クロスオーバー ss。 ガンダム クロスオーバー スロット

ガンダム クロスオーバー スロット

クロスオーバー ss

通常時の1周期はガシャパート(10G)、強化パート(1セット15G)、バトルパート(約20G)で構成。 強化パートではカードの攻撃力やHPのアップ抽選が行われ、強化パート5セット以上消化=周期到達となりバトルパートへ移行。 バトルパートでは、強化したカードを使って敵HPを0にできればボーナスorATに当選する。 AT中は押し順ベルが非常に重要な役割を持っており、押し順ベルのヒキ次第でバトルの展開が大きく変わるぞ。 また、ATが6セット続くと6セット目はMAバトルが発生。 勝利すれば、一旦ATは終了するものの、通常時の1周期目でボーナスorATに当選する。 続いて、決定した周期に応じてログインシナリオ(21種類)の振り分け抽選が行われる。 上位周期ほど上位のログインシナリオが選ばれやすいぞ。 各周期の特徴は下記のとおり。 周期の種類別・ログインシナリオ振り分け特徴 ・ 周期A:ログインシナリオ(LS)6以上濃厚につき、強化パートが必ず6セット以上となる。 LS6、LS14、LS15、LS17の選択率が高く、その他LSの選択率は大きく変わらない。 LS1、LS2、LS6、LS14、LS17の選択率が高い。 LS1、LS2、LS6、の選択率がかなり高い。 ・ 確定:LSの種類不問でバトルパート勝利濃厚。 LS14以上濃厚。 そしてキャンペーン抽選状態に応じて、出現するキャンペーンの種類が決定される。 例えばLS1は強化パートが5セットで、かつキャンペーン抽選状態はSとBが交互に出現。 また、LS14以上は1周期の強化パートが7セットあるため、育成抽選機会が多くなってカードが育ちやすいぞ。 レベルが上がると攻撃力が上がり、バトルパートで多くダメージを与えられるようになる。 レベルが上がるとHPが上昇し、バトルパートで負けにくくなる。 ボスMSは撃破できればメーターが大幅アップ!? 最上段が当該保留で、小役を引けば保留に応じた報酬(主にメーターアップ)を獲得。 また、レベルのMAXはLV7で、それ以上はアップしない。 その代わり、LV7になったカードの位置のベルを引いた場合、その右隣のカードがレベルアップの対象となるぞ。 また、レア役以外で「クリティカル率上昇中」の帯が表示された場合、以降3G以内に2回以上クリティカルが発生する。 なお、バトルパートのゲーム数が残り2Gを切った場合、「クリティカル率上昇中」の帯は出現しない。 内部的には倍率MAXというフラグは存在しない。 内部保留玉抽選 バトルパート中は、通常時と同じく保留玉(クリティカル倍率を管理)を4個所持しており、毎ゲーム消費と出現を繰り返す。 ただし、液晶上では表示されないため、現在どの保留が出現しているかは確認できなくなっている。 保留玉の出現抽選については下記の通りで、バトルパートが残り8G以下になると優遇される(抽選が優遇された保留玉を消費するのは残り5Gからとなるため、実質的には残り5G以下で高倍率の発生率が高まる)。 出現する 保留玉種別 残り8G以下 時 残り9G以上時 1倍 72. バトルパートの残りゲーム数が8G以下になると抽選が優遇されるぞ。 残り8G以下時の書き換え当選率 成立役 +1倍 +2倍 +3倍 その他 6. 本機は生誕40周年を迎えるガンダムシリーズとのタイアップマシンで、人気の高い3作品のクロスオーバーを実現させたカード育成型バトルを展開。 パチスロガンダム史上最多となる全80機のモビルスーツが登場する。 スペックは最大純増約4. 「強化パート(1セット15G)」では小役によりカードを育成し、5セット以上消化後にCZ「G-カードオペレーション」へ突入。 育成したカードを使ったバトルに勝利できれば擬似ボーナス「クロスボーナス(約30枚獲得)」orAT当選濃厚だ。 クロスボーナス中はレア役でAT昇格を目指そう。 ATは2パートで構成されており、どちらも押し順ベル成立時の1stナビの位置が重要となる。 「強化パート(10G)」では1stナビのリールに対応したMS(モビルスーツ)が強化の対象となり、カードが3つ揃いになればレベルUP!? 1stナビリールの数値がそのまま攻撃力とされ、規定G数以内に敵MSを撃破できれば次セット継続濃厚となる。 バトル勝利時は、そのプロセスを評価してランクを決定。 高ランクだと次セットのカードが優遇される!? 導入予定日は2019年10月7日より。

