ブルドッグ専門 ブリーダー。 ブルドッグの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

ブルドッグの子犬を探す|ブリーダーナビ

ブルドッグ専門 ブリーダー

トイプードル 212• タイニープードル 92• ティーカッププードル 64• トイプードル トイ 56• チワワ 201• チワワ ロング 164• チワワ スムース 37• ミックス・その他の犬種 86• ポメラニアン 71• 柴犬 63• 柴犬 標準サイズ 32• 豆柴 31• ミニチュアダックスフンド 55• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• フレンチブルドッグ 47• シーズー 44• パグ 38• コーギー 34• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ミニチュアシュナウザー 33• ヨークシャーテリア 28• パピヨン 26• ボルゾイ 22• 狆 チン 19• ペキニーズ 19• ブルドッグ 18• カニンヘンダックスフンド 16• カニンヘンダックスフンド ロング 15• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• カニンヘンダックスフンド スムース 0• ボストンテリア 13• スタンダードプードル 13• マルチーズ 12• アメリカンコッカースパニエル 8• ゴールデンレトリバー 8• 秋田犬 5• グレートデン 5• シベリアンハスキー 5• ミニチュアピンシャー 5• 日本スピッツ 5• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• サルーキ 4• スタンダードダックスフンド 4• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• グレートピレニーズ 3• シェットランドシープドッグ 3• ケアーンテリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• ドーベルマン 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• シェパード 2• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ビアデッドコリー 1• ボーダーコリー 1• ブリタニースパニエル 1• キャバリア 1• チャウチャウ 1• 北海道犬 1• 日本テリア 1• ラブラドールレトリバー 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーフォークテリア 1• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 5• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 8• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 0• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 0• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 0• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 0• カニンヘンダックスフンド スムース 0• カニンヘンダックスフンド ロング 15• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 1• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 5• グレートピレニーズ 3• ケアーンテリア 2• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 8• サモエド 0• サルーキ 4• シーズー 44• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 3• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 32• シベリアンハスキー 5• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 0• スキッパーキ 0• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 13• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 92• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 37• チワワ ロング 164• 狆 チン 19• ティーカッププードル 64• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 56• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 2• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 0• ノーフォークテリア 1• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 0• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 38• パピヨン 26• ビーグル 0• ビアデッドコリー 1• ビションフリーゼ 0• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 47• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 1• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 18• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 19• 北海道犬 1• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 1• ボクサー 0• ボストンテリア 13• ボルゾイ 22• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 71• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 31• マルチーズ 12• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 0• ミニチュアシュナウザー 33• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 5• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 28• ラサアプソ 0• ラフコリー 0• ラブラドールレトリバー 1• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 86 不機嫌そうな表情や短く太い足、たるんだ皮膚など、ユーモラスな外見が魅力のブルドッグ。 