFにクリアされてしまう。 惜しむらくはダイレクトで流し込めばゴールだったかもしれない。 クライマックスはこの後。 ボールを奪ってベーラミがドリブル。 ここでエクアドルの選手がファールで止めようとするも、 起き上がって再びドリブル。 そのまま、左サイドにボールが繋がり、グラウンダーの折り返し。 ここまでは先程のエクアドルと全く同じカタチ。 しかし、中で合わせたセフェロビッチはダイレクトで合わせてゴールイン。 ここが勝負の分かれ目でしたかね。 何気にセフェロビッチもシュートがゴールの天井ですからね。 危なく外す可能性もあったシュートでした。 そのゴールをアシストしたロドリゲスもMOMにしました。 更に更にそのとっかかりを作ったベーラミも。 後はこのスイスで最も活躍したインレルとシャキリを選びました。 スイスの猛攻をセーブしまくったGKのドミンゲスもMVP。 まぁ、あの最後のシーンでエクアドルが決めていれば、このMOMはそっくりエクアドルだらけになったはずですけどね。 サッカーってこんなもんですかね。 んで、最後にベーラミを止めたけれども、スルーしてジャッジを流してくれた主審も何気に良いプレーでしたね。 その時点で正直言ってフランスに何も期待してなかったり。 若手のポグバ、グリエスマンという選手に注目していましたが、大活躍したのはFWのベンゼマでした。 ジルーとポジション争いになるだろうと思われていたので、あんまりゴールという結果に期待してなかったですよ。 そもそも、最初のPKも外すかな?とか思っちゃったし。 更に注目のGLT「ゴール・ライン・テクノロジー」という、14台のカメラで多角的に計測しゴールが入っていたかどうかを主審に1秒以内で知らせるという機能。 これがさっそく効果を発揮してゴールが認めらたりもありました。 最終的にはベンゼマが3ゴールに絡む活躍でフランス快勝でした。 2ゴールですから。 ある意味、2ゴール目もベンゼマでいいと思うけど、GKがいなかったら入らなかったという意味ではやっぱオウンゴールなんですね。 んで、両ウィングでもあるグリエスマン、バルビュエナも サイドを活性化させてました。 でも、やっぱりMOMはゴール・ライン・テクノロジーですよね。 ベンゼマのシュートがポストへ当たり、跳ね返ってきた所をGKに当たってゴールへ。 慌ててGKがキャッチしに行ったのですが、その場所がゴールの中か外かというジャッジで使われました。 ただ、リプレイで観ても正直に入ってるか入ってないか分からないジャッジでした。 やっぱ、機械で決めても分からないっていうのもあるんですね。 左GWにベンゼマ。 もともと、大会前はベンゼマでいくかジルーでいくか迷ってるぐらいにCFに難を抱えていた。 その2名を同時で起用するだけでなくフォメも変更せずで行ってみた。 前節に引き続きのベンゼマ大活躍。 ベンゼマにマークが集中して、その間にフランスの選手が続々と追い越す動きをするのも特徴的。 先制点も早々にジルーがCKでゴール。 更にベンゼマのスルーパスにマテュイディが3列目から 飛び出してゴールイン。 スイスは予選10試合で無敗6失点で切り抜けた守備陣がぼろぼろ。 後半も流れは変わらずにポグバからのロビング、これをベンゼマが飛び出してボレーシュートを股抜きで通して4点目。 ジルーからのスルーパスに右サイドでシッソコが飛び出して5点目。 ただ、ここからフランスの怠慢なプレイが相次ぐ。 せっかく、5得点だったが、GKロリスにとっては零封してほしい試合だった。 PKを外したりしましたが、それでも1得点2アシストもしてますしね。 ただ、1つネタ系ではありますが、ロスタイムにベンゼマがボレーシュートを決めたんですがノーゴールとなりました。 理由はシュートを放つ直前に審判が試合終了の笛を吹いてしまったから。 これはちょっと最後のワンプレイ待ってあげて欲しかったですね。 んで攻撃陣の人を追い越す動きの質の高さで全員MOMにしちゃいました。 スイスはそれでもべナーリオがセーブしてなかったら、もっと失点していた可能性もあるぐらいシュートを撃たれまくった。 点差が付いてるので人数少なく守ってるのでシュートを撃たれるのは致し方無い。 それをことごとくセーブしていた。 他には2点を取り返したシャカとジェマイリにもMVP。 