次の

俺ガイル

クロスオーバー ss

通常時の1周期はガシャパート(10G)、強化パート(1セット15G)、バトルパート(約20G)で構成。 強化パートではカードの攻撃力やHPのアップ抽選が行われ、強化パート5セット以上消化=周期到達となりバトルパートへ移行。 バトルパートでは、強化したカードを使って敵HPを0にできればボーナスorATに当選する。 AT中は押し順ベルが非常に重要な役割を持っており、押し順ベルのヒキ次第でバトルの展開が大きく変わるぞ。 また、ATが6セット続くと6セット目はMAバトルが発生。 勝利すれば、一旦ATは終了するものの、通常時の1周期目でボーナスorATに当選する。 続いて、決定した周期に応じてログインシナリオ(21種類)の振り分け抽選が行われる。 上位周期ほど上位のログインシナリオが選ばれやすいぞ。 各周期の特徴は下記のとおり。 周期の種類別・ログインシナリオ振り分け特徴 ・ 周期A:ログインシナリオ(LS)6以上濃厚につき、強化パートが必ず6セット以上となる。 LS6、LS14、LS15、LS17の選択率が高く、その他LSの選択率は大きく変わらない。 LS1、LS2、LS6、LS14、LS17の選択率が高い。 LS1、LS2、LS6、の選択率がかなり高い。 ・ 確定:LSの種類不問でバトルパート勝利濃厚。 LS14以上濃厚。 そしてキャンペーン抽選状態に応じて、出現するキャンペーンの種類が決定される。 例えばLS1は強化パートが5セットで、かつキャンペーン抽選状態はSとBが交互に出現。 また、LS14以上は1周期の強化パートが7セットあるため、育成抽選機会が多くなってカードが育ちやすいぞ。 レベルが上がると攻撃力が上がり、バトルパートで多くダメージを与えられるようになる。 レベルが上がるとHPが上昇し、バトルパートで負けにくくなる。 ボスMSは撃破できればメーターが大幅アップ!? 最上段が当該保留で、小役を引けば保留に応じた報酬(主にメーターアップ)を獲得。 また、レベルのMAXはLV7で、それ以上はアップしない。 その代わり、LV7になったカードの位置のベルを引いた場合、その右隣のカードがレベルアップの対象となるぞ。 また、レア役以外で「クリティカル率上昇中」の帯が表示された場合、以降3G以内に2回以上クリティカルが発生する。 なお、バトルパートのゲーム数が残り2Gを切った場合、「クリティカル率上昇中」の帯は出現しない。 内部的には倍率MAXというフラグは存在しない。 内部保留玉抽選 バトルパート中は、通常時と同じく保留玉(クリティカル倍率を管理)を4個所持しており、毎ゲーム消費と出現を繰り返す。 ただし、液晶上では表示されないため、現在どの保留が出現しているかは確認できなくなっている。 保留玉の出現抽選については下記の通りで、バトルパートが残り8G以下になると優遇される(抽選が優遇された保留玉を消費するのは残り5Gからとなるため、実質的には残り5G以下で高倍率の発生率が高まる)。 出現する 保留玉種別 残り8G以下 時 残り9G以上時 1倍 72. バトルパートの残りゲーム数が8G以下になると抽選が優遇されるぞ。 残り8G以下時の書き換え当選率 成立役 +1倍 +2倍 +3倍 その他 6. 本機は生誕40周年を迎えるガンダムシリーズとのタイアップマシンで、人気の高い3作品のクロスオーバーを実現させたカード育成型バトルを展開。 パチスロガンダム史上最多となる全80機のモビルスーツが登場する。 スペックは最大純増約4. 「強化パート(1セット15G)」では小役によりカードを育成し、5セット以上消化後にCZ「G-カードオペレーション」へ突入。 育成したカードを使ったバトルに勝利できれば擬似ボーナス「クロスボーナス(約30枚獲得)」orAT当選濃厚だ。 クロスボーナス中はレア役でAT昇格を目指そう。 ATは2パートで構成されており、どちらも押し順ベル成立時の1stナビの位置が重要となる。 「強化パート(10G)」では1stナビのリールに対応したMS(モビルスーツ)が強化の対象となり、カードが3つ揃いになればレベルUP!? 1stナビリールの数値がそのまま攻撃力とされ、規定G数以内に敵MSを撃破できれば次セット継続濃厚となる。 バトル勝利時は、そのプロセスを評価してランクを決定。 高ランクだと次セットのカードが優遇される!? 導入予定日は2019年10月7日より。