特徴的な外見から、日本をはじめ、世界各国でマスコットとして愛されています。 映画やアニメの影響から怖い番犬のイメージがありますが、実は人懐こく素直なのんびり屋です。 ブルドッグの特徴 ブルドッグは成犬の理想体重がオス25kg、メス23kgの中型犬。 筋肉質で骨太なので、見た目の大きさより体重は重めです。 広い肩幅や突き出した下あご、たるんだ皮膚やくるりと巻いた短いしっぽなど、ブルドッグの見た目の特徴は枚挙に暇がありません。 左右に体を揺らす歩き方や暑がりでいびきをかくところなど、メスや子犬でも「オッサンくさい」と言われることがあります。 そんな見ていて微笑ましい行動もブルドッグの魅力ですね。 イギリスで愛されてきたブルドッグの歴史13~19世紀のイギリスでは、雄牛と犬が決闘する「ブルバイティング」という娯楽が流行し、ブルドッグは、このブルバイティング用の闘犬でした。 ブルドッグはマスティフ系の犬を改良して誕生したと言われています。 闘犬に適した性格や体格にさらに改良されていき、その当時のブルドッグは60kgにも達する気性の荒い犬だったそうです。 1835年、動物愛護の観点からブルバイティングが禁止されると、獰猛で大きすぎるブルドッグの人気はガタ落ち。 それを嘆いた愛好家が改良をかさね、現在の温和なブルドッグが生まれました。 おとなしく愛嬌があるブルドッグは家庭犬として人気の犬種となり、今ではイギリスの国犬となっています。 ブルドッグの性格 大きな頭にそれを支える広い肩、短く太い足。 いつも機嫌の悪そうな顔でのそのそ歩く様子に、ブルドッグには近付きがたい印象を持っている人もいるかもしれません。 実際のブルドッグは、いつでも飼い主と一緒にいたい甘えん坊です。 驚くほど表情豊かで、性格は温厚で陽気。 無駄吠えすることはほぼなく、攻撃的になることもありません。 ブルドッグは忍耐強く愛情深いので、子どもやほかの犬のいる家庭でも問題なく飼えるでしょう。 コワモテな外見と愛情深い性格のギャップを魅力に感じる飼い主が多いようです。 ブルドッグの飼い方・しつけのポイント 体型から想像できるかもしれませんが、ブルドッグは運動が苦手です。 子犬のころは活発に走りまわったり遊んだりしますが、成犬になると一日中ゴロンと寝そべって動かない、なんていうことも珍しくありません。 もともとブルドッグに激しい運動は禁物です。 鼻の長い犬は喘ぎ呼吸で熱を外に逃がしますが、短吻種であるブルドッグは喘ぎ呼吸が苦手。 そのため、散歩はあまり息が上がらない程度に、1回10~15分程度で大丈夫です。 興奮しすぎても呼吸困難になることがあるので、ブルドッグがはしゃぎすぎていると感じたときも一旦クールダウンさせるようにしましょう。 ブルドッグならではの注意したいポイント喘ぎ呼吸が苦手なブルドッグはほかの犬種より熱中症のリスクが高く、暑さにも注意が必要です。 夏に留守番させるときはたっぷり飲み水を用意し、エアコンのほかに冷却マットなどのグッズも利用しましょう。 散歩などに出かける時間にも気を配ってください。 ブルドッグはスムースコートなのでお手入れは比較的簡単ですが、顔や体のシワの間には汚れがたまりがち。 濡らしたタオルやガーゼなどで毎日拭きましょう。 また、ブルドッグはよだれの多い犬種で、放っておくとかぶれたり悪臭の原因になったりします。 こちらも毎日チェックして、清潔に保ってください。 ブルドッグはしつけがしにくい?ブルドッグは、少々頑固でマイペースな面があるため、しつけに時間がかかるといわれています。 納得できないことには頑として従わないため、ブルドッグをしつけるときに強く叱ったり無理やり従わせたりするのは厳禁です。 家族全員がしつけに一貫した態度で臨み、根気よく続けてください。 頑固なところもブルドッグのチャームポイントと考え、うまくおだてながら付き合っていきましょう。 ブルドッグ寿命 ブルドッグの寿命は8~10歳と言われています。 中型犬の平均寿命が13~14歳とされているので、少し短命なようです。 一説には人間が理想の姿を追い求め、選択交配を重ねた結果健康上の欠陥が増えたのではないかとも言われています。 とはいえ、最近は正しい飼い方が認知され10歳を超える子も増えています。 ブルドッグの健康の大敵は、肥満と暑さです。 バランスのとれた食事と適度な運動をすることは、愛犬の寿命を延ばすための大切なポイントです。 食事は、年齢に応じて適量与えること、きちんと消化しているか、食べる量が減っていないかなどを注意しながら調整するようにしましょう。 運動が苦手なブルドッグですが、涼しい時間帯を選び短い時間でのお散歩をするとよいでしょう。 また、暑さと高い湿度に弱いブルドッグですから、快適な環境づくりも健康には欠かせません。 夏場の室内温度設定と熱中症対策は必須といえます。 ブルドッグの気を付けたい病気 ブルドッグの病気で特に気を付けたいのが、短頭種に多い「短頭種気道症候群」です。 「短頭種気道症候群」とは、短頭種の顔や首の構造上起こりやすい病気の総称です。 肺へ空気を送る気管がつぶれてしまう「気管虚脱」や、鼻の穴が狭くなる「鼻腔狭窄」、口の中の上あごの肉が垂れ下がってしまう「軟口蓋過長」などを含みます。 いびきや激しい呼吸、嚥下障害、嘔吐などが見られる際は注意が必要です。 肥満や暑さ、加齢で悪化することがあり、重症の場合は手術を行います。 「尿石症」は、体内のミネラル成分が集まって結石や結晶を作る病気です。 頻尿や血尿、排尿困難といった症状があり、治療は主に抗生物質の投与や食事改善などを行いますが、完治が困難であったり再発を繰り返す場合があります。 「チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱)」もブルドッグが気を付けたい病気といえます。 犬は目頭の内側に第三の瞼を持っていますが、ここがさくらんぼのように赤く腫れて飛び出してしまう病気です、目をこすったり涙が多くなって、結膜炎や角膜炎を併発することもあります。 点眼薬や内服薬の治療のほか、手術で根本的解決を目指す場合もあります。