しかも、エクアドルの監督であるルエダ監督は前大会でホンジュラスを28年ぶりのワールドカップ出場をさせた人物。 いやー、こっちはどーでもいい試合なんて思っちゃいましたが、お互いにとって負けられない試合であったそうな。 そのせいか、お互い堅い試合の様なものではなく、オープンな展開で攻め合うという格好に。 先制点はホンジュラス。 ロングボールのクリアが自分に当たり、そのままゴール前へ独走したコストリーが先制。 その数分後、右サイドからのシュート性のグラウンダークロスをファーサイドでEバレンシアが流し込んで同点。 どちらも一歩も譲らない展開。 後半も実際はネットが揺れているシーンはお互いにあるのだが、オフサイドやハンドなどでノーゴールの判定。 因縁の対決はエクアドルが勝ち、予選突破に望みをつないだ。 しかも、お互いのFWが点を獲り合った試合で、MOMもそのままFW。 エクアドルの方はミドルが中心ではあったが、なかなか枠の外へ飛んでくる良いシュートばかり。 それをそつなくさばいたGKのドミンゲスにも評価。 ホンジュラスは格闘家ばりのムキムキCBのベルナルデスもMVP。 セットプレイでは何度かフリーでヘッドを撃つシーンもあったが、これがなかなか枠へは行かなかった。 ただ、直接FKでブレ玉を持ってるらしく、枠へ飛んだFKは入るかと思うほど良いものだった。 ホンジュラスの右SBベッケレスもカットインシューターみたいで攻撃参加を魅せた。 ホンジュラスは得失点差が異常に必要。 モチベーションは高いスイスが早い時間帯で得点したことで点差の付く勝利となった。 この試合ではハットトリックとなるシャキリが大活躍。 開始6分、右サイドからのカットインシュート。 前大会ではカットインシュートの応酬になるぐらいに流行ったが、今大会はあまり決まっていない。 もはや、カットインシュートはワンマンチームの代名詞 ですからね。 スイスでのシャキリはそれが許されてる選手なんでしょう。 スーパーゴールでスイスが先制。 後半30分にも左サイドを勝負したドルミッチが自分で打てるにも関わらず、マイナスパスでシャキリへお膳立て。 ハットトリックとなった。 ドリブルもちょこまかじゃなく「突貫小僧系」。 テクニックというよりは強引に間に入っていく懐の深い感じでした。 ただ、ハットトリックは個人技という訳じゃなく、ドルミッチというアシスト役のおかげでもあるのでチームワークはしっかりしてるという印象。 将来的にはもっと王様系の選手に化けそうな予感もあります。 ただ、やっぱ太めなのがなぁ。 あのシーンが無ければハットトリックも無かったかもしれない。 チームを救った守備にMOMです。 これでフランスを相手に勝つだけでなく、点差まで必要になってしまった。 それでも、エクアドルはフランスに負けないを大前提に戦わないと難しかったので、試合はなかなか前へ進めず温存したフランスに攻められる事に。 逆にフランスは若手を積極的に起用した事で、中盤からサイドから非常に攻撃的な展開となった。 後半開始早々にアントニオ・バレンシアの両足タックルで一発退場。 これで前へ行かざるを得なくなったエクアドルがボランチのノボアが決定的なチャンスを得るもシュートは外へ。 これで試合がピリッとしたせいか、フランスは終盤ボールをキープしレミやジルーを投入。 ミドルなど遠目からでもフィニッシュで終わる様になった為にハマってしまった。 この後、エクアドルに決定機は無いまま試合は終了。 攻守ともに精力的に走るだけで、エクアドルは混乱していました。 最終ラインまで戻って守ったかと思えば、気づいたらゴール前でフィニッシュまでしている。 その最たる選手がポグバであり、マテュイディでした。 アンカーのシュナイデルランは攻め上がらずに2名をどんどん前へ上がっていた。 更に縦パスを入れればベンゼマが巧みにキープし、中盤はいなされ、サイドからも飛び出してくると。 フランスが内紛無しに予選を突破するのが驚きなぐらい。 こんないいサッカー出来るじゃないの。 エクアドルは最後までGKの堅守ばかりが光ってました。 中盤のモンテロの組み立てがエクアドルのキーポイントで、FWのエネル・バレンシアへと繋ぐ。 今回はノボアもよく攻め上がってきました。 