次の

ガンダム クロスオーバー スロット

クロスオーバー ss

自然で滑らかな中音域と、力強く、クリアな低音を実現するウーファーユニットには、ソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用。 滑らかさと力強さを両立するユニットを実現するために、振動板のベース材と表層を異なる種類のMRCを組み合わせる2層抄紙(しょうし)技術で実現しています。 立ち上がりよく力強い低音のためにベース材には発泡倍率が高く軽量で剛性の高い第一世代MRCを使用し、ボーカル帯域の音質を決定する表層の素材には発泡倍率が低くしなやかで素直な音質の第二世代MRCを使用。 さらに、ダブル・ウーファーとすることで、スケール感がありタイトで力強い低音と、エネルギーにあふれ情熱的なボーカル再生を両立しています。 「ハイレゾリューション・オーディオ」などの高音質な音楽再生において、各ユニットから出る音のタイミングを調整することは音色や音像定位、スケール感の再現などに大きく影響する音作りの重要な要素です。 「広指向性スーパートゥイーター」を採用し、その効果を最大限に引き出すために、メイントゥイーターとの間隔や奥行きなどの位置関係をミリ単位で調整し、フェイスプレート上にマウントすることで徹底した位置管理を実現しています。 また各トゥイーターの開口部形状は試作と試聴を繰り返し音質と特性の双方を最適に調整しました。 さらに、ウーファーを含む全ユニットの位置関係をシビアに調整し、高品位なクロスオーバーネットワークで位相を調整することによって音の立ち上がりを揃え、ハイスピードなサウンドを実現しています。 アンプから入力された音楽信号を損なわずに、ありのままの音楽表現を実現するために、SS-CS3ではエントリークラスでありながら高品位なオーディオパーツを採用しました。 クロスオーバーネットワークの素子にはトゥイーター用のコイルに空芯を、ウーファー用に珪素鋼板コアを採用し、さらに可能な限り太い巻線を採用。 コンデンサーは全てフィルムコンデンサーとするなど低品位な素子では失われがちな音楽情報の欠損を最小限に留め、エネルギッシュでありながら繊細な感情の変化まで表現します。 スピーカーターミナルには真鍮専用ターミナルを採用。 ターミナルのマウントは、キャビネットの開口部が最小限になるように配慮して振動を抑えています。 大型のターミナルはケーブルの接続作業が容易でYプラグやバナナプラグにも対応。 真鍮製ターミナルの内側軸を削り出すことで、直接コネクターを接続できる構造としたため、接触抵抗を減らし、クロスオーバーネットワークまでの情報ロスを最小限に抑えました。 また、ダブルウーファーのクロスオーバーを個別に調整することで濁りのない中域と力強い低域を両立しています。 エンクロージャーの響きをコントロールし不要なノイズを排除することは、広いサウンドステージと緻密な音像定位、高品位なボーカル帯域の再生を実現するうえで重要な要素です。 SS-CS3では、エンクロージャーの響きをコントロールするためにユニットの背圧やエンクロージャー内部で発生する定在波を抑制する「吸音」と、エンクロージャーそのものの振動を抑制する「制振」の2つに分類し、それぞれアプローチを変えて対策を施しました。 吸音材の材料の種類や位置、また補強の入れ方を、何度も試作と試聴を繰り返す事で最適に調整しています。 さらに、ユニットが発生する背圧に負けることのない強いキャビネットを実現するために、十分な厚みを持つMDF材を使用することで基本的な強度を確保しつつ、入念な検討と試聴を繰り返し、17箇所もの補強を施すことでエンクロージャー剛性を高めています。 これにより不要な振動を効果的に抑え、立ち上がりのよいクリアでタイトなベースサウンドを実現しました。

次の