次の

ダイナマリー(DM)ブルドッグパーク│ブルドッグ専門(イングリッシュ)ブリーダー 子犬

ブルドッグ専門 ブリーダー

初めてブルを見たときはドン引きでした。 当時は『ブサかわ』という言葉も無く、又私の中でのブルドッグのイメージといえば、猛犬=コワイでしたので、まさか自分がブルドッグを飼う事になろうとは思いもよりませんでした。 いまではブルのいない生活なんてありえないくらい愛しています。 何かの本で「一度この犬種を飼うと、他の犬の事は考えられない。 」と書いてありましたが、全くもって、そのとおりです。 ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。 私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。 それだけで私は幸せです。 あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。 でも、私にはあなただけしかいないのです。 たとえあなたの言葉がわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。 あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいてください。 私はそのことを決してわすれません。 私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど私はあなたを噛まないようにしているということを。 適切な食餌をあげていなかったのでは? 日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたかも心臓が年をとるにつれ弱っていないだろうか? などと。 あなたも同じように年をとるのです。 あなたがそばに いてくれるだけで、私はどんなつらいことでも安らかに受け入れられます。 そしてどうか忘れないでください、私があなたを愛していることを。

次の

ブルドッグ専門ブリーダーBULL SEGAWA WORLD JP

ブルドッグ専門 ブリーダー

トイプードル 212• タイニープードル 92• ティーカッププードル 64• トイプードル トイ 56• チワワ 201• チワワ ロング 164• チワワ スムース 37• ミックス・その他の犬種 86• ポメラニアン 71• 柴犬 63• 柴犬 標準サイズ 32• 豆柴 31• ミニチュアダックスフンド 55• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• フレンチブルドッグ 47• シーズー 44• パグ 38• コーギー 34• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ミニチュアシュナウザー 33• ヨークシャーテリア 28• パピヨン 26• ボルゾイ 22• 狆 チン 19• ペキニーズ 19• ブルドッグ 18• カニンヘンダックスフンド 16• カニンヘンダックスフンド ロング 15• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• カニンヘンダックスフンド スムース 0• ボストンテリア 13• スタンダードプードル 13• マルチーズ 12• アメリカンコッカースパニエル 8• ゴールデンレトリバー 8• 秋田犬 5• グレートデン 5• シベリアンハスキー 5• ミニチュアピンシャー 5• 日本スピッツ 5• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• サルーキ 4• スタンダードダックスフンド 4• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• グレートピレニーズ 3• シェットランドシープドッグ 3• ケアーンテリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• ドーベルマン 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• シェパード 2• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ビアデッドコリー 1• ボーダーコリー 1• ブリタニースパニエル 1• キャバリア 1• チャウチャウ 1• 北海道犬 1• 日本テリア 1• ラブラドールレトリバー 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ノーフォークテリア 1• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 5• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 8• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 0• アメリカンブリー 0• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 0• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 0• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 34• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 0• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 0• カニンヘンダックスフンド スムース 0• カニンヘンダックスフンド ロング 15• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 1• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 5• グレートピレニーズ 3• ケアーンテリア 2• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 8• サモエド 0• サルーキ 4• シーズー 44• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 3• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 32• シベリアンハスキー 5• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 2• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 0• スキッパーキ 0• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 4• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 13• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 92• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 37• チワワ ロング 164• 狆 チン 19• ティーカッププードル 64• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 56• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 2• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 5• 日本テリア 1• ニューファンドランド 0• ノーフォークテリア 1• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 0• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 38• パピヨン 26• ビーグル 0• ビアデッドコリー 1• ビションフリーゼ 0• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 0• フレンチブルドッグ 47• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 1• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 18• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 19• 北海道犬 1• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 1• ボクサー 0• ボストンテリア 13• ボルゾイ 22• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 71• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 31• マルチーズ 12• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 0• ミニチュアシュナウザー 33• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 54• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 5• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 28• ラサアプソ 0• ラフコリー 0• ラブラドールレトリバー 1• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 1• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 0• ミックス・その他の犬種 86 不機嫌そうな表情や短く太い足、たるんだ皮膚など、ユーモラスな外見が魅力のブルドッグ。 特徴的な外見から、日本をはじめ、世界各国でマスコットとして愛されています。 映画やアニメの影響から怖い番犬のイメージがありますが、実は人懐こく素直なのんびり屋です。 ブルドッグの特徴 ブルドッグは成犬の理想体重がオス25kg、メス23kgの中型犬。 筋肉質で骨太なので、見た目の大きさより体重は重めです。 広い肩幅や突き出した下あご、たるんだ皮膚やくるりと巻いた短いしっぽなど、ブルドッグの見た目の特徴は枚挙に暇がありません。 