やはり、今回のエクアドルでイマイチだったのは中心選手にならないといけないアントニオ・バレンシアの不調。 これが大きかったですね。 香川と同じでマンチェスター・ユナイテッドの低迷がそのままワールドカップまで引きずっちゃいましたね。 GK アレクサンデル・ドミンゲス エクアドル DF マテュー・ドゥビュシー フランス DF ママドゥ・サコ フランス DF ヨハン・ジュルー スイス DF ワルテル・アジョビ エクアドル MF ヴァロン・ベーラミ スイス MF ポール・ポグバ フランス MF ジェルダン・シャキリ スイス FW マテュー・ヴァルブエナ フランス FW カリム・ベンゼマ フランス FW エネル・バレンシア エクアドル *ちなみにこれは公式見解じゃなくてまぐのベストイレブンです。 ・失点の少ないと言われていたスイスがまさかの5失点。 もともと、ノーシードであったフランスがここまで調子を取り戻すとは思わなかった。 リベリーが負傷で大会を欠場。 更に欧州予選から親善試合まで議論され尽くしたFW問題。 なかなか、ゴールが決められないとFWですら誰が出るか分からなかった。 それがベンゼマも決めるし、ジルーも決めるしと大爆発。 大会本番で大成功とはお見事でした。 フランスからは5名がベストイレブンに入っております。 これでリベリーもいたらどうなってたんでしょかね。 逆に内紛起きちゃってたりして。 んで、5失点大敗でも立て直したスイスも素晴らしかった。 ずんぐりむっくり体系で あんまり上手層そうに見えないシャキリ。 それでも、本番でハットトリックは素晴らしい活躍でした。

次の

ベレスのエインセ監督が断言 「セントゥリオンによるあらゆる問題に対する責任は、私が負う」 問題児の元U

ディセンダ ント カルロス 死亡

まぁ、FIFAランクはあまり参考にしないつもりでも、ポイント制で上に居るってことは負けてないって事なので成績は良いんですよね。 失点も非常に少ないという事ですが、この試合ではセットプレイからEバレンシアのゴールで先制を許します。 その後、スイスの猛攻を守るエクアドル。 スイスは堅守速攻というイメージでしたが、サイドバックは積極的にオーバーラップし、2枚のボランチはどちらも攻め上がり、シャキリもストッカーもカットインしてえぐってくる。 後半開始早々に同じくセットプレイCKからメフメディがゴールを決めて同点。 その後もスイスが攻めに攻めまくるが得点入らず。 そして、ロスタイムにドラマが。 エクアドルの右MFのAバレンシアがサイドを独走。 どフリーの状況で中央へグラウンダーのパス。 中でエクアドルのアロージョがトラップ、このトラップが乱れてしまいDFにクリアされてしまう。 惜しむらくはダイレクトで流し込めばゴールだったかもしれない。 クライマックスはこの後。 ボールを奪ってベーラミがドリブル。 ここでエクアドルの選手がファールで止めようとするも、 起き上がって再びドリブル。 そのまま、左サイドにボールが繋がり、グラウンダーの折り返し。 ここまでは先程のエクアドルと全く同じカタチ。 しかし、中で合わせたセフェロビッチはダイレクトで合わせてゴールイン。 ここが勝負の分かれ目でしたかね。 何気にセフェロビッチもシュートがゴールの天井ですからね。 危なく外す可能性もあったシュートでした。 そのゴールをアシストしたロドリゲスもMOMにしました。 更に更にそのとっかかりを作ったベーラミも。 後はこのスイスで最も活躍したインレルとシャキリを選びました。 スイスの猛攻をセーブしまくったGKのドミンゲスもMVP。 まぁ、あの最後のシーンでエクアドルが決めていれば、このMOMはそっくりエクアドルだらけになったはずですけどね。 サッカーってこんなもんですかね。 んで、最後にベーラミを止めたけれども、スルーしてジャッジを流してくれた主審も何気に良いプレーでしたね。 その時点で正直言ってフランスに何も期待してなかったり。 若手のポグバ、グリエスマンという選手に注目していましたが、大活躍したのはFWのベンゼマでした。 ジルーとポジション争いになるだろうと思われていたので、あんまりゴールという結果に期待してなかったですよ。 そもそも、最初のPKも外すかな?とか思っちゃったし。 