左右に体を揺らす歩き方や暑がりでいびきをかくところなど、メスや子犬でも「オッサンくさい」と言われることがあります。 そんな見ていて微笑ましい行動もブルドッグの魅力ですね。 イギリスで愛されてきたブルドッグの歴史13~19世紀のイギリスでは、雄牛と犬が決闘する「ブルバイティング」という娯楽が流行し、ブルドッグは、このブルバイティング用の闘犬でした。 ブルドッグはマスティフ系の犬を改良して誕生したと言われています。 闘犬に適した性格や体格にさらに改良されていき、その当時のブルドッグは60kgにも達する気性の荒い犬だったそうです。 1835年、動物愛護の観点からブルバイティングが禁止されると、獰猛で大きすぎるブルドッグの人気はガタ落ち。 それを嘆いた愛好家が改良をかさね、現在の温和なブルドッグが生まれました。 おとなしく愛嬌があるブルドッグは家庭犬として人気の犬種となり、今ではイギリスの国犬となっています。 ブルドッグの性格 大きな頭にそれを支える広い肩、短く太い足。 いつも機嫌の悪そうな顔でのそのそ歩く様子に、ブルドッグには近付きがたい印象を持っている人もいるかもしれません。 実際のブルドッグは、いつでも飼い主と一緒にいたい甘えん坊です。 驚くほど表情豊かで、性格は温厚で陽気。 無駄吠えすることはほぼなく、攻撃的になることもありません。 ブルドッグは忍耐強く愛情深いので、子どもやほかの犬のいる家庭でも問題なく飼えるでしょう。 コワモテな外見と愛情深い性格のギャップを魅力に感じる飼い主が多いようです。 ブルドッグの飼い方・しつけのポイント 体型から想像できるかもしれませんが、ブルドッグは運動が苦手です。 子犬のころは活発に走りまわったり遊んだりしますが、成犬になると一日中ゴロンと寝そべって動かない、なんていうことも珍しくありません。 もともとブルドッグに激しい運動は禁物です。 鼻の長い犬は喘ぎ呼吸で熱を外に逃がしますが、短吻種であるブルドッグは喘ぎ呼吸が苦手。 そのため、散歩はあまり息が上がらない程度に、1回10~15分程度で大丈夫です。 興奮しすぎても呼吸困難になることがあるので、ブルドッグがはしゃぎすぎていると感じたときも一旦クールダウンさせるようにしましょう。 ブルドッグならではの注意したいポイント喘ぎ呼吸が苦手なブルドッグはほかの犬種より熱中症のリスクが高く、暑さにも注意が必要です。 夏に留守番させるときはたっぷり飲み水を用意し、エアコンのほかに冷却マットなどのグッズも利用しましょう。 散歩などに出かける時間にも気を配ってください。 ブルドッグはスムースコートなのでお手入れは比較的簡単ですが、顔や体のシワの間には汚れがたまりがち。 濡らしたタオルやガーゼなどで毎日拭きましょう。 また、ブルドッグはよだれの多い犬種で、放っておくとかぶれたり悪臭の原因になったりします。 こちらも毎日チェックして、清潔に保ってください。 ブルドッグはしつけがしにくい?ブルドッグは、少々頑固でマイペースな面があるため、しつけに時間がかかるといわれています。 納得できないことには頑として従わないため、ブルドッグをしつけるときに強く叱ったり無理やり従わせたりするのは厳禁です。 家族全員がしつけに一貫した態度で臨み、根気よく続けてください。 頑固なところもブルドッグのチャームポイントと考え、うまくおだてながら付き合っていきましょう。 ブルドッグ寿命 ブルドッグの寿命は8~10歳と言われています。 中型犬の平均寿命が13~14歳とされているので、少し短命なようです。 一説には人間が理想の姿を追い求め、選択交配を重ねた結果健康上の欠陥が増えたのではないかとも言われています。 とはいえ、最近は正しい飼い方が認知され10歳を超える子も増えています。 ブルドッグの健康の大敵は、肥満と暑さです。 バランスのとれた食事と適度な運動をすることは、愛犬の寿命を延ばすための大切なポイントです。 食事は、年齢に応じて適量与えること、きちんと消化しているか、食べる量が減っていないかなどを注意しながら調整するようにしましょう。 運動が苦手なブルドッグですが、涼しい時間帯を選び短い時間でのお散歩をするとよいでしょう。 また、暑さと高い湿度に弱いブルドッグですから、快適な環境づくりも健康には欠かせません。 夏場の室内温度設定と熱中症対策は必須といえます。 ブルドッグの気を付けたい病気 ブルドッグの病気で特に気を付けたいのが、短頭種に多い「短頭種気道症候群」です。 「短頭種気道症候群」とは、短頭種の顔や首の構造上起こりやすい病気の総称です。 肺へ空気を送る気管がつぶれてしまう「気管虚脱」や、鼻の穴が狭くなる「鼻腔狭窄」、口の中の上あごの肉が垂れ下がってしまう「軟口蓋過長」などを含みます。 いびきや激しい呼吸、嚥下障害、嘔吐などが見られる際は注意が必要です。 肥満や暑さ、加齢で悪化することがあり、重症の場合は手術を行います。 「尿石症」は、体内のミネラル成分が集まって結石や結晶を作る病気です。 頻尿や血尿、排尿困難といった症状があり、治療は主に抗生物質の投与や食事改善などを行いますが、完治が困難であったり再発を繰り返す場合があります。 「チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱)」もブルドッグが気を付けたい病気といえます。 犬は目頭の内側に第三の瞼を持っていますが、ここがさくらんぼのように赤く腫れて飛び出してしまう病気です、目をこすったり涙が多くなって、結膜炎や角膜炎を併発することもあります。 点眼薬や内服薬の治療のほか、手術で根本的解決を目指す場合もあります。

次の