更に注目のGLT「ゴール・ライン・テクノロジー」という、14台のカメラで多角的に計測しゴールが入っていたかどうかを主審に1秒以内で知らせるという機能。 これがさっそく効果を発揮してゴールが認めらたりもありました。 最終的にはベンゼマが3ゴールに絡む活躍でフランス快勝でした。 2ゴールですから。 ある意味、2ゴール目もベンゼマでいいと思うけど、GKがいなかったら入らなかったという意味ではやっぱオウンゴールなんですね。 んで、両ウィングでもあるグリエスマン、バルビュエナも サイドを活性化させてました。 でも、やっぱりMOMはゴール・ライン・テクノロジーですよね。 ベンゼマのシュートがポストへ当たり、跳ね返ってきた所をGKに当たってゴールへ。 慌ててGKがキャッチしに行ったのですが、その場所がゴールの中か外かというジャッジで使われました。 ただ、リプレイで観ても正直に入ってるか入ってないか分からないジャッジでした。 やっぱ、機械で決めても分からないっていうのもあるんですね。 左GWにベンゼマ。 もともと、大会前はベンゼマでいくかジルーでいくか迷ってるぐらいにCFに難を抱えていた。 その2名を同時で起用するだけでなくフォメも変更せずで行ってみた。 前節に引き続きのベンゼマ大活躍。 ベンゼマにマークが集中して、その間にフランスの選手が続々と追い越す動きをするのも特徴的。 先制点も早々にジルーがCKでゴール。 更にベンゼマのスルーパスにマテュイディが3列目から 飛び出してゴールイン。 スイスは予選10試合で無敗6失点で切り抜けた守備陣がぼろぼろ。 後半も流れは変わらずにポグバからのロビング、これをベンゼマが飛び出してボレーシュートを股抜きで通して4点目。 ジルーからのスルーパスに右サイドでシッソコが飛び出して5点目。 ただ、ここからフランスの怠慢なプレイが相次ぐ。 せっかく、5得点だったが、GKロリスにとっては零封してほしい試合だった。 PKを外したりしましたが、それでも1得点2アシストもしてますしね。 ただ、1つネタ系ではありますが、ロスタイムにベンゼマがボレーシュートを決めたんですがノーゴールとなりました。 理由はシュートを放つ直前に審判が試合終了の笛を吹いてしまったから。 これはちょっと最後のワンプレイ待ってあげて欲しかったですね。 んで攻撃陣の人を追い越す動きの質の高さで全員MOMにしちゃいました。 スイスはそれでもべナーリオがセーブしてなかったら、もっと失点していた可能性もあるぐらいシュートを撃たれまくった。 点差が付いてるので人数少なく守ってるのでシュートを撃たれるのは致し方無い。 それをことごとくセーブしていた。 他には2点を取り返したシャカとジェマイリにもMVP。 しかも、エクアドルの監督であるルエダ監督は前大会でホンジュラスを28年ぶりのワールドカップ出場をさせた人物。 いやー、こっちはどーでもいい試合なんて思っちゃいましたが、お互いにとって負けられない試合であったそうな。 そのせいか、お互い堅い試合の様なものではなく、オープンな展開で攻め合うという格好に。 先制点はホンジュラス。 ロングボールのクリアが自分に当たり、そのままゴール前へ独走したコストリーが先制。 その数分後、右サイドからのシュート性のグラウンダークロスをファーサイドでEバレンシアが流し込んで同点。 どちらも一歩も譲らない展開。 後半も実際はネットが揺れているシーンはお互いにあるのだが、オフサイドやハンドなどでノーゴールの判定。 因縁の対決はエクアドルが勝ち、予選突破に望みをつないだ。 しかも、お互いのFWが点を獲り合った試合で、MOMもそのままFW。 エクアドルの方はミドルが中心ではあったが、なかなか枠の外へ飛んでくる良いシュートばかり。 それをそつなくさばいたGKのドミンゲスにも評価。 ホンジュラスは格闘家ばりのムキムキCBのベルナルデスもMVP。 セットプレイでは何度かフリーでヘッドを撃つシーンもあったが、これがなかなか枠へは行かなかった。 ただ、直接FKでブレ玉を持ってるらしく、枠へ飛んだFKは入るかと思うほど良いものだった。 ホンジュラスの右SBベッケレスもカットインシューターみたいで攻撃参加を魅せた。 ホンジュラスは得失点差が異常に必要。 モチベーションは高いスイスが早い時間帯で得点したことで点差の付く勝利となった。 この試合ではハットトリックとなるシャキリが大活躍。 開始6分、右サイドからのカットインシュート。 前大会ではカットインシュートの応酬になるぐらいに流行ったが、今大会はあまり決まっていない。 もはや、カットインシュートはワンマンチームの代名詞 ですからね。 スイスでのシャキリはそれが許されてる選手なんでしょう。 スーパーゴールでスイスが先制。 後半30分にも左サイドを勝負したドルミッチが自分で打てるにも関わらず、マイナスパスでシャキリへお膳立て。 ハットトリックとなった。 ドリブルもちょこまかじゃなく「突貫小僧系」。 テクニックというよりは強引に間に入っていく懐の深い感じでした。 ただ、ハットトリックは個人技という訳じゃなく、ドルミッチというアシスト役のおかげでもあるのでチームワークはしっかりしてるという印象。 将来的にはもっと王様系の選手に化けそうな予感もあります。 ただ、やっぱ太めなのがなぁ。 あのシーンが無ければハットトリックも無かったかもしれない。 チームを救った守備にMOMです。 これでフランスを相手に勝つだけでなく、点差まで必要になってしまった。 それでも、エクアドルはフランスに負けないを大前提に戦わないと難しかったので、試合はなかなか前へ進めず温存したフランスに攻められる事に。 逆にフランスは若手を積極的に起用した事で、中盤からサイドから非常に攻撃的な展開となった。 後半開始早々にアントニオ・バレンシアの両足タックルで一発退場。 これで前へ行かざるを得なくなったエクアドルがボランチのノボアが決定的なチャンスを得るもシュートは外へ。 これで試合がピリッとしたせいか、フランスは終盤ボールをキープしレミやジルーを投入。 ミドルなど遠目からでもフィニッシュで終わる様になった為にハマってしまった。 この後、エクアドルに決定機は無いまま試合は終了。 攻守ともに精力的に走るだけで、エクアドルは混乱していました。 最終ラインまで戻って守ったかと思えば、気づいたらゴール前でフィニッシュまでしている。 その最たる選手がポグバであり、マテュイディでした。 アンカーのシュナイデルランは攻め上がらずに2名をどんどん前へ上がっていた。 更に縦パスを入れればベンゼマが巧みにキープし、中盤はいなされ、サイドからも飛び出してくると。 フランスが内紛無しに予選を突破するのが驚きなぐらい。 こんないいサッカー出来るじゃないの。 エクアドルは最後までGKの堅守ばかりが光ってました。 中盤のモンテロの組み立てがエクアドルのキーポイントで、FWのエネル・バレンシアへと繋ぐ。 今回はノボアもよく攻め上がってきました。 やはり、今回のエクアドルでイマイチだったのは中心選手にならないといけないアントニオ・バレンシアの不調。 これが大きかったですね。 香川と同じでマンチェスター・ユナイテッドの低迷がそのままワールドカップまで引きずっちゃいましたね。 GK アレクサンデル・ドミンゲス エクアドル DF マテュー・ドゥビュシー フランス DF ママドゥ・サコ フランス DF ヨハン・ジュルー スイス DF ワルテル・アジョビ エクアドル MF ヴァロン・ベーラミ スイス MF ポール・ポグバ フランス MF ジェルダン・シャキリ スイス FW マテュー・ヴァルブエナ フランス FW カリム・ベンゼマ フランス FW エネル・バレンシア エクアドル *ちなみにこれは公式見解じゃなくてまぐのベストイレブンです。 ・失点の少ないと言われていたスイスがまさかの5失点。 もともと、ノーシードであったフランスがここまで調子を取り戻すとは思わなかった。 リベリーが負傷で大会を欠場。 更に欧州予選から親善試合まで議論され尽くしたFW問題。 なかなか、ゴールが決められないとFWですら誰が出るか分からなかった。 それがベンゼマも決めるし、ジルーも決めるしと大爆発。 大会本番で大成功とはお見事でした。 フランスからは5名がベストイレブンに入っております。 これでリベリーもいたらどうなってたんでしょかね。 逆に内紛起きちゃってたりして。 んで、5失点大敗でも立て直したスイスも素晴らしかった。 ずんぐりむっくり体系で あんまり上手層そうに見えないシャキリ。 それでも、本番でハットトリックは素晴らしい活躍